KAGURATOUR さん プロフィール

  •  
KAGURATOURさん: 東京・神楽坂ぶらぶら
ハンドル名KAGURATOUR さん
ブログタイトル東京・神楽坂ぶらぶら
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaguratour/
サイト紹介文最新の神楽坂をご紹介。レストラン、カフェ、その他の見どころも。週末の散歩ガイドにどうぞ。
自由文神楽坂在住10年。週末は近所をぶらぶらして、気になるお店をチェックしています。自分で実際に利用して、良いと思ったものだけをご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/03/27 21:45

KAGURATOUR さんのブログ記事

  • 神楽坂徒歩圏内にある「日本一うまい」立ち食いそば2店を食べ比べ
  • 神楽坂駅から道なりに早稲田通り、江戸川橋通りを歩いていくと、山吹町交差点のところに立ち食いそばの名店、「山吹」があります。ネットでの評価が非常に高く、中には「日本一うまい立ち食いそば」という表現も。さっそく行ってみました。 昼頃のせいもあり、店内は大変な混雑。とにかくメニューが豊富で安い。この日はすごく空腹だったことや、麺とカレーと両方食べたい雰囲気だったので、カレーライスセットのそば(かけそば) [続きを読む]
  • 雨の平日ランチでやっと「ふくぼく」澄まし麺にありつく
  • まだお盆休みの雰囲気の神楽坂。今日は平日お昼に神楽坂に来ることができまして、加えて雨で人通りも少ないので、これまでに行くことが叶っていないお店を覗いてみることに。 そのうちの一つ、澄まし麺の「ふくぼく」に行ってみました。場所は茶寮の向かい側です。以前、そば切り酒膳があった場所ですね。営業時間が短いせいか、開店当初はいつも行列ができていて、並ぶのが嫌いな私はいつも断念。その後はお休みしていたりといっ [続きを読む]
  • お盆休みを狙い、「サクレフルール」を初訪問!並ばず入店!
  • お盆休みですね〜。神楽坂もお休みしている店が多いです。それに人通りもやや少なめ。そんな時こそ、これまで行けなかった店にチャレンジ!ということで、開店当初はいつも行列で行く気にならなかった「サクレ フルール」へ。本多横丁にあるお店です。 開店当初は本当にいつ行っても行列が出来ていましたが、さすがに少し落ち着いてきたようです。知らなかったのですが、パリにある人気店が日本に初出店したものらしいです。さす [続きを読む]
  • 久しぶりに食べた飯田橋「青葉」のつけ麺は細麺だった
  • 久々に飯田橋、サクラテラスの南側にある「青葉」へ。説明不要、中野が本店のラーメンの名店です。HPを見ると、創業してまだ20年なのですね。もっと長いかと思っていました。飯田橋青葉の場所は、手前から大勝軒、青葉、おけ以という名店が3軒並んでいる神ゾーン。 入口の雰囲気が落ち着いていて好きです。のれんが上がっているのは、入り易くする心遣い。本日は、特製つけめん(税込900円)を注文。 こちらがそれ。最近のつけ麺 [続きを読む]
  • 田子神楽は大人気!高校生の熱演で神楽坂上は大盛り上がり
  • 今日は以前お知らせした、田子神楽が催される日。開演5時の10分前頃に神楽坂上に行ってみると、100円ショップあたりに人垣ができています。歩行者天国の神楽坂通りにござを敷き詰めて、会場としているようです。ござには「農協」の文字が。これもわざわざ青森から持ってきたのですね。ご苦労様です。早速適当な場所を確保して様子を見ていると、演者の高校生の皆さんが集まって来ました。南部藩の伝統を受け継いでおられる方々です [続きを読む]
  • 神楽坂平日ランチは裏通りへ。飛び込みで「ひろか二葉」の四色丼は正解。
  • 平日の昼に神楽坂で食事が出来るチャンスをゲット。こういう時は表通りよりも裏通りが良いと決め、本多横丁を歩いてみたものの、案外閉まっている店ばかり。夏休みなのでしょうか。そのまま地蔵坂へ足を伸ばして歩いていると、坂の途中の右手に気になるランチの看板を発見。「ひろか二葉」という和食のお店のようです。 入口もまだ出来て間もない感じです。風鈴が涼し気な感じで良いですね。調べてみると、今年5月に開店したばか [続きを読む]
  • 祭りのあと。連日の牛込中央通り「魚辰」さんの焼魚定食
