もこ さん プロフィール

  •  
もこさん: カリメロのつぶやき
ハンドル名もこ さん
ブログタイトルカリメロのつぶやき
ブログURLhttp://chikomatu.blog.fc2.com/
サイト紹介文間質性肺炎と関節リウマチのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 179日(平均0.9回/週) - 参加 2016/03/27 15:31

もこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 命日
  • 今日は、四年前に亡くなった母の命日です。亡くなる五年前下腹部の異常な腫れに気付き婦人科に受信したところ既にステージⅣ程に進行した卵巣癌でした。所謂、顔付きの悪い癌で五年生存率がかなり低いものでした。それでも母は、有りとあらゆる治療や薬、漢方薬を試しました。抗癌剤も、主治医が勧める色んな組合せを症状に合わせ打っていました。抗癌剤の副作用が少ないと、この薬は効き目が無いんじゃないかと副作用で苦しい方が [続きを読む]
  • 母の日
  • 一週間前は、母の日でしたね。義理の姉からカーネーションが送られてきました。毎年、 今年はどんな花にしようか迷うらしいのですが、頂いている母は色があまり良くないとか、もっと〇〇なお花が良かったとか…毎年何だかんだと文句を言っています。でも、その文句をつけたお花にお水をあげたり、まあまあ綺麗だね〜と私に笑顔で言ってきます。私も本当は嬉しいくせに〜っと笑って返します。私の母も花が大好きでした。実家はいつ [続きを読む]
  • 介護と病気
  • 現在、左肘が真っ直ぐ伸びないとか、両手首の痛みがあります。先日5?の食塩袋を両手で運んだ時、手首の痛みが半端じゃありませんでした。レジまで運び、駐車場まで持ち方を変えて何とか車に入れました。普段の生活では、重たい物を持たない限り分からなかったのでちょっとショックでした??私には、自身の両親は他界してますが、主人の両親は健在で一緒に暮らしています。二人共、多少の手助けは必要ですが、今の所は、自分の事 [続きを読む]
  • リウマチと貧血
  • 先日の通院ブログの中で、貧血について触れました。リウマチ科主治医は、消化器系の出血を疑って検便指示を出したんだと思います。しかし、貧血になる程だったら、下血や黒色便といった自覚出来る位の症状があってもおかしくないんじゃないのかと思うのです。確かに、父も、母方の兄妹も何人か大腸癌で亡くなっていますし、子供の頃から、便秘がちでお腹は弱い方ですが・・・・。以前に婦人科の採血で、貧血では無いが、鉄が足りま [続きを読む]
  • 呼吸器科とリウマチ科受診日
  • 今日は、3ヶ月に一度の呼吸器科とリウマチ科、両科の受診日でした。呼吸器科ではレントゲン、リウマチ科では採血採尿を診察前検査として行う為、一時間半位前に病院に着く様に家を出ます。ちょっと遠方から来院する事を主治医も知っているので、ゆとりのある診察時間にしてくれています(^^)それでも、2つの科にかかるのは、なかなか大変です。まあ3ヶ月に一度ですけどねf^_^;先日、ブログでも書きましたが、呼吸器科の先生が変 [続きを読む]
  • RAとIIPsどちらが先か?
  • 私の場合は、検診の結果で間質性肺炎肺炎が分かりました。特に自覚症状もなかったので病院にかかる事もありませんでした。間質性肺炎の診断1年後、リウマチと診断されました。こちらも、関節の痛みで整形外科に行きましたが、数値では異常なく次第に痛みもなくなりました。”肺病変先行型” と言われましたが、考えてみると、肺病変が先か関節痛が先か?どっちなんだろう?もし、検診を受けずにいたら、関節痛が出て間質性肺炎より [続きを読む]
  • 銀婚式
  • 今年は、結婚して25年を迎えます。銀婚式です。自分の両親よりも、主人の両親と暮らしてきた年月の方が長くなりました。結婚した当初、生活環境が一変して戸惑う私に、主人の両親は優しく接してくれました。その両親と子育てでの意見の食い違いや、些細な小言で気を落とす私を主人が慰めてくれたり…子供達に癒されたり…時には、里帰りで気晴らししたり…子供の事、夫婦の事、親の事…悩んだり、苦しんだりしながら進んできました [続きを読む]
