sanmousaku さん プロフィール

  •  
sanmousakuさん: 畑、晴れ、ときどき筋肉痛
ハンドル名sanmousaku さん
ブログタイトル畑、晴れ、ときどき筋肉痛
ブログURLhttp://sanmousaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文土のにおい、野菜のにおい、風のにおい。 私にとって、畑はいごこちのよい空間です。
自由文出来るか出来ないかではなく、
やるかやらないかダ。
やってダメなときは頑張った自分をほめてあげよう。
まっ、かなりヘコむけどね!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/03/27 22:00

sanmousaku さんのブログ記事

  • びわに梨にリンゴ
  • ビワの摘果で、一房に一個の実だけにしてみました。やはり、実が大きい。味見をしてみた・・まだ、熟していないどうりで野鳥がつまみ食いしてないわけだ今年も野鳥が先に食べるんだろうな〜〜摘果する暇もないうちに梨が大きくなってきてる。実の数を減らして、大きく育てたいが・・・野生で自生している梨の木だと思う事に・・・しようかな〜〜こんなにリンゴの実が付いたので初めてです。秋まで、いくつの実が木に残っているので [続きを読む]
  • トマトがね・・
  • この暑さでトマトが真っ赤な顔で角をだしました。暑さ対策に水を上げ過ぎてので、今年のトマトは、甘くありません。フリルレタスの収穫期間は、実に短くてすぐにとうが立ってしまいました。ジャガイモも無事に収穫できました。キュウリの花の数が多過ぎるような気がする。全て、実になるんだろうな・・・ [続きを読む]
  • 果樹豊作の予感
  • 不思議なことに追肥もしていないのに、毎年見事な数の実を付けてくれるブラックベリーです。ブドウの房の数もいっぱいぶら下がっています。畑の春菊は、もう食べれませんが、綺麗な花で楽しませてくれています。庭のアジサイたちは、今が見ごろで優しい表情で咲いています。彩りの庭  ・・・ [続きを読む]
  • 夏空の下
  • 梅雨もまだ開けていないのに、毎日暑くて暑くて夏空が続いています。夏野菜は、ぐんぐん伸びておりまする。トウモロコシは、てっぺんの雄花の花粉が下のメシベのヒゲ(花柱)、一本一本にくっついてくれると、粒のそろったトウモロコになるのです。トマトもいっせいに赤くなるばかりです。栗カボチャにメロンも、もうすぐ食べごろです。夏の畑は、にぎやかです。 [続きを読む]
  • 花、花、花
  • 用事で他所のお宅に出かける。庭を拝見する。家にない花をみつける、誉める、誉める必ず、くださる (*´∀`人 ♪それで、我が家の花が増える一方だ。その反対もしかり・・・欲しいと言ってくれる人には、分けてあげます。だから、花の名前が分からないものが多い。葉っぱがまるでビロードです。花壇の縁取りにカワ(・∀・)イイ!!すごく増えるらしい・・ミニバラで葉っぱも小さいのね。 [続きを読む]
  • 初収穫
  • 玉ねぎさんは、エルエルサイズまで育って収穫時期です。一年間は、玉ねぎに困りません ヾ(o´∀`o)ノ新ジャガの試堀りしてみました。これから大きくなるであろう小さいジャガイモもあって、茎が茶色に枯れてから、いっせいに掘る予定です。 [続きを読む]
  • うれしい事
  • うれしいこと その 1三年目でやっと花の蕾をつけたレモンの木東北の寒冷地で、しかもビニールハウスの中とはいえ露地栽培で、真冬は零度以下という環境でそれでも、根付いてくれました。うれしいこと その 2 春先に毎年来ていたツバメが今年は、玄関先の巣に現れなかった。ところが六月の末に現れたのです。壊れかけていた巣を見事に補修し終えて、卵を産んだ模様です。うれしいこと その 3キューイフルーツの実がすごい事 [続きを読む]
  • 野菜の赤ちゃんが続々登場
  • 夏大根が花を付けました。野菜が花を付けるということは、とうが立って固くなって美味しくなくなるということ。大根の皮が裂けてしまいました (T_T)旬を過ぎた野菜もあれば、今が食べごろとなったレタスと玉ねぎどちらも丸々と太って美味しそうです。これからの野菜の赤ちゃんも続々とおります。キュウリの赤ちゃんがいっぱいいます。長ナスの赤ちゃんに・・・キューイフルーツの赤ちゃんも・・みーんな可愛いですね (*´∀` [続きを読む]
  • アヤメの香り
