アユム さん プロフィール

  •  
アユムさん: お豆とお餅の話。
ハンドル名アユム さん
ブログタイトルお豆とお餅の話。
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/omametoomoti/
サイト紹介文衝動性がかなり強く、知的障がいを伴わない発達障がいを持つ長男と向き合う現在までを振り返る記録。
自由文自閉症スペクトラム(アスペルガー)、ADHDの診断を受けています。現在は支援学級に通っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供330回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2016/03/25 16:32

アユム さんのブログ記事

  • 「最初の一人」「最後の一人」
  • おはようございます。担任の先生より、「ぼーっとしている」状態が合同学習、取り分け音楽の時間に多いかもしれないとの指摘がありました。合同学習とは、支援級の三クラスが一つの大きな教室に集まって行うものです。全体でも20名弱のクラスですが、それでも「まめ」にとっては大きな集団という事になるのだろうと思いました。音楽の授業じたいが嫌いという事はない様子ですが、体育ほど身体の自由が効かないし、かと言って座って [続きを読む]
  • 通知表の配布
  • おはようございます。前期が終わり、9月下旬に通知表が配られました。先生が一人一人の頑張った事を発表した時にはしっかり顔を向けよく聞いていましたが、「まめ」の頑張った所を話した後に「自分でも頑張れたなと思う所は?」と質問すると、きっぱりと「ありません」と言い切ったそうです。自己肯定の低さを強く感じ、「がんばる」→「認められる」→「自分でもやった!と思う」という事を積み重ねていこうと思う、との事でした [続きを読む]
  • 「静かな疲れ」に気が付いて貰える事
  • おはようございます。支援級移籍から一ヶ月と少し経った頃、先生から「ぼんやりしている時がある」とお知らせ頂きました。「口を大きく開けて本当にポーっという感じで…お母さんが以前にソファーに頭を下にした逆さの状態で寄りかかりぼんやりする事があると言っていましたが、こんな感じでしたか?」との事でした。注意を引きたい時にわざと崩れて見せる時と異なり本人には頑張ろうとする感じが見られるので、これが「疲れている [続きを読む]
  • どうせダメだと言われると思い込む
  • おはようございます。夕方、餃子を包んでいた時の事です。「まめ」が「俺もやる!」と寄ってきたので「どうぞー」と答えましたが、「まめ」は「ええ〜」と不満げな声を出しました。「ん?早く手を洗っておいで」と声を掛けてから、「えっ?あれっ!ダメなのかと思った!やったあ!」とようやく笑顔になりました。これは…と思い、「あのですね、お母さんはどうせダメだと言う、と思い込み過ぎですよ。前からやりたいとお母さんにき [続きを読む]
  • ショートステイのお試し利用
  • おはようございます。一週間ダウンして、ようやく元通りの生活が概ね送れるようになりました。段々と体力の低下を感じると共に、一番激しい時期が体力のある比較的若い年齢で乗り越えられて良かったなどと思う今日この頃です。温かなコメントを頂き嬉しかったです。ありがとうございました。さて、ショートステイの方はどうなっていたかと言うと、一度相談支援事業所を通じて当初から進められていた所ではない事業所と契約をしまし [続きを読む]
  • インフルエンザに掛かっていました
  • お久し振りです、突然更新を滞ってしまい申し訳ありませんでした!先週からインフルエンザに罹患してしまい、そのままズルズルと熱が下がらないと思ったら副鼻腔炎に移行していました。まだ熱は下がりませんが大分元気になってきました。過去を振り返るブログではありますが、せっかくなのでその話を少しだけしてみたいと思います。本当に全く起き上がれない状態でしたが、その間「まめ」が本当によく動いてくれました。普段は自分 [続きを読む]
  • 登山活動の作戦
  • おはようございます。「まめ」が信頼を寄せるデイサービスでは、年に一回程度希望者を募って登山の活動がありました。「まめ」のようなタイプの子が沢山通う事業所なのに登山までチャレンジ出来るという事に驚きましたが、本当に綿密な作戦のもと「まめ」は立派にやり遂げて満足げに帰宅しました。かなり嬉しかった様子でした。この事を学校の連絡帳に書くと、先生はその作戦に興味を示して下さいました。他の機関のサポートに目を [続きを読む]
  • トランプができた
