めのめの さん プロフィール

  •  
めのめのさん: 心が幸せになる生活
ハンドル名めのめの さん
ブログタイトル心が幸せになる生活
ブログURLhttp://menomenokokoro.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文自分らしさを大切に。自分の心を大切に。そういう生き方で毎日を過ごせば、幸せを感じられるはず。
自由文過去のどんな経験を乗り越えて、自分らしい生き方に改めようと決意しました。
他者に惑わされず、自己犠牲しすぎないように。
自分の手の中にある、あたり前で普通の幸せに目を向けて生きていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 52日(平均0.5回/週) - 参加 2016/03/23 17:32

めのめの さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ルネッサンス
  • ある程度物理環境での自由を手に入れて一年半が過ぎ、芸術系の刺激を得たり、かつての付き合いが戻ったり、新しく勉強を始めたりと能動的になりつつある。しばらく前に久しぶりにルネッサンス期イタリアの作品を鑑賞。作品に囲まれているとなんと心地良いことか。自分の周りの邪気がすうっと昇華していくような、ある種の清々しさを感じた。表現は無論、心に何かを感じることも困難なほど追い詰められていた頃は、あれほど居たたま [続きを読む]
  • 「人」でありたいので
  • いつも現場の人たちと考え方が違うことが多かった。学校で学ぶ時も、社会で働く時も、家で家族をする時も。勉強は他者を蹴落として上に行く。できないから投げ出して将来を諦める。教師に追従して評価を上げてもらう。自分が得するように働く。楽して儲ける。他者を陥れて地位を手に入れる。依存、執着する。便利屋として使い、使われる。自己犠牲。どれもついて行けなくて理解もしたくなくて。そういうそれぞれの枠組みでの汚いル [続きを読む]
  • 人は心でできている
  • 子どもの頃からずっと奥底で思っていた。人は心でできている。けれど、他者の心が優先で、自分が後だと言い聞かせられて育った。自分の思いを出すことは我儘だと叱られ続けた。自分の存在はただ他者(家族)のため、自分の人生は他者(家族)のために奉仕するべきで、自分のやりたい事、好きな事を欲するのは我儘だ、と。頑固な自分は奥底で思っていた。表面だけ服従していればいいさ。自分の心を外に出さなければいい、奥底で使う [続きを読む]
  • ブログ整理にかかるので
  • さて、その後の自分は調子がいい。お陰様でこのブログもほとんど更新することなく来ている。人間関係が発端で一つ問題が発生しているが、今月中には片付けるつもりだ。決意して前へ進もうと思うと、後ろへ引き戻す輩が現れる。ここにきて、またぞろ…。しつこく引っ張られるが、そこを突き抜けてこそ。人間関係を悪くさせないようにしながらも、自分の意を伝えられたら、本格的に自分を取り戻せる自信になる。そうしたら、このブロ [続きを読む]
  • 過去の記事 …