TDC さん プロフィール

  •  
TDCさん: 都市伝説倶楽部
ハンドル名TDC さん
ブログタイトル都市伝説倶楽部
ブログURLhttp://fanblogs.jp/toshidensetsuclub/
サイト紹介文都市伝説などオカルトな話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/03/23 18:05

TDC さんのブログ記事

  • マリリン・モンロー
  • マリリン・モンローは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の女優。本名ノーマ・ジーン・モーテンセン、その後改名してノーマ・ジーン・ベイカー。1950年代中盤から現在に至るまで「アメリカのセックスシンボル」と称される。誰もが知っているモンローというステージネームは彼女の母親の姓からきているのだ。1962年8月5日、36歳という若さで自宅の寝室で全裸で死んでいるのが発見された。死の直後、マスコミでは「死 [続きを読む]
  • キミアキ君
  • 某県のある中学校の卒業生の間で語り継がれている、こんな噂を聞いた事があるだろうか?あるクラスの「キミアキ君」は、出席簿の名前欄に「キミアキ」と書かれているだけで苗字の欄は空白。さらに住所録も「某県○○市」だけで、両親の名前も空欄。「キミアキ君」はごく普通の生徒で、友達と冗談を言い合ったり、学校のイベントでも重要な役割を演じたりもしていた。でも友達は誰1人として「キミアキ君」の家に行ったことがなかった。1年後、「キミアキ [続きを読む]
  • ニコラ・テスラ
  • 狂気の科学者と言われているニコラ・テスラ。そのテスラが関わったとされる装置を列挙すると、人工地震兵器、殺人光線、気象兵器、反重力装置。かくして、テスラは歴史上最大のマッド サイエンティストと呼ばれる様になった。ニコラ テスラは、1856年7月にクロアチアに生まれた。大学で電気工学を学んだ後、パリで働く。その後、アメリカにわたり、エジソンの会社で働くが、意見が対立し退社している。原因は、送電方式の対立にあ [続きを読む]
  • ハーメルンの笛吹き男
  • 『ハーメルンの笛吹き男』は1284年の6月26日にハーメルンで実際に起こったといわれる130人のこどもたちが一夜にして街から消えた伝説。284年、ハーメルンの町にはネズミが大繁殖し、人々を悩ましていた。ある日、町に笛を持ち、色とりどりの布で作った衣装を着た男が現れ、報酬をくれるなら街を荒らしまわるネズミを退治してみせると持ちかけた。ハーメルンの人々は男に報酬を約束した。男が笛を吹くと、町じゅうのネズミが男のと [続きを読む]
  • 「悪魔の詩」訳者殺人事件
  • 1991年(平成3年)7月11日、『悪魔の詩』の日本語翻訳者であり、大学助教授の五十嵐一氏(44歳)が大学構内で何者かによって「刺殺」された。翌日7月12日に発見された。現場からO型の血痕(被害者の血液型ではないため、犯人の血液型とされた)や犯人が残したとみられる中国製カンフーシューズの足跡(サイズ27.5cm)が見つかった。五十嵐助教授は1990年にサルマン・ラシュディの小説『悪魔の詩』を日本語に翻訳している。1989年2 [続きを読む]
  • ビルダーバーグ会議
  • 「ビルダーバーグ会議」とは、1954年から毎年1回、5月の終わり頃に約3日間かけて、北アメリカやヨーロッパの国々にて開催されている、世界的な影響力を持つ一部の人々のみが参加するという、完全非公開の会議のことである。その参加者としてはヨーロッパの王族・貴族を中心として、世界各国の政治家や官僚、大手の多国籍企業・金融機関の代表、大手マスメディアの幹部などだと考えられている。その参加者の人数は、毎年約130人ほど [続きを読む]
  • ゾディアック事件
  • 1968年12月20日サンフランシスコで2人の若者が襲われた、男性は重傷、女性は遺体で発見された。1968年12月20日サンフランシスコで2人の若者が襲われた、男性は重傷、女性は遺体で発見された。1969年7月5日男がヴァレホ警察に電話をして2件の殺人を告白し、それ以前の殺人も自分のものだと言った。警察は電話をかけてきた男の指示した場所で新たなカップルの犠牲者を発見したが、男性は生きていた。1969年9月ナパ警察は電話を受け、 [続きを読む]
  • ロズウェル事件
