ろひかたらむた さん プロフィール

  •  
ろひかたらむたさん: 実用小説 田村塾の英語
ハンドル名ろひかたらむた さん
ブログタイトル実用小説 田村塾の英語
ブログURLhttp://ameblo.jp/tamurajukunoeigo/
サイト紹介文読むだけで初級英文法(=高校入試/英検3級レベル)とギリシア神話の豆知識が自然と身に付く実用小説。
自由文塾長タムラとギリシア神話に登場する神々の子供たちとが繰り広げるコミカル&ファンタスティックな物語です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 186日(平均1.6回/週) - 参加 2016/03/20 20:49

ろひかたらむた さんのブログ記事

  • 実用小説 田村塾の英語 もくじ
  • 0. プロローグ (4/5 教室) 1. 英語の語順 PART1 (4/10 教室) 1. 英語の語順 PART2 (4/10 教室) 2. 主語と述語動詞 PART1 (4/15 教室) 2. 主語と述語動詞 PART2 (4/15 教室) 3. 現在形(1) be動詞の文 PART1 (4/20 ヘラクレス宅) 3. 現在形(1) be動詞の文 PART2 (4/20 ヘラクレス宅) 4. 現在形(2) be動詞の否定文・疑問文 PART1 (4/25 メドりん宅) 4. 現在形(2) be動詞の否定 [続きを読む]
  • お知らせ
  • ども! 家庭教師のタムラです。てなわけで、ちょっと休憩しま〜す。英語をお勉強中の方は、次回更新日まで、今までのところをしっかりと復習しておきましょう。ではまた。何それ?はっ、今の声は? ははぁ、失礼いたしました、……豊穣の女神デメテル様。まさかのサボリ?いや、まぁ、……。また忙しいとか何とかって、言い訳するんじゃないでしょうね。……、そんな感じだったりして。おっめ、おだづなよ!すみませんっ!只今 [続きを読む]
  • 19. 時制に関する適語選択問題 PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ」「先生」パンドラが開始早々、声をかける。「ん?」「ここって、先生の他に誰かいる?」「なんで?」「なんか、さっき女の人がいたから」「ああ、ウチの事務員さんね。たまに手伝いをしに来てくれるの。俺もなんだかんだ、忙しいってことよ」「ふ〜ん。そうは見えないけど」「クヒヒヒヒ、たしかに、たしかにー」と、メドりんが笑う。「ふんっ。忙しくないふりをしているだ・け・な・のっ! どぉれ、やっぞ [続きを読む]
  • 19. 時制に関する適語選択問題 PART1
  • (7/10 教室)晴れ渡る空の上を真っ白な綿雲一家が手をつないで歩いている。テレビでは連日のように、南の方から各地の梅雨明け宣言が報じられているが、この調子で行けば、ここ東北地方でも間もなく梅雨明けとなることだろう。庭の野菜たちも皆喜んでいる。日当たりがよくなったせいか、ここ数日の成長ぶりがついこの間とは全然違う。暖かい空気に包まれながら、こうして何時間も教室の縁側に座って庭を眺めているのだが、はて [続きを読む]
  • 18. 進行形 PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ」と、俺の気合いとは裏腹に、メドりんは窓の外をぼんやりと眺めている。「どした? メドりん」「ん? 天の川、見えないかなー、って。もうすぐ七夕でしょ」「そういや、そうだったな」仙台では八月に七夕祭りが行われるため、七月七日の七夕というのはどうもピンとこない、のは俺だけか。「まぁ、でも、天の川なんていつでも見られるからなぁ」「え? そーなの? 七夕のときしか見れないと思ってた」「いや [続きを読む]
  • 18. 進行形 PART1
  • (7/5 ゴルゴン宅) ゴルゴン家の地下に通じる階段を下りた者は、二度と地上には戻れないという噂がある。というのも、薄暗い地下道を足元に神経を尖らせながらゆっくりゆっくりと進んでいくうちに、辺りはいつの間にか無限に広がる闇に包まれてしまっているからだ。一本道ならまだしも、この地下道は岩壁に挟まれた曲がりくねった狭い道と広い道が複雑に交差し枝分かれしているので、たとえ灯りがあったとしても初めて足を踏み入 [続きを読む]
  • 17. 未来形 PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ。今日のテーマは『未来形』ね。と、そ・の・ま・え・に。まずは、復習。はい、『彼は毎日テニスをします』を英語で?」「He play tennis(×)」「おいっ!」「あ、He plays tennis every day.」「そ。主語が三人称単数のとき、一般動詞の現在形には s をつけるんだったよ。大丈夫?」「ウッス」「んで、次。『彼は昨日テニスをしました』を英語で言うと?」「He played tennis yesterday.」「そのとーし! 過 [続きを読む]
  • 17. 未来形 PART1
  • (6/30 ヘラクレス宅)穏やかな青い大洋にひっそりと浮かぶ離島がある。周りには他にいくつかの小島が浮かんでいるのだが、その島だけはまるで周りの海を自分の懐に吸いこんでいるかのように他の島々を圧倒する存在感を放っていた。島そのものが山になっているのか、そこには平地らしい平地はほとんどなく、島の南側に小さな浜辺があるだけだった。上空では大型の海鳥が島を巡視するかのように飛んでいる。――日が西に傾き始めて [続きを読む]
