山嶺花 さん プロフィール

  •  
山嶺花さん: 湘南シャクナゲ庵
ハンドル名山嶺花 さん
ブログタイトル湘南シャクナゲ庵
ブログURLhttp://ameblo.jp/shonan-hotlife2/
サイト紹介文高山植物の専用鉢や栽培実績を紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/03/20 21:07

山嶺花 さんのブログ記事

  • イチヨウラン、平地ではめったに見られない花です
  • 品 名:イチヨウラン(一葉蘭)分 類:ラン科イチヨウラン属自生地:九州から北海道の深山林中に自生する多年草鉢 :狭間二重鉢(HN80)用 土:ーーー植替日:2016年12月9日 自生地での開花は初夏なので狂い咲きかと思いますが、2cmほどの小さい花が咲きました。花に気品があるところからヒバ林の王子様とも言われているようですが、神々し [続きを読む]
  • せっかちな花、ヒダカソウ
  • 品 名:ヒダカソウ分 類:キンポウゲ科キタダケソウ属自生地:北海道日高山脈南部のアポイ岳固有種で、かんらん岩や蛇紋岩地帯の草地に成育する多年草 鉢  :狭間水冷鉢(HS100)用 土:鹿沼土/蝦夷砂乾湿度:1480植替日:2016年11月23日 2日前、芽が出てきたのは気付いていたが、今日、いきなり花である。その変わり身にビックリしたが、どうもこの花は、葉が開く前に花が [続きを読む]
  • 天山山脈産ドラバ、開花第一号です
  • 品  名:ドラバ(Draba)分  類:アブラナ科イヌナズナ属自生地:中国の天山山脈の高地に自生する 鉢   :狭間二重鉢(HN80)用  土:鹿沼土/蝦夷砂乾湿度:1300植替日:2016年10月18日 今年の開花第一号は、中国の天山産のドラバでした。3月とは言え、まだ冷え込みが残っている中での開花はさすが天山育ちを感じさせてくれます。そもそもこの花には特に関心があったわけではなかったのですが、オー [続きを読む]
  • 高山植物専用鉢、狭間二重鉢の紹介
  • 高山植物専用鉢の第2弾として狭間二重鉢を昨年秋に発売しましたが、その詳細をホームページ「湘南テラコッタ工房」に載せましたのでご興味のある方はぜひご覧ください。ここではその一部を紹介します。 狭間二重鉢  大(内寸10cm)  中(内寸8cm) 狭間二重鉢断面従来の狭間寸胴鉢より含水量が多くなる。 炎天下での性能差直射日光下での実験なので大気(放射)温度は35℃を超える。前日18時に水 [続きを読む]
  • 湘南ブルー大作戦・・・2012年交配種の総まとめ
  • 前回(9月)ブログ書き込み時では4品種(表の●)が花芽を持っていました。別置きにして大事に育てていたのが悪かったのか、よりによってこのところの陽気で狂い咲きをしてくれました。もう少し我慢してくれればと思っても後の祭り、中途半端な開花です。表の一番上の(ミセスATトラマール×赤星)×ブルーピーターです。母木の(ミセスATトラマール×赤星)は「真珠姫」の名で市販されており、花色は名前の通り真珠の [続きを読む]
  • シャクナゲ交配種のつぼみが充実してきました(2011年交配)
  • 2011年交配ですから来春開花すると6年目となります。石楠花の場合は6〜7年目が普通なのでやや早い方と言えます。ちなみに青系八重咲きをめざして進めている「湘南ブルー大作戦」では4年目の開花を目標にしていましたが残念ながら5年目となりました。いずれにしても結果は早くみたいものです。 2011年交配種(6品種)八重咲き狙いが5品種、その他が1品種です 八重咲き狙い(ミセスATトラマール×赤星) [続きを読む]
  • シャクナゲ交配種のつぼみが充実してきました(2010年交配)
  • ここ何年かは「高山性シャクナゲ」と「青系八重咲きシャクナゲ」にテーマを絞っていますがその少し前は八重咲き一本で、どんなシャクナゲでも良かった時期がありました。この頃に交配したもの、あるいは日本ツツジ・シャクナゲ協会から購入したものがこの秋続々とつぼみを持つようになりました。もちろん始めてみる花なので非常に楽しみです。どのくらい思いをかなえてくれるのでしょうか、待ち遠しいですね。まず、2010年交配種か [続きを読む]
  • 高山植物専用鉢が神奈川テレビで紹介されます