  • おはようございます。夕食後などに、「まめ」がトランプやウノをやりたがるようになりました。私は「おや?」と思いました。勝敗のはっきりした遊びも時間の掛かる遊びもとにかく嫌がる「まめ」だった筈なのに。ましてや自分以外の誰かが決めた細かいルールがある遊びなのに。デイサービスや学校で取り組んでいるうちに楽しくなってきた、と教えてくれました。何度教わってもどうしてもカードゲームが苦手な私はウノや大富豪に参加 [続きを読む]
  • 目が霞む、ように思ってしまう
  • おはようございます。学校から「教員とぶつかってしまい、目の痛みと霞みを訴えているので受診して欲しい」と連絡があり、慌てて眼科へ連れて行った事がありました。先生はすぐに謝ってくださり、「まめ」も「俺が近くで走ったのがいけなかった」と話していたそうですが、片目を押さえて「よく見えない」と言い始めたとの事でした。受診しても何の問題もなく、学校に戻りDVDの視聴をしても帰宅しても痛みなどを訴える事すらありま [続きを読む]
  • 食事が大混乱する
  • こんにちは。10時頃には更新する目標を心の中で立てていますが、なかなかうまく行きません…運動会の感動的なワンシーンは、やはり特別版でした。外に出ると癇癪さえ起こさなければ比較的頑張れる「まめ」ですが、自宅ではそうは行きません。「もち」とは極力別々の時間を過ごせるようにしていても食事は同じ時間にせざるを得なく、そこは毎回「寛ぎ」や「団欒」とはかけ離れた場面でした。きちんと座れない「まめ」。食べこぼしが [続きを読む]
  • 壊れない
  • おはようございます。そう言えば!と気がついた事がありました。いつも文房具などはパーツをバラバラにせずにはいられず、剥がせるものはすぐに剥がしてしまう「まめ」の持ち物はボロボロでした。それが支援級に移籍してからというもの、連絡帳やそのケースが無傷で帰ってくるようになってきました。名前が剥がれていないというのが、とても新鮮でした。いつも学校用品は沢山のスペアを用意しなくてはならなりませんでしたが、その [続きを読む]
  • 外遊び
  • こんにちは。支援級で仲の良い友達ができ、歳上のしっかりした子達と遊ぶ時などには15分〜20分程度であれば、私が付き添わなくても大丈夫という場面が出てきました。飽きっぽい子も多いので、一度出ても比較的すぐに戻ってきてくれるのが安心でした。段々と同世代の子と同じような自由な行動を経験出来るようになることは「まめ」にとって自信となり、私にも嬉しい事でした。↓参加しています。ご訪問の終わりにこちらを し [続きを読む]
  • 不穏の中にも嬉しい出来事
  • おはようございます。自宅での大きな流れとしてはしばらくの間不穏でしたが、その中にも成長を感じる出来事はしばしばありました。その目まぐるしいジェットコースターのような時間の連続は、苦しくもありほんの少しの希望でもありました。「もち」の保育園では運動会の季節となりました。兄弟がいる「まめ」の友達も何人か家族と共にやって来ると聞いて、散々迷いましたが他に預け先もなかった事もあり、勇気を出して「まめ」も連 [続きを読む]
  • 体調に出やすい
  • おはようございます。保育園の頃から、月に一回程度熱が出る事がありました。早退したり朝であればお休みの連絡をすると下がってしまう、精神的な要因と思われるものでしたが、ここに来て似たような事が起こり始めました。特定のデイサービスや学校で、腹痛や体調不良を訴える事が増えてきたのです。(対照的に全くそれを訴えない場所というのも存在します)元々かなりの「痛がり」です。例えば腹痛だと、大人から見て、程度が分かり [続きを読む]
  • 危険が増す
  • おはようございます。クールダウンが短くなったり、途中で「あ、ダメだった」と気が付く事もありましたが、この頃はとにかく一度癇癪を起こすと規模が大きいといった印象の時期でした。一度そういった状況になると、「まめ」にとっては全てが母のせいで、自分は暴力を振るわれていると本当に思い込んでしまい、それを心から辛いと主張しました。羽交い締めにしなくてはならない程危険な自分の行動と繋げられなかった「まめ」にとっ [続きを読む]
  • 酷い不穏がおとずれる
  • おはようございます。服薬内容を調整してみたり試したことは色々あれど、学校での様子と反比例するかのように家庭での不穏が続いていました。穏やかな時とのギャップが大きく、とても悩んだ時期です。テレビが原因の癇癪はなくなったものの、私の声掛けや弟の言動がきっかけとなり、かなりの頻度で大暴れを繰り返しました。ある日、下校中に走り去り、自宅マンション下のテナントに逃げ込むという事がありました。そこはいつも脱走 [続きを読む]
  • 脱走先の変化
