kei さん プロフィール

  •  
keiさん: フットケアスクール スタッフによるあんな事こんな事
ハンドル名kei さん
ブログタイトルフットケアスクール スタッフによるあんな事こんな事
ブログURLhttp://ameblo.jp/jppodologie/
サイト紹介文フットケアスクール・サロンの日記、魚の目タコ・巻き爪・外反母趾などの足トラブルを紹介します。
自由文爪や角質のトラブル、高齢者の爪切り、スクール、サロンの事など、お客様とセラピストの目線で足にまつわる事を(希少な)男性スタッフがお送りします♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/03/24 14:47

kei さんのブログ記事

  • 足の小指の爪端にある物体!<小趾爪横の鶏眼ケア例>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。  ?  「小指の爪の横が痛いんです。。」 よく耳にするトラブルです。小指の爪の外側に、まるで爪のように潜む物体、、これは皮膚が角化して魚の目状態になったものでした。 核が硬くなると痛みを伴いますが、痛くなくてもストッキングが引っかかる、靴下をひっかけてすごい痛かった、、などなど二次トラブルを引き起こしかねません。早めに除去し [続きを読む]
  • 足裏の異物感<メタ・小趾球の胼胝>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。        (after)   (after)横アーチの中央と小趾球にできたタコがお悩みのお客様です。痛みはないものの硬く厚いタコにより異物感を感じてらっしゃいます。 本日のお手入れは、①軟化させシュライファーで削り②専用フレーザーで硬い部分をさら [続きを読む]
  • 感謝のおつり銭
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 「あ、ちょっと。。」 お会計をしお客様のもとへ!と急ぐ私にストップ!サロンの顔、受付を守ってくださる女性がおつり銭をパタパタと。オセロ?のようにひっくり返して、、? あ、お札だけでなくて硬貨もすべて表向きに直してくださっていたの?いままでずっと?? はあ。。。keiはこの年になるまで硬貨を表にしておつりをお返しする、というこ [続きを読む]
  • もやすっきり? <快晴の梅田スカイビル>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 「バイオリズム」というのでしょうか。気持ちが外向きになるときと、内向きになるときがあります。 6月とある朝。少し疲れ気味だったここ最近、ずっと内向きで気持ちもクローズドでしたが、この日はちょっと違いました。通勤のお供・スマホのイヤフォンを忘れたのでラ講も聞けず、周りをキョロキョロ見ながら地上へ。 お!この先の明るさは・・・ [続きを読む]
  • 足裏のタコ<小趾球の胼胝・鶏眼>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 ご職場では楽なサンダルに履き替えるというその方の足元は「クロックス サンダル」。ゴムで軽く履きやすい、とても人気のサンダルです。 それでも一日を過ごし歩き回ることも少なくないその方には、甲や踵のホールド感が物足りず、知らず知らずのうちに歩き方に癖をつくる可能性もあるのではないでしょうか。 小指はとなりの薬指側にくっつき傾き、 [続きを読む]
  • みをつくし
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 あれこれと考えだせば、道は枝分かれする一方だ。道はひとつきり。 “与えられた場所で一心に精進を重ね、料理に身を尽くす、という生き方を貫けば良い。そうすることで道は拓ける。今はそう信じよう。” 5月からNHKドラマで「みをつくし料理帖」が始まったようです。フットケアスタッフさんから勧められて読み始めたシリーズ本、ぐいぐい引き込 [続きを読む]
  • こゆびの痛み<小趾の胼胝・鶏眼>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。     5趾上の魚の目でお悩みのお客様です。1趾は上方へ反り、3・4趾は背側側にペンだこのような柔らかいタコができています。きっと合わない靴でゆびが反ったり曲がったりした状態が続いたのだと思われます。 本日のお手入れは、①シュライファーで軟化部分を除去②専用フレーザーで硬い部分を削り③更に核となる部分を除去しますもう少し、周り [続きを読む]
  • あしゆびの痛み<左4趾側面のタコ・魚の目>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。                     Before After 長年の革靴でのお仕事で痛みを我慢されてきたお客様。薬指の側面にタコができていますが、その奥に魚の目の核のような硬さもあります。ちょうど隣の小指の関節が圧迫しているのですね。 本日のお手入れは、①シュライファーで表面のタ [続きを読む]
  • トライ トライ トライ!