  • 11月に発売を開始した高山植物専用鉢(狭間二重鉢)が神奈川テレビの経済情報番組で紹介されることになりました。製品の特徴、開発の経緯など映像ならではの詳細な説明があります。また、神奈川テレビが見れない地域あるいは見逃した人は、タイトル名を検索し【見逃し配信開始しました】を すると放送日以降ならいつでも見ることができます。 テレビ局:TVK(神奈川テレビ)タイトル:神奈川ビジネス Up To [続きを読む]
  • 高山植物専用鉢の発売を開始しました
  • ここ数ヶ月は新商品の発売準備に追われ、ブログの方はすっかりご無沙汰となりました。少し余裕が出てきたので、再開したいと思います。さて今回は今月発売を開始した「狭間二重鉢(以下、二重鉢)」を紹介したいと思います。 狭間二重鉢(今回発売)    狭間寸胴鉢(2年前発売)                             2年前、高山植物を平地で栽培する目的で強靭素焼鉢「狭間寸胴鉢(以下、寸胴鉢 [続きを読む]
  • カボスは二階堂に限る
  • 我が家には、大分県でしか育たないといわれているカボスの鉢植えがあります。若いころ、よく大分に仕事で行きました。夜は居酒屋となりますが、地元の人はもちろん麦焼酎にカボスです。が、なぜか、焼酎はその当時関東では人気の高い「いいちこ」ではなく「二階堂」なのです。そういうものか、ということで今でも「二階堂」を飲んでます。問題はカボスです。どこで手に入れたかまったく記憶にないですが、数十年前から我が家にはカ [続きを読む]
  • イワカガミの研究
  • 品 名:イワカガミ(岩鏡)分 類:イワウメ科イワカガミ属自生地:北海道や本州山地帯〜亜高山帯の林縁地に生える常緑の多年草植替日:2016年5月 今年の5月、北軽井沢(1200m)に自生しているイワカガミを採取し、平地での鉢植えに挑戦をしてみた。現地は厚い松葉層に覆われその下の土に根を張っているので、新しい用土に馴染むのがむずかしそうだが、鉢と用土を5タイプに分けて調査した。 タイプA  [続きを読む]
  • 湘南ブルー大作戦(その5)・・・2012年交配のその後
  • 2012年、「湘南ブルー大作戦」は交配4年目に青色の八重咲きシャクナゲを咲かせることを目指してはスタートしました。昨年開花すれば予定通りだったのですが残念ながらうまくいきませんでした。が、遅れること2年、来年、すなわち6年目でようやく開花の見通しとなりました。蕾はこれから秋にかけてさらに充実していくことになりますが少なくとも2種は花芽となる可能性が高くなってきました。2012年交配リスト 2012 [続きを読む]
  • 透明な花サンカヨウ、植えつけました
  • 品 名:サンカヨウ(山荷葉)分 類:メギ科サンヨウ属自生地:北海道、本州中部以北の山地帯〜亜高山の林縁などに咲く多年草 鉢  :狭間寸胴 角鉢用 土:硬質鹿沼/蝦夷砂/腐葉土乾湿度:1500植替日:2016年9月ハスの葉を中国では“荷葉”と言います。葉の付き方がハスに似ているので山のハスの意味で付けたようです。それにしてもこの根には驚きました。まるで足の長いムカデのようです。見たとおり幅(15cm) [続きを読む]
  • マレーシア石楠花
  • 品  名 :マレーシアシャクナゲ(品種不明)分  類 :ツツジ科ツツジ属自生地 :熱帯アジアなどの高地鉢    :駄温鉢用  土 :鹿沼土主体いつもは高山性シャクナゲの夏越しに苦労していますが、これは逆に冬は室内に入れないともたない熱帯石楠花です。季節感のない熱帯地域だけに年中花が咲いてますが、暑い夏が最盛期のようです。10年ほど前から育てていますが、気に入ってるのは花の形と色。これは、日本・西洋石 [続きを読む]
  • イワナシの研究
  • 品 名:イワナシ(岩梨)分 類:ツツジ科イワナシ属自生地:北海道や本州山地帯〜亜高山帯の林縁地に生える常緑小低木植替日:2015年11月イワナシは高山植物としては比較的低い山に生えているが気難しい花らしい。そこで鉢と用土を4種類組合せ、その効果を調査した。 タイプA  鉢  :新高山鉢(HS80)用  土 :硬質鹿沼30、赤玉30、日向20、腐葉土20乾湿度 :1290結  果 :7月上旬枯れる。 [続きを読む]
  • エリモシャクナゲ
  • 品  名:エリモシャクナゲ(襟裳石楠花)分   類:ツツジ科ツツジ属自生地 :北海道襟裳岬周辺に自生するハクサン石楠花の矮性種  鉢  :新高山鉢(HZN100)用 土:硬質鹿沼50、蝦夷砂50乾湿度 :1300植替日 :2016年3月襟裳では夏頃に咲くそうです。山が恋しいのか、この炎天下に咲いてくれました。来年まで待ってくれればよいものを・・・樹高10cmにも満たないですがこれでも実生10年、大 [続きを読む]
