牧歌ブリ吉 さん プロフィール

  •  
牧歌ブリ吉さん: ソウルフルなソウルライフ
ハンドル名牧歌ブリ吉 さん
ブログタイトルソウルフルなソウルライフ
ブログURLhttp://ameblo.jp/bokka-san/
サイト紹介文備忘録代わりに、在韓経験をリアルタイムで平等、且つ公正に心掛けて記しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2016/03/26 11:50

牧歌ブリ吉 さんのブログ記事

  • 絵本「おじいさんの家に幽霊が住んでいる」
  • 5月15日の西日本新聞紙上で発表された 日韓の歴史に関わる絵本です。 「歴史で分かち合い釜山で絵本に」日本語https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/328460/ この記事を読むなり、ソウルの大書店教保文庫で購入。 そして、自分が読むために数日内に和訳しました。 気付いてみると、 「あ、これは日韓の懸け橋になる本だから、出版社に和訳を提供すればいいかも」 と思いましたので、 釜山などの地域産業の振興に関わ [続きを読む]
  • 清州ツアー その3 アミューズメント編
  • 清州のアミューズメントを語る前に、昨日の記事の補足がいくつかあります。 まず、今年2017年の9月に開かれるの韓方バイオ産業エキスポプロモビデオをご覧ください。 韓方バイオ産業エキスポプロモビデオ(日本語)https://drive.google.com/file/d/0B3DHs8z6hsEiNVBXVDJXX1RLOTg/view 韓方バイオ産業エキスポ参加案内(日本語)http://www.korean-medicine-expo.kr/jpn/main.php 韓方と言えば、エステと思われがちですが、実際の [続きを読む]
  • 清州ツアー その2 医療編
  • 「本来は再生医療から始まっているんですよね」 1年ほど前、韓国の美容成形医と話していて、 ああ、やっぱりな。 と思った一言でした。 戦争、交通事故、災害などで失った身体の機能や見掛けを健常者のように戻すことを目的とした整形医療技術がいつしか、美容成形に変わっていった。ということです。 この成形と整形という2つの言葉遣いが微妙ですね〜。 医師の話からするとこんな感じでした。 日本語 美容整形  医療整形韓国 [続きを読む]
  • 清州ツアー その1 お食事編
  • パワーブロガーという自覚は無いのですが、招いて頂いたので、読者の皆さまにご報告する義務が生じています。 まあ、緩い義務なので、どのように書いてもよろしいようで、過去の記事「健康観」でも少し触れましたが、今後何回かに渡って、清州のツアーについて語って行こうと思います。 今回は、医療機関が主で、皮膚−成形外科、眼科、歯科、韓方と西洋医学との両方を採用する医療院、韓方専門医院などを訪問して来ましたので、 [続きを読む]
  • ベスト韓国食
  • 韓国で一番好きな店のひとつ。 どれも全然辛くありません。 メインは左の丼ナクチ・トッパップ(テナガダコの炒め物どんぶり) お店の名前は右の汁ものがヒントです。 優しい韓国食です。 韓国に帰って来たなあ。 一票頂ければ幸いです。こちらにも一票下さると尚幸甚です。にほんブログ [続きを読む]
  • 韓料理技術
  • 先日からこういうところに来ておりました。 ちょいと料理も旨いところも多く、 あまり英国らしくありませんが、 紛れもなく英国内で、英国人にも知られていない 忘れられた、且つ隠れた観光地です。 SNSで英国の友人たちに画像を見せても、 地中海かと思ったという反応です。 近隣に住む友人たちも集めて、 料理を振る舞いました。 大皿で出したのは、ローストのクリスピーポーク、ローストのチャーシュー、ナムル三種(ホ [続きを読む]
  • 思わぬ障壁
  • 「Fossil サンチェクにカルカヨ?」 あれ? 英語と韓国語と日本語が混ざってます。 因みに我ら夫婦の会話で、最近多いことです。 ↑ の意味は、 「化石探索(ツアー)に行こうか?」 そして、 英語を話そうとすると、 韓国語の障壁を感じます。 「レシート、プリーズ」 と、言いたいだけなのに、 「ヨン、・・・ッレシート、チュセヨ」 と言ってしまいました。&nbs [続きを読む]
  • 国際的な配慮
