STREET・F さん プロフィール

  •  
STREET・Fさん: STREET・Fの世界に出よう!season1
ハンドル名STREET・F さん
ブログタイトルSTREET・Fの世界に出よう!season1
ブログURLhttp://sekainideyou.seesaa.net/
サイト紹介文アジアをメインに旅行記録。 基本ノンフィクションですが、記憶が間違っている場合もあります。
自由文タイナイトライフ、フィリピンナイトライフ、韓国ナイトライフ
外国でのデート、詳しい写真は写真館に、

珍しいインドのカルカッタの記事はhttp://sekainideyou.seesaa.net/category/24150656-1.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 304日(平均3.8回/週) - 参加 2016/03/25 20:55

STREET・F さんのブログ記事

  • マニラの焼きそば
  • 最終日、飛行機の関係で一泊だけマニラ。そのためアンヘレスを出て、来た時と同じくフライ・ザ・バスでマニラへ帰る。翌日の早朝にはフライ・ザ・バスに乗って空港に行くことにした。利便性を考えて、最後の宿泊はスワグマンホテル。内装はボロイが、フライザバスで空港までは300ペソ。タクシーよりチョイ高い料金だが、タクシーともめるのが面倒なので、これで充分。 アンヘレスからマニラへはバスの中で爆睡したが、途中で起きて [続きを読む]
  • 日本通の女
  • 今夜はアンヘレス最終日。明日の昼にはバスに乗ってマニラも戻る必要があるからだ。なのでその日は最後の夜になるの撮影で来そうな大きなGOGOへ行った。そこは回転式テーブルがあり。ダンサーはそこに乗って開店するので全員に顔見せできるシステムだが。その回転するテーブルは度々故障するらしく、その時は廻っていない。しかし客全員にダンサーを見せる手法は有効らしく、女全てが小刻みに円形テーブルを回転させるような方法を [続きを読む]
  • GOGOの中で撮影
  • アンヘレスはGOGOの中でも撮影が可能。他の欧米人等も平気でビデオで動画などを回している。タイでは絶対禁止なのだが。フィリピーナが写真を好きなようにGOGOでも自由に取れるようす。おそらくラバンバという名前のGOGO、ママサンとダンサー。この子は店が跳ねた(働く時間終了)後のダンサーなのか。私服でGOGOの中にいた。言えば連れ帰れるかもしれないだろうが、御覧のようにお腹がかなり太いので、声をかけはしない。こんなGO [続きを読む]
  • ココモスで食べる
  • フィールズアベニューの中ほど、GOGO-barの密集地には一つ大きなレストランがある。 中にはテーブルなどもあるが、オープンになっていて道に面しているカウンター席が好きだ。 さらにこのレストランはGOGO-barに囲まれているので、ゆっくり休むのと、欧米人サイズのボリュームのある食べ物が気に入っていた。 この日に食べたのはスペアリブ。マッシュドポテトとスチームライスで炭水化物を選べるが、マッシュドポテトにして、別に [続きを読む]
  • ブードゥーの女
  • 一番人気のブードゥーというGOGOBarに入る。ロゴがシルクハットをかぶったガイコツなので、呼び込みの女の子もシルクハットをかぶっていたりする。夜に撮影したので、暗くて見ずらいが女の子3人がシルクハットをかぶっている。中はやはり夜のほうが大盛況。女の子も男の客も多い。女の子を見ようとステージを見た直後に横に背の低い女の子が着く、控えめだが、客がOKしないとテーブルの椅子には吸われないシステムはアンヘレスで [続きを読む]
  • パロパロ
  • とあるGOGOでその日もコーラを飲みながら、ダンスを眺めていた。記事とは全く関係ないがディスコの入り口。結構暇になってきた。パタヤに比べ、長くいるには適しない場所かも、ビーチも海もないし。普通に横に女の子と反対の隣にママサンが着く。だが昼間とはいえそのGOGOは客入りが多く。欧米時の客もおかった。自分も持ちかえるつもりはなく、ちょっと歩き疲れたのでコーラ一杯に立ち寄った感じだ。記事とは関係ないが明るいうち [続きを読む]
  • 巨乳の天使
  • アンヘレスで一番のGOGOと言えば自分にとってはヴードゥー。箱モノや大型ではないので、ダンサーの顔も見やすい。ただ自分は顔や体で選ぶことはなく、開いてから声をかけられたらよっぽど好みで無い限り、断ったりはしない。もうこの頃はコスプレ撮影も何もかも、惰性。撮影で楽しめれば相手は関係ない。なので写真写り映えそうな子を選ぶ。ヴ―ドゥーの隣にデビルウィチがあり、そのとなりにエンジェルウィッチがあった。何気なく [続きを読む]
  • 夜のアンヘレス
