私は我が子を愛せるのか 〜産後うつ〜 さん プロフィール

  •  
私は我が子を愛せるのか 〜産後うつ〜さん: 私は我が子を愛せるのか 〜産後うつ〜
ハンドル名私は我が子を愛せるのか 〜産後うつ〜 さん
ブログタイトル私は我が子を愛せるのか 〜産後うつ〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/923happy423
サイト紹介文本当に鬱のせいなのか、育児不適合者なのか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/03/28 18:01

私は我が子を愛せるのか 〜産後うつ〜 さんのブログ記事

  • 案の定。
  • 先日のメンクリ。結果から言えば「頑張ってますね」と言われ、ここ1ヶ月にあった色んな予想もしてない事を感情的に話そうと思ってたのに、涙腺がバカになってて全くもって無理でした苦笑多分初めて精神科を訪れた時に次いで、ティッシュを使わせてもらった感じ・・・(; ^ω^)こんなふうに感情がグラグラしたり、辛くなったりする事が多くなって「鬱がヒドくなってるんじゃ」と焦ってた私をよそに先生は「そんな事ないですよ。薬も [続きを読む]
  • タイミングがいつも悪い。
  • なんとかギリギリまで、自分たちで頑張ろう、ムスメにとっての『家族』になろうと多少の無理をしてもいいから頑張って来たつもりでした。が。ここに来てオットの激務。滅多に弱音を吐かないオットが「週末だけでもお義母さんにヘルプ頼もうかな・・・」と私に漏らしたぐらい、育児と仕事の板挟みになってしまってました・・・。そこの穴埋めの役目は、本当は私。保育園のお迎えぐらいからなんとか私も育児に参加しよう、そう思って [続きを読む]
  • 一度壊れると。
  • なんなんでしょうね?今全てにおいてムスメから拒絶されてる感覚がして「私はこの家において『家政婦』なのかな」とも思えて来ました。なんの見返りも無い。ここにいる意味は、なんなんだろうな、って。洗濯や、掃除、着替えの準備。これなら食べてくれるだろうかと思いながら作った夕食のおかずもほとんど食べてくれなかったりして、ぐちゃぐちゃになったお皿を台所に下げながら、また訳の分からない涙が溢れてきました。私と目も [続きを読む]
  • 決壊。
  • スマホからはブログは書かない私なんですが今日久しぶりにオットの前でも号泣してしまったので、ベッドの中から打ってます。何かが、多分、破れました。ここでは詳しくは割愛します。(スマホだから面倒って理由だけです苦笑)前に進んでるかも、と自分でも書いたしコメント下さった方も言ってくれてたのにやっぱり全然ダメでした。私なんて必要とされてない、痛感して、なんで無理して頑張ってるのか分からなくなりました。それで [続きを読む]
  • 2番手でも、3番手でも。
  • 忘れないうちに追々にでも書こう、とエントリにも残してたのに毎日のように色々と出てきて、しかもそれをなかなかマメにアップ出来ずほとんどTwitterにぼやいてしまっている毎日です。どうしてもスマホの方が楽なんですよね。・・・でもこうやってじっくり長文書くのはキーボードの方がいいっていう(めんどくさがり)保育園の送り迎えは基本オットがやってくれてます。というか、育児の9割はやってくれてるようなもの、かな(苦 [続きを読む]
  • 思ったよりもその日は早く。
  • ムスメとこちらで生活するにあたって基本的に「私は無理をしないように」というのが念頭にあり、オットもそれを言ってくれるものの、締め切りのある仕事をしているのも事実で「ミツは最悪夕食だけでも作ってくれればいいよ」と言ってた割にその日はいきなり早くやってきました・・・。保育園終了(慣らし中なので4時)から5時間、私とムスメだけ・・・。オットとしては「夕食だけあげられたらいいから」と言ってたけど代謝が良く [続きを読む]
  • 怒濤の。
  • しばらく更新してなかった私ですが、新しい季節になって、心と体が付いていけてない、という感じです。PC自体ほとんど立ち上げて無く、Twitter以外ROM専みたいになってました。(あれ、ROM専ってなんか死語チック…)たくさん、書きたい事があるんですが、一気に書くとなかなかアップ出来そうもなくなりそうなのでとりあえずここのところの近況まで。4月頭から、ムスメの慣らし保育が始まりまして、同時にお手伝いとして実家の母 [続きを読む]
  • とりあえず「現状維持」。
