AS さん プロフィール

  •  
ASさん: デコボコWORLD
ハンドル名AS さん
ブログタイトルデコボコWORLD
ブログURLhttp://deko-boko.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文障害者当人(アスペルガー症候群)が、障害に関する情報や私見などを発信していくブログです。
自由文皆様に最低限知っておいていただきたい障害の基礎知識や少し踏み込んだ障害の情報、
障害に関する話題に対する私見、私の障害の話といったものを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 354日(平均0.8回/週) - 参加 2016/03/23 17:47

AS さんのブログ記事

  • 4障害の比較
  • 身体障害、精神障害、発達障害、知的障害…今回は、障害の事を語る上では基本となるこの4つの大分類について、様々な面で比較したいと思います。(この4つの基礎的な事については、以前の記事をご覧ください)以前に書いた内容も多いですが、大事なところなので、「まとめ」として再確認のつもりでご覧ください。1. 4障害の関係「体」と「心」が対であるように、「身体障害」と「精神障害」は対となっています。そして、精神障害は [続きを読む]
  • 障害者の就職
  • お久しぶりです。色々あって大分日が空いてしまいましたが、今回は「障害者の就職」についてです。1. ハンディを補う仕組み雇う側からすれば、障害者というものは健常者に比べて「あまり使えない」「扱いにくい」というのが大体の人の本音でしょう。しかし、だからといってその本音通りにしてしまっては、多くの障害者が、好き好んで障害を負った訳ではないにも関わらず生活に困窮する事となってしまいます。(障害年金や生活保護 [続きを読む]
  • 障害者の割合
  • 今回は、我が国日本における「障害者の割合」についてです。私は「障害者の割合は増えてきている」という話を目にしたような覚えがあるのですが、実際のところはどうなのか…という訳で、調べて見つけた以下のデータを基に、「障害者の割合」についてまとめてみました。出典(引用ではなく参考)・昭和55年国勢調査 〜 平成22年国勢調査 人口推計 (総務省統計局)・平成25年版 障害者白書 第1編 第1章 障害者の状況(内閣府)→ペ [続きを読む]
  • 寄り道ランナー・ADHD
  • 新年一発目となる今回は、自閉症と共に「二大・有名な発達障害」だと思われる「ADHD」についてです。(自閉症については以前の記事をご覧ください→ 分類/症状)実は私も、アスペルガー症候群の方とは違って正式にそう診断されてはいないものの、小さい頃に「軽いADHDの症候がある」というような事を言われており、自分でも少し当てはまっていると感じています…最近では「大人のADHD」が話題になった事もありましたが、この「ADH [続きを読む]
  • 障害テスト2016
  • もうすぐ2016年も終わりです。そこで今回は、年末によくある「総まとめ」として、これまでの記事の内容から「障害のテスト」を作ってみました。あなたは障害の事をどれだけ理解できているでしょうか?各4点×25問の100点満点です。答えは「ア…」などのすぐ右をドラッグ(反転)する事で確認できます。[1] 文章中の(ア)〜(ス)に当てはまる語句を、  それぞれ選択肢の中から選んで記号で答えなさい。  なお、同じ選択肢を複数回 [続きを読む]
  • 身体障害者へのジェラシー
  • 私は障害者(発達障害者)です。しかし、健常者に対しては特にジェラシーは抱いていません。障害者が健常者より劣った存在だとは思っていないし、弱者の気持ちが分からない人間にはなりたくないからです。ただ、「身体障害者」に対してはジェラシーを抱いています。今回は、その事について書いていこうと思います。1. 身体障害者へのジェラシーポイントまず、身体障害とそれ以外の障害では知名度が大違いです。街中でも、点字や点 [続きを読む]
  • 障害の記念日
  • 昨日、Wikipediaの「今日は何の日」というものを見てみたところ、この日(12月3日)は「国際障害者デー」という記念日だそうです。我々の為の記念日があるとは嬉しいですねー。そこで今回は、「障害にまつわる記念日」を調べてみました。1. 日本の記念日先述の「国際障害者デー」は国際的な記念日ですが、日本でも、12月9日に「障害者の日」というものがあります。作られたのは1980年で、1992年に作られた国際障害者デーに比べ12年 [続きを読む]
  • 視覚障害者の「杖」