  • 16. is, am, are, was, were, do, does, did PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ。今日のテーマは『is, am, are, was, were, do, does, did からの適語選択問題』ね。これがスラスラできるようになれば、もう中学英語の半分は終わったようなもんだから、あとは楽チン、楽チン。よって、気合い入れてやってくれよ」――英語という科目は受験の要、つまり入試では点数を取って当たり前であり、高得点を期待される科目である。よって、苦手だからと言って、「他の科目で頑張る」は通用しない。志 [続きを読む]
  • 16. is, am, are, was, were, do, does, did PART1
  • (6/25 教室)アメニモマケズカゼニモマケズ、今日も日課の草取りに精を出す。一時間もやっていると、「あー、腰痛ぇ」と、つい悲鳴を上げたくもなるものだ。それを聞いてか、アホー教室の屋根の上にいつものカラスがやってきた。「どぉれ、一服するか」この二階建て一軒家を教室として借りたのには、ちゃんとした訳がある。塾の先生とはいえ、個人塾の塾長=個人事業主ともなれば、次から次へとやらねばならぬことが、――取って [続きを読む]
  • 15. 否定文・疑問文への書き換え問題(現在形・過去形) PART3
  • <スピンクスの謎15>  ( すると別ウィンドウが開きます)「てなわけで、ちゃっちゃとやっちゃうぞ。はい、ヘラクレスから、(1)、書き換えた英文読みぃ」―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――次の英文を否定文に書き換えなさい。(1) My brother goes to school by bike.―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――「My [続きを読む]
  • 15. 否定文・疑問文への書き換え問題(現在形・過去形) PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ。今日のテーマは『否定文・疑問文への書き換え問題(現在形・過去形)』ね。ま、復習になるけど改めてやってみましょ。はい、<アテナの黙示録15>を見てちょ」<アテナの黙示録15>  ( すると別ウィンドウが開きます)「いがぁ。ま、否定文でも疑問文でも同じなんだけど、与えられた英文を『否定文に書き換えなさい』『疑問文に書き換えなさい』って言われたら、まず! 英文中に is/am/are/was/ [続きを読む]
  • 14. 過去形(4) 一般動詞の否定文・疑問文 PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ。今日のテーマは『過去形(4) 一般動詞の否定文・疑問文』ね。と、そ・の・ま・え・に。まずは復習。はい、『私はテニスをします』を英語で言ったら?」「I play tennis.」「そのとーし! じゃあ、『私はテニスをしました』っていう過去の文だったら?」「I played tennis.」「そのとーし! 過去の文にするときは動詞を過去形にすればよかった。play は規則動詞だから、ed をつければ過去形になるね。じゃあ [続きを読む]
  • 14. 過去形(4) 一般動詞の否定文・疑問文 PART1
  • (6/15 パンドラ宅)閑静な高級住宅街の一角に、一軒だけ白を基調に何色ものパステルカラーで彩られている家がある。下手をすれば近隣から「景観利益の侵害」とまで訴えられそうな家ではあるが、今のところこれと言った苦情は出ていないようだ。もっとも苦情が入るとすれば、別件であろう。というのも、その家は正面から見ると確かに可愛いお菓子のおうちのようにも見えるのだが、裏手に回ると、それはそれは汚い、ただの掘っ立て [続きを読む]
  • 13. 過去形(3) 一般動詞の文 PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ。今日のテーマは『過去形(3) 一般動詞の文』ね。と、そ・の・ま・え・に。まずは復習。『私はテニスをします』を英語にしたら?」「……、I play tennis.」と、小声で答えるオルっぺ。「そのとーし! 『だれが/なにを/どうする』の文、つまり一般動詞の文は、英語では『だれが/どうする/なにを』の語順だった。じゃあ、『彼はテニスをします』だったら?」「……、He play tennis(×)」「まてまてまて [続きを読む]
  • 13. 過去形(3) 一般動詞の文 PART1
  • (6/10 オルっぺ宅)市内中心部の繁華街に建ち並ぶ高層ビルの狭間に、ひっそりと身を潜めるようにして立っている小さな教会がある。その三角屋根の下の小窓には、物思いに耽りながら寂しげに竪琴を弾く一人の少年の姿があった。何を思って奏でているのか、その調べは悲痛に満ち、少年は窓の外の人々を目で追っては深い溜め息をつくのだった。まだ日暮れ前だったが、空には薄暗い雲が立ち込め、町全体が急ぎ足になっていた。――夕 [続きを読む]
