ときは さん プロフィール

  •  
ときはさん: ときはのにっき。
ハンドル名ときは さん
ブログタイトルときはのにっき。
ブログURLhttp://t-k.blog.jp/
サイト紹介文オンラインゲーム日記。TOS(Tree of Savior)など。基本的にネタバレ全開です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供332回 / 304日(平均7.6回/週) - 参加 2016/03/20 12:01

ときは さんのブログ記事

  • 【TOS】啓示者V.S.クラーク
  • ふと立ち寄った大修道院への道すがら、ほのかに見え隠れする組織の暗躍。また悪さを企んでいるに違いない。だが一方で、そんな悪い連中ではないと言い張る人が居るのも確か。真実を求め、啓示者はサルビヤスの森へ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】漂う暗雲
  • 怒闘のカレイマス編も終わり、黄色のメインクエが無くなってしまったので、またぼちぼち救済の旅に出よう。今度はグリナス森の近傍にある、推奨レベルの問題で後回しにしていたメイバーン大修道院方面の開拓だ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】彼の名は
  • カレイマスで最も時間がかかったレベリングだが、ギルメンさんに手伝って頂いて、一気にLv271まで上昇。クラスもLv14まで上がり、ケミのC3も目前。目指すは最終層、尋問室。怒涛のカレイマス編、いよいよ最終回。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】作業場
  • 感化、という言葉がある。ジャナスくんは啓示者の傲岸不遜な性格に影響され、少し口が悪くなった。啓示者の方はジャナスくんの優しい心に触れ、慈愛の精神が・・・芽生えてません。完全に腐ったみかん。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】朱に交われば
  • カレイマス第三層、独房区域は飛行エリートが多くて二層の保管庫に比べれば多少狩りづらいのは否めない。それでも保管庫で鍛え上げたこの肉体に傷一つ付けることは叶わぬ。無敵のマッスルバディでヘヴン状態。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】一つ目の宝石
  • 割りと破天荒な思考を持つジャナスくんに振り回されながらも、カレイマスを着々と攻略していく啓示者。袖すり合うも他生の縁。一度性格を把握してしまえば多少の事は許容できる。人の器も超一流だからネ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】葉っぱ1枚あればいい
  • ようやくカレイマス接見所へと乗り込んだものの、1層目で既に苛烈な魔法攻撃に為す術もなく撤退する啓示者。ごめん、やっぱ啓示諦めます。というわけにも行かない。魔族め・・・地を這い泥水を啜ってでも戻ってきてやる。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】辛いマス接見所
  • 実を言うと全然レベル上がってない。でもグリナス森のクエも終わったし、ほぼ適正なレベル。行けるいける。なんだかんだでメインのクエストは200レベルの大地の要塞以来か。いよいよカレイマス接見所に挑戦だ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】遺された物
  • 寿命はしばしばロウソクに例えられる。細く長いロウソク、太く短いロウソク、激しく赤い炎、氷のように青い炎。表現は様々だが、どんな形でも燃え尽きる事が出来るなら幸せだ。ある日、唐突に吹き消される事に比べれば。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】邪悪な手がかり
  • 梟の彫像が無残に痛めつけられ、しかも呪いをかけられるという不可解でおぞましい事件に遭遇した啓示者。ティルトルビーのアゼルは己の怪我も顧みず、遂に最終手段を選択する。刮目せよ、これぞ真の漢の生き様だ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】深まる謎
  • 人間の体重に占める血液量の割合は約8%だそうだ。その内、約1/3から半分を失うと死に至ると言われている。グリナスの森の異変も問題だが、もっと気がかりなのはアゼルの容体。立っているのもやっとだというのに。続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】安らかに眠れ
  • レベリングがてら立ち寄ったグリナスの森。 始めはちょっとした怪我人を手助けするだけのはずだった。それがまさか、持ち前の図太い神経と旅の経験で多少の事では動じない啓示者をも焦らせる事態になるとは。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】グリナス森の異変
  • あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします。さて、TOSの世界はまだまだ危機的状況。どっちかというと、世界の存続よりもサービスの存続のほうが危うい気はしますが、それは言わない約束で! 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】戦略的撤退
  • 啓示者の活躍により、徐々に魔族の軍勢は力を失っている。しかし敵は強大。そもそも人間に敵う相手ではない。それでも諦める訳にも行かない。全人類の希望を一身に背負い、第8の啓示を求めカレイマス監獄を目指す。続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】不向きな仕事
  • 旅の途中、魔族達の恐ろしい呪いによって身を引き剥がされるような痛みに苦しむ村へと寄った啓示者。幾多の準備を重ね、ついに呪いの彫像の破壊に成功する。しかしそれはほんの序章に過ぎなかった。続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】Stand Up!
  • 生きとし生けるものは全て死の呪いにかかっている。いかなる存在も絶対の定めには抗うことは出来ない。死あるが故に生は尊い。どう生きようと人の自由だが、死ぬ時に後悔しかない人生というのも哀しいものだ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】Like a Devil
  • 一抹の後悔と謎を残し、トロピカルな海岸地域のサブクエも終わり。再びメインクエ方面をすすめるとしよう。此処から先はかなり厳しい戦いになってくる。 防具も220プレートに新調し、バフも修理も完了。準備万端だ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】海の女神様
  • 今日はイブだというのに、クエを完遂すべきか便利なワープを残すべきかで頭がいっぱいの可哀想な人が居ます。ユラテ様とアクセ屋さんに、どっちを選ぶの!? と迫られているという、おめでたい妄想に浸る聖夜。・・・しぬか。続きを読む [続きを読む]