ヒカルの母 さん プロフィール

  •  
ヒカルの母さん: 好奇心。探究心。その先にあるかもしれない中学受験。
ハンドル名ヒカルの母 さん
ブログタイトル好奇心。探究心。その先にあるかもしれない中学受験。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/s_nobby/
サイト紹介文夢は「お医者様になること」 好奇心・探究心旺盛のヒカルの 2022年中学校受験までの成長の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2016/03/23 04:23

ヒカルの母 さんのブログ記事

  • 皆んな出木杉君に見える灘合。
  • 月1回の灘合の授業は毎回刺激になります。今回のテーマは「うつす(灘中的変換)」急〜に難しい。。。が。。。子供達の集中力が凄い。自信に溢れていて、みていてワクワクします。そんな中、ヒカル。。。大丈夫?分かってるのか、分かってないのか。聞いてるのか、きいてないのか。服をビローンと伸ばしてみたり、筆箱をガサゴソガサゴソ。テキストペラペラ。緊張感のカケラもない。集中してぇ〜と叫びたい!ビっ!と手を挙げる子を [続きを読む]
  • 算数で場所とり。
  • 小学校のグランドで、陣取りゲーム。同じ場所で遊びたい5年生と2年生。場所の権利は。。。算数。そりゃ分が悪いズルイよ〜お兄ちゃん(笑)「チャレンジしたの?」「勿論したよ!」「どんな問題?」「和が365。差が355。の数は?簡単簡単〜。陣地を半分貰ったんだぁ」お兄ちゃんも2年生相手だしね(笑) 休み時間もよく学び、よく遊びだね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハマっている本。
  • 買って1週間で既に原型をとどめてない。ボロボロ。で。付箋だらけ。鉛筆片手に、明けても暮れても。ヒカルのハマっている本。「この問題、とけますか?」吉田 敬一内容は、論理パズル、計算パズル、パラドックス、確率パズル。。らしい。。。「ねぇ。お母さん〜。この問題面白い〜。お母さん、分かる?」「イヤ〜。お母さん分からない。頭使いたくない〜」「ねぇ。ちょっとでいいから。面白いから。」最近、繰り返される会話。どう [続きを読む]
  • 頼りにならない母ですが。
  • トップクラス4年生に入ってからはヒカルに聞かれても、何だか「これでいいのかなぁ」自信がなく、答えが合っていても「もっと違う解き方、考え方があるんじゃないかなぁ」と。。。主人が解くと、やっぱり「ほぉ〜。へぇ〜。」と思う事が多々あり。。。ここから先は、私ではちょっと無理な気が。。。現実逃避気味に、社会の本を買ってみたり、理科をするか。。と思ってみたり。算数は、意に反して先に進んでいるので、私が口出しす [続きを読む]
  • 泣きたいくらい頑張った。
  • 何故か体積の問題をやっていたヒカル。右に「力の5000題」左に「算数辞典」どうやら計算問題に飽きた様子。計算問題の所に、ペタっと付箋を貼って、「ここやってね〜」といつものように、置いてあったんだけど、「好きなページやっていい?」と言うので、「いいよ〜。」と。。。選んだページが体積。はじめて取組んだ体積がトップクラス問題集だから仕方ない。机に向かうこと、(珍しく)小一時間。久々に泣いた。出来なくて泣いてい [続きを読む]
  • 第530回浜学園公開テストの結果
  • 船酔しそう。最難関中学主人を見ていてヒカルの方が頑張ってるでしょ〜。と上がってみたり。優秀なお子様の親御さんが「やっぱり別格」「天才の集団」とおっしゃるのを聞けばそうなのかぁ〜。と下がってみたり。上がったり、下がったり船酔しそう。公開テストもそのうち慣れるかと思ったのは1年前(ヒカルは慣れてきました。)今回で12回目。一桁台が7回10〜19が3回20〜25が2回これまた、上がったり下がったり。全く慣れる気配がなく [続きを読む]
  • 備忘録(2)
  • 少し真面目に(2)。好奇心旺盛で、探究心を持ち、能動的に取り組める子供にしたいと思って子育てをしてきました。今のところ、可もなく不可もなく素直に育ってくれたなぁと思います。楽しめる子に。次は、粘り強い子に。粘り強い子にしてあげたかった。やり通す強さ、忍耐。小さな頃だから与えてあげられる無限の自由な時間。例えば。。。電車遊びに夢中になるヒカルをみて、この世界だけを無限に広げてみた。部屋中に電車のレール [続きを読む]
  • 観察をしてみたら。。