  • おはようございます。脱走に関しては、特に毎朝目が離せない状態でしたが、行き先に変化がありました。毎回必ず行っていた保育園時代からの友達の自宅(開けて貰えると分かっている場所)から、向かう先は学校になりました。脱走自体は早くなくなって欲しいと願っていましたが、「まめ」にとって学校が自分の居場所になって来たのだなと思いました。登校時間は決まっているので、何処からか入り込んで隠れていたりしていた所を先生が [続きを読む]
  • 朝の習慣
  • おはようございます。朝の支度の中で苦手な事から逃げ続け、時間切れでやらないまま登校するという流れをすっかり身に付けてしまいました。以前からその傾向はありましたが、より強くなったように思います。朝は朝食の後半、決まって後は牛乳と服薬という所で食卓から離れます。牛乳は好きですが、これを飲むと終わる→歯磨きなど次に進む事になる、という所が関係しているように思いました。寝転がって時計を気にしながら私の声掛 [続きを読む]
  • 脱走は続く
  • おはようございます。脱走は相変わらずでした。午後にお友達と約束をしていて「もし脱走したら断るね」と言い「うんそうだね、頑張れるよ!」などというやり取りをして5分も経たないうちにいなくなっていたり、休日になると家にいる間ずっと窓の前から離れずチャンスをうかがっていたりしました。玄関のドアに体当たりをし続けるといった「今脱走しようと思っている」というようなアピールも見られました。ご近所迷惑になるような [続きを読む]
  • 遊ぶ「まめ」
  • おはようございます。テレビによる癇癪がなくなってしばらく経ち、今度は時間の過ごし方が上手になってきました。テレビが全てで、テレビを観られないなら何もすることはないといった感じになってしまっていた「まめ」が、元々は好きだった絵を描いたり本を読む事を思い出して視野が広がって来た感じがありました。時には「もち」と大量の積み木に埋もれて遊ぶような場面も見られました。(すぐに怒り出して喧嘩になるので短時間で [続きを読む]
  • ショートステイを利用する目的
  • おはようございます。「まめ」は特に朝の支度が本当に苦手です。やりたくない事から逃げ続け、時間切れでやらずに済むところまで無理矢理持ってきいます。学校生活が上手く行っても、そういった所をきっかけにして家では崩れてしまう事がしょっちゅうでした。相談員さんからショートステイを勧められていたのはそういった部分に対しての対策でもありました。・学校やデイで穏やかさを見せているような時期にも家庭では暴力や癇癪が [続きを読む]
  • 保育園での面談
  • おはようございます。保育園で「もち」の担任の先生が関わり方や家庭の様子を聞くための面談の機会を設けて下さいました。産休に入った先生の代わりにやってきた新しいベテランの先生でした。「まめ」を見守り続けて下さった前園長は前年度で異動されてしまい、「もち」を取り巻く環境を把握してくださっている先生があまり残っていなかった為、ゆっくりそういったテーマに絞って話ができることはありがたいと思いました。面談で担 [続きを読む]
  • 次の手を打っておく
  • おはようございます。学校に慣れてくると緊張が緩み、また少しずつ不穏になってゆくいつものパターンになりました。デイサービスからは久し振りに押さえ付ける必要がある程暴れたと連絡帳に書かれていました。自宅では、物や家族に当たる頻度が増えてかっとなりやすく、特に「もち」に対しては無理に絡んで行っては喧嘩になり酷い暴力を振るうのでその都度引き離し、従来通りではありますが極力同じ場所に居させないように気を付け [続きを読む]
  • ランドセルの中から出てきたもの
  • こんにちは。ある時、口の周りをココアだらけにしながら「まめ」が言いました。「ねえ、俺が○○学級(支援級)で良いと思うところを言うね、先生に言って!」・優しく、詳しく、ゆっくり教えてくれる・先生が沢山居て、皆がちゃんと見て貰える・遊びながら勉強ができる・「個別学習」ではどれだけ出来るのかによってやる事を考えてくれる・大人が「嘘をつなかい・子どもの声に耳を傾ける」というのを頑張ってくれている連絡帳にその [続きを読む]
  • 先生の役割分担
  • こんにちは。支援級のクラスには、それぞれ二学年ずつが一緒になっていて、担任が二人ずつという形になっています。「まめ」のクラスには、主に二年生の担当をしているベテランの先生と、かなり若いであろう三年生の担当の先生がいました。(蛇足ですが、この若い女性の先生の事を「まめ」は「40歳なんだって、凄く若いよね、全然そうは見えないよね〜」と言っていましたが、離任の際に新卒だった事を知り、その話が冗談だったとや [続きを読む]