Miyamoto さん プロフィール

  •  
Miyamotoさん: 50代から学ぶ英会話
ハンドル名Miyamoto さん
ブログタイトル50代から学ぶ英会話
ブログURLhttp://my-tc.com
サイト紹介文思えば、英語は中高年から学ぶのがいいのではないか? じっくり英語に付き合う時間もある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/03/27 11:47

Miyamoto さんのブログ記事

  • やる気が全て!
  • やる気が全て!先回のブログでは、お金をかけないで英会話を独学するのがテーマでした。はっきり言って今やインターネット環境があれば、お金をかけないで英会話を学ぶ素材が沢山手に入ります。一世代前の英語学習者の方たちからすると、夢のような学習環境だと思いますよ。昔の人は偉かったんですよ。映画館に行ってわざと字幕の見えないところに座って洋画をみたり、広告の入っていない英字新聞を奥さんに文句を言われながら購読 [続きを読む]
  • お金をかけずに英会話学習を独学で
  • お金をかけずに英会話学習を独学で何事も習い事にはお金がかかります。習いたい事によりますけど、道具や服装にお金がかかりますね。ゴルフだったらクラブやゴルフウエア―サイクリングであれば、高級な自転車とカッコいいヘルメット単に走るジョギングだって、靴やウエア―に相当お金がかかるみたい。そう考えると英会話は、お金がかからないと思いますけど、、、でも実際は、高い授業料の英会話教室に通ったり、暴利を貪るような [続きを読む]
  • 昔の40代と今の60代
  • 昔の40代と今の60代僕も60歳が近づいてきました。60歳というと還暦ですね。赤いチャンチャンコを着てお祝いされて、、、これからは子供に返る歳ですね。とはいえ、最近の60歳は若いと言われております。「今の60歳は昔の40歳だよ」なんて言う人もいます。そうです!40歳だと思わなきゃいけませんね。40代に関連する言葉としては、40にして惑わずなんて有名な孔子の言葉があります。まあ、40歳は人生の一つの区切りなのでしょうね。 [続きを読む]
  • 日野原先生と英文多読
  • 日野原先生と英文多読日野原先生が105歳で亡くなりましたね。年配の人たちには、とてもショッキングなニュースだったことでしょう。日野原さんが100歳過ぎても現役で頑張っている事実を励みにしていた人たち、あるいは身近な人を励ましていた家族の方たちにとっては、日野原さんにはもっと長生きして欲しかったという思いで一杯だったでしょう。でも、永遠で無いのが僕たちの命なんですね。永遠で無いから尊いのでしょう。さて、僕 [続きを読む]
  • 高校生に帰って反訳トレーニング
  • 高校生に帰って反訳トレーニング英会話の道のりは遠いのであります。先日も会社で外国人の顧問相手に、英語でプレゼンをするイベントがありました。プレゼンするのは、若手社員が中心でしたが、四苦八苦しながらも何とか英語で話す、、、そんな姿を見て顧問の外国人の方も感心していた様子です。じゃあ年寄り社員は?この外国人顧問の英語のプレゼンを聞いて、質問する・・・という形式でしたが、英語で流暢に質問するのは一部の海 [続きを読む]
  • 人の名前を覚えるコツを英単語に応用?
  • 人の名前を覚えるコツを英単語に応用?英会話を上達する為には、あるいは英語力を向上するには、ボキャブラリーを増やすことがとても大事ですよね。でも、、、分かっちゃいるけど英単語は覚えられないもんです。「何かいい打開策はないものか?」このところ、日々悩んでいる僕なのですが、、、言葉というのは、イメージを取りまとめて簡潔に表すものなのだ、、、というしごく当たり前のことに気がつき始めました。だとすれば、英単 [続きを読む]
  • 今が一番大事
  • The most important time in your life is now.先日、久しぶりに会社の先輩に会う機会がありました。10年振り位でしょうか?会社を60歳定年で退職してから10年というと、、、先輩も70歳位なんでしょう。ハッキリ言って、「おじいさんになっていますね〜」ということは、この僕も確実にじっちゃんに近づいてるってことだよね。もしかして、相手から見ると「あいつもすっかり年取ったな、、、じっちゃんだぜ」と内心思われているのか [続きを読む]
  • お酒を控えるには
  • お酒を控えるには先日の健康診断の結果が届きました。健康診断を英語だとperiodic health checkup定期健康診断なんて言うのでしょうか?多分、日本のように健康診断を定期的に実施する国の方が珍しいかもしれませんね。さて、僕は尿酸値が高く痛風予備軍なのですが担当医は、健康診断の結果をのぞき込んだ後、僕に向かって「君の尿酸値が高いのは、お酒の飲み過ぎだ!」ときっぱりと断定しました。「γGTPが高いでしょ。検査結果は [続きを読む]