  • 1947年7月8日、ロズウェル・デイリー・レコード紙の夕刊に、ニューメキシコ州ロズウェル北西120キロ程の所にあるJ・B・フォスター牧場に「空飛ぶ円盤」が墜落し、その残骸を軍が回収したという話が載った。事件は1947年の7月2日夜22時頃、ロズウェルの北西コロナ近郊の牧場に、雷鳴ではない何かの爆発音が鳴り響いたという。その音を聞いて不審に思った牧場主のウィリアム・W・ブレーゼルは、翌日息子たちと牧場を見回りに行くと、 [続きを読む]
  • さとるくん
  • 公衆電話に10円玉を入れて自分の携帯電話にかける。つながったら公衆電話の受話器から携帯電話に向けて「さとるくん、さとるくん、おいでください。」と唱える。それから24時間以内にさとるくんから携帯電話に電話がかかってくる。電話に出るとさとるくんから今いる位置を知らせてくれる。そんな電話が何度か続き、さとるくんがだんだん自分に近づき最後には自分の後ろに来る。このときにさとるくんはどんな質問にも答えてくれる。 [続きを読む]
  • 藤沢 悪魔払いバラバラ殺人事件
  • 「藤沢 悪魔払いバラバラ殺人事件」とは、1987年2月25日に神奈川県の藤沢市にあるアパートの一室にて発覚した、二人の男女が一人の男性を悪魔払いの末に殺害し、バラバラに解体したという猟奇殺人事件のことである。1986年10月、男性Aは一時的に埼玉県で暮らしていたが、神奈川県へと帰ってきた際、藤沢市にあるアパートの部屋を借りて一人暮らしを始めている。男性Aは神奈川県へと帰ってくると、女性Bと男性Xの夫婦のもとを訪れ、 [続きを読む]
  • ヒトラー生存説
  • ナチス・ドイツの党首にして独裁者であったアドルフ・ヒトラー。彼は類稀なる弁論の才能によって国民を鼓舞し、第二次世界大戦を引き起こしすきっかけを作った人物である。最終的にはベルリンの本拠地が完全に包囲され、ヒトラーは自殺したとされている。ところがヒトラーはベルリン陥落後も生きていたのではないかという説が、大戦終結直後から噂されるようになった。その理由は何より、西側の国々にヒトラーの遺体が公開されてい [続きを読む]
  • 錬金術
  • 「錬金術」とは、13世紀頃〜19世紀頃の中世のヨーロッパで盛んに行われていた化学実験で、卑金属(酸化しやすい金属。鉄、銅、亜鉛など)から金や銀を作り出す技術のことである。この錬金術を研究する錬金術師たちは当時の最先端技術を研究する科学者として扱われており、貴重な金を他の物質から作り出すことで、莫大な富を得ることが出来る錬金術は彼らの間で競って行われていたそうだ。彼らは「賢者の石」と呼ばれる物質を追い求め [続きを読む]
  • 下山事件
  • 「5分くらいだから、待っててくれ」1949年(昭和24年)7月5日朝、国鉄総裁である下山はそういって日本橋の百貨店に入り、そのまま消息を絶つ。翌未明、国鉄常磐線北千住駅 - 綾瀬駅間で汽車に轢断された下山の遺体が発見された。下山は1949年(昭和24年)6月1日に発足した日本国有鉄道(国鉄)の初代総裁に就任したばかり。7月5日朝、普段どおり午前8時20分頃に大田区上池台の自宅を公用車で出た。出勤途中、運転手に日本橋の百貨 [続きを読む]
  • 鮫島事件
  • 某巨大掲示板などで「あの事件を覚えていますか?」などと時々言及される事件。真実を知った者は恐ろしい目に遭うとされる。その事件の核心に触れることはタブーというような扱われ方をされ、同時に人が死んだ、公安が絡んでいるなどの議論がされている。「鮫島事件とは何か」という書き込みに対しては「ネタだからやめろ」「あれはタブーだ」「思い出させるな」などいかにもそれらしいレスが追加されていき、「本当のところは教え [続きを読む]
  • 【自己責任】異世界へいく方法
  • 今、我々が生活している世界とは全く異なる平行世界や異世界が存在しているという話が数多く噂されている。また、「飽きた」を代表に異世界に行く方法が存在していると考えられており、今回はその一つである「エレベーターで異世界に行く方法」を紹介する。まず、この方法はエレベーターで10階に行く必要があり、それ以上の高さの建物が必要になる。また、5階以外で誰かがエレベーターに乗ってきたら失敗となるので、人気の少ない [続きを読む]
  • 杉沢村
  • 某県八○田山系の裾野に杉沢村という小さな村があった。ところがある日、この村に住む一人の男が突然発狂し、住民全員を手斧で殺害。犯行後、男もまた自らの命を絶ってしまったため、村には人が一人もいなくなってしまったのだ。この事件により村として成立しなくなった杉沢村は、事件を覆い隠そうとする自治体によって密かにその存在を抹消された。地図の上から名前を消され、某県の公式記録の中からも名前を消され…。廃墟と化し [続きを読む]
  • 未来人 ジョン・タイター
