雨男 さん プロフィール

  •  
雨男さん: 雨男のブログ
ハンドル名雨男 さん
ブログタイトル雨男のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/ameotoko-bass/
サイト紹介文自閉症(ADHD・軽度知的障害あり)の次男と、元気一杯な長男。そんな二人の子育てをメインに綴ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供318回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2016/03/26 19:23

雨男 さんのブログ記事

  • ご報告
  • ある方からコメントを頂き、今現在自分のブログが物凄く叩かれてる事実を知りました。自分の書いてきたことで、この様な事になってる事実に驚くとともに、その方の意図がどうであれ、指摘して頂いた事に対しては、嘘偽りなく感謝の気持ちもあるのです。こんな事になっている事実を、唯一教えていただけたのですから。皮肉とかでは断じてありません。この場でこの様な記事を書けば、また批判のネタになってしまうであろう事は覚悟 [続きを読む]
  • いざという時の備えに
  • 次男が、お友達の背中をフォークで刺してしまった一件以降、今後どう対処していくのがベストなのか、色々考えました。すると、ふと気付いたんです。あれ?他害をどうするべきかばかり考えてたけど、怪我させてしまったら、当然治療費やらの問題は避けられないぞ。謝罪だけでは、済まない事だってあるはずだ。補償のお金は、どうすればいい?盲点でした直ぐに、自分が加入してる保険を再確認したんです。それが。個人賠償責任保険 [続きを読む]
  • 年長さんの参観日と、謝罪
  • 水曜日は、次男が年長さんとなってから初めての参観日でした。そして、参観日ともなれば、当然次男が怪我をさせてしまった子の親御さんも見えるわけですから、事前に幼稚園を通して、きちんとした謝罪をしたい旨申し入れました。普段とは違う緊張感の中迎えた、参観日当日。次男はと言いますと。以前と比べ、ちゃんと席に座り、先生の指示も耳に届くようになってたんです。その代わり今は、とにかく思った事を、直ぐ口にしたいと [続きを読む]
  • いつかこんな日が来るかもと覚悟はしてましたが‥‥。
  • このところの他害の頻発に対し、良い解決策が見つからない毎日を送ってましたが。月曜日にとうとう、一番恐れてた事が起きてしまいました給食中にフォークで、お友達の背中を刺してしまったんです子供用のフォークでしたので、先端が丸かったのが幸いし、背中に血は滲んだものの、相手の子は大怪我には至りませんでしたでも。これが顔だったら。これが目だったら。考えただけで、血の気が引きました今回の他害。次男や、先生の話 [続きを読む]
  • 東濃ゴミ清掃と取材
  • ちょっと嫌な思いもした(この時はまだ少し引きずってました)、西枇杷島祭の翌日は、隔月で行われる、東濃ゴミ清掃活動がありました。お兄ちゃんは、妹夫婦宅にお泊まり中なので、この日は次男と二人で参加してきたんです日差しはすっかり夏ですが、風もあって、凄く過ごしやすい一日でしたね。次男といえば。このところ、すっかりADHDの傾向が強まり、ゴミ拾いなんかそっちのけで、あらゆるものに興味を惹かれてました(幼 [続きを読む]
  • 酔っ払いと理解される事の難しさ
  • 西枇杷島祭に行った日の夜の、少々後味の悪い思いをしたお話しです。花火も終わり、妹夫婦宅でくつろいでいると、妹夫婦の友人家族がやって来ました(向こうは一度会ったことあるらしいのですが、自分は全く記憶になし)男の子二人を連れたお父さんで、二人共うちの子達よりお兄ちゃん。そしてお父さんは、お祭りで既にかなり出来上がってるご様子お父さんが屋台で売ってた食べ物を、幾つか持ち寄ってくれたので、子供達は早速思 [続きを読む]
  • お兄ちゃんの息抜き
  • この前の土曜日は、妹夫婦の住む地域で西枇杷島祭があり、子供達連れて行って来ました。今回も昨年同様、お兄ちゃんの息抜きも兼ねており、お祭りの後お兄ちゃんだけ、妹夫婦宅に泊めてもらえるようお願いしてたんです。最近のお兄ちゃん。次男に対するストレスが溜まってるなと、我々も感じており。甥も姪も年上なので、たまには兄という立場から離れ、リラックスさせたかったんです。お兄ちゃんも凄く楽しみにしており、お祭り [続きを読む]
  • 鳥さんごめん