  • アヤメ科のジャーマンアイリスです。色は、薄紫色花に顔を近づけると、香りがします。甘い砂糖菓子のような・・・香水のような・・芳香剤のような・・・とにかく、ウットリとする香りです。花の色が変わると香りも違います。キショウブは、キショウブの香りがあります。背丈が15センチほどの、小さな小さな 「 サルビア 」 です。つつじが満開です。去年の剪定が上手だったからでしょうか p(*^-^*)q [続きを読む]
  • サツマイモとキャベツ
  • 三種類のサツマイモの苗を植えた次の日は、雨が降ってくれた。だから、苗もすくすく、いい感じ。一週間後に離れた川沿いの畑にも、サツマイモの苗を植えた。数日、晴れの日が続き、こちらのサツマイモの苗は、へろへろになっていた。つくづく、野菜作りは天候次第です (つω-`。)このところ、急に気温が高くなって、キャベツの成長が著しく近くで耳を澄ますと、何やら 「 パキッ、パキッ 」 と妙な音が聞こえてくる。表面が中 [続きを読む]
  • 藤の花
  • 藤棚が傾いていた。木の重みに耐えられないのか、横から見るとひし形の棚で、そのうち倒れてしまうかもしれない。土の中に刺さっている支柱は、グラグラです。歯周病に侵された歯の根状態です (。pω-。)インプラントの治療のごとく、新たに土をぐりぐり掘りまして支柱を四本ほど増やして、元の支柱を真っすぐに埋めなおして・・・見事な藤棚になりましたよ。数種類のアヤメが咲き始めました。植え替えしたアヤメも蕾をたくさん付け [続きを読む]
  • 五月の食べごろ野菜
  • 畑の隅でこぼれ種から、ひとりでに育っていたリーフレタスがワサワサ大きくなりすぎて、このままほっとくと葉っぱが硬くなりそうなので収穫して、ドレッシングをかけていただきました。春キャベツが柔らかくて、甘くて美味しい ♪(o・ω・)ノ))無農薬でも、モンシロチョウの青虫君がおりません。だから、葉っぱに穴など開いておらず、綺麗なキャベツとなっています。エンドウ豆の花が咲き始めました。豆が小さいうちに さやを収 [続きを読む]
  • 花いちじく
  • イチジクの実が付いています。 「 花いちじく 」 と呼ばれていて、他のイチジクの木は、秋に実を付けて収穫するのですがこの一本のイチジクの木だけは、夏の初めに食べごろをむかえるわけです。上品な甘さと、とろけるような食感がたまりませ〜〜ん。リンゴの花がた〜くさん咲いています。しか〜〜し、食べれるリンゴには、成長したことがない。姫リンゴサイズになると、落下するのである。今年は、袋がけしてあげるとよいかな [続きを読む]
  • 夏野菜の植え付けだよ
  • 畑に牛糞と肥料を撒いて、畝を作る。黒マルチを張って、空き缶で穴を開けていく。穴の中に水を染み込ませる。一つ一つの苗をカップから根を切らぬように丁寧に丁寧に取り出し、畑に定植していく・・・     トマト     ナス     ピーマン     キュウリ     メロン    スイカ    トウモロコシすくすく育って、夏には、りっぱに実を付けてくれる ヾ(o´∀`o)ノイチゴの花が咲き始めました。今年も [続きを読む]
  • プラムと梨
  • プラムの木は、花盛りでも、実を付けたことがない (っω・`。)プラムには、雄・雌の木というものは、ありません。一輪の花にオシベメシベがあるのですが自家受粉をしません。種類の違うプラムの木を植えることで受粉をするそうですがその種類も相性があるようです。去年、植えたもう一本のプラムの木に花が五輪ほど付けてくれたので、梵天で受粉をしてみました。果たして、うまくいったのでしょうか ヽ( ´_`)丿梨の受粉は、羽の [続きを読む]
  • 花盛り
  • ヒマラヤユキノシタは、暖かい日続きますと、花の茎が上へ上へと伸びていきます。花桃の花びらは、幾重にも重なり合ってこの上なく綺麗です。ボケの赤い花が愛らしい漢字で書くと 「 木瓜 」 ボケの実が瓜に似ているからですが・・・「 モケ 」 がいつの間にか 「 ボケ 」 と呼ばれたそうなムスカリとスイセンミニアヤメ色とりどりで庭がにぎやかになってきました ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ [続きを読む]
  • もうすぐ八十八夜
  • 今年の八十八夜は、5月2日。「 八十八夜の別れ霜 」 とも言われていてこの頃から、農作物を植えるとうまく育ちます。ナス・トマト・カボチャ・スイカ・メロン・ピーマン・パプリカ・トウモロシ・里芋・・・などなど徐々に畑に植えていきます。レタスと春キャベツとブロッコリーは、一足早く畑デビューです。黒マルチの中で頭がつかえていたジャガイモの新芽「 おはよう〜、起きましたね〜 ヽ(≧∀≦)ノ 」 手で、そーっと芽 [続きを読む]
