hanajiji さん プロフィール

  •  
hanajijiさん: 野の花・山の花 見た撮った
ハンドル名hanajiji さん
ブログタイトル野の花・山の花 見た撮った
ブログURLhttp://hanamitatotta.blog.fc2.com/
サイト紹介文山歩き・ウォーキングで見た、野の花・山の花を紹介していきます。
自由文北海道オホーツク圏で、週に1-2回の近郊山歩きとウォーキングで毎日7-8km歩きながら、季節の花々を切り撮って紹介するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供312回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2016/03/25 16:37

hanajiji さんのブログ記事

  • エゾノツガザクラ
  • 高山植物の25番目となるのは... 今日の「見た撮った花」は... 『エゾノツガザクラ』 なのじゃが、変種だらけでなぁ・・・       さて、名前の判定をどうしたらよかろうか?と考えておるんじゃが。 最初は「エゾノツガザクラ」かと思ったのじゃが、どうも変種「コエゾツガザクラ」らしい。 もう一つ、大雪山の変種「ニシキツガザクラ」ではないか?と思ったりもするんじゃが・・・ で、大元の『エゾノツガザクラ』で掲 [続きを読む]
  • エゾノハクサンイチゲ
  •  高山植物シリーズも24番目となった。 今日の「見た撮った花」は... 『エゾノハクサンイチゲ』 という白い花じゃ。     『エゾノハクサンイチゲ』   キンポウゲ科   (2016.8.4 大雪山 赤岳周辺で撮影) 「カラフトセンカソウ」と言う別名もある花じゃ。 石川県の白山に因む名前である「ハクサンイチゲ」の北海道版じゃな。 キンポウゲ科の花は変異も多いからのぅ。 特徴は以下のとおりじゃ。  高さ15-40cm [続きを読む]
  • コモチミミコウモリ
  • 高山植物のシリーズ 23番目・・・ 今日の「見た撮った花」は... 『コモチミミコウモリ』 という花じゃ。     『コモチミミコウモリ』    キク科  (2016.8.4 大雪山赤岳で撮影) なんともストレートな名前を付けたもんじゃな。 ミミコウモリという花があるが(9月23日UP)、葉の付け根に丸いむかごがつくものに「コモチ」を付けたんだと。 わかり易いと言えばわかり易いかな? この植物の特徴は以下のとおりじ [続きを読む]
  • ヤマハハコ
  • 高山植物も 22番めとなった。 今日の「見た撮った花」は... 『ヤマハハコ』 という花じゃ。               *白い花が当該ヤマハハコじゃ。                                     『ヤマハハコ』   キク科   (2016.8.4 大雪山赤岳等で撮影) 本州の中部地方以北の山地〜高山の日当たりの良い乾いた場所に多く自生する雌雄異株の多年草じゃ。 「ハハコグサ」 ( [続きを読む]
  • リンネソウ
  •  高山植物シリーズは 21番目になる・・・ 今日の「見た撮った花」は... 『リンネソウ』 という花じゃ。     『リンネソウ』    スイカズラ科   (2016.8.4 大雪山赤岳等にて撮影) 真っ先に「輪廻」を想像したのじゃが、まったく関係がなかったようじゃ。 「植物学者のリンネ(Linnaea)」の功績を讃え、名前を冠したものだとか。 2つ花をつけることから「メオトバナ」という別名もあるんじゃ。 この花の特徴 [続きを読む]
  • ヨツバシオガマ
  • 高山植物シリーズは丁度 20番目になったぞ! 今日の「見た撮った花」は... 『ヨツバシオガマ』 というピンクの花じゃ。      『ヨツバシオガマ』   ハマウツボ科(従来はゴマノハグサ科)   2016.8.4 大雪山白雲岳等で撮影 高山植物としては名の知れた花じゃが、北海道と本州北部で見られる亜高山〜高山の花じゃ。 シオガマギク属は半寄生植物で、イネ科やカヤツリグサ科の植物の根に寄生して養分を分けてもら [続きを読む]
  • エゾヒメクワガタ
  •  高山植物シリーズ 19番目の花の紹介じゃ。 今日の「見た撮った花」は... 『エゾヒメクワガタ』 という紫の花じゃ。     『エゾヒメクワガタ』   オオバコ科(以前はゴマノハグサ科)   (2016.8.4 大雪山赤岳等にて撮影) 実は「クワガタ」と名前がつく花を、高山植物の6番目で紹介しておる。 摩周岳途中で撮った「キクバクワガタ」じゃったが、覚えておるかな? 同じ仲間で花も似ておるじゃろう。 この花の [続きを読む]
  • 近くの公園の花