  • ヨーロッパの鉄道の流儀
  • ヨーロッパの鉄道の流儀英会話タイムトライアルで、「My first “ オモテナシ ” のりもの編」を放送していました。駅での案内のシーン改札口の横の階段を使ってください。Use the stairs next to the ticket gate.指定席は、発券窓口で買えますよ。You can get a reserved seat at the ticket counter.切符を無くさないでね。後で必要になりますよ。Don’t lose your ticket. You’ll need it later.意外とこんな日常の言い回しは [続きを読む]
  • 結婚式のスピーチ
  • 結婚式のスピーチ6月は結婚式シーズンですね。ジューンブライドなんて言いますけど、英語だとJune bride「6月に結婚すると花嫁は幸せになる」ってことでしょうけど、梅雨空が気になりますよね。先週末、僕の若き後輩が結婚式を挙げたんですけど、最高の天気でホント良かったです。ジューンブライドなら6月前半ですね。日本では。さてそんな最高の天気の中での結婚式だったんですが、何と僕は主賓のスピーチを頼まれました。今まで [続きを読む]
  • ロン・カーターのインタビュー
  • ロン・カーターのインタビューもう随分前ですが、 NHKテレビで「トップインタビューに学ぶ!自分を語る表現術」なる英会話講座がありました。講師はマーシャ・クラッカワーさん。手元にあるテキストを見てみると2010年6月号とあるから、もう7年も前です。振返ってみるとあの当時、マーシャ・クラッカワーさんが講師になっているNHKの英会話講座は、非常にレベルが高い内容だった記憶があります。確かに今この、「トップインタビュ [続きを読む]
  • メンタルタフネスを英語で学ぼう
  • メンタルタフネス英会話に限らず、何事も上手な人がいますね。同じようにやってるつもりでも、いざという時にバッチリ決める人。特に緊張するような場面、スポーツで言えば大きな大会とかで結果を出す人ですね。そういう人は、やっぱりメンタルに強いということなんでしょう。あるいは、いつもやる気に満ちている人、、、いますねぇ、、、元気とやる気に満ちている人、僕なんか単純だからそういう人のそばにいるだけで元気になりま [続きを読む]
  • 英語で考える
  • 英語で考える英語を身につけるのは、正直大変だと思いますね。「いつまでたっても上手くしゃべれない」自分がいると思えば、「いつまでたっても相手の言ってることが聞き取れない」自分もすぐ隣にいるんですねぇこれが、、、「いつまでたっても」というのが嫌ですね。だって残された時間には限りがあるんですから、、、最近特にそんな気持ちが強い僕としては、原点に立ち返ってみたいと思います。英語を身につけるにはどうしたらい [続きを読む]
  • Tokyo は大きい都市に違いない
  • メトロポリタン東京僕は今、東京にオフィスのある会社に勤めているんですけど、最近感じるのは外国人の数がとても多いことです。妙に最近外国の人たちが多くありませんか?電車に乗っても、外国の人が乗っているのを見かけたりします。僕は、わざわざ遠くから日本の人混みの大都市に来なくてもいいじゃないかと思いますけどねぇ欧米の都市は、ハッキリ言って東京みたいにごちゃごちゃしてないし、規模は東京に比べるとはるかに小さ [続きを読む]
  • ビジネスの肩書と部署名
  • ビジネスの肩書と部署名仕事で海外に行く時や、海外のお客さんが日本に来て打ち合わせをするような時には、部署や肩書を話す必要がありますね。あるいは、来客する人の肩書を調べて対応を考える事は、ビジネスではよくある事だと思います。かつて、アメリカの大手企業(皆さんも良くご存じの会社です)の方たちが、僕の勤めている会社に来られたことがあります。その会社とは取引もなかったのですが、来客するチームのボスは vice [続きを読む]
  • 健康の話題を英語で
  • 健康の話題を英語で日本語でも英語でも、盛り上がる話題というのは、お互いに関心のあることについてでしょう。自分はこの事ばかり考えているけれど、話す相手は無関心な話題であれば、盛り上がりには欠けますねぇでも中には、自分はその話題自体には興味はないけど、何で話し手がそんなに入れ込んでるかを知りたくて、真剣に話を聞く人たちもいらっしゃる、、、いわゆる聞き上手ですね。さて、僕も60歳が近づいてきましたけど、同 [続きを読む]
  • ファーストネームの呼びかけ