  • 先週幼稚園に、移動動物園がやって来ました。いろんな動物がいる中、次男は鳥に凄く興味を惹かれたようなんですが。次男の説明のみでは、どうしても種類の特定が出来ず、『鳥』としか判明しませんでした尚、昨日のブログで、お友達に噛み付いた事を書きましたが、その同じ日に移動動物園もやって来たわけでして。お友達に噛み付いた話と併せ、先生から伺ったのは。移動動物園でも、やらかしてました動物と触れ合えて、最初は楽し [続きを読む]
  • いきなりは、やはり苦手
  • 幼稚園で同じクラスの子の中に、次男の事が大好きな子がおり。そのため、ついつい次男に接触する機会が多くなります。勿論次男も、普段はその子ととても仲が良いのですが。やはり、ある行動をされると、即他害となってしまいましたそれが。後ろから抱きつかれるという行為特に、相手の手が首に入った時(手が首に触れる)の嫌がり方は激しく、完全にアウトです。今回も、首に手が入ってしまったことから、残念ながらまたしても噛 [続きを読む]
  • 聞いたままを受け取る
  • 今週火曜日の療育施設でも、次男の他害は出てしまいました。何せ、次男と同じ障害の子も居れば、グレーゾーンの子も居るわけです。拘りが強い者同士が、同じ事をしたがれば、必然的にトラブル勃発。今回のトラブルは、イスに座る位置の奪い合いでした。この日次男は、部屋の隅に座りたかったそうです。すると同じ様に、隅に座りたがる子が居た訳ですが。当然。お互いに。譲り合いの精神はゼロギャーギャーと、場所を奪い合った結 [続きを読む]
  • 今年の初バス
  • 今日は、普段の子育てブログから離れ、趣味の事を書かせてください実は??やっと。やっと??釣りに行けましたもう6月なのに、まだ一匹も釣ってなくて、正直焦ってましたが、魚もついに触れました。1日通すと、その日の釣果のほぼ全ては、朝9時までのものであり、太陽が完全に出て夏のような日差しに変わったら、見事に魚からの反応は消滅。結局のところ、所詮行き当たりばったりの釣行なので、エリアを探しきれなかっただけ [続きを読む]
  • 答えを教えて!
  • 帰宅後、一人晩御飯を食べてた時のお話です。嫁さんに、ドラえもんの本を読んでもらってた次男。本も読み終わり、続けてレゴで遊び始めましたが。突然、こちらにトテトテと歩いてきて。「テレテテッテテーいとまわし〜」と独り言言いながら、通り過ぎて行きました。しかし、直ぐにピタッと立ち止まると。「いとまわしってなに」ボソッと言うのが聞こえました。しかし、そのまま戻ってくると、お兄ちゃんとレゴで遊び始めてしまっ [続きを読む]
  • 荒れる次男
  • 最近急に荒れだすようになった次男。原因は、失敗したり、思い通りにならなかったりで湧き上がる、苛立ちの感情が、上手くコントロール出来ないようです嫁さんからも聞いており、気になってたところ、自分の目の前でも起こりました。この前の日曜日の午前。仕事を終え帰宅すると、次男がレゴで遊んでたんですが。突然唸り声をあげ、レゴを払いのけたり、投げたりし、荒れ出しました組み立てたロボットのバランスが悪く、重さの関 [続きを読む]
  • 自分に対する事じゃなくても
  • 先週幼稚園で、お友達同士が喧嘩してるのを目撃した次男。直ぐに仲裁に入ったんだそうですここまでなら、実に素晴らしい行動だと受け取れるのですが。自閉っ子次男君。やはり、オチが付きました「ケンカはダメで〜す」と、仲裁に入ったまでは良かったものの。一方の子が喧嘩相手に対し「バカ」と罵しるのを聞くや、まるで自分に言われたかのように怒り、バカと言った子を叩いてしまったんです恐らくですが。日頃から、我々親や幼 [続きを読む]
  • 土曜日放送したNHKのETV
  • 特別支援学級(番組内では個別支援学級)をクローズアップしたこの番組。ご覧になった方も多かったのではないでしょうか。我が家も来年就学ですから、タイムリー過ぎて、嫁さんにお願いし、録画して後から見ました(こんな時に限り夜勤)タイトルの『?いるんだよ?って伝えたい』もうこれだけで、胸にガツーンときてしまいますいくら名前を変えようと、個々の取り組みに力を入れようと、交流しようと、支援級の子供はどこまでい [続きを読む]
  • 口が滑った
  • 前回のブログで、検査の帰りに、次男と嫁さんがレストランに行ったと書きました。その日は平日ですので、次男は幼稚園をお休みし、当然お兄ちゃんは学校です。二人だけでレストランに行き、ご飯を食べて、更にはデザートまで。お兄ちゃんがそんな事を知れば、不機嫌になる可能性は大です。通常なら黙ってるか、次男が喋る事を予想して、お兄ちゃんへの配慮を考えるべきでした。ところが、嫁さんの方がうっかり口を滑らせ、聞かれ [続きを読む]
  • 発達検査
