Miyamoto さん プロフィール

  •  
Miyamotoさん: 50代から学ぶ英会話
ハンドル名Miyamoto さん
ブログタイトル50代から学ぶ英会話
ブログURLhttp://my-tc.com
サイト紹介文思えば、英語は中高年から学ぶのがいいのではないか? じっくり英語に付き合う時間もある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/03/27 11:47

Miyamoto さんのブログ記事

  • 英文を速読するコツ
  • 英文を速読するコツ「英会話を上達するには、良い英語の文章をたくさん読むことだ」なんてアドバイスがあります。確かにそう思いますけど、英語の文章が面白くないといけませんね。面白くないのは、・知らない単語が多くて 意味が分からない・知ってる単語だけど 文章自体が意味不明な所多し・単語も分かるし、文章も平易だけど 内容がつまらないあたりに分類されそうです。ですから、「単語も分かるし・文章も平易で・内容も面白 [続きを読む]
  • 英会話学習では 話す目的が大事?
  • 英会話学習では 話す目的が大事?英会話を習得する上でとっても大事なのは、話す目的が明確になっているか?ということでしょう。「とりとめもなくお喋りをする」のはとても大変じゃないですか?そんな雑談が誰に対しても出来るとしたら、その人は英会話のスキルだけでなく、いろんな事に対し興味があり、よく調べて勉強している人に違いないです。「とりとめもなくお喋り」を英語でするのは、かなり上級だと認識した方がいいです [続きを読む]
  • 独学の英会話学習
  • 独学の英会話学習英会話を独学で身に付けられないか?そんな思いはありますよね。ただ、「独学ってどう独学なのさ?」というところが難しい。英会話学習って他人と英語で話すことを目的とするものだから、本来他人と話すことでスキルを上げるものでしょう。でも、・日本だと身近に話し相手がいない・ネイティブのいる英会話学校は費用が気になる・いきなりネイティブの教える英会話学校でついていけるかと感じる方も多いのではない [続きを読む]
  • アーミッシュという生き方
  • アーミッシュという生き方先日の中国出張で、機内誌を読んでいるとアーミッシュの記事があったんです。アーミッシュ???な僕だったけど、記事を読むと 「電気を使わない生活をしているキリスト教徒の一派の人たち」 らしい。農業中心の生活で、家具や服などは自分たちで作り、自給自足生活をおくっている。車も持たず、馬車を使う。子供たちは、学校から帰ると親の仕事を手伝わなければならないから、勉強は学校にいる間だけ。遠 [続きを読む]
  • 検疫の英語版パンフレット
  • 検疫の英語版パンフレット久しぶりに中国出張で杭州・天津・北京と回ってきました。海外へ行くときにはあまり意識してないけど、帰国する際、お土産を持ち帰ろうとすると検疫上持ち込めないなんてことがありますよね。果物だとかハムみたいな加工食品なんかが危ないと思いますね。でも厳密にはよー分からんです。この出張で、検疫のパンフレットがあるのを発見しました。色々な言語のものがありましたが、英語版のものをもらってき [続きを読む]
  • エレベータの英語
  • エレベータの英語エレベータのドアが静かに閉まる。1・2・3・・・・皆、階数の表示を無言で見ている。これが日本だ。外国ではどうでしょう?アジアや欧州では、多少の会話はあるけれど、まあ無言の場合が多いですよね。じゃあアメリカは?乗り込んでくるオバサン達に話しかけられ、日本人特有の薄ら笑いを浮かべつつ何とか英語で答えると・・・サー大変、ずーっと英語でお喋り・・・なんてこともありました。逆に、何も英語で答 [続きを読む]
  • mustの使い方
  • 攻略英語リスニングの解説攻略英語リスニング2月号の語句解説の find out の所に、must の使い方が次のように書かれている。find out見つける、知るfind だけだと「発見する」「見つける」ですが、それに比べると、「一見して分からないようになっているものを探し出す」という意味合いですね。また、この英文の I had to find out は「見つけ『なければならない』」という義務的なニュアンスではなく、「ぜひとも find out したい [続きを読む]
  • 乾杯を英語で
  • 乾杯の音頭50代になると、まあ会合や集まりの種類にもよるけれど、年上の部類に入りますね。会合や飲み会あるいは接待でも、年長の人が乾杯の音頭をとるのが普通です。乾杯の音頭と言っても、結婚式の披露宴や開所式みたいなフォーマルなものから、会社や仲間内の忘年会まで色々です。フォーマルな場合は、「乾杯のご発声」の前に少しお話をする訳です。話が終わりに近づいてくると、ちゃんと係の人がお酒の入ったグラスを用意して [続きを読む]
  • 村上春樹のエルサレムスピーチ
  • 村上春樹のエルサレムスピーチ「断捨離するのよ」女房が突然色々と整理を始めた。断捨離・・・というと昔誰かに「ダンシャリって知っていますか?」と言われたことがある。その時の僕は、「シャリ」の響きから「新しい寿司の事だろうか?」なんて思ったりした・・・我ながら何て単純な頭の構造なのだろう、、、2010年に流行語に選ばれた「断捨離」ですが、ウィキペヂアによると断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固ま [続きを読む]
