ときは さん プロフィール

  •  
ときはさん: ときはのにっき。
ハンドル名ときは さん
ブログタイトルときはのにっき。
ブログURLhttp://t-k.blog.jp/
サイト紹介文オンラインゲーム日記。TOS(Tree of Savior)など。基本的にネタバレ全開です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供383回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2016/03/20 12:01

ときは さんのブログ記事

  • 【TOS】クルエル世界
  • 人生とはままならないものだが、運が悪かったの一言で片付けられるほど人間の精神は強くない。過去を悔やむのは仕方がないが、生きている限り未来はある。遅かれ早かれ、再び立たねばならぬ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】呪いの螺旋
  • アレンビックの洞窟には、高名な錬金術師が目も眩むような財宝を作り出したという伝説がある。ケドラ商団のアルタは傭兵団を送り込むが、そこは奇怪な呪いとモンスターが巣食う魔窟だった。続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】纏めよ歴史
  • 司祭リンタスがどのようにして真実を知ったかは定かではないが、その正確性は保証できる。だが表に出すには危険な内容だ。こんな所に啓示の在処が記されてるとは女神様でも知るまいが。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】伝えよ歴史
  • カデュメル時代に作られた石碑を修正する事に命を燃やす、自称メイバーンの弟子リンタス。元気に歩いていたと思ったら、突然動かなくなった。どうした? 流行病にでも掛かったか? 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】直せよ歴史
  • カデュメル時代の石碑を探す司祭リンタスと啓示者との前に現れたのは、猪のような怪物、ゴサル。その巨体は地を蹴れば辺り一帯を揺るがし、一突きで体が泣き別れするような巨大な牙を蓄えている。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】暴けよ歴史
  • 人は生まれてきた意味を求める。存在し、成し得た事に理解を求める。それは今も昔も変わらない。だが時代は変わる。 微かな雨跡が大河となるだけの時間を経て、不変の軌跡は移ろう歴史を紡ぐ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】伝承の矢
  • 伝説の人物リディア・シャッフェンは弓の名手でもありながら物を失くす名人でもあったのだろう。でなければ、代々後生大事に矢の探知機の製造書等という訳の分からぬ物を伝える道理がない。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】人望の差
  • 信頼はケッピーよりも弱く、バフ屋さんのブレッシングよりも消えやすい。そして得難い。事情はよく知らないが、失墜した信頼を取り戻すべく伝承の矢を探すメケンとその弟子たち。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】矢探し
  • 常に死と隣合わせであるという、大自然の厳しさをまざまざと見せつけられたパマルの森。行き過ぎた文明も考えものだが、やはりいまさら野生に還る事など出来はしないものだ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】りざると
  • お前が長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくお前を見返すのだ。とはニーチェの言葉である。常軌を逸した環境は、正常な思考をも奪い去っていく。人の心を失っても、人は人でいられるか。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】女神の行方
  • 流石植物が暴走した世界というべきか、たったの一撃でHPの8割近くを持っていかれた。単に採集するだけでも指を切ったり棘が刺さる啓示者が植物に弱いだけかもしれないが。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】花咲か啓示者
  • そろそろカンストに向けて追い込みの時期なのだけど、 リアルも追い込みの時期で元気がない。廃都近郊での知識探求の旅も終わり、再びオルシャ方面の300↑MAPへと足を伸ばしてみよう。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】Book of Savior
  • 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶという。ここにはまだ歴史的資料が眠っているに違いない。知の探求は魔術師の嗜み。もしかしたらすごい発見が待っているかも。禁断の秘術を我が手中に。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】歴代の王
  • 歴史を残すタニエルの記念区で待ち受けていたのは、膂力と魔力を兼ね備えたゴブリンの群れ。そしてそんなゴブリン達を異常に憎む王室調査隊長のエルラ。随分と血なまぐさい知の宝庫だ。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】知識の廃墟
  • 最南端のクラペダからスタートして、女神ライマに導かれるように少しずつ北上してきた啓示者。気がつけば廃墟と化した王都まであと少し。終わりの見えぬ旅路の果ては何処に辿り着くのだろう。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】名も無き女神
  • 聖地を取り戻すために、物理MOBと魔法MOB、更に倒すと自爆する厄介なMOBがひしめく敵陣へ。やられる前にやる、というセオリーも通用しないタフさ。全く希望の見えない戦いに挑む啓示者。続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】ツレー峠
  • 人は苦しくて辛いことがあると、死んだ方がマシだと思うこともある。だが死は絶対的な敗北だ。どんなに苦しくても、醜く足掻いて生きなければならない。生きる為なら他の全てを殺してでも。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】痕跡が示すもの
  • 痕跡集めも終わり、ボスも倒したが一つ謎が残っている。結局アウシュリネはいくえふめいのままだ。クポルのレダ曰く痕跡を集めれば女神の行方がわかるそうだが、こんなガラクタで何が分かるのか。 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】争奪戦の行方
  • 改めて考えると、魔族と女神で戦力差が酷い。向こうは魔神を始め3人の魔王、そして無数の配下。まさしく軍団だ。こっちも強い部下が欲しいぞ。いやペンギンとかペットではなく。もっと強いの! 続きを読む [続きを読む]
  • 【TOS】ギャップ
  • ジェロメル公園で女神の痕跡を探し回る魔族を、ただ指を咥えて見ていただけのクポル、レダ。たまたま気晴らしに現れた啓示者という強力なカードを手に入れ、血で血を洗う全面抗争に突入。 続きを読む [続きを読む]