  • 転院してから現在まで
  • 転院後、リウマチ科には1ヶ月に一度・呼吸器内科には3ヶ月に一度のペースで通院しています。リウマチは、相変わらず陰性ですが、関節痛はあり、薬の内服は欠かせません。リウマチ科の先生は、色々話をしてくれ、聞いてもくれます。リウマチ科の採血でKTー6も調べて頂いてますが、元々、300位の数値で、やはり、こちらも正常範囲内です。リウマチの調整剤とステロイドを飲み始めて少し下がってる様ですから、一部のモヤモヤは良く [続きを読む]
  • 転院先の呼吸器内科医
  • リウマチの症状が出て2ヶ月、呼吸器内科の受診日でした。当時は、リウマチと呼吸器内科と別々の病院に通院していました。間質性肺炎と診断され、セカンドオピニオンで転院を考えた時、間質性肺炎の治療実績が豊富な病院をと思い選びました。まさか膠原病由来の場合もある事など考えもしなかったので…転院先の病院には、膠原病専門医がいませんでしたそういった事から、2箇所の病院に通院していました。もし、膠原病の疑いが出た [続きを読む]
  • リウマチ専門医
  • 余りの関節痛で、年明けの1月の診察を待てず呼吸器内科へ12月に受診しました。同病院の整形外科で、診察を受けましたが…… 相変わらず、画像も採血も異常なし??じゃあ、この痛みはなんなんだ〜!(◎_◎;)何でもいいから、誰かこの痛みを取り除いて〜??そんな気持ちでした。リウマチ専門医の病院に紹介しましょう。ここでは、痛み止めしか出せませんから…という訳で、現在通院している病院を受診する事になりました。痛くて一 [続きを読む]
  • 関節痛のはじまり
  • 間質性肺炎と診断を受ける前の年に右肩の痛みで整形外科へ行ったことがあります。採血からもレントゲンからも異常所見がなく、シップだけで様子を見ました年齢的にも四十肩か更年期かもしれないよね〜♪( ´▽`)と職場の同僚とも笑いながら話していました。1ヶ月程で痛みが無くなり、やっぱり四十肩だったんだと思いました。それからまた数ヶ月後に同じ痛みが出て、治って…の繰り返し。VATS施行後にまた痛み出しましたが、またす [続きを読む]
  • 経過観察
  • 分類不能な間質性肺炎との診断を受け、呼吸器内科の先生と今後の治療方針を決めました。先生は、少しでも可能性があるなら、ステロイド治療を受けるべきと。症状もないのに、副作用のある薬の服用なんて!それも、30?からスタートで減薬しながらの経過を見ていく。それも、入院しての治療!少しでも良くなるための入院治療なら分かりますが、内服する事によって、副作用で苦しむ可能性がある入院治療なんて私には出来ませんでした [続きを読む]
  • VATS後の呼吸器内科受診
  • 呼吸器外科でのなんとも言えない歯痒い検査結果から二週間後久しぶりの呼吸器内科受診でした。とは言っても、入院中、内科の先生も何度も様子を見に来てくれていたので久しぶり感は全くありませんでしたが・・・VATSの結果を見て、「NSIPではなかった様ですね。」と言って、少し間が空いた後、「結局、VATSでも診断が出ませんでしたね。 どうでしょう? 間質性肺炎の治療や診断を数多く行っている◯◯病院に 病理検査の結果を診 [続きを読む]
  • VATSー生検結果
  • 5日ぶりの我が家です。抜糸をせずに退院でしたので、入浴は出来ませんが、5日ぶりにシャワーを浴びました。防水テープをしてありますが、透明なので、傷口が透けて見えて、痛々しかったです。肋骨の間から、機械を入れるので脇腹の痛みが、日に日に増していきました。退院して一週間後、抜糸の為呼吸器外科に受診しました。「先生、脇腹が痛いんですが。」「ああ、肋間神経痛です。皆さんなります。暫くは痛みが続きますよ。」「 [続きを読む]
  • 父の誕生日
  • 今日は、父の誕生日です。良く、父の好きな鰻重を一緒に食べて、子供たちとカラオケに行ったりして過ごしたものです。でもその父は、もう居ません。半年前に癌性腹膜炎で亡くなりました。母が亡くなった後も、気丈に振る舞い、母と二人で暮らした家に一人で暮らしていました。「お母さんの三回忌までは生きなきゃ」と口癖のようように言っていましたが、今思えば、自分の気持ちを奮い立たせるために口にしていたのかもしれません。 [続きを読む]
  • いざ、胸腔鏡オペ!