  • ロンドンの明け方、 韓国のローミングサービスを受けているサムソン電話が プルプルと震えてメッセージの着信。 何かと思いきや、 [Web발신][외교부]런던 북켄싱턴 Grenfell Tower 화재로 붕괴 가능성, 인근 접근 자제 [Web発信]【外交部]ロンドン北ケンジントンGrenfell Tower火災で崩壊の可能性、近くのアクセスを控えるよう この配信を見て、この配慮は凄い、と思いました。 最近、在韓日 [続きを読む]
  • あ、韓国見つけた
  • bibigoレストランです。 この隣には数年前まで新羅レストランがありました。 新羅レストランは当方の行きつけの店で、 90年代に初めて韓国冷麺を食べた店でした。 こちらのbibigoでは冷麺メニューがありませんでしたが、 bibigoはレトルトパックでも外れが無いので、 お惣菜を提供してくれる貴重なメーカーでもあります。 韓国料理の印象を好くする最前線にある企業だと思います。  [続きを読む]
  • 国粋主義は居ても、愛国主義者は…
  • 英国に戻ると、90年代の英国で仲良くなった 韓国人の友人たちのことを思い出します。 1960年代生まれの彼らとは、 割と何でも話し合える間柄でした。 ほとんどが女性で、中には日本語を話す人もいました。 特に仲良くなった2名の男性の一人は兵役を免除されるほどの科学者K氏でした。 もう一人はアメリカから渡って来た人物で、英国人女性と結婚していたP氏。 3人で酒を飲む間柄でしたが、 [続きを読む]
  • ソウルフード、コリアフード
  • 今朝のごはんです。 どっちにしようかな? 今日はこっち。 ワカメとノリの雑炊と言うか、お粥ですね。 最近のロッテマートで売っています。 エゲレスに来たら、エゲレス食を食べるべきかもしれませんが、 スーツケースがガラガラだったので、 かさばるものを持って来ました、 食べ方のインストラクションでは、 作るまで5分でしたが、 作っている最中に電子レンジ [続きを読む]
  • 機上の人
  • 飲んでいます。 しかも、初っ端から2本。 英国に行くので、 Gin & T please と、 そのままチュムン(注文)すると、 韓国人アテンダント理解せず。 Do you want Gin and Tea? と逆質されましたので、 「へ〜、ジンのお茶割かぁ。その飲物も面白そうだね」 とは言わずに、 T for Tonic water イmニダ。 と応えると、「ア〜、クレヨ」と納得してくれました。 何、こ [続きを読む]
  • 要る要らぬツユの準備
  • 昨日、日本のうどん屋チェーンで蕎麦を頂きました。 冷凍そば麺ですが、十分に妥協の範囲です。 日本では毎日欠かせない好物でしたが、 在外生活では、乾麺の蕎麦と自分でツユを作っています。 でも、当地ソウルでは、このうどん屋チェーンのお陰で、ツユの準備はしなくてもよくなりそうです。 さて、季節が進むと、もうひとつのツユの準備も必要です。 ムルモクヌン・ハマ(水を飲むカバ) [続きを読む]
  • 韓国は追悼日、当方はソフトの日
  • 本日6月6日は、 韓国では戦没者追悼式の日。 ニュース画面を観ると、 戦後担当大臣(韓国では長官)の顔が昨年とは変わっていました。 与党が変わったのですから、当然なのですが、なんだか寂しい気持ちになります。 いい人だったけど、もう会うこともないのかなあ・・・。 式典には、朝鮮戦争に国連軍として参加した国々の外交代表は招かれます。 当方の知り合いも何名か出るので、画面で見てい [続きを読む]
  • 健康観
  • 清州は医療技術の発達した専門の開業医が多い街です。 専門医院が多くて、設備も充実していています。 今回のeducation tourでは、 皮膚科及び成形外科、眼科、歯科、そして韓方療院数か所を訪れて来ました。 いずれも最新の設備と患者数とそ来院者の社会的ステイタスを誇っていました。 人気の秘密は、ロシアとロシア近隣諸国、そして中国の患者さんが訪れること。 もちろん、海外からの患者さん [続きを読む]
  • 即断即決
  • パrリパrリなマインドに救われました。 普段なら、煽られるばかりで、 「一体、何を急いでいるんだ?」 と、思われる彼らの行動ですが、 明快、且つ単純で、何の淀みも無い ケンチャナヨ感覚の恩恵を受けることになりました。 今回、 清州の観光プロモのために集まったのは、 名だたるパワーブロガーたち・・・。 当方はヘタレブロガーですが、何故か招聘されたので、 まっ [続きを読む]
  • あ、消えた。…けど、見えた。