  • 2000年11月にアメリカのとある掲示板に、2036年から来たという男から書き込みがあった。彼は自分をジョン・タイターと名乗り軍事目的で1975年に行った後に、2036年に戻る途中でこの時代に立ち寄ったのだと言う。様々な質問に対し彼は丁寧に答えていった。彼の話は近未来に起こるであろう出来事やタイムトラベルの理論や時間の概念、自分が乗ってきたタイムマシンの説明やマニュアルの写真、推進原理図などを掲示板で公開した。しか [続きを読む]
  • 隙間女
  • ある男性が、自分の部屋の中で何者かの視線を感じるようになった。あたりを見回したりしたが、部屋の中にいるのは自分ひとりである。だが見られているという感覚はぬぐえず、しばらく続いた。男性は不安になり、室内を物色してみたが見つからない。男性はますます心配になって念入りに部屋を探すことにした。すると、ふと視線の正体を発見してしまった。タンスと壁のわずかな隙間から、じっとこちらを覗いている女がいた。 [続きを読む]
  • サン・ジェルマン伯爵
  • サン・ジェルマン伯爵という、10カ国以上の言語を自由に話せたという人物がいるそうだ。彼は18世紀のフランスに突然現れた。1760年代、パリの食事会にも彼は現れている。この時、彼と話した人物は「彼は特別な薬のおかげで何も食べる必要がないとか、3千年以上も前のエジプトのクレオパトラやルイ15世に逢ってきた、などと話していた。また、自分は300歳だとも言っていた。」と語っているのだが、彼はこの時40歳ぐらいに見えたとい [続きを読む]
  • 濡れた猫
  • アメリカの老婆の飼い猫が、雨で濡れて家に帰ってきた。老婆は風邪を引いてしまうといけないと思い、電子レンジを使えば猫を簡単に乾かすことができるかもしれないと考えた。さっそく猫を抱きかかえ電子レンジに入れてスイッチを入れた。当然、猫は死んでしまった。後日、老婆は「濡れた猫をレンジに入れてはいけない」という注意書きがレンジの説明書にないのはメーカーの落ち度であるとし、メーカーに莫大な賠償金を請求し、見事 [続きを読む]
  • セーリング・ストーン
  • アメリカ・カリフォルニア州デスヴァレー国立公園にあるRacetrack Playaは、デスヴァレー国立公園の北西にある平坦で干上がった湖の湖底だった場所である。ここには、夜間に石が長距離に渡って自然に移動する「セーリング・ストーン」、「スライディング・ロック」または「ムービング・ロック」などと呼ばれる現象が起こるのだ。石が自然に移動する現象は、1940年代にネバダ州とカリフォルニア州の干上がった湖底で既に発見されて [続きを読む]
  • クレヨンしんちゃん
  • 「クレヨンしんちゃん」には「実は、しんのすけは交通事故に遭ってすでに死亡しており、全てはみさえによる妄想である」という都市伝説が存在している。この「クレヨンしんちゃん」という漫画は、一般的には「子供向けの作品」として広く受け入れられている。しかし、この漫画にはそのようなイメージとは遠くかけ離れた、残酷な都市伝説が囁かれている。その都市伝説の内容とは、主に下記のようなものである。「クレヨンしんちゃん [続きを読む]
  • エリア51
  • アメリカのネバタ州南部、アメリカ空軍によって管理されているグルームドライレイク近郊の一地区、ここが「エリア51」と呼ばれる空軍基地だ。正式名称はグレーム・レイク空軍基地という。この地では宇宙人やUFOなどの目撃談が多く、実際にアメリカで一番UFOの目撃報告が多い地域である。また、アメリカ軍機密の航空機のテストを古くから行っていたとされ、現在でも様々な高性能の軍事用ジェット機を開発しており、レーダーに映らな [続きを読む]
  • 血液型の起源
  • 誰もがA、B、O、ABいずれかに区分けされる血液型。 ??この血液型について、面白い都市伝説が海外では囁かれている。??なんでも、血液型を見れば、該当者の始祖の習性すらも粗方分かってしまうというのだ。 ??たとえばA型は農耕民族同士が交配することで生まれてきたとされ、B型の場合は酪農を生業にした民族から輩出され、O型は狩猟民族の血を強く引いている人々とされ、最後にAB型の場合、農耕民族と酪農民族との交配によっ [続きを読む]
  • タレントの失踪
  • タレントのAが失踪した際、マスコミなどもこのニュースを放送した。しかし事件の真相は「失踪」ではなく「拉致」だったという。夜釣りに出かけたAは某国による日本人拉致の現場を目撃してしまった。そのためAも連れて行かれそうになった。Aは自分は世間的に知名度のある仕事をしており、自分がいなくなったら大騒ぎになると訴えた。実行犯たちは某所に連絡を取り、Aがタレントだということを確認。「家族にでも漏らしたら命はない [続きを読む]