  • その日は雨が降るなか、アンヘレスを回ってみた。ドールハウス、だったと思う。大きなハコモノのGOGOのなか。色々な情報があとから入ってきたが、この時のアンヘレスで自分があちこち入ったバー全てで撮影可能だった。禁止と言われるどころか。逆に映りたくて、いろんなバーガールが寄って来るほど。この画像は一応自分のブログのバナーの背景画になってます。夜に道でバイアグラを売ってきた男。人相が悪いがマニラのような悪質な [続きを読む]
  • 不本意にバクラを拾う
  • ホテルから近いのでポニーテールのGOGOは、ついついよく入ってしまう。いつものようにコーラを注文すると。背の高いボーイがポップコーンを山盛り出してくれる。頼んでないが店のサービスだそうだ。でべらホテルはたまにエレベーターがストップしたり、部屋が狭かったりでよくないが、このGOGOだけに行くのなら有効。ママサンが隣に着いてしばらく水着で踊る女を見ていた。するとしばらくしてママサンが「あの子はバクラだよ」とい [続きを読む]
  • アンヘレスでAKBを見る
  • 昼間もGOGObarは開いている場所がある。夜にしか開かないパタヤ(soi6等は除く)やバンコクとは違う。 街を歩いていると面白いものが目に付く、ホテル前の人形。 警官らしい格好だが、変にリアルな分、滑稽だ。 昼間に行くと店の看板もよくわかる。 ふとオープンテラスのレストランで食べていると、向かいにあるヘアーサロンにあるポスターが目に付いた。しかしそのガラスに張り付いているポスターをよく見ると AKBの二人がいた。 [続きを読む]
  • 近場のGOGO
  • デベラホテルは中心地からは離れているが、隣に一軒GOGOがある。たしか店の名前はポニーテールだったと思うが、違うかも。女の子の靴によって値段が分かれていて、編み上げブーツが一番高く、それより300Pほど安いのがハイヒール、だが違いがよくわからない。ブーツの子はそのブーツの中に携帯を入れていたりする。朝だったので何気なく眺めていたが、右隣にママさんが座ったが、左側にダンサーが入れ替わった時に女の子が普通に [続きを読む]
  • ゴールデンナイルのウエイトレス
  • 夜のアンヘレスはこのような感じ。あちこちにディスコや呼び込みは多いが、街全体はパタヤに比べれば暗い感じ。フィールズアベニューの入り口にはウォーキングストリートと書かれた門もあり、夜は車の乗り入れ禁止になるようだった。夜のアンヘレスは初めてだったが彷徨う。するとセクシーな格好を下女性二人組を発見。二人がそろいの制服だった。こんな衣装。↑の写真は後でホテルに来た時だがこの衣装で夜の街を歩いていた。後を [続きを読む]
  • アンヘレスは楽しめない?
  • ホテルの部屋は狭い。 良く調べもせず、ただ新築と言うだけで選んだホテルなのでしょうがないが、部屋の中は近代的設備は整っている。見ないのであまり意味がないが大きな壁掛け液晶テレビも付いている。 電源コードとかも出てないのでおそらく部屋をつくる段階でテレビを入れたのだろう。 エレベーターは2台付いているが、よく故障したり止まったりしている。さらに隣のビルが工事中なのか、朝からうるさい工事音で起こされる羽目 [続きを読む]
  • アンヘレスへ移動
  • 次の日、朝7:00ぐらいに目が覚める。昨日の子と二人でホテルの一階で朝食。 質素だがビュッフェスタイルの朝食。 ホテルから出ると小雨が降っていた。自分は徒歩で数分。というか目で見える距離にあるスワグマンホテルへ。 ここからはアンヘレスやスービックへのバスがある。スワグマンホテルが経営している旅行会社で、地元のバスや公共交通機関を使うよりは安心できる。マニラからアンヘレスへ。600ペソ(≒1200円)。 これがチ [続きを読む]
  • とりあえずコスプレ
  • 前回のタイ旅行で味をしめて、今回は旅行前にコスプレ衣装を持っていった。メイド服をネットで安いものを見つけ、タイで買った物とは違い、定番のカチューシャも付いている。実用性はないが手首のカフスも付いている。やはりアダルト用なのか、何故か同系色の黒のTバックまで着いていた。それだけではイマイチなので、黒のストッキング、白のグローブまでセットで着ける。5000円もせずに割と見栄えのいいメイドセットが出来上がる [続きを読む]
  • マニラの夜
  • ホテルにたどり着いたのはすでに真っ暗だったが、夜に外に出ないわけにはいかない。とはいえマニラのよる本当に危険、しかも地の理がまるでない。なのでタクシーを使ってLAカフェまで。夜の移動はホテルまで帰る時もタクシーを使うだろう。なのでベストウエスタンホテルのカードを貰ってからカフェへ向かった。中は大勢の客で大盛況だった。男も女もいろんな人が集まる、しかし女はほぼフリーランス。プロの女はエドサコンプレック [続きを読む]