  • どんな勉強をしているのですか?いっぱいしていたら、こんなにやってるんです!と、お伝えしたいところですが、残念なくらい。。。ただ、私が思っているだけで、実は、凄〜い。。のかもしれない。。。わけないですが。暫く観察をしてみよ〜。と思い立ち。火曜日(習い事有)宿題のプリント1枚。トップクラス問題集算数4年生前日間違った、問題を1問だけ直した(直しただけ。。)。水曜日(習い事有)宿題のプリント1枚。間違いカード3枚 [続きを読む]
  • 待ち遠しい。
  • 最近主人の帰りが待ち遠しい。早く会いたくて仕方ない。もう、帰るコールがあれば、玄関までお出迎えする勢い。「お帰りなさい〜。で、コレ。どうやって解くの?」そう。問題集片手にお出迎え(笑)テレビをつける前に捕まえないと!4年生。。難しい。。3年生と4年生の間に、壁がある(私の壁)。ヒカルが時間がかかった問題は、きっと、もっと賢い解き方があるはず。と。。待ち遠しい。直接ヒカルに教える方が理解は早いんだろうけれ [続きを読む]
  • 第530回浜学園公開テストを終えて。
  • さて、連休明けから文章問題そっちのけ。混合の計算問題が中々進まず結果そうなった。。後の公開テスト。怖いなぁ。教室から出て来て、第一声「算数簡単な1問間違った。」「母の日に100点取りたかったのに。ごめんね。お母さん。」お母さんは、その気持ちだけで、十分です。ん〜。何でコレ間違ったの?と言う感じでしたが。一応、帰って1問だけやり直して。凹んでましたけど。悔しい気持ちも大切です。まぁ。取り敢えず解答欄を埋 [続きを読む]
  • 日々の様子は。。(小2)
  • 学校から帰って来て、暫く様子をみてから、「勉強してねぇ」と声をかける。机の上の問題集をみて「これやるの〜?」「やったら、15分好きにしていい?」「いいよ〜」がいつもの会話。と言って直ぐにやる日もあれば、やらない日も多々ある。「やってね」と声をかけて30分。再度「やってね」と。で、またまた、30分程。「1時間経ちましたよ。3回目ですよ。お母さん、怒る?」と声をかけて、ぼちぼちやり出す。が、中々やらない時の会 [続きを読む]
  • 取り敢えず褒めてみようか。
  • 連休中、ピアノが一週間抜けた。2週間、ずっと弾いていた曲。ヘンデルの「ハレルヤ.コーラス」特に、最後のクレッシェンドしながら少し速度を落とす、アラルガンドがいたく気に入り。。。ずっと、ずっと、ピアニストになりきって弾いていた(笑)「ピアノの森」のカイ君の気分だったかも。弾けば弾くほど上手くなるもんだから、ずっとずっと弾いていた。で、お稽古当日引き終わった後、「どう?」と言うばかりに、満足気に先生を見る [続きを読む]
  • あちこち。。
  • 本当にもう!毎日思う。朝、筆箱に鉛筆5本。消しゴム3個。今日やるページを開いて出して、目を通したらいいなぁと思う本を机に置くのが日課。毎回筆箱が空っぽ。机の下。ピアノの上。テレビの前。クッションの下。あちこちに。。そのうち、ちゃんとするかと淡い期待と煩く言うと、そこに気が行くのもと日々、鉛筆と消しゴムを探すのが日課。当然、服は脱ぎ散らかし、靴下はあちこち。計算ノート。。あちこちと。。似てる。勉強はチ [続きを読む]
  • 計算問題で。。残念。
  • 難しいのか。はたまた、面倒なのか。整数、小数、分数混合の四則計算。サラっと、やり過ごすつもりが意外とつまづく。何で?「お母さ〜ん。グチャグチャになったぁ〜」「頭使わないでしょ〜。ただ計算するだけでしょ?」ん?グチャグチャって、どう言う事?計算ノートを見ると。。。あらら。あっちに計算。こっちに計算。ときには、ページもまたがってる〜。だから、5つくらいになると何処に計算したのか、計算してるうちに、自分 [続きを読む]
  • そんな考えするんだぁ。
  • 学校の算数の授業がどうしたら、楽しいか?をヒカルと話をしていた時。「学校の算数は、分かる?」「繰り上がりのない、二桁の足し算の筆算で分からないとこって、逆に何よ」(最近、こんな憎たらしい言い方をするときがあります)「じゃあ、全部手を挙げてる?」「半分くらいかな」「何で?塾だと挙げてるのに。」「だって、合ってるか間違ってるか。自分の考えが正しいか間違ってるかを手を挙げて確認したいから。」「えっ?そうな [続きを読む]
  • ブレない。
  • 色んなやり方があっていい。灘合の参加資格は、基本的には公開テストで30位以内。。かな。前回の公開テストは、30/471。4月の灘合は、35人位が受講。保護者の方とお話しするたびに思う。大体同じ成績の子供達だと思うんだけど、皆んな、取り組み方が違う。例えば、くもんをしている人。算盤をしてる人。浜学園の講座の取り方も違えば、他塾と掛け持ちの人もいる。同じ人なんか、きっと1人もいないんじゃないかなぁ。違うけれど [続きを読む]