  •  あれこれバタバタしておって、次の花の掲載準備が滞ってのぅ。 今回は昨年撮った近くの公園の花(雑草だらけ)の様子をUPさせてもらおうか。 この場所はツツジが数種類植えられたようなのじゃか、手入れが行き届いておらんのじゃ。 そのため、他の花や雑草がどんどん増えてな、こんな有様になってしもうた。 ヘタに踏み込んだら足のぶみ場もない状態でな、すっ転んでしまったわい。      時は6月じゃから、北海道では [続きを読む]
  • イワギキョウ
  •  高山植物 シリーズその18は・・・ 今日の「見た撮った花」は... 『イワギキョウ』 というキキョウの仲間じゃ。     『イワギキョウ』   キキョウ科  (2016.8.4 大雪山赤岳にて撮影) キキョウの仲間は多種あるが、これがまた判別が難しいんじゃよ。 ただの「キキョウ」の他に、サワギキョウ、チシマギキョウ、モイワシャジン、ツリガネニンジン、  それぞれの変異種もあってなぁ...年に一度の開花じゃから覚 [続きを読む]
  • イワブクロ
  • 高山植物 17番目の花となる。 今日の「見た撮った花」は... 『イワブクロ』 という高山植物じゃ。     『イワブクロ』   オオバコ科(ゴマノハグサ科より変更)   2016.8.4 大雪山赤岳周辺にて撮影 この花も有名な高山植物で、北海道と本州北部の山岳地帯などで見られるのぅ。 北海道樽前山に多いことから別名「タルマイソウ」とも呼ばれておる。 花の特徴は次のとおりじゃ。  高さ10-20cmの多年草。  (ゴ [続きを読む]
  • ミヤマリンドウ
  •  高山植物16番目は、花爺も好きな花じゃぞ。 今日の「見た撮った花は」... 『ミヤマリンドウ』 というリンドウじゃ。     『ミヤマリンドウ』    リンドウ科   (2016.8.4 大雪山赤岳にて撮影) リンドウ科の花は似たものが多く、種類も多いので迷うこともしばしばじゃな。 人気の種類じゃから庭で育てている人も多かろうのぅ。 特徴は以下のとおり。  高さ5-15cmの多年草。  地表を這う茎から花茎を立ち [続きを読む]
  • チシマツガザクラ
  •  高山植物シリーズは 15番目となった。 今日の「見た撮った花」は... 『チシマツガザクラ』 という矮小低木じゃ。 この花の写真も5枚しか撮影しておらんかった。残念じゃ!     『チシマツガザクラ』   ツツジ科   (2016.8.4大雪山赤岳にて撮影) 北海道から本州中部以北の山岳で見られるツツジ科の花じゃ。 この花を「線香花火をひっくり返したような花」と言う人がおるが、そのとおりじゃな。 7月の末の大 [続きを読む]
  • ウメバチソウ
  •  高山植物シリーズも14番目で、山は大雪山に移動じゃ。 今日の「見た撮った花」は... 『ウメバチソウ』 という白い花じゃ。     『ウメバチソウ』   ユキノシタ科   (2016.8.4 大雪山赤岳周辺にて撮影) この花はなんとも難しいというか、ややこしい花の作りなんじゃなぁ。 めったに見ない『仮雄しべ』というものがある。 分布は全国の山地、台湾・東アジア北部・樺太・千島などと言われておる。 特徴は以下 [続きを読む]
  • ハクサンシャクナゲ
  •  高山植物は 13番めとなる・・・ 今日の「見た撮った花」は... 『ハクサンシャクナゲ』 という低木の花じゃ。     『ハクサンシャクナゲ』(シロバナシャクナゲ)   ツツジ科  (2016.7.14 雄阿寒岳にて撮影) シロバナシャクナゲともよばれておる清楚な感じの花じゃな。 北海道、東北〜中部、四国の一部の高山で見られる。 特徴は以下のとおりじゃ。  高さ30cm-3mの常緑低木。  葉は長さ5-10cmの長楕円形 [続きを読む]
  • ウコンウツギ
  •  高山植物シリーズでは12番めの花となった。 今日の「見た撮った花」は... 『ウコンウツギ』 という落葉低木の花じゃ。     『ウコンウツギ』   スイカズラ科   (2016.7.14 雄阿寒岳などで撮影) 橙色や赤色を帯びているのがアクセントとなった美しい花じゃな。 阿寒や大雪山系ばかりではなく道内や本州北部でも見られるのぅ。 群生することが多いから、山では目立つ花の一つじゃな。 特徴は以下のとおりじゃ [続きを読む]
  • コケモモ
  •  高山植物シリーズは 11番目になるが・・・ 今日の「見た撮った花」は... 『コケモモ』 という小低木じゃ。     『コケモモ』   ツツジ科   (2016.7.14 雄阿寒岳にて撮影)  これまた登山者にはよく知られた花でなぁ、全国の山で見られるツツジ科の花じゃ。 秋には赤い実が熟するが、完熟すると美味しいんじゃよ。 特徴は以下のとおり。  高さ5-20cmの常緑の小低木。  よく分岐してマット状に広がる。  [続きを読む]
  • メアカンフスマ