  • 12. 過去形(2) be動詞の否定文・疑問文 PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ。今日のテーマは『過去形(2) be動詞の否定文・疑問文』ね。と、そ・の・ま・え・に。まずは復習。はい、『私は学生です』を英語にしたら?」「I am a student.」「そのとーし! じゃあ、『私は学生でした』っていう過去の文だったら?」「I was a student.」「そのとーし! 過去のことを言うときには、動詞の過去形を使う。ここまで、いい?」「うん」「じゃあ、I am a student.(私は学生です)を『私は学 [続きを読む]
  • 12. 過去形(2) be動詞の否定文・疑問文 PART1
  • (6/5 メドりん宅)小さな森の大きなおうち。メドりん宅には、玄関から入ってすぐ右側に地下に下りる階段がある。誰が出入りするのか、その幅はやたらと広く――5メートル以上はある――階下は真っ暗闇だった。階段を下り、奥へと進んでいくと、生温かい風とともに次第に周りの空気が湿ってくる。両壁にはごつごつとした不規則な出っ張りがあるところから見ると、どうやらここの地下道は自然にできた洞窟か鍾乳洞のような所に直結 [続きを読む]
  • 11. 過去形(1) be動詞の文 PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ。今日のテーマは『過去形(1) be動詞の文』ね。と、そ・の・ま・え・に。まずは復習。『私は学生です』を英語で言うと?」「I am a student.」「そのとーし! ところで、なんで『です』にあたるbe動詞に am を使ったの?」「主語が I だから」「そ。be動詞は主語の種類によって使い分けるんだった。主語が I のときには am を使う、……いでしょ。じゃあ、今の文を『私は学生でした』っていう過去の文にすると [続きを読む]
  • 11. 過去形(1) be動詞の文 PART1
  • (5/30 ヘラクレス宅)「ねぇ、ヘラクレス。今日の晩ご飯、……何にしよっか?」金色に輝く長い髪を梳かしながら、鏡の前で母アルクメネは言った。「何でもいいよ」「まぁ、この子ったら、……ふふ」背後に映るヘラクレスに彼女は優しく微笑んだ。リビングの窓から差し込む午後の暖かい陽光が、彼女の白い絹のドレスをより一層輝かせていた。窓の外では、新緑の若葉たちが優しい風と一緒に楽しそうに遊んでいる。――「あ、そうだ [続きを読む]
  • 10. is, am, are, do, does からの適語選択問題 PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ。 今日のテーマは『is, am, are, do, does からの適語選択問題』ね」「何か難しそう」と、メドりんが呟く。「そんなことないよ。これまでにやってきたことをちゃんと理解していれば大丈夫。どれ、一つ例題やってみっか。はい、『次の英文の(  )内から適語を選びなさい。(Is, Am, Are, Do, Does) he like baseball?』」「Is(×)」と、ソン太が答えた。「なんで?」「主語が he だから」「うん。でもさぁ [続きを読む]
  • 10. is, am, are, do, does からの適語選択問題 PART1
  • (5/25 教室)教室を取り囲む木々の葉が、いよいよ緑色を増してきた。見上げると、絵に描いたような青空と白い雲が、ベランダで一人佇む俺の心を和ませる。手すりの端に止まっている銀色のハエが少々気になるが――これも自然の産物――自然ほど美しいものはない。が、やはり気になるものは気になるもので、こうしてベランダから見下ろすと、見て見ぬふりをしたくなるものも目に入る。――雑草だ。今年に入ってまだ一度も庭の草取 [続きを読む]
  • 9. Are you 〜? と Do you 〜? の違い PART2
  • 「どぉれ、やっぞぉ。今日のテーマは『Are you 〜? と Do you 〜? の違い』ね。これね、チョ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」「長いっす」と、ヘラクレスが突っ込んだ。「んだか。すまん、すまん。超重要だからね、……気合い入れてやって、全員が理解して、できるようにして帰ってくれよ」「できなかったら帰れないってこと?」と、メドりんが言う。「あだりめだ。ここでつまづいてたら、この先何をやっても無駄だからね。逆に今日やること [続きを読む]
  • 9. Are you 〜? と Do you 〜 ? の違い PART1
  • (5/20 教室)五月半ばを過ぎて、東北地方でもようやく暖かさを肌で感じられるようになってきた。教室の庭のシンボルツリーとなっているジューンベリーにも、一つ二つと小さな白い花が咲き始めてきている。ジューンベリーはその名の通り、六月になると赤紫色の実――食べるとこれがまた美味い――をつけるのだが、熟す頃合いを見計らっていたのではなかなか食べられない。というのも、その大半が空からやってくる超高速飛行の不法 [続きを読む]