  • オペは、子供も主人もお休みである夏休み中にして頂きました。術前に、呼吸器外科で問診とオペの説明を受けました。今回、私が行うVATSは、疾病の除外診断とステロイドの反応性の予測を目的とします。「左背中側、胸部等三ヶ所、切って穴を開けます。」まあ、胸腔鏡ですからね〜「肋骨と肋骨の間から機械を入れます。」わあ痛そう〜「術後、肺二カ所からチューブを通し呼吸器に繋ぎます。」(; ̄O ̄)ええ〜??「2〜3日は、呼 [続きを読む]
  • VATS
  • 2014年6月セカンドオピニオンの病院での診断は、「たぶん、FーNSIPでしょう。ただ、確定ではないので治療方針は決められない。肺生検(VATS)をしてみればある程度の方向性は決まると思いますよ。」悩みました…VATSについては、ある程度調べていました。 メリット・デメリットがある事も充分に理解していました。 否定的な考えもある事。先生も、無理には勧めませんでした。それから、一ヶ月 [続きを読む]
  • リウマチ科受診日
  • 今日は、一ヶ月に一度のリウマチ科の受診日でした。リウマチ科も最初の受診から1年2ヶ月となります。それまで、間質性肺炎の採血では、リウマチ因子等は正常値だった為、関節痛はあるもののリウマチは除外され続けていました。日常生活もままなら無くなる程の関節痛に襲われ、今のリウマチ科に受診したのが、1年2ヶ月前でした。それでも、リウマチ因子は正常値…CRPの異常値と血沈.抗核抗体とMMPー3の高値の判断によりリウマチ [続きを読む]
  • 今思うこと(2011年6月〜2014年6月)
  • 結局、私の間質性肺炎は、2011年の6月に婦人科オペ前の検査の時からあった様です。そう言われてみれば、その前に、原因不明の熱が数回あったり、咳が続いたりと覚えのある症状がありました。それでも、毎日の生活に追われ、いつしか症状も消えた為気にも留めませんでした。あの時が、間質性肺炎の始まりだったのかもしれません。最初に受診した市立病院では、UIP所見、症状が無いのなら無治療で経過観察。セカンドオピニオンの病 [続きを読む]
  • 間質性肺炎〜確定診断となるまで?
  • 気管支鏡検査の結果は、変わらずUIPでした。他の検査は一切してくれず、症状もない為経過観察という事になりました。薬剤の検査も膠原病関連も否定的な結果でした。何もせず経過を見ていくだけ?ネットで調べて見た様な検査はしないのだろうか?「 検査結果が全てですよ。」病理検査の結果欄を見せながら先生はそう言いました。主人と相談して私は、セカンドオピニオンを申し出ました。あまり遠くなく、間質性肺炎の実績がある病 [続きを読む]
  • 間質性肺炎〜確定診断となるまで?
  • 紹介状は、婦人科オペを受けた市立病院宛でした。今回は呼吸器内科です。またまた、CT検査を受け、最初の病院と同じく’間質性肺炎’ の診断でした。市立病院に受診する迄の数日間で、間質性肺炎についての多少の知識を頭に入れてきていたので、先生に分類を聞くとUIPと言われました。当時の私の少ない知識では、UIP=IPF でしたので、頭は真っ白…Dr: 貴女、2011年6月に胸部レントゲン撮ってるよね。 その時もはっきり写っ [続きを読む]
  • 間質性肺炎〜確定診断となるまで
  • 2014年2月の会社での健診で左下肺野異常陰影−精密検査を受ける様に−との通知を貰いました。今年もか〜という思いでした。と言うのも、前年の2月も同じ所見があったから。と言いますか…実は、2011年6月に婦人科のオペを市立病院で施行した際、胸部レントゲン撮影で既に所見があったのです。しかし、その病院では肺炎の残像でしょうと言う事で婦人科オペ後直ぐ退院して来ました。肺…全く自覚症状無しと言う事もあり、2014年まで [続きを読む]
  • 母を想う
  • 先日、実家に行って来ました。もう、誰も住む事のない家に風を入れる為帰りました。最近のお天気のせいか小さな庭に雑草が生えてきていました。草取りをしながら、少し前から気になっていた百合の球根はどうなってるかと見てみたら…芽が出て来ていました。お花が好きで庭の花を絶やさなかった母を思い出し、球根を掘り出して家の庭に植えました。今日、覗いたら、幾つか芽吹いていました。掘り出す時期が遅かったので育つか分か [続きを読む]
  • はじめまして。
  • はじめまして、もこです。自分の病気の事をブログに綴っていくことにはかなりの抵抗がありました。インターネットや書籍を読んでは、不安になったり、落ち込んだり…分からない事ばかりの難病で。そんな中、色んな方のブログに勇気付けられたり、元気が出たりしてきました。でも、多様な道を辿る病気なので、自分はどうなのか?私も同じなのだろうかと…そんな事を考える日々が続きました。自分の病状や経緯をブログに綴る事で、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …