sanmousaku さん プロフィール

  •  
sanmousakuさん: 畑、晴れ、ときどき筋肉痛
ハンドル名sanmousaku さん
ブログタイトル畑、晴れ、ときどき筋肉痛
ブログURLhttp://sanmousaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文土のにおい、野菜のにおい、風のにおい。 私にとって、畑はいごこちのよい空間です。
自由文出来るか出来ないかではなく、
やるかやらないかダ。
やってダメなときは頑張った自分をほめてあげよう。
まっ、かなりヘコむけどね!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供246回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2016/03/27 22:00

sanmousaku さんのブログ記事

  • ネギ苗、植えました。
  • 一冬の寒さを乗り切って、育ちました。だから、茎がしっかりして、根も丈夫そうです。畑に溝を掘り、5cm間隔に植えていきました。もちろん正座してですよ〜深めの溝を掘ったので、右側のネギ苗が見えませんが三畝ほど、植えてもまだ苗の半分が残っています。残りは、別の川沿いの畑に植える予定で今日はここまで・・・この日の夜から雨が降ってくれて、天のお恵みですね〜〜根がしっかり土の中に根付くので、よかった、よかった [続きを読む]
  • ジャガイモ植え付け
  • 種イモを切り分けて、草木灰をまぶして、去年とは違う場所に植え付けました。三畝にマルチをかけて、後は、芽が出るのをひたすら待つのみ∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ…畑の雑草もぼつぼつ、おいでになって・・ハコベにイヌノフグリがびっしりと。庭の花もぽつぽつ咲き始めました。紫クロッカスに黄色のクロッカスクリスマスローズの花は、下を向いて咲いていて・・一輪だけ、上を向いて空を見上げていました。 [続きを読む]
  • 種ジャガイモの準備
  • 種ジャガイモを箱から出して、広げてあげます。大事な芽がちゃんと出るようにね、風通しもよくしてね、夜は、寒くないように紙の布団をかけておきます。家の畑で採れた去年の食用ジャガイモも芽が出てますが種イモとしては、使いません。食用ジャガイモを植えても、ウイルス病にかかりやすく、収穫量・大きさが望めないのです。種イモ生産量 95%のシェアを占める北海道産のキタアカリは、植物防疫官と呼ばれる方の厳密な検査で [続きを読む]
  • 里芋の芽だし作業
  • 種里芋は、直接畑に植え付けるわけでは、ありません。その前に 「 催芽(さいが) 」 作業をすることで、良い苗だけを選べますし、初期発芽が早まり生育期間が長くなり、大きな里芋が育つのです。燻炭の中に隙間なく並べて、さらに燻炭を頭が隠れるほどかけてあげて、三重のビニールシートのトンネルの中で三週間ほど、寝かせておきます。水は、必要ありません。かけると腐ってしまうんですよ。来月には、立派な芽を出した里芋 [続きを読む]
  • 庭にちょっと・・・一工夫
  • 切り倒したシュロの木がありました。切り分けて、丸太にしたら素敵だろうなと思いノコギリを入れてみたが歯がたたない。あきらめて、そのままの長さで土止めにしてみた。壊れて穴の開いたカメもありました。水仙の鉢カバーにしてみました。オシャレな感じに見えまする〜〜あちらこちらから、ラッパ水仙の芽もでていますよ。やっと、クリスマスローズが花の蕾を付けました。白のクリスマスローズに赤のクリスマスローズももうすぐ花 [続きを読む]
  • 種さとイモ
  • 土の中で爆睡していた種さとイモを掘り起こして芽だし作業に取り掛かりました。一個一個丁寧に切り離して、表面を手で綺麗にしてあげます。小さなカワ(・∀・)イイ!! 芽もすでに出ていましたよ。ごしごしが勢い余って、芽がぽろっと落っこちてしまうひえ〜〜 (。Д゚; 三 ;゚Д゚)それでも、大丈夫。ちゃんと次の芽が伸びて出てくるので心配ご無用だよ。春がもうすぐやってくるよと、ふきのとうが教えてくれました。天ぷらとバッケ味噌を [続きを読む]
  • 冬の野菜たち
