シンノス さん プロフィール

  •  
シンノスさん: クラシックにもなれない
ハンドル名シンノス さん
ブログタイトルクラシックにもなれない
ブログURLhttp://clanai.jugem.jp/
サイト紹介文散文詩、感情詩、ショートショートなどを公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/03/27 23:23

シンノス さんのブログ記事

  • #45 ミス・サディスト
  • あなたがあまりにも私を買い被るから今日は布団に入ってから眠りにつくまであなたを好きになる練習をしてみようと思うはぁ〜私があなたを好きになるにはいくつかクリアしなければならない問題があるひとつは耳を使わないことあなたの間抜けなハイトーンボ... [続きを読む]
  • #44 浮いた月
  • 下弦の月を掌隠しまんまるおはじき浮かべてみるアシンメトリー2つの月を両手の掌ひた隠すお空のページが捲れたら色が変わって朝になる隠した月も落ちてきて代わりに太陽こんにちはけれども浮かべたおはじきはお空の上で泳いでる太陽困って睨みつけ... [続きを読む]
  • #42 マイナスドライブ
  • あなたの体温があたしからフェードアウトしていく2月単純に可笑しかった出来事も記念日の指切りも自分勝手にみんな夜の海に投げ捨てよう23時女友達を誘った淋しいからじゃなく今日のあたしを全部肯定してほしいからあることないこと空気に混ぜて134号線を120kmマイナスに... [続きを読む]
  • #41 ワゴンマン
  • デジタルがオレを横切りやがった水平に突っ走るクマ色の流星群は何故かオレには当たらないレトルトアイスが好きだって女の得意料理はオニサラダ結婚してしまった離婚してしまった印鑑の先を舐めたら25日程若返ったカラス擬きが父さんをリストラしたらしいオレはヤツが憎々... [続きを読む]
  • #40 黒猫と揺れ
  • 泣く子も黙る真夜中アパートの一室で情緒不安定な黒猫を見つけた早速不法侵入ブラックライトで猫を照らすとその影が窓ガラスに飛び散りみるみる巨大化猫は薄月を睨んで可愛く泣いた後こんな芸当もできるんだと僕を丸呑みして見せ既往の夜に吐き捨てた昔になんか戻りたくな... [続きを読む]
  • #39 ドリームハンター
  • ロックオン今宵あなた様の夢は我々「流れない星」によってジャックされました今から26分44秒間我々の活動目的についてサブリミナル効果を用いて編集した映像がありますので強制的にあなた様の脳内へお送り致しますご了承くださいそれではどうぞ安らかに再生…………………停止以... [続きを読む]
  • #38 宣誓
  • 宣誓私たちは何物にも臆する事なく無害な苛立ちを吸っては吐いて模範となる大人に怒られながらも循環し続ける事を誓いません [続きを読む]
  • #37 それでは回答を始めてください
  • 『それでは回答を始めてください』というゴングと同時に出席番号2番と14番が試験監督に殴りかかるまき上がった埃と星マークを確認した後堂々とカンニングしあう生徒たちカリカリカリカリ…数日後この事態は母親がPTA会長である37番の圧力により揉み消されたがクラスの平均... [続きを読む]
  • #36 生きまくる
  • 魚座の女です猪みたいな顔だと自分では思いますがそんな私を 彼は「チェリーパイ」と呼んでくれます基本バカです彼もまたバカですバカとバカで打ち消しあってプラスにならないかなぁと思い告白しました『オレ バカだけどいいかな…』という彼の返事それはとても誠実さの... [続きを読む]
  • #35 晴れの子
  • 『おかあさん 今日はとけいが降るね』天才とは一体どのような人を指すのか私の娘は6歳普通なら小学校に通う年齢だ『おかあさんはアメダマとカエル どっちとケッコンするの?』お母さんはお父さんと結婚したのよとは言わない『カエルかなぁ ヤツは大人だしね』娘は産ま... [続きを読む]
  • #34 自由時間
  • 歩道橋の上で視界に入ったものを瞬時に数えるトレーニングをしていた体内時計で一時間くらいかワイシャツのよれた会社帰りのサラリーマンが『おねーちゃん何してんの』と寄って来た軟派な野郎だ自分の中の集中力を最大限に高めてシルバーのセダンを数えていたサラリーマン... [続きを読む]