  • ファーストネームの呼びかけ欧米では「ファーストネームで呼び合う仲」みたいな事を言われますね。「Mr.やMrs.に苗字」でなく名前で呼び合う間柄です。かつて、レーガン大統領と中曽根総理大臣は、「ロン・ヤス」の関係なんて言われていた時期がありました。レーガン大統領は、Ronald Wilson Reaganで「ロン」、中曽根総理は中曽根 康弘で「ヤス」・・・「ロン・ヤスだから仲がいいんだぞ・・・どうだ!」って感じをアピールしてい [続きを読む]
  • 腹八分を英語で
  • 腹八分を英語で世界的に健康ブームといったところでしょうか。もともと人間は、健康に関心があり 長生きしたいと思うものでしょうが、最近のグローバル情報社会では健康に良いものや長寿に関わることは すぐに世界的に広がる傾向にありますね。日本人の寿命は、2016年のデータでは、男女平均83.7歳で世界一の長寿、女性は86.8歳でこれも世界一、男性は80.5歳だけど世界で6位です。こう考えると、寿命を延ばすには日本にヒントがあ [続きを読む]
  • 中高年の英会話スピーキングに最適なラジオ講座
  • 英会話タイムトライアル2017年4月から、僕は新たな英会話のラジオ講座を聞こうと思っています。今年度からNHKのラジオ講座もだいぶ内容が変わった様なので、少し楽しみにしているのです。ラジオ講座とは言え、ラジオだけでなくインターネットのサイトからストリーミングで聞く事が出来るなんてホントに便利になったものですよね。随分以前、講座が始まる時間にはちゃんとAMラジオのスイッチをオンにして、「聞き漏らすまい」と思っ [続きを読む]
  • I can’t speak English.
  • I can’t speak English.外国の方たちが日本に来て、不思議に思うことは沢山ありそうですね。多くの外国人が言うには、どうして家で靴を脱ぐのか?なぜ日本人はお風呂が好きなのか?なんで日本の駅はどこも同じなのか?・・・そんな疑問から、イタリア人に至ってはなぜ日本ではスパゲティーの上に生ハムを乗せるのか???なる疑問も聞いたことがあります。「君たち!生ハムは生ハムだけで出すもんだよ!」という呟きが聞こえてき [続きを読む]
  • 映画のセリフを英語で
  • 海賊とよばれた男先週、ちょこっと中国出張してきました。今回は、上海−蘇州−広州のコースでありました。海外に行く時は、「飛行機の中で何をするか?」と思うんですが、、、といっても狭い空間ですから、たいして出来ることはありませんね。お酒を飲んで眠ってしまう・・・映画を見たり、音楽を聴く・・・なんて事が多いでしょうけど、なかにはノートパソコンでしっかり仕事されている方もいますね。いつだったか、僕の前の座席 [続きを読む]
  • 初ガツオを英語で
  • 初鰹を英語で目には青葉 山ほととぎす 初鰹なんて言いますけど、そんな季節が近づいてきましたね。いつだったか、外国のお客さんと食事をした時のことですが、カツオのお刺身が出てきました。鮮度が良く美味しいお刺身に、そのお客さんも「とてもフレッシュで美味しい」と関心した様子。僕は、「日本人として少しはカツオのことを語らなければならない・・・?」という思いから・カツオは回遊魚で春先に日本の沖合を北上する。こ [続きを読む]
  • トランプ大統領のシリア攻撃の声明
  • トランプ大統領のシリア攻撃の声明シリア軍が化学兵器を使用したことに対し、米軍がシリアをミサイル攻撃したというニュースがありました。「シリアは本当にサリンなどの化学兵器を使用したのか?」についての事実関係は明確ではありませんが、シリアへの攻撃を決断したトランプ大統領の声明の英文がThe White HouseのOffice of the Press Secretaryに記載されていますので、内容確認してみましょう。THE PRESIDENT: My fellow Ame [続きを読む]
  • 花見を英語で
  • 花見を英語で今年の花見は随分遅かったですね。ようやく関東では花見シーズンがやってきたという感じ。さて、日本でこう話しているかぎり、花見とは「桜を見て楽しむ」ことであり、それが日本人の共通認識です。「今度の週末 花見に行こう」と友人に話す時、「何の花を見に行くの?」と聞かれることは、まずありません。ですから、日本人にとって花は桜なんですね。外国の人にとっては、桜は特別な花ではないでしょう。ですから、 [続きを読む]
  • 自動詞と他動詞
  • 自動詞と他動詞前回のブログで、Cry me a river のことを書いたけど、cry は通常自動詞で使われることが多いですよね。でも、cry に目的語がつくということは他動詞ですね。辞書を調べると、[I] to produce tears from your eyes, usually because you are sad, angry, or hurt泣くと[I]の記号で、’intransitive’ verb 自動詞であることがわかります。その表記に続いて[T]、’transitive’ verb 他動詞として以下のように書かれ [続きを読む]