  • 昨日で神楽坂祭りも終了。雨になってしまったのは残念でした。今日の神楽坂通は祭りのあとで、少しまったりしているものの、いつも通りの人出でした。そんな中、私は牛込神楽坂方面へ。しかし太陽は出ていないのに、湿気がものすごく汗が引きません。新宿区中町図書館で予約本を借りたあと、ランチの場所を探しました。 すると、牛込中央通りに出たところで魚辰というお店が見えます。丁度、昨日紹介した月下爐さんの信号を挟んだ [続きを読む]
  • 梅雨明け宣言!暑い夏には「膳楽房」の麻婆ランチ
  • 関東地方も梅雨明け宣言出ました!でも、今年は宣言が出る前からずっと暑いです。暑いときには辛いもので対抗しようということで、カレーや四川料理ががぜん注目されます。 そんな先週日曜日に猛暑の中をぶらぶらしていると、有名な「膳楽房」さんの前を通ると、麻辣麻婆豆腐の日替ランチの看板を発見。吸い寄せられるように入店です。膳楽房さんは、神楽坂下にある、ミシュラン東京のビブグルマンで星を取っている有名店。日曜日 [続きを読む]
  • メイン通りから少し外れた「炉庵 永平」は落ち着いた雰囲気の店
  • 連休の三日目。ランチ目的にぶらぶらしてみましたが、月曜の祝日ということもあって、表通りはまだしも裏通りになると閉まっているお店が多数。その中で、ちょっと雰囲気ある外見の「炉庵 永平」がランチ営業していたので、前から気になっていたこともあり、入店しました。表参道にある「七代目 寅」というお店の姉妹店だそうです。 ちょっと気になる店構え。場所は、神楽坂から本多横丁に入り、軽子坂も越えて築土八幡神社に向 [続きを読む]
  • 真相解明「神楽坂の裏通りでタイムスリップ!…」の結論は?
  • 前々回の投稿“神楽坂の裏通りでタイムスリップ!昭和レトロな「鈴木家住宅」”で、投稿内容に疑問を感じて追加訂正記事を出しましたが、再度現地調査のうえ真相解明、結論に至りましたのでご報告します。 先ず、前回ご紹介した建物はやはり「一水寮」でした。指定文化財で、やはり同じ高橋博氏の設計です。この建物は最近解体か保存かの瀬戸際に立たされ、最終的に改修・保存になったもののようです。従って、前々回の投稿で鈴木 [続きを読む]
  • 神楽坂の裏通りでタイムスリップ!昭和レトロな「鈴木家住宅」
  • 神楽坂は戦災で壊滅的な被害を受けたので、実は余り古い建物は残っていません。でも、こんな昭和レトロな一角も残されています。 この写真を見ながら、頭の中で地面のコンクリートを石畳に変えて、正面の近代住宅と電信柱とをちょっと消してみれば、昭和初期にタイムスリップできるのではないでしょうか。実際この一角に来ると、不思議な感覚にとらわれます。 この場所は、神楽坂5丁目のスーパーキムラヤの角を横寺町方向に入り [続きを読む]
  • 熟成肉の「ル・パヴェ」のランチで黒毛和牛バーガーにトライ
  • 神楽坂上交差点から少し坂上側に行ったところ、ファミマのはす向かいに最近開店した新しいお店「ル・パヴェ」。le Paveと書いてこう読みます。カフェの雰囲気ですが、食事時は熟成肉の料理を出す立派なレストランです。ランチタイムに行ってみました。 メニューのトップに並んでいるのが、お店の名前のついたPaveバーガー。こちらも熟成肉で作っているものなのでしょう。黒毛和牛と短角牛の2種類がありますが、食べてみないと違い [続きを読む]
  • 具材が全部美味しい「BASSO」の特製煮干しそば
  • ラーメン店「BASSO」は一時期クローズしていたようですが、最近再開したようなので行ってみました。場所は神楽坂駅の矢来口を出て通り沿いに江戸川橋方向に歩いていくと山吹町の交差点があるので、そこを早稲田大学方向にちょっと行くと通り沿いの左手にあります。奥神楽坂と言われるエリアですね。 小さな表札だけで目立った看板もなく、店の造りもラーメン店っぽくないので、うっかりすると見過ごしてしまいます。カウンターと [続きを読む]
  • ぶらぶらで遭遇!赤城神社で天然理心流の演武を見る
  • 雨が止んだ昼前時、神楽坂の赤城神社下をぶらぶらしていると、神社の境内から何やら気合いの入った掛け声が聞こえてきます。目的の無いぶらぶらなので、こういう時は何はともあれ好奇心を出して行ってみるのが一番。すると… 本殿左手前にある神楽殿で、奉納演武を実演しているではありませんか。しかも、新撰組の天然理心流と無外流居合です。これは一見の価値がありそうです。新撰組と言えば、道場であった試衛館は牛込柳町にあ [続きを読む]
  • 「侍」の九州ななつ星定食を食べたら、ななつ星に乗りたくなる!
  • 毘沙門天の脇の路地を入っていった、以前「マグロもん」があった場所に、九州の地魚料理の店「侍」が出店したので、ランチ時におじゃましてみました。以前このブログでも紹介した、同じ名前の路地裏カレーの店samuraiとお間違えになりませんように(場所が全然違いますが)。 この侍というお店は、都内に赤坂、日本橋など4店舗あるそうです。神楽坂店は4月20日に開店したばかりの新しいお店。店内は以前の店と大きく変わった感じ [続きを読む]
  • これで1000円?贅沢重に続きハンバーグで価格破壊の「翔山亭」
  • もうすでにお肉好きの方々の間では話題となっている、翔山亭の新しい店舗「和牛贅沢ハンバーグ専門店 翔山亭」におじゃましました。場所は軽子坂沿いで、系列の「贅沢重 翔山亭」の並びにあり、メニューも松、竹、梅がそれぞれ1980円、1480円、1000円というところまで一緒です。 こちらは真ん中の価格帯の竹、です。ハンバーグは野菜の陰になって小さく見えますが、実際は十分なサイズがあり、もちろん肉質が良く美味しいです。 [続きを読む]
  • 「神楽坂モノガタリ」で書籍片手にゆったりとした時間を楽しむ
  • 最近、店主がこだわりのセレクトした本と喫茶スペースとを一緒に提供するスタイルの店が増えました。テレビドラマの舞台にもなった、神楽坂矢来口のかもめブックスもそうですが、今日は別の本屋さん、「神楽坂モノガタリ」に行ってきました。 場所は神楽坂駅神楽坂口を地上に出ると、すぐ右斜め前にあるK's Placeビルの2階。ガラス張りで目立つので、すぐに判ります。真ん中に見える階段を上っていくと、入口があります。 コンセ [続きを読む]
  • ネット上の高評価は本物だった。飯田橋「喝采」は満足できるお店
  • ネットで神楽坂近辺のお店を検索していたら、訪問した方々が口をそろえて絶賛しているお店があったので、友人との飲み会で利用してみました。店名は「喝采」、場所は飯田橋駅のA1出口を出て、線路沿いの道を水道橋方面に少し歩いた左側です。飲食店のほとんど無いエリアなのですが… ありました!ビル内の店舗ですが、漏れてくる光の具合や、入口の雰囲気からして良さそうなお店です。 月曜日で時間も早かったので、奥の個室を使 [続きを読む]
  • カフェ「UNPLAN LOUNGE」の後に見つけた出前パン屋さん「ベーカリーミウラ」
  • 日曜日の朝にブランチをしようとお店を探したところ、チェーン店以外でみつかったのが「UNPLAN LOUNGE」。ホステルに併設されたカフェということなので、週末も朝8時から開店しているのですね。神楽坂にホステルが出来たとは聞いたことがあったので、さっそく行ってみることに。場所は神楽坂駅矢来口を出て右に行き、7-11の手前を右折、そのまま道なりに左に曲がって真っすぐ行くと、右手にこんな建物が。 おしゃれな感じ。テラス [続きを読む]
  • 天保6年(1835年)創業の老舗!うなぎ屋「はし本」
  • 今日は有名なうなぎ屋「はし本」を訪問。天保6年創業という老舗中の老舗です。天保と言えば、教科書ではあの水野忠邦の天保の改革の頃ですから、すごいとしか言いようがありません。場所は、赤城坂を下ってずっと真っすぐ行き、新目白通りとの交差点が石切橋になりますが、その神田川を渡った右手です。もう江戸川橋のエリアです。 創業以来、ずっとこの地で営業しているそうです。かつては神田川で鰻が採れたのでしょう、近所に [続きを読む]