  • この時期の畑は、閑散としていますがそれでも、冬野菜が少しだけ残っています。寒さから自分を守るために甘みが増しています。手作り竹垣が出来ました。さっそく、植木を囲うように埋め込みましたが何せ、植木の根に合わせて、差し込んだので直線には出来ず、うねうねとした生垣になりました。これはこれで、味があっていいかも〜〜 。゚(゚^∀^゚)σ。゚ [続きを読む]
  • 春の準備
  • 50センチの竹が数百本あります。一昔前まで、お米は天日干しで作っていました。田んぼに杭を刺して、下の部分に竹を十字に結わえてそこに稲束をかけて、積んでいきます。「 杭掛け 」 とも言われています。お天道様の光と田んぼに吹く風で、お米を乾燥させていました。もう使われなくなった竹に新たな使い道を考え付きました。縄で井戸蓋編みの要領でつないでいきます。これを何に使うかというと・・春になったら、花壇の柵にす [続きを読む]
  • 早春の足音
  • 冬は、畑仕事がないので・・ずーと気になっていた細竹の存在地下茎がどんどん伸びて、あちこちから「 こんにちバ〜〜 」 って、笹が出てくる。地下では、どんな事になっているやら・・根こそぎ撤去作業です。スコップで根に沿って掘り起こしていく。根の先端にたどり着くまで、何メートル掘り進めたでしょうか・・こんなに取れたです (#^ω^)ビキビキスコップ使いが上達したので、ホホイのホイで今年出来た腐葉土をハウスの中 [続きを読む]
  • 明けましておめでとうー
  • 2017年 元旦の朝は、まず畑の神様に今年も一年よろしくお付き合い下さいませと新年のあいさつをしましてハウスの脇の遅咲きの菊を摘みましてヒイラギが白い花を付けていたのを見つけまして庭に咲いていた菊とヒイラギとナンテンでめでたい正月の生け花が出来ました。 [続きを読む]
  • 冬至とモミの木
  • 一年のうちで一番夜が長い冬至に、冬至カボチャを食べたので寒くても、風邪などひかず元気です。なんたって、種から育てたカボチャと小豆ですから美味さ倍増ですよー昔、じいちゃんが山から、モミの木を担いできてクリスマスツリーを作ってくれました。今では、大きな庭木になりましたよ。雄花がテンコ盛りだわ〜〜ヒイラギナンテン魔除けにもなる、ありがた〜い庭木なのですよォ━━(#゚Д゚#)━━!!  [続きを読む]
  • 霜が降りた朝
  • 暖かい日が数日続いていましたが今朝は、例年の冬に戻って、氷点下の朝となりました。畑一面に霜が降りて、吐く息も真っ白です。春菊の葉に霜の粒粒が・・つぼみ菜の葉に白い模様が出来ていました。小さなほうれん草の葉にも・・霜が溶けてから野菜を収穫しないとだめですよ。凍みた状態の野菜は、美味しくありませんから・・さやえんどうが芽を出しました。こんなに小さい苗が一冬越すなんて、いじらしいです。もうヒゲを伸ばし始 [続きを読む]
  • 剪定する時、すれば、しなければ〜
  • ブドウの枝は、どれが主枝で、どれが今年伸びた枝なのか、さっぱり分からん (T_T)正しいブドウの剪定方法を調べて、読んでみてもよく理解できないぞ〜〜自分のセンスで枝切りしてよいのでしょうか〜〜とにかく枝を五節残せばいいらしいのですが・・・そんなことより、鳥除けネットは、役に立たないという事がよくわかりました。鳥は、網の下から入りまして” いただきま〜す ”   ” ごちそうさま ”と腹いっぱいになっ [続きを読む]
  • 白菜さん・ほうれん草くん
  • 師走だというのに、ここ数日暖かい日が続いています。育ちが今一だった白菜さんも胴回りが太くなったかも〜冬ほうれん草は、一袋全部蒔いたので・・どんだけ食べなければならないのだろう〜玉ねぎは、順調そうこのまま手をかけることなく、己の力で大きくなるんだね ヾ(o´∀`o)ノ [続きを読む]
  • 最高の出汁
  • ともだちが「 美味しいダシ屋があってね〜 」 と、話し始めた。「 乾物屋さん? 」  って、聞き返したら「 ちがうわよ〜 出汁専門店。 並んで買ってきたのね〜 食べてみて〜 」  ありがたく頂いた。だし汁のレシピ本まで付いていた。だし汁が黄金色になっている。吟味した自然の食材を使うと、こんなにもコクと甘みがでるんだ・・化学調味料の出汁に慣れている舌がビックリしたですよー自家製の味噌に畑で取れた野菜 [続きを読む]
  • イチゴジャム
  • 冷凍庫の中には、夏に収穫して食べきれなかった野菜がギューギュー詰まっています。奥の方で冷凍イチゴ発見 ♪(/・ω・)/ ♪真夏には、凍らせたイチゴに牛乳と砂糖を加えて、ミキサーでイチゴシェークを作りましたが・・・ちと寒い時期には、ちょっと・・・ねイチゴジャムを作ろうカチンコチンのイチゴをそのままお鍋に入れて コトコト・・・ザラメを加えて煮込む。それだけで、甘酸っぱくて美味しいイチゴジャムの完成なのです [続きを読む]