  • 今朝、新聞で「白杖(はくじょう)は全盲とは限らない」という記事を見ました。…「白杖」?私はただの一障害者の端くれであり専門家ではないので、障害に関する知識は一般的な健常者に毛が生えた程度です。その為、「視覚障害者は周囲の状況を把握する為に杖を使うだろう」という事は何となく分かっていましたが、「白杖」なる特別な杖があって、それを使っているという事は、恥ずかしながら知りませんでした。その記事では弱視の [続きを読む]
  • こだわり人間の苦悩
  • 今回は、私自身の障害(アスペルガー症候群)の話です。以前の記事で自閉症スペクトラム障害の症状として書いた「こだわり」について書いていこうと思います。なお、「こだわり」と聞くと「シェフこだわりの一品」みたいな良さげなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はそんな良さげなものではないので、「固執」とでも言った方が語弊がないかもしれません…1. こだわり=苦しみ私は色々なこだわりを持って [続きを読む]
  • 健常者の呼称・障害者の俗称
  • 今回は、「特定の健常者に対する呼称」や「特定の障害者に対する俗称」について書いていきます。1. 健常者の呼称これまでも度々登場しましたが、障害を持っていない、障害者でない人の事を「健常者」といいます。これは「障害全般」を持っていない事に対する呼称ですが、ある「特定の障害」を持っていない人に対する呼称もあるのです。「視覚障害者」に対して、視覚障害を持っていない人の事は「晴眼者」といいます。また、「発達 [続きを読む]
  • 曖昧とは正反対の「自閉症」の症状
  • 以前に、「自閉症」の指す範囲や境界が「曖昧」である、という記事(リンク)を書きました。しかし、その症状は「曖昧」とは正反対のもので、一言で表現すると、「変な方向にきっちりしすぎている」という感じです。という訳で、今回は自閉症(自閉症スペクトラム障害)の症状を、「曖昧とは正反対の性質」に焦点を絞って挙げていこうと思います。(自閉症スペクトラム障害については以前の記事(上述)をご覧ください)1. 曖昧を [続きを読む]
  • ストレスと障害
  • 人は誰しも様々なストレスを抱えていますが、この「ストレス」は、時に「ストレス障害」と呼ばれる精神障害を引き起こします。そこで今回は、「ストレスと障害」について書いていきます。1. 恐るべき存在・トラウマ強いストレスを受けると、それは時に「トラウマ」となります。トラウマは「心的外傷」とも呼ばれますが、物理的な「傷」がそれを負った時だけでなくその後も痛み続けるように、そのストレスを受けた時だけでなくその [続きを読む]
  • うつのバリエーション
  • 前々回と前回、うつについて説明しましたが、「うつ」には様々な種類があり、それぞれ異なった特徴を持っています。という訳で、今回は「うつのバリエーション」について書いていきます。1. 定型うつと非定型うつ前回の記事で、うつは「普段は楽しい事が楽しく感じられない」と書きましたが、実は「そうではない」タイプのうつもあります。「楽しく感じられない」タイプのうつを「定型うつ(病)」というのですが、それに対して「楽 [続きを読む]
  • 「うつ」と「躁」の心理
  • 前回の記事で、「うつ」にはちゃんとした「原因」がある事を説明しました。ただ、「うつ=甘え」という思い込みが広がっているのには、「原因がある事を知らない」事ともう1つ、「どういう心理状態なのか分かっていない」という事もその理由となっているのではないかと思います。そこで今回は、「うつ」とその対極的存在である「躁(そう)」の心理状態について書いていこうと思います。なお筆者は以前に軽いうつを経験しており、そ [続きを読む]
  • 本当は恐ろしい「うつ」の話
  • さて今回は、前々回の記事(お詫びの記事を含めて)に抗うつ薬の話で少しだけ登場した「うつ」がテーマです。多くの人はうつの事をぼんやりとしか理解していない感じがあるので、この記事でしっかりと理解してもらえたらと思います。1. うつの原因まず声を大にして言いたいのが、うつは決して「甘え」などではなく、ちゃんとした「原因」があるのだ、という事です。その原因ははっきりと分かっているわけではありませんが、よく言 [続きを読む]
  • 「障害者のスポーツとオリンピック」の誤りのお詫びと訂正
  • 以前書いた記事「障害者のスポーツとオリンピック」において、誤りがあった事が発覚しました。記事では現在のパラリンピックの対象を「肢体不自由者と視覚障害者のみ」と書いていましたが、実際は知的障害者も対象に入っていました。パラリンピックにおいて、知的障害者は一時期対象となっていましたが、知的障害を偽る参加者が現れた為に、それ以降対象外となりました。その為現在も対象外だと思っていたのですが、新聞のリオパラ [続きを読む]
  • 精神・発達障害の対処方法