  • 一年振りとなる次男の発達検査に、火曜日嫁さんが行ってまいりました。いよいよこれから、就学に関する活動が慌しくなるわけですから、事前に今現在の次男の状態を確認しておき、学校等と話し合う際の資料にもしたかったのです。ちなみに、次男が受けた検査方法は、『新版K式発達検査』だったと、嫁さんから報告を受けました。ただ、6月にならないと検査結果は出ませんので、今回書きたかったのは、別の事なんですね実は嫁さん [続きを読む]
  • 噛みませんでしたの報告。しかし‥‥
  • 帰宅すると、次男が嬉しそうに。「よーちえんで、かまなかったんだよー」「できましたー」との、ご報告を承りました。そうなんですよ。今日はお友達を噛まなかったと、自ら報告してきたんです。凄いね〜。頑張ったね〜。そう言って褒めると、次男は満面の笑みを浮かべ立ち去っていきましたしかし、その後嫁さんからボソッと報告が。実は、噛まない代わりに。蹴ってましたどうも、滑り台で遊んでる時に、蹴ったようで。早速、嫁さ [続きを読む]
  • 彷徨う子供達
  • 5月ともなると、とても過ごしやすくなりました。そうなると、子供達は揃ってある行動に移ります。寝る時は川の字だったのに。出勤前に部屋を覗いてみると。どうやったらそこに移動できるんだ?くらい、あり得ない位置で、二人共寝ております。特に次男は凄まじく。嫁さんは朝、いつも定位置で寝てますので。部屋の隅に沿って軽く半周は転がっていった?寝ぼけて立ち上がって移動した?そうでもしない限り、不可能な位置に存在し [続きを読む]
  • 理解してもらう事の難しさ
  • 以前にもここで書いてますように、職場では次男の障害についてカミングアウト済み。しかし未だ、『◯◯さんの子供には、何やら障害があるらしい』程度の認知であるのは否めず。外から見えない、頭の中で起こってる障害ゆえ、言葉や文章だけでは伝わりにくいと言わざるを得ません。つい先日、療育施設や幼稚園で次男がやってしまった他害について、職場で話した時です。機会がある毎に、自閉症スペクトラムや次男の特性について、 [続きを読む]
  • 常滑ゴミ清掃と、愛知健康の森公園
  • 今年一番の最高気温をマークした日曜日。毎月恒例である、伊豫部プロ主催のゴミ清掃に子供達と行って来ました。ゴミ拾いすれば、昼からは思いっきり遊べるとあって、ボランティア活動の意味は分からなくても、いつも喜んで付いて来てくれます伊豫部君も夏らしい格好になりましたね今回は、釣り日和ですし、他のイベントとも重なったようで、参加人数は今年最低だった気がします。こればかりは、ボランティアですし、仕方ないでし [続きを読む]
  • また噛んだ
  • ここ最近落ちついたように感じてた、次男の噛み付き衝動。残念ながら、金曜日にまた勃発しましたしかも今回は、三ヶ所も噛み付いてしまい、傷口は腫れていたと連絡が。嫁さんはこの連絡を受け、直ぐに幼稚園側にお願いし、相手の親御さんへの謝罪を申し出ました。有難いことに、親御さんが理解を示してくださり、この件はなんとか収まった次第です。今回の一件、流れを聞くとこんな様子でした。この日は、嫁さんがお迎えに行く日 [続きを読む]
  • マジやめて2
  • ある日、次男と二人で歩道を歩いてました。すると、突然何を思ったのか、次男が信号のない交差点へ向け猛ダッシュそして左からは、車がバッドタイミングで接近中ストッーーーープ(何故英語?慌ててる時ってもう訳わかりません)走っても間に合わないと直感し、反射的に大声で叫んでました。そしたら。何と。横断歩道手前でピタッと止まり、こちらを振り返るやニヤリ「わたりませんよ〜」からかわれた?5歳児にからかわれた?人 [続きを読む]
  • マジやめて
  • 次男がある晩、不意にこんな事を言い出したんです。「おなかのなかをみたいです」内臓のこと?うちにある『体の不思議』という本でも見て、興味わいたのかな?そんな事を考えてたら、次男の真意は全く違ってました。「ここきればいいですか〜?」「ハサミできってもい〜い?」そう言いながら、お腹を縦に切る仕草をしたんです。素で、慌てました次男の場合、冗談なのか本気なのか分からないとこがありますから。直ぐに嫁さんと二 [続きを読む]
  • 『光とともに』新装版
  • 今更感は否めませんが我が家にも、やっとこの有名な作品が届きました。読みたいなとは前々から思いつつ、さすがに最初から揃えるには、巻数もそれなりに出てますので、躊躇してたんです。そこにきて、今回新装版が出た事を知り、速攻でポチりました。そして今回は。自分が読みたいだけではなく。実は、別の目的の方が大きかったんですね。それは。お兄ちゃんに読んで欲しかったんです前々から、自閉症スペクトラムを、子供に言葉 [続きを読む]