  • #33 靴底
  • どれだけ踏みつけられても死なない華がある靴底みたいな人間になりなさいもしも立派な靴底になれたらその時は先生が喜んで履いてあげます [続きを読む]
  • #32 シークレットギャラリー
  • その手にあるものこれ以上はあげられない後悔も懺悔も意味のないことだってインプットしてあるのに心臓に手を突っ込んで気付けば大嫌いだった壁に陳列する自分がいるこれ以上は僕もあげられないんだ何も他のことを考えてくれ無理なら明日他のことを考えてくれ君にそう伝え... [続きを読む]
  • #31 死んじゃえ
  • あなたはせっせとスーパーで買った豚肉のトレーを洗っているけれどその間私はすることがないよすぐ隣のリビングで見たくもない討論番組を見ながらひとりぼっちあなたの彼女だという重圧に今にも押し潰されそうだよ地球なんか救わなくていい私がいるのにトレーと私とどっち... [続きを読む]
  • #30 黙示録
  • 誰も掲示板には集まっていませんそれはいつ見ても過去の写真しかないからですみんなは見飽きた掲示板よりも正しいことを教えてくれる 占いの先生の方が好きですそうゆう生きものです人気のない掲示板をせっせとキレイにしている私は正しいことばかりを選べない ナルシスト... [続きを読む]
  • #29 眼鏡と胃袋
  • 胃袋に詰まったリアリズムを消化することも吐き出すこともできないように人はゆっくりと回転を続けるこの星の上でただただ イメージを作り何かに当てはめているそれを世界的規模で捉えると本能という一世帯あたりに置き換えると火の車という [続きを読む]
  • #28 vs.サイコパス
  • 誰かに狙われている高層ビルの屋上からなどという類のスタイリッシュなものではなく相手はおそらく生粋のサイコパスである昨日はとうとう 母親のスマホケースにまでギリギリセーフとマジックで書いてあったギリギリセーフこれがサイコ野郎のサインであるある時はよく行く... [続きを読む]
  • #27 サテライト
  • 目当てじゃない魚をリリースするときの動作で私を帰らそうとするなんてなかなか面白い演出をする奴だな思わず唸ってしまいそうだったそのままピンヒールに片足突っ込みそうだった危ない早くシャワーを貸してくれ貸してくれたら私のオリジナル限定ステッカーを渡そう君の下... [続きを読む]
  • #26 弱食強肉
  • あたしの人生って何だろう二十を過ぎた頃からそんなことばかりが頭を過るあたしはどんな奴だったろうただ本能のままに生きていた学生の頃それがとても自然な状態に思えて大人になった今では傷付くことでしか経験値を得られないバランスの悪いゲームの主人公のようになって... [続きを読む]
  • #25 ストレンジの接続
  • ごみ収集車のドライバー何やら悲しそうな表情で黙々とごみを車にぶちこんでいるので『何がそんなに悲しいのですか』と鼻の穴に指をぶちこんだ無視されたかと感じるくらいの間があり『名前も知らない人間の過去を 土に還すからです』と言って抱き締められた左耳にピアスの... [続きを読む]
  • #24 周波数
  • 取り込む周波数を選べない答えを求めてくる人が100人玄関に並んでた整理券を出してなんとか帰ってもらったがたぶん明日また来るだろう深夜隣のアパートで赤ん坊がわんわんうるさい母親はヘッドフォンで流行りの歌を練習してるわんわん言ってる赤ん坊の感性は素晴らしい文... [続きを読む]
  • #22 ミルクバー
  • 真夜中不意に部屋のコンセントからこの夏に死んでしまったおとうとの声がした穴の中を覗き込んでみたけど誰もいない爪で穴をカリカリやってみたすると内側からおとうともカリカリやってきた無邪気さは相変わらずだな死んでしまったと思っていたのに何だ こんなところに居... [続きを読む]
  • #21 走馬灯
  • 二学期の初めウチのクラスに佐久間くんという転校生がやってきた佐久間くんは自分のことを十年後の未来からきたと言っていた一ヶ月が過ぎても佐久間くんはクラスの輪に馴染めずいつもひとりぼっちだった遠足に行った時乗り物に弱い佐久間くんはバスの中でエチケット袋にも... [続きを読む]