  • 没頭する楽しさ
  • 没頭する楽しさいつだったか、マーク・ピーターセン先生の「日本人の英語」についてブログしました。その後、続編の「続日本人の英語」も読んでみました。平易な文章で書かれてますが、内容的にはかなり高度なので、僕なんかは自分の英語力の未熟さを感じてしまうけれど、参考になる点は多々あるんじゃないかと思います。僕らは、ある年齢を越えてから英語を学ぼうと思った人達ですから(そうでない人読んでくれているかもしれない [続きを読む]
  • F/S と根回し
  • F/S と根回し「日本企業は決断に時間がかかる」そんな風によく言われます。「じゃあ海外はどうなのよ?」と思いますが、やはり国により随分事情が違うんじゃないかな。欧米は、比較的権限が明確に決まっているので、キーパーソンその人が決断すれば物事が進むケースが多いように思いますね。だから場合によっては、拍子抜けする位簡単に重要な決定がなされる時がありますね。日本は、特に高度成長が終了してからは、個人では物事 [続きを読む]
  • ガラ系ニッポン
  • discover Japan Experience the best of Japan外国の人の感覚を知ることは、外国の人とコミュニケーションを取る上でとても大切じゃないかと思います。僕たちは日本人なので、海外の人が日本の事をどう思っているのか?あるいは、日本はどんな風に海外に紹介されているか?などを知ることは、コミュニケーション力を上げるために必要ですね。Discover Japan という日本の旅行の書籍があります。まあ、“ 日本の歩き方 ”みたいなも [続きを読む]
  • think about それとも think of
  • think about それとも think of誰かと会話していると、「それってどう思う?」と相手の意見を聞く機会がありますね。ビジネスでもそんな場面はとても多いです。英語で会話している時にも同様ですけど、日本人はついHow do you think about that?などと言ってしまうケースがあります。僕がいつも参考にしている「もっと話せる絶対英語力!」の“どう思いますか?”の部分には、thinkはaboutでなくofをとるのが原則である。これは単純 [続きを読む]
  • 冠詞の問題
  • 冠詞の問題英語の文法で一番釈然としないのは、冠詞ではありませんか?英語だと article。aとか、anとか、the なんて言うアレですね。なぜ釈然としないのか?・・・それは日本語にその概念が無いからでしょうかね?とは言え、学ばにゃならん言葉にその概念があるんだからねぇ・・・困りますよね。冠詞ですけど、あまり神経質になると言葉が出てきません。会話の際には、すっかり忘れましょう。変な冠詞の使い方を指摘されたら、そ [続きを読む]
  • 中年オヤジの英単語記憶奮闘記
  • グローバルな今日この頃このところ、お客さんとの会食が連日続いている。僕はあまり休日に仕事関係の事はしないのだけど、たまには大切なお客さんと会食することもある。先日の日曜日がまさにそんな感じ。新宿のカニ料理店でそのお客さんと食事をしたのだけれど、ビックリしたのはその客層。僕らは、そのお客さんのリクエストで1か月前からそのカニ料理店を予約していたのだけれど、その店に入ると多くの人達が席が空くのを待って [続きを読む]
  • トランプ大統領のChaos
  • トランプ大統領のChaosトランプ新大統領が暴れていますね。難民やイスラム教徒の多い中東・アフリカ諸国からアメリカ入国を禁止する大統領令にサインをした先月27日あたりから、いろいろと騒がしくなってます。ワシントンポストでもDonald Trump’s White House is in chaos. And he loves it.chaos:混沌、大混乱なんて見出しの記事が出てるし、He loves it. ということは、単に騒がせ好きなおっさんみたいな感じですけど、、、CN [続きを読む]
  • 料理の量が問題だ
  • 料理の量が問題だ海外に行く楽しみの1つは、何と言っても訪問先の料理をいただく事じゃないでしょうか?もちろん、全てが美味しい訳ではないけれど、美味しい食事に出会うとそれはやはり幸せですね。食事の内容も各国色々ですけど、食事の仕方も様々ですね。まあ日本だって、きちんとした和食を食べる場合は 料理が一品ずつ運ばれてくるけど、居酒屋なんかであれば、最近は大皿に盛りつけて、「後は皆さんで分けてね」というケース [続きを読む]
  • 蕎麦と温泉
  • 蕎麦と温泉海外旅行や海外出張に出かけた人達が日本に帰ってきた時、何をしたいか?・立ち食いソバでいいから、出汁(ダシ)の効いた蕎麦を食べたい・生卵をご飯にかけた、玉子かけご飯が食べたい・やっぱりゆっくり温泉に浸かりたいあたりでしょうか。海外で手に入りにくい、あるいは外人さんには人気ない、、、けど「日本人ならこれが好き」みたいな感じなものが上位でしょうね。僕の同僚で大の納豆好きがいるんですが、南の国の [続きを読む]
  • 英文レターは文法に注意?