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 keiはフットケアマシンの修理も担当しています。 最初の引継ぎで少し教えていただき、あとは自己流。手先の器用だった父親の趣味を子供のころにそばで見ていたせいか、幸いにもハンダ付けもなんとかこなせて、故障の大部分であるハンドモーター修理はできるように。 毎分1万回転を超えるハンドモーターは精密機械並み。その軸内部の不具合を修理 [続きを読む]
  • 痛いあしゆびの先<左4趾先端 胼胝・鶏眼>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 「趾(ゆび)の腹」通常歩くときにはゆびの裏側(地面に接する側)を踏ん張りますが、こちらのお客様は趾の先(やや外側)に硬いタコと魚の目ができていました。 考えられる原因は?? ①窮屈な靴/ゆるい靴きつければゆびが縮こまりますし、ゆるければ靴の中で足が前滑りしてしまいます。結果踏ん張ろうとしてゆびがハンマーのように曲がりゆびさき [続きを読む]
  • お母様の巻き爪
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 とてもお上手にリラクセーションマッサージをされる方から「母が巻き爪で悩んでいるんですが・・・」とご連絡をいただきました。 触っても痛みはないようですが、変形と変色、そしてご自身で切りづらくなってきたことにご心配なさったのでしょう。右足の歩行がご不自由とのことですが、それをかばうかのように左足親指の巻き爪と側面の胼胝(タコ) [続きを読む]
  • 私にできることを
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 「YOUは何しに日本へ」 人気の番組です。ご覧になっている方も多いのではないでしょうか。 先月放送で熊本地震に心を痛め2週間の休暇をとって来日したその方は、ある被災したお宅の家から荷物を運び出すお手伝いをされていました。がれきを片付け、家電を運び出し設置して。 「ボランティアで大切なのは、小さなことで満足すること」 プロの業者で [続きを読む]
  • エチケット 
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 今の世の中、「匂い」を消し「香り」を振りまくことにとても敏感ではないでしょうか。 香水はもとより、身体を洗うソープやシャンプー・歯磨き粉から洗濯洗剤や柔軟剤、ルームフレグランスなど、「匂いは悪」のような怒涛の香りの攻勢です。一歩外にでるまでにいったいどれだけの香りを私たちは身にまとうのでしょうね。。 ブレンドされて酔ってし [続きを読む]
  • 第一印象
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 人の第一印象はどこから受けますか。顔?服装? 話し方や雰囲気ですか? メラビアンの法則によると、人の印象は内容よりも見た目が大きな比重を占めるそうですね。1番目:見た目や態度 (約5割)2番目:声のトーンや話し方 (約4割) もちろん付き合っていくうちにその人の良さがわかってくるというのは素敵なこと [続きを読む]
  • 「なりたい自分」の香り
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 「調香師をめざしているんです」 東京へ足しげく聴講に通われ、費用を稼ぐためにダブルワークとして始めたお仕事。では本業は??と聞くと先のように教えてくださいました。 香水の香りをブレンドする仕事、、、そんなアバウトな知識しかありませんでしたが、伺うともっと奥の深いもののようです。 「どういう自 [続きを読む]
  • ていねいにしていただいて
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 「丁寧にしていただいてありがとう」 お客様からお声をかけていただけることがあります。自慢ではなく、このお声がけ、少し戸惑いがあるのです。 “お客様のおみ足を物のように扱わない”インストラクター科を受講していたころの実技練習で耳が痛い指摘を受けたことがあります。施術しがいのある「タコ・魚の目」「巻 [続きを読む]
