夢人 さん プロフィール

  •  
夢人さん: 夢人のユメ日記
ハンドル名夢人 さん
ブログタイトル夢人のユメ日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/msayan3-yumeto/
サイト紹介文人生の新たな門出に、過去の受験の思い出などを書いていきます。それは奇妙な苦しい挫折の日々でした。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/03/21 20:56

夢人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 語学は毎日が大切!
  • アルバイトで汗を流し、その合間に受験勉強をするという、今ではあまり見かけない浪人生だったという経験が僕にはある。(本当の話)平成ではない昭和の日本のお話だ。当時働きながら受験するという学生は少ないけれど確かにいた。大学を中退して、もう二十歳を過ぎていたか... [続きを読む]
  • 絶望の淵での一杯のラーメン
  • もう何度快速電車を見送ったことだろう。 飛び込むのは、駅を通過する快速電車と決めていた。各駅停車にだけは飛び込みたくなかった。停車間際にスピードを落とした電車の車輪にはまり込んでグチャグチャになるのは想像したくなかった。快速の猛烈なスピードと共にこの世... [続きを読む]
  • 卒業式の思い出!
  • 駅からの階段を上がって広場を歩いていると、今日はやたらと袴に和服の若い女性を見かけるの気がついて、「そうか、今日は大学の卒業式なんだ!」 と気がついた。もう、そんな季節なんだなあ〜と思って、昔々の自分の卒業式のことが思い出されてきた。もうずっと昔のことにな... [続きを読む]
  • 高野豆腐、食うかい!
  • 「最澄は高野山じゃないの。 比叡山なのよ。」「どうして、いつも逆に書いちゃうの。 高野山には、真言宗の空海が金剛峯寺を建てたのよ。」「いい! 何度も何度も書いたり読んだりして、しっかりと覚え込むのね。」母親らしい女性が、まだどう見ても10歳そこそこの女の子... [続きを読む]
  • フリーター浪人  (その一)
  • フリーター浪人  (その一)アルバイトで汗を流し、その合間に受験勉強をするという、今ではあまり見かけない浪人生だったという経験が僕にはある。平成ではないけれど、昭和の日本のお話だ。当時働きながら受験するという学生は少ないけれど確かにいた。大学を中退して、... [続きを読む]
  • サンタのおじさんは、確かに!!
  • 「おまえ! 本当に夜誰かやって来ると、……そう思ってたの??」「だって、お願いしてたの、毎年ちゃんと持ってきてくれるよ!」「あれね、みんな親が買ってきたの! サンタなんているわけないじゃない! おまえ、バカじゃないのか?!」  事の始まりは、僕が「今夜は... [続きを読む]
  • 20代後半になっての大学受験
  • かなり年を取ってから大学を再受験すると、おかしな経験にも遭遇することになる。 世の中には同じようなことを考える人はいるもので、30に手が届く頃になって受験をすると、受験するたびに受験会場で、同じように年を取った友達ができていったものだった。彼らとは、どこ... [続きを読む]
  • 英語の先生の思い出!
  • 英語の先生の思い出ちょっとおかしな思い出です。僕の英語の通信添削の先生は、徳島県の生まれで、経済的に非常に貧しい家庭に育ち、風呂代節約のために夕立で体を洗い、「下駄はすり減るが自分の足なら減らない」という父親の経済哲学から、小学校は裸足通学。学校嫌いの父... [続きを読む]
  • 実は、親から勘当されていた!
  • 実は、親から勘当されていた!「だから、 『工学部を受けろ!』 とあんなに言ったじゃないか!」頑固親父の顔が、真っ赤になっていたのは、晩酌の性だけではなかった。親の反対を押し切って、「理学部」を受験した。理学部の中でも、ほとんど哲学に近い「数学」をやること... [続きを読む]
  • 絶望の淵からふらふらと………
  • 絶望の淵からふらふらと……… もう何度快速電車を見送ったことだろう!? 飛び込むのは、駅を通過する快速電車と決めていた。各駅停車にだけは飛び込みたくなかった。停車間際にスピードを落とした電車の車輪にはまり込んでグチャグチャになるのは想像したくなかった。快... [続きを読む]
  • 年取った受験仲間との決別!
  •  かなり年を取ってから大学を再受験するというおかしな経験が僕にはある。 世の中には同じようなことを考える人はいるもので、受験するたびに受験会場で、同じように年を取った友達ができていったものだった。彼らとは、どこかでみんな連帯感をもっていたが、皆、何時でも... [続きを読む]
  • DNAの4文字に魅せられて!
  • それは長い長い挫折の末にたどり着いた境地ではあった。いわゆる大学受験からは、かなり時が流れて、子供たちに数学を中心にいろいろな科目を教えていながらの……ふと考えてみたことだったように思い出す。その頃の思いをできるだけ当時の気持ちに戻って記載してみる。……... [続きを読む]
  • DNAの4つの塩基が、行くべき道をほのぼのと……
  • 当時の思い出を、そのまま書いてみよう!それは、いわゆる大学受験からは、かなり時が流れて、それでまた高校の勉強を一から始めた頃のことだった。その頃の文章をそのまま記載してみる。………………遺伝の分野は、現代の生物では、かなりの大きなウエートを占めてきていると思うのだ。その中でも減数分裂にかかわる部分は、最近いろいろと解ってきたということもあるらしく、染色体とか核相とか、ゲノムの総量とか、理解しにくく [続きを読む]
  • 過去の記事 …