  • センター試験の文法の問題先日、息子がセンター試験を受けてきました。本人は、今はやりのAO入試で入学する大学が決まっているので、切迫した状況ではないんです。ただただ、センター試験を体験する為に試験を受けたようなものでした。ちなみにAO入試をご存知ない諸先輩たちには、以下の解説を記載しておきましょう。日本大百科全書(ニッポニカ)の解説AO入試えーおーにゅうし大学の入学試験方法の一つ。学力試験を課さず、高等学校 [続きを読む]
  • 中年オヤジの単語記憶法
  • 中年オヤジの単語記憶法英語力に一番端的に効くのは、やはりボキャブラリーだと思いますね。vocaburary じゃなかった、、、えっとvocabulary:語彙ですね。つい「歳だから覚えられな〜い!」とボヤイテしまいますが、先日のブログでも書きましたが、記憶する力は年を取っても衰えないんだそうです。だから諦めてはいけませんね。さて、単語を記憶する環境は、大きく様変わりしております。「今までこのやり方で勉強してきたんだか [続きを読む]
  • 東海道五十三次と英語の解説
  • 東海道五十三次英語学習が習慣化してくると、なあ何というかオタク的な人も出てきますね。いたるところでシャドーイングをする、、、電車の隣でぶつぶつ英語を話しておられる方。「(英字新聞を取っているので)うちの新聞には安売りの広告が入っていない」なんてボヤイテいる女性。知らない単語に出くわすと辞書を引かずにいられない、スマホが出る前は家のそこらじゅうに辞書を置いていた貴方。まあそういった方たちはすでに英語 [続きを読む]
  • トランプさんのトヨタへの発言
  • トランプさんのトヨタへの発言トランプさんが次期大統領に確定して、憶測や戸惑いや思わぬ円安やらと色々ありますね。先日のニュースでは、「トヨタに圧力・・・メキシコ工場、撤回要求」なる記事が毎日新聞に載っていました。トランプ次期大統領は5日、トヨタ自動車がメキシコで進めている新工場建設について、「米国に建設しろ。さもなければ多額の関税を支払え」とツイッタ―に投稿した。とありました。ツイッタ―ですが、僕は [続きを読む]
  • 今年は英語力向上を
  • 英語力向上さあ、今年は英語力を向上させますよ。と決意している裏側には、停滞している自分の英語力に対する苛立ちと、そいつをブレイクスルーできない僕がいるんですね。皆さんは順調に英語力が向上していますか?そんな、決意を新たにして、、、図書館に行った僕は、本棚の片隅にひっそりと並べられていた「英語上達完全マップ」なる本を見つけたのでした。まあ、英会話を学ぶための姿勢や方法が語られている本なのですが、参考 [続きを読む]
  • 初詣を英語で?
  • 初詣を英語で多くの日本人が初詣に行きますね。実は僕は、今まで初詣には殆ど行った事がありません。随分若い頃、学友と共に初日の出を見に行き、初詣をしたなんて事がありました。それは、いつも走っていない時間帯の電車に乗り、外出することにワクワクしたからであって、特別に初詣を意識した訳ではないんです。でもワクワクして家族で初詣に出かけるのも良いですよね。今年は、知り合いのインドネシアの留学生と初詣に行きまし [続きを読む]
  • 新年の挨拶と抱負
  • 新年の挨拶と抱負2016年も駆け足で去ってゆき、新年2017年を迎えることになりました。皆さんにとって2016年は、どんな年だったのでしょうか?僕にはあっという間に過ぎ去った2016年でした。「365日があっという間に過ぎた」を英語だと、365 days went by so quickly!ってな感じでしょうか?さて皆さん、Happy New Year! あけましておめでとうございます。でもHappy New Year! だけじゃ物足りないですね。せっかく勢いよく挨拶して [続きを読む]