  • 我が家のキレンゲショウマ
  • 品  名:キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)分  類:ユキノシタ科キレンゲショウマ属自生地:西日本の深山に自生する多年草  鉢 :狭間寸胴鉢(HZ80)用  土:硬質鹿沼/赤玉/蝦夷砂/腐葉土乾湿度:1520植替日:2016年3月キレンゲショウマは全国の深山に自生していますが、四国剣山のキレンゲショウマがよく知られており群生地が平成12年に天然記念物に指定されています。世界的な稀産植物ですが前年の平成11年に宮 [続きを読む]
  • エゾノツガザクラの研究
  • 品  名:エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)分  類:ツツジ科ツガザクラ属自生地:北海道や東北以北の高山帯の草地や湿地に生える常緑小低木鉢   :新高山鉢(HS80)植替日:2015年11月5月の季節はずれの暑さや梅雨明けの蒸し暑い時を経て今年の夏はもう折り返しまで来ています。全体を見渡すと、ダメなものはとうに音を上げているので、ここまで耐えてきたものは夏越しの可能性が大分高くなってきています。ツガザク [続きを読む]
  • 湘南ブルー大作戦(その4)・・・2013年交配のその後
  • 2013年は作戦開始2年目で一番油が乗っていたころで、非常に多くの交配を行いました。幼苗接ぎ数は28種に及びます。2014、15年とあわせると45種になりました。これだけあれば、ひとつくらいは・・・という気持ちになります。2013年交配リスト 2012年と13年苗は、それぞれ2年目の秋に狭間寸胴鉢を使い成長を早めるため有機物リッチの用土で育てましたが現在は十分成長したので駄温鉢に替えています。 [続きを読む]
  • 炎天下、シャクナゲを接ぐ
  • 先月21日、久しぶりにゴルフに行ってきました。御殿場アウトレットのすぐ近くにある足柄森林カントリークラブです。山の中といえよく整備され、気持ちよくプレーすることができました。実はそのゴルフ場は2度目ですが、ゴルフの他に別の目的がありました。我が家で咲き始めた石楠花実はそのときその近くにあるもう一本にも目をつけていたのです。で、4年ぶりのゴルフ場さっそくいただいてきましたが、問題は時期です。この暑さ [続きを読む]
  • マルバシャジン
  • 品 名:マルバシャジン(丸葉沙参)分 類:キキョウ科ツリガネニンジン属自生地:韓国済州島原産の多年草 鉢 :狭間寸胴鉢(HZ80)用 土:富士砂/桐生砂乾湿度:380植替日:2015年7月昨年あるネットオークションである高山植物を競り勝ったとき、1個だけではもったいないので送料を薄めるため序で買いしたものです。初めからむずかしい花でないのはわかっていましたがシャジシリーズの一環として選びました。シ [続きを読む]
  • コメツツジ
  • 品 名 :コメツツジ分 類 :ツツジ科ツツジ属自生地:九州〜北海道の山地帯〜高山帯の低木林に生える落葉低木 鉢  :狭間寸胴鉢(HZ160)用 土 :硬質鹿沼/蝦夷砂/ピートモス 他乾湿度:1730植替日:2015年4月米粒のような白い花が咲くところから名づけられた米ツツジは全国で見られます。これは九州産と聞いています。 コメツツジは日陰の湿った所が好むので蝦夷砂やピートモスリッチのかなり湿潤な用土と [続きを読む]
  • 光岳キリンソウが咲きました
  • 品 名 :テカリダケキリンソウ(光岳麒麟草)分 類 :ベンケイソウ科マンネングサ属自生地:南アルプスの南端にある光岳(2591m)原産の多年草 鉢  :狭間寸胴鉢(HZN80)用 土 :蝦夷砂リッチ乾湿度:ー植替日:2013年10月麒麟草を採用しましたが黄色い花が輪状に咲くことから、黄輪草とも言うそうです。イメージ的にはこちらの方が合ってますね。高山帯原産とは言えこの花は比較的育てやすく、差し芽もできる [続きを読む]
  • 湘南ブルー大作戦(その3)・・・2014年交配のその後
  • 2114年交配は14種発芽しましたが成長が遅く、計画では翌15年春に幼苗接ぎすることになっていますができたのは1種だけで残りは16年に回しました。ただこのころは、「心ここにあらざれば・・・」の真っ最中だったので1年延ばしても苗は良い状態にはなっておらず、結局4種しか幼苗接ぎはできませんでした。今思えば残念なことをしてしまいました。後悔先に立たず、ということですか。2014年交配リスト 2014年 [続きを読む]