  •  高山植物として 10番目の出番じゃ。 今日の「見た撮った花」は... 『メアカンフスマ』 という白い花じゃ。      『メアカンフスマ』   ナデシコ科  (2016.6.28 雌阿寒岳にて撮影) 実はな、この花の写真は4枚しか撮っておらんかったのじゃよ。 いい教訓になったわけじゃ。 その時は「まだこの先にもある」と思い込んでおったんじゃ。 ところが同じ道は戻らなかったので、下山するまで出会えなんだ。シュン. [続きを読む]
  • メアカンキンバイ
  •  高山植物の9番目の花の出番じゃ! 今日の「見た撮った花」は... 『メアカンキンバイ』 じゃ。     『メアカンキンバイ』   バラ科  (2016.6.7 雌阿寒岳などで撮影) この「キンバイ」と呼ばれる花も種類が多くてのぅ、紛らわしいのじゃよ。 イチゴの種類とも似ておるし、じっくり見ないとわからんぞ! 特徴は以下の通りじゃ。  地面を這うように生える多年草で、高さは10cm前後。  全体に黄褐色の毛がある [続きを読む]
  • コマクサ
  •  高山植物 8番目は有名な花・・・ 今日の「見た撮った花」は... 『コマクサ』 じゃな。     『コマクサ』   ケシ科  (2016.6.28 阿寒富士ほかで撮影) 高山植物の一番人気とも言われるケシ科の多年草じゃな。 有名で人気もあるが、日本では中部以北でしか見られん花じゃ。 特徴は次のとおり。  高さ5-20cmになり、根は太いヒゲ状で地上部の数倍に広がる。  葉はすべて根生し、長い柄があって粉白色を帯び [続きを読む]
  • エゾイソツツジ
  •  高山植物のカテゴリ  その7 今日の「見た撮った花」は... 『エゾイソツツジ』 という小低木の花じゃ。     『エゾイソツツジ』 (又はイソツツジ)  ツツジ科  (2016.6.28 雌阿寒岳等で撮影) 高山に生えるツツジ科の花はたくさんあるのぅ。 このエゾイソツツジは北海道の山でよく見かける花じゃ。 特徴は以下の通りじゃ。  北海道、サハリン、千島の低地の湿原〜高山帯に生えるイソツツジ属の常緑小低木 [続きを読む]
  • キクバクワガタ
  •  高山植物カテゴリ  その6となる花 今日の「見た撮った花」は... 『キクバクワガタ』 という花じゃ。     『キクバクワガタ』   ゴマノハグサ科   (2016.6.7 摩周岳麓にて撮影) 実はこの花の写真はコレっきりで、二度目の巡り会いが無かったのじゃよ。 もう少し丁寧に撮っておけば良かったのぅ。 見た感じは違うが、あの「オオイヌノフグリ」と同じ仲間なんじゃよ。 特徴は以下のとおりじゃ。  高さ8-2 [続きを読む]
  • ツマトリソウ
  •  高山植物シリーズとなって、5番目の花・・・ 今日の「見た撮った花」は... 『ツマトリソウ』 という可憐な花じゃ。     『ツマトリソウ』   サクラソウ科  (2016.6.7 西別岳などで撮影) 漢字では「褄取草」と書くんじゃが、妻という字でないのがわかるかな? 花冠の先端が淡い赤で縁取られる(褄取られる)ことからツマトリソウと名付けらたものじゃ。 じゃが縁取られたツマトリソウは滅多に見ることはできん [続きを読む]
  • チシマフウロ
  •  高山植物に移ってから、4番目の花に行こうかのぅ。 今日の「見た撮った花」は... 『チシマフウロ』 という花じゃ。     『チシマフウロ』  フウロソウ科  (2016.6.7 西別岳にて撮影) フウロソウ科の花は「○○フウロ」という名前のものが多いようじゃ。 アメリカ・・・、オトメ・・・、ヒメ・・・、イヨ・・・、ハクサン・・・、イチゲ・・・、イブキ・・・等々 異なる名前では『ゲンノショウコ』も同じ仲間じ [続きを読む]
  • ミヤマハタザオ
  •  高山植物 その3から... 今日の「見た撮った花」は... 『ミヤマハタザオ』 という花じゃ。     アブラナ科の「ヤマハタザオ属」じゃったが、近年「シロイヌナズナ属」に変わったそうじゃ。 この「ハタザオ」と名付く花は多く、ハクサン、ヤマ、イワ、クモイ、ウメ、ハマ等が名前の頭につく。 高山植物にもなっておるが、北海道では平地でも見られる花じゃな。 特徴は以下のとおりじゃ。  高さ10-30cmのアブラナ科多 [続きを読む]
  • ハクサンチドリ
  •  さて、高山植物の第2弾となる... 今日の「見た採った花」は... お馴染み 『ハクサンチドリ』 じゃぞ。     『ハクサンチドリ』   ラン科   (2016.6.7西別岳にて撮影) 春の高山植物としてはよく知られた花じゃな。 いかにもラン科の花らしく、艶やかじゃろ? 一般的な特徴は以下のとおり。  高さ10-40cmになるラン科多年草。  葉は数枚互生し、広線形〜披針形で長さ7-15cm。  花は総状に5-20個つき、色 [続きを読む]