  • 2年生。4月の参観日。
  • 学校が一番大切。と日頃から言ってるんだけど。。。今回の参観日は。。。微妙。二桁の足し算の筆算初日だったようで、1時間かけて、1問。①一行目に、先ず12を書く。②二行目に、37と書く。③定規で線を引く。④一の位を、足す。⑤十の位を、足す。「出来た人は、黙読。」黙読って。。12+37を。。?こりゃ苦行に近いものがあるな。ヒカル。。鉛筆と消しゴムを手に、遠くを見ておりました。算数のノートが綺麗な訳だ。板書の時間と [続きを読む]
  • 自分で調べて。
  • 少し勉強の仕方が変わってきたかな。問題集の横には参考書。4年生の問題集は、問題の中に、初めてみる言葉が出てくるからね。概数や最大公約数等々。今までは算数辞典で、何となく「ウン。ウン。」と読んでいたのだろうけど、問題に出てくると、少し不安なようで「お母さん〜。これってこう言う意味?」「ダメ〜。お母さんに聞いたのはすぐに忘れちゃうから、調べよう」「えぇ〜。わかったぁ。調べる。」隣には、算数大辞典と力の5 [続きを読む]
  • スーパーエリート問題集3年生終了。
  • スーパーエリート3年生算数がやっと終わり、連休明けからトップクラス問題集算数4年生を。何だかちょっと分厚い?夏が終わるまでかかるかな。毎月の塾の公開テストと灘合の復習テスト。6月は、全国統一テスト。(全国統一テスト。。ヒカルは何故か相性が悪い。)等々と、間違いカードで取りこぼしを確認しながら。。。スーパーエリート問題集3年生が完了した後は、灘中高の学園祭。スライムに始まりスライムに終わり。少しまだ早かっ [続きを読む]
  • 丸つけで。
  • 1回で合えば、赤で丸。次に合えば、青で丸。青丸は間違いカード行き。「違うよ〜直して」「ん〜。。何回やっても94になる!」「でも違うもん」「何でよ!もう嫌!」と投げ出した問題。何でかな?と問題を見直すと。。。。94。。。ん?94?私が解答をみる場所を間違ってた!かたまった。「凄〜く、いい難いのだけど、。。。94であってた。ごめん」「何よ!もう!嫌」だよねぇ。怒るよねぇ。30分もやってたんだもの。でも、ほら。お [続きを読む]
  • 備忘録。
  • 少し真面目に(1)。好奇心旺盛で、探究心を持ち、能動的に取り組める子供にしたいと思って子育てをしてきました。今のところ、可もなく不可もなく素直に育ってくれたなぁと思います。中学受験を決めたのは保育園の頃。それに合わせて、幼稚園も小学校も決めた。中学受験を決めたからと言って机の上の勉強をさせたわけではなく逆算して、受験するのに何が必要かを考えはじめた頃。その一つは、楽しめる事。受験までの数年間、勉強を [続きを読む]
  • ドンドンミスを。。
  • 公開テストでの算数100点は何度かあったのだけど、灘合100点は、過去1回だけ。因みに、公開テスト国語の100点も1回だけ。。。今回も1問間違いの80点。何故それを間違うかぁ。と言う問題 。授業中の問題とほぼ同じ問題なのに。ちょこっと変えてあった。そのちょこっとに、まんまと。。。「見直ししたもん。」「今度から、「問題文も」見直してね。」平均点74.5点のテストで80点ってぇ〜。ギリギリじゃん!あり得ん。でも、こう言う [続きを読む]
  • 続けられるペース
  • 毎日続けられるペースがいい。お互いに。愚図ると手間なので、出来れば、機嫌よく課題をこなして欲しい。最初から、あれもこれもと言うと「えぇ〜!」となるし、少なく言ってついでにこれもと言うと「えぇ〜!これだけって言ったやん!」となるし。加減が難しい。でも、やっぱり愚図ると手間なので日々の量は、P1〜P2くらいに。簡単なページと、ちょっと頭を使うページを。。。負荷が少なめ。いいような、悪いようなだけど。愚図っ [続きを読む]
  • 間違いカードが追いつかない〜。
  • スーパーエリート問題集算数3年生が8割が終わり、ここからが中々進まなぁ〜い。「スーパーエリート1枚と、間違いカード6枚どっち〜」「間違いカード6枚〜」となるこの頃。「好きなやつ選んでいいよ〜」と言うので、簡単そうなカードを選ぶ。。。簡単なカードの問題も間違った問題ですから!!と、言う事で最近30分も勉強してないなぁ。かつては間違った問題も解ける力がついてきたのか、大体正解〜。「こんなの簡単〜。間違う奴い [続きを読む]