  • 風邪などの一般的な病気に対しては、かかった際にどう対処すればいいかは大体分かりますよね。また「身体障害」に対しても、「車椅子」や「リハビリ」など、負った際の対処方法はある程度想像が付くと思います。では「精神障害」や「発達障害」に対してはどうでしょうか。負った際にどういう対処方法があるのか、分からない人も多いのではないでしょうか。という訳で今回は、精神障害や発達障害を負った際の対処方法について書いて [続きを読む]
  • 24時間テレビに見る「障害の捉え方」
  • 8月27日・28日に、毎年日本テレビが制作・放送している「24時間テレビ」が放送されましたが、今年の24時間テレビは例年に比べて「障害者」関連の事で物議をかもしました。今回は、その事について私見を交えながら書いていこうと思います。1. 24時間テレビと障害者24時間テレビは毎年、障害者(障害児)を集めて「チャレンジ企画」と呼ばれる企画を行っています。「障害者について知ってもらえるきっかけになる」一方で、「都合のい [続きを読む]
  • 知られざる第二の年金「障害年金」
  • 前回の記事で、障害年金について少し書きましたが、今回はその「障害年金」の事を詳しく書いていこうと思います。1. 障害年金とは?一般的に、年金といえば「高齢者が貰える」ものを想像すると思います。しかしそれは正式には「老齢年金」といって、3種類ある年金の内の1つでしかないのです。そして、老齢年金とは別に「障害者が貰える」年金があり、それを「障害年金」というわけです。(なお残りの1種類は、老齢年金を貰えずに死 [続きを読む]
  • 軽度障害の苦しさ
  • 以前の記事で書いた通り、障害と一口に言ってもそこには軽度のものから重度のものまであります。例えば、全く見えない「全盲」や全く聞こえない「全聾」などが「重度障害」といえるでしょう。そんな重度障害の「苦しさ」は容易に想像できるかと思いますが、実は軽度障害にも、また違った意味での「苦しさ」があるのです。という訳で今回は、「軽度障害の苦しさ」について書いていきます。1.「理解されにくい」問題まず第一に、軽度 [続きを読む]
  • 障害者のスポーツとオリンピック
  • いよいよリオオリンピックが始まりましたね。オリンピックに比べるとあまり関心を持たれていない感じはありますが、オリンピックが開催されれば、その障害者スポーツ版ともいえる「パラリンピック」も開催されます。(リオパラリンピックは今年の9月7日から)という訳で、今回は障害者のスポーツやオリンピックについて書いていこうと思います。1. 障害者スポーツスポーツの中には、「障害者スポーツ」という健常者と同じようにス [続きを読む]
  • 相模原障害者施設殺傷事件を考える
  • 先日、相模原市の障害者施設にて合計19人もの障害者が殺されるという凄惨な事件が起きました。お亡くなりになった方々には哀悼の意を表します。という訳で今回は、この事件について意見を述べたいと思います。1. 性質を考える 〜高齢者と障害者〜今回の事件ですが、実は私はそこまで「おかしな事」ではないと考えています。というのも、「『社会的弱者』が『入所する施設』で殺される」という点では、以前に起きた「『高齢者』が [続きを読む]
  • 性的少数者にも色々あるんです 〜性指向と性自認〜
  • 以前の記事で少し取り上げた「性的少数者」には、実は様々な種類があります。そこで今回は、「性的少数者の種類」について書いていきます。性的少数者は大きく2種類に分けられ、1つは「『性指向』が一般的でない人々」、もう1つは「『性自認』が一般的でない人々」です。(両方に当てはまる人もいます)では、ここから詳しい説明に入ります。1.「性指向」にまつわるもの前者の「性指向」とは、性愛の対象となる性の傾向の事で、「 [続きを読む]
  • ネット上の発達障害関連の書き込みに意見してみる
  • インターネット上では、障害に関する書き込みを見かける事があります。今回は、私が見かけて「ちょっと違うんじゃない?」と思った「発達障害に関する書き込み」に対して、意見してみたいと思います。(以下で挙げている文章は、書き込みそのままではありません。 簡約などの改変を行ったものなので、ご了承ください。)--------------------------------------------------CASE 1天才的な絵の才能を持った自閉症の女の子に対し、 [続きを読む]
  • 障害の証明 〜障害者手帳〜
  • 以前の記事で、少しだけ「障害者手帳」というものについて触れましたが、今回は、その障害者手帳についてもっと詳しく説明していこうと思います。1. 障害者手帳の意義と種類障害者手帳は「自身の障害を証明」する為の手帳です。自治体が発行をしており、これを持っていると(提示すると)障害者を支援する様々なサービスを利用する事ができます。この障害者手帳には3種類あり、障害の種類によって異なります。身体障害      [続きを読む]