  • 干しいも作り
  • 干し芋、作りました。サツマイモを掘ってから、一か月以上寝かせておいて熟成して甘みが増したものを蒸かします。蒸かし釜に半分に切ったサツマイモを入れ竹串が刺さればオッケーだよ。粗熱が取れたら、皮をむいて繊維にそって縦に 1cm 幅に切っていきます。去年は、斜め輪切りにしてから蒸したものだから取り出すときにポロポロ割れちゃったのね〜寒風にさらして乾燥させます。冬の北風に耐えて、おいしい干しイモになるので [続きを読む]
  • 人参の保存
  • 人参の葉っぱも紅葉するんですね〜このまま、畑に掘っておくと霜柱が降りる頃には凍み凍みのスカスカになってしまうので・・・そろそろ掘り起こして、室(むろ)貯蔵といきますか。ま〜 室といっても穴を掘るだけですけど^^素敵な大きさに育っていました。茎と葉を全て切り落とします。葉を付けたままだと、養分取られちゃうのね〜〜一か所の穴に埋めることによって、温度を一定に保ち温度変化もなく、凍みないので3月上旬まで [続きを読む]
  • ネギ苗の防寒
  • 北風が吹いて、ネギ苗が凍えそうです。北側の畝に50センチの角棒を等間隔に差し込んで横棒を2本ほど結わえて、ワラを挟み込みました。これで、冷たい風が吹いても大丈夫だよ〜  ヽ(´∀`)ノ春になったら、このネギたちを植えるんですよ。ネギを毎日、食べているので今年も風邪はひいてないのね〜  [続きを読む]
  • レモンとパッションフルーツの冬囲い
  • 3回目の冬を迎えたレモンの木氷点下の気候が続く土地柄でレモンの木を育てるのはなかなか難しいことです。しかも露地栽培です。ビニールハウスの中とはいえ、夜になるとかなり冷えますよ〜毎年、二重に囲ってあげます。上の方の葉っぱは、寒さに負けて茶色に枯れてしまうのですが根っこは、頑張って冬を越してくれ、新芽を見せてくれます。わらの布団をかけてあげましたよ〜 パッションフルーツの葉も枯れ枯れ状態ですが暖かいわ [続きを読む]
  • 干し柿、最高においしい
  • 干し柿が出来ました。白い粉も少しふいてきました。モミモミしたのがよかったんですね〜水分が抜けて、糖分がギュっと詰まりまして生柿の4倍になります。ビタミンAも2倍に増えているとか・・日本が誇るドライフルーツですね〜〜さらに段ボール箱にワラを敷いて、柿を並べて保存しておきます。すると柿の表面に果糖とブドウ糖が結晶化した、あの甘い甘い白い粉で覆われるんです。こちらの柿は、目で楽しむ カワ(・∀・)イイ!! 柿だよ [続きを読む]
  • 雪が降りました。
  • しんしん雪が降りました。畑にも雪が積もっています。本格的な冬が到来しました〜〜畑仕事も春まで、ひと段落でしょうか・・・いえいえ、何だかんだとやることがあるんですよ (T_T)庭の笹にも雪が積もって、寒そうです。この季節、葉ボタンだけは、元気です。 [続きを読む]
  • ナンテンの実
  • 庭のナンテンの木があっちこっちにあって、10本くらいあるでしょうか。増やしてくれたのは、うちの果樹の実も食べて、太っている野鳥たちです。ナンテンの実も、美味しそうに食べています。だから、赤い実がまばらに残っているものが多くて正月飾りに使えるような枝が少な〜〜いよナンテンの実は、風邪の咳止めによいのですが野鳥にも効くのでしょうか (。-_-。)?今の時期、唯一花を付けてくれるのは、山茶花の花です。 [続きを読む]
  • グリーンサラダが食べたいけど・・
  • 生野菜のグリーンサラダと言えば、レタスにキャベツにキュウリ・トマト夏に毎日、食べていたけど・・今の畑には、冬野菜。鍋の材料には、困らないけどね。それと、冬の青野菜はというと・・おひたし用、オータムポエムまたまた、おひたし用、つぼみ菜スカスカになりつつある、セロリをどうしましょう??黒豆をさやから取り出すには、木づちでひたすらたたき続けます。お正月は、黒豆を煮ていただきます ∠( ^ o ^ ┐)┐ ヨォ… [続きを読む]
  • やぎさん
  • 田園地帯の一角を車で走ると、やぎさんたちに出会えます。高床式のおうちに屋根には、オブジェもあるよ。ブランコも・・乗り物もあって、楽しそうですね〜〜わんちゃんも一緒に遊んでいました。鶏も一緒だよ〜〜 毎年、子ヤギが増えているんです ヾ(o´∀`o)ノ [続きを読む]