  • 冬人参、撤収
  • 夏蒔き人参の収穫は、10月末から3月までで冬の間、ず〜と畑に残して、食べる分だけ掘り起こしていましたが暖かい日が続いて 「とう立」 してきたので全部、撤収しました〜〜3本ほど、白い人参が混じっていました。「 先祖返り 」の原種のようで、見るからに美味しくはなさそうです。 保存していたゴボウをピューラーで薄く削いで水で、あく抜きをして一週間干しました。風の強い日が続いてくれたので、うまく乾燥できました。 [続きを読む]
  • 紅白梅
  • 紅白梅が満開です。一本の木から分かれた枝の片方には、紅梅。もう片方には、白梅が咲きます。実は、小さくて硬いので食べれませんが紅白の梅の花に感動してしまいます。背丈が10センチほどの 「 イワヤツデ 」 の花花がめちゃめちゃカワ(・∀・)イイ!!ヒイラギナンテンの黄色の花もなかなかいい (´ω`人)庭が少しずつ色づいてきました。冬の間、頑張ってくれた葉ボタンも花を付けそうです。種を取っておいて、育てるので〜す  [続きを読む]
  • 畑作業、いろいろ
  • 自家製の種イモは、お店で売っている種イモのようではなく貧相なものや、傷んでいたり、大きさもバラバラです。中には、ちょっと立派なものもあったりしたのですが半分に切って、お尻の部分を晩御飯のおかずにする始末だよ〜ん山芋定植してお次は、ゴボウの種を一畝に一列五cm間隔で一粒づつ蒔いて(去年までは、ゴボウの種は一畝に2列蒔きで間隔広めでした)掘るときに櫛の歯状態に綺麗に並んでくれるとうれしいな〜ついでに、人 [続きを読む]
  • 梅の花
  • 梅の花は、五分咲き。花の数だけ実を付けてくれるのです。畑に取り残した白菜が花を付けています。イギリスのクリスマスローズの原種「ヘレボレス・ニゲル」は、クリスマスの頃に咲きますが、日本のクリスマスローズは春先に咲きます。株でも増えていますが、こぼれ種で庭のあちこちで増えていきます。花びらに見えるのは、実は 「がく片」 ヒマラヤユキノシタ別名の 「オオイワグンバイ(大岩軍配)」 「オオイワウチワ(大岩 [続きを読む]
  • ネギ苗、植えました。
  • 一冬の寒さを乗り切って、育ちました。だから、茎がしっかりして、根も丈夫そうです。畑に溝を掘り、5cm間隔に植えていきました。もちろん正座してですよ〜深めの溝を掘ったので、右側のネギ苗が見えませんが三畝ほど、植えてもまだ苗の半分が残っています。残りは、別の川沿いの畑に植える予定で今日はここまで・・・この日の夜から雨が降ってくれて、天のお恵みですね〜〜根がしっかり土の中に根付くので、よかった、よかった [続きを読む]
  • ジャガイモ植え付け
  • 種イモを切り分けて、草木灰をまぶして、去年とは違う場所に植え付けました。三畝にマルチをかけて、後は、芽が出るのをひたすら待つのみ∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…畑の雑草もぼつぼつ、おいでになって・・ハコベにイヌノフグリがびっしりと。庭の花もぽつぽつ咲き始めました。紫クロッカスに黄色のクロッカスクリスマスローズの花は、下を向いて咲いていて・・一輪だけ、上を向いて空を見上げていました。 [続きを読む]
  • 種ジャガイモの準備
  • 種ジャガイモを箱から出して、広げてあげます。大事な芽がちゃんと出るようにね、風通しもよくしてね、夜は、寒くないように紙の布団をかけておきます。家の畑で採れた去年の食用ジャガイモも芽が出てますが種イモとしては、使いません。食用ジャガイモを植えても、ウイルス病にかかりやすく、収穫量・大きさが望めないのです。種イモ生産量 95%のシェアを占める北海道産のキタアカリは、植物防疫官と呼ばれる方の厳密な検査で [続きを読む]
  • 里芋の芽だし作業
  • 種里芋は、直接畑に植え付けるわけでは、ありません。その前に 「 催芽(さいが) 」 作業をすることで、良い苗だけを選べますし、初期発芽が早まり生育期間が長くなり、大きな里芋が育つのです。燻炭の中に隙間なく並べて、さらに燻炭を頭が隠れるほどかけてあげて、三重のビニールシートのトンネルの中で三週間ほど、寝かせておきます。水は、必要ありません。かけると腐ってしまうんですよ。来月には、立派な芽を出した里芋 [続きを読む]