  • 市庁前に行ってみましたら、 あれ?なんだか爽やか。 広場がすっきりしています。 昨日まではこんな ?? だったのに、 醜いテントが消えています。 バックネさんの応援団が占拠していたのですが、 昨日撤去されたようです。 これで、ソウルの機能も正常化するのでしょうか? また、Seoul-lo(ソウル路)を行くと、 ソウル駅前もすっきりしています。 数日 [続きを読む]
  • 第三者から見たKOREANS
  • この本、早く日本語に訳されないかなあ。 当方がやってもいいんですけど、 もっと早く出来る人が居ると思います。 英国のジャーナリストの作品で、 数年前に認めた" The Koreans " をアップデートし改訂版を出そうと書き加え始めたら、 新しい情報と分析した内容だけで、 1冊の本" The New Koreans " になってしまったとのことです。 まだ新刊ホヤホヤです。 全 [続きを読む]
  • 3打数2安打
  • 昨日は週末の野球で、3打数2安打でした。 2試合のうち、1試合は勝ちましたが、もう1試合は大敗。 またしても悪の連鎖。 この国の人々は、少しでも隙を見せると猛烈に突いて来ます。 いわゆるノリのいい奴らです。 最初は楽勝ペースで試合が進んでいたのに、 2アウトから8点も取られるというのは、 あまり経験がありませんが、 韓国人のリーグで戦っていると、 彼らの諦めない精神 [続きを読む]
  • 爽やかなSeoul-lo
  • 南大門市場からソウル駅の東口を見下ろして、 駅西口へと辿る立体交差を遊歩道に改修したSeoul-lo(ソウル路) 一言で述べさせて頂くと、 「縫製のイマイチな背広」 であるとともに、 「典型的なパrリパrリ対応の構造物」です。 景観を保つだけでも、通常のメンテにかなり手間と費用が掛かるでしょうし、手直し、補修箇所になるであろうところが、今からあれこれ、それこれと見えています。 [続きを読む]
  • 仁川で美味いパッピンスさ食わねが〜?
  • 先日は、日韓関係の改善に貢献に少しでも関われたかな、 と思っていましたが、 韓国大好きの日本人の中には、 このような具体的な貢献をされている方もいらっしゃいます。 「だから仁川 カフェブック」http://koreago.blog.fc2.com/blog-entry-933.html ご商売で韓国と関わっていれば、 韓国のいいところだけを 述べがちになることは仕方ないと思いますが、 この方は心から韓国が好きな [続きを読む]
  • 韓国で感じる外国との距離
  • 昨日は過去の英国の話。 今日は、1890年築の洋館のある場所に行って参りました。 ヨーロッパのある国の女王の誕生パーテーです。 今日は韓国の国会議員たちと話したのですが、 皆さん英語が相当にお出来になります。 当方もずっと英語だけで会話を済ませられました。 ふと、思ったのは、 「日本の国会議員って、こんなに出来ないよなあ」 ええ、日本でも国会議員にはたくさん会っ [続きを読む]
  • 公開 仁川の外国人墓地
  • まだソウルに着いたばかりの頃に、以下の記事を英国政府観光庁のブログに載せていました。 【ハナ・グラバーはベネットさんというアメリカ人と結婚しました。Mr.Benettの墓も同じ敷地内にありました。画像は家族公園に移転前の墓地で撮影しました】 「英国人の軌跡を辿る墓参り」http://ameblo.jp/britain-park/entry-12081908800.html その後、仁川の名士Hさんとは懇意にさせて頂き、外人墓地に英国大使を招いて [続きを読む]
  • ソウル国際文学フォーラム
  • このフォーラムに参加する作家はフランスのノーベル賞作家など、世界の名だたる作家たちと韓国文学の巨峰たちです。 本日5月23日から3日間開催されるフォーラムの前夜祭に当たるレセプションに招かれて参加したものの、韓国文学に無知なためにけっこう恐縮しました。 韓国の大作家と当方との韓国語会話が成り立たないと気づくや、どこからともなく英韓通訳が現れました。 英語かよ。 まあ、いいけど。 画像 [続きを読む]
  • 韓国開催 U20W杯
  • 日本vs南アフリカ戦を観て来ました。 日本からもたくさんのサポーターが見えていました。 応援を見ると、日本は相変わらずの「ニッポン」コール。 熱意は伝わるのですが、 正直に言わせて頂きますと、 単調過ぎて、選手への励ましになるのかなあ。 という意見を長年持っております。 試合の展開によって、選手に掛ける言葉を 替えるべきではありませんか? 野球でも、バスケでも [続きを読む]