  • 「小指が痛くて。。」<爪溝鶏眼>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 大きい。。かなりの大きさの魚の目です。。不謹慎ですが、心躍ります。。。 お痛みをかばうばかりに甲やら別のところにも痛みが出てきたと苦し気な表情のお客様を前に、私はゴクリと唾を飲みました。 「慢心注意。慎重かつ迅速的確に。そして痛みは大方取り除く。」はやる気持ちを落ち着かせるように自分に言い聞かせ [続きを読む]
  • 「うひょ〜!」って…
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 「こんにちは」挨拶の基本です。でも、見ず知らずのマンション住人同士だとためらってしまう人もいるのではないでしょうか。 でも、ここ大阪はちょっと違うようです。 オフ日の先日、向こうから来る自転車と私の自転車が鉢合わせ。避ける方に相手も避ける、、歩いていてもあるあるのパターンです。 もうぶつかる [続きを読む]
  • 「踏ん張れないんです。。」<前足部・胼胝>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 踏ん張ると痛そうですね。。 前足部(ゆびの付け根の足裏側)には3か所のタコがありました。どれも年季が入ってプレスされており、拇趾の付け根は炎症で白く変色しています。 皮膚をふやかしマシンで削り、仕上げは2wayレデューサーで細かく整えます。このひと手間はリバンドの程度を左右するので大切ですね。&n [続きを読む]
  • 「爪の横の角質が痛いんです」<爪溝角化・鶏眼>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 爪のリフトアップを半年ほど続け、巻き爪の状態は改善された女性のお客様でした。「爪の横が硬くなって痛いのよ〜」と、久しぶりのご来店。 爪の横の溝は外側にかけて確かに角化していますが痛みを出すほどではなさそうです。 早速専用道具で溝の奥、爪の真下付近を触ります。が、、大きな引っ掛かりはなく割とスムー [続きを読む]
  • 外国の香り
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 オランダ船籍「ホーランド・アメリカ・ライン」フォーレンダム号 keiは昔、旅行会社に勤務しておりました。その時の同期がクルーズ乗船し大阪校に寄港する、、ということで仕事後に会いに♪ 「税関の関係で入れるかわからないけど〜」と言われ期待せずに向かいましたが、しっかり乗船。首が疲れるくらいあちこちキョロキ [続きを読む]
  • 魚の目ケア<爪溝鶏眼>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 爪の溝の魚の目で痛みがでるお客様は少なくありません。ほとんどの方が「巻き爪が痛くて。。」とご来店されます。 先日のお客様も大きくて硬い魚の目が爪の溝からでてきました。カットラインを少し変え、角化部分を除去しやすくし、マシンで可能な限り除去していきます。 1時間のお手入れ後にはすっかり笑顔に♪ホー [続きを読む]
  • 「巻き爪のリフトアップをお願いします」<爪溝鶏眼>
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 うっかりぶつけて痛み出したと、巻き爪メニューをご希望のお客様です。 まずは状態の確認です。ニッパーがポイントまで入るように爪溝(爪わきの溝)をしっかりお掃除しますが、、、 お掃除専用道具が入っていきません。爪の脇の溝に沿って奥から手前に引きながらお掃除しますが“奥で入って手前でひっかかって、、” [続きを読む]
  • みなぎる春♪
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 この記事がアップされる頃にはもっともっと青々と茂っていることでしょうね。 家の前の小さなスペース、土だってそう多くはありません。目の前にはオフィスビルがそびえ立ち、冬の間は直接陽があたらず坊主となっていた木々に、緑が戻ってきました。 そう、「戻ってくる」。毎年同じ時期に同じように葉を茂らせ、秋に [続きを読む]
  • 大阪教室スタートしました
  • こんにちは。フットケアスクール academy of totaltherapy スタッフのkeiです。 先月、大阪の新たなスクールスペースでの初授業が行われました。 備品や器具はもちろん収納棚なども新しいので、導線含めあれやこれやと講師の方々もご苦労されたようです。 そんな中、もくもくと魚の目ケアを実習する生徒様。写真は前準備のタコ取りレデューサーケアですが、この後の魚の目核のケアは本当に「もくも [続きを読む]