  • 日本へ
  • タイの空港に到着。エアポートリンクで渋滞も何もなく到着できる。空港のエスカレーターで4階まで上がると途中にTrueのショップがあった。手ブレして見づらいですが。よく見るとレンタルとも書いてあるので。空港内でSIMを借りて自分用の携帯に入れて使う人も多いのだろう。翻訳アプリなどもあるので、世界中が旅行しやすい方向へ向かっているのだ。日本ではSIMロックがかかっているため、外国人が非常に利用しにくい。さらにフリ [続きを読む]
  • 最終日
  • どんな旅行にも終わりは来る。最後の日は深夜発とかの便が多いので、自分は一泊分は余分にホテルを押さえる。あと日本に帰りついてすぐ翌日に出社は体に悪いので、必ず一泊体を休める日を設ける。なので一般の人よりは一日短い休みとなるのだ。最終日と言うことでナナ近くのマッサージ屋に向かった。ここは帯に巻きスカートという昔のアジアンチックな服を制服としているマッサージ屋だが、前日ちょっと見た女が益若つばさ似の可愛 [続きを読む]
  • 熟れ過ぎた果実
  • 果物や木になる実は熟れるほどおしくなるが、それも度を過ぎると後は腐り行く一方。何事も時期というのは大切なのだ。女性にしても同じ。タイでは淫売は割と何処にもいるが、それも若い間だけ、30過ぎて、それ以上過ぎると今までちやほやされていた手が一斉に引いてしまう。綺麗な時期、若い時期がいつまでも続くわけではないのだ。そういった女性の多くは20代後半から田舎に帰ってしまう。バンコクに出て稼げる時間は少ないのだ、 [続きを読む]
  • コーヒーショップのロシアン
  • スクンビットのsoi7かsoi7-1にサブウェイというコーヒーショップがある。ここは夜になると表のオープンテラスにロシアの女がステイしだす。しかしラジャホテルのように囲われているロシアンではないのは、ここにいるロシア女性は老いたり太っていたりして、商品として価値がないロシアン女性だからだ。要するにフリーランスのロシア女性がここに座りだす。エアコンが効いているサブウェイの店内は客席は本当に狭い。しかも店内にい [続きを読む]
  • ドストライク
  • パタヤ滞在最終日。ビーチロードの上でドストライクな顔を見かけたが、ビーチロードでどこかへ去って行った。しかしそこでしばらく待っていると、また出てきて自分の目線に気づき、不敵な笑みを浮かべ、寄ってきたので交渉。他の女性と同じく750BでOK。撮影込み。パタヤ最後を締めくくるには最適だ。彼女は小柄だがタイ女性にしては胸が大きく。タイではあまり見ないデニムのワンピースを着ていたが、お腹は子供を産んだ経験が [続きを読む]
  • soi6-1で食べてた女? LB?
  • 次の日、早朝から昼ぐらいまで部屋でゴロゴロ。soi6に行ってみることにした。soi6については今まで何度も書いているが開店・閉店の時間を夜の他のお店とはチョイ違う。夜のお店GOGOBar、ビアバー、等は大体日が落ちてから開店しだし、夜2時にすべてがしまる。唯一ディスコだけは朝方まで営業し、仕事が跳ねた夜の女たちも遊びに繰り出す時間帯でもある。だがパタヤにあるsoi6に集まるバーやGOGOは違う。昼12時ぐらいに開店し(本 [続きを読む]
  • コス2日目
  • 昨晩は流れて結構年齢が行った女性にコスプレ撮影をしたが、なので次の日で今日はちょっと若そうな子を拾おうと思っていた。で、夜のビーチロードで見つけた。金髪の、でも顔が幼い女の子。Tシャツが白いので、顔の隠しは黒で。見た目は幼いがやはりお腹は出産後のお腹。服を脱ぐと両肩に入れ墨。ただ携帯は同じものを使っていたらしく、ベットの横にある自分の携帯充電機で充電してから全裸にしてコスプレさせた。メイド服は両肩 [続きを読む]
  • コスプレ服の購入
  • タイに言った方はわかると思うが色々な夜のお店がウエイトレスを揃いの服を着させたり、制服系が多い。ということは、それを売る店も当然あるわけで、パタヤセントラルロードにその店を発見した。セカンドロード側からビーチローのに向け歩いていた道、写真右の方にそのような首から下。ひざから上までもマネキンが大量に並んでいる。アップするとこんな感じ。曇っている日だったので暗いですが。中をのぞいてみるとこれだけでなく [続きを読む]
  • 地元向けの場所
  • ドリームノート(現在閉鎖)の情報によりとある場所に地元民向けの場所があるという情報を得たので行ってみた。パタヤは割と何処にもあるレンタバイク屋でバイクを借りる。シフトチェンジななく、右手のアクセルだけなので楽に行ける。免許の確認などもない。返す時には持ち主が色々周りをチェックしたが、特に転倒も傷つけることもなかったので普通に返却できた。借りるときにはヘルメットと小型のバイクの車輪を停める鍵も渡され [続きを読む]