  • 先日はいつもの通院でした。前よりは少し時間があったのか、話をゆっくり出来た気がします。私の主治医としては薬を変更した場合、一応出せる最大量まで少しずつ増やしてその効果の程を確認したいタイプのようでして、サインバルタも増やして2錠に、と思っていたようだったのですが私が思っていた以上に動けてる事を話したら「それでは今回は増やさずに様子を見ましょうか」ということに。とはいえ、私自身はその「効果の程」がイ [続きを読む]
  • 副作用?
  • 前に書いたとおり抗うつ剤を「サインバルタ」に変えたわけですがその時書いたとおり特に気になる副作用もなく・・・と続けてきてふとここのところ、やたらめまいというかふらつきみたいなのが多くて「もしかして・・・?」と薬剤師さんから頂いてた薬の説明を読むと確かにそういう症状が起こる事がある、と書いてあった。元々どちらかというと貧血気味で、妊娠中も引っかかって鉄剤を出されるような私だったので「また貧血なんかな [続きを読む]
  • なんと言葉にしていいか分からない。
  • 部屋の中が汚い。いろんなものが散在していて、全然整理出来てない。そこでふと山積みにされた何かを手に取ったら、思っていた以上に重みがあって、中身を見たらムスメの写真だった。私がちゃんと見てあげられなかった期間の、オットやオットのお父さんが撮ったと思われるたくさんの写真。それとともに私がまだ入院中にお見舞いに来てくれた時の写真もあってあの時の曖昧な記憶にある、小さな小さなムスメ。そしてそのムスメを笑顔 [続きを読む]
  • 私自身への返信。
  • こんな私のブログに、コメントを残してくれる方々がいてはじめまして、とわざわざ時間を割いて文字を打ち込んでくれる。それに対して、ちょっとでも前向きな返信を書いてる自分は本音を書いてるようで、実は「自分自身に言い聞かせてる」ようでもあるな、と思った。同じように悩んでる人がいて、同調だけしてしまうのでは傷のなめ合いみたいで終わるけれど、「それでもきっと何か変わるかもしれない」「光が見えてくるかもしれない [続きを読む]
  • 薬を、変えてみる事に。
  • 先日、いつもの診察がありまして、不安な事やこれまでの気持ちを聞いてもらいました。なんせ前回はバタバタしてて、ほとんど話せなかったから。春からの保育園の話、今飲んでる薬の事・・・。とりあえず春から生活が変わるかもしれない、という話をしたら「そうやって試してみるのはいい事だと思う。 ただ、無理はしないように。 周りを頼りながらダメならまた考えればいいでしょう」・・・想像通りな答えではあったけど、背中を [続きを読む]
  • 本音のホンネ、徒然なるままに。
  • 前のエントリにも書いたとおり、いまだにホンネは近い未来が怖いまま。チラチラと新しくコメント書き込んでくれる人がまだいて、そういう人のほとんどが「(こんなふうに思うのは)私だけじゃなかったと救われた」等書き込んでくれているわけなのだけれど、それは私も一緒。そうやって書き込んでくれる人の数だけ、私も救われてる。私だけじゃないんだ。皆ちゃんとお母さんになれてるわけじゃないんだ。そんなふうに。最近コメント [続きを読む]
  • 近い未来。
  • やはり。認可保育園は落ちました。そういう通知が来て、このままだとまた1年とか実家を自宅を往復するような生活?とオットに申し訳ない気持ちで一杯になったものの、そこを頑張って引き取って自宅で自分がムスメを見ようと思えないのが本音だった。が。その通知が来てからオットが色々と認可外保育園等に連絡したり問い合わせをしたりしてたようで、一応二次募集の申請も出したけれど認可外でもいいから、なんとかしようと動いて [続きを読む]
  • 私も成長しなければ。
  • ムスメがとうとう一才になってしまった。いや、まだ一才なのかもしれないけれど、長いような、短いような、なんとも言えない1年だった。当日は平日だったので、実家で私の父母にたっぷりお祝いをしてもらったようだ。写真だけ見せてもらったけれど、名前プレートが乗ったケーキや(本人は食べられないけど)一升餅背負わされたムスメがいた(実際は重くて減らしたらしい(^_^;A結構前から、かなり歩くようになってほっとくとドンド [続きを読む]
  • 不満残る。
  • 新年明けて初の通院。色々と話したい事もあったけれど、「ごめんね、今日はちょっと混んでるから」と結構冒頭に先生から言われてしまって、話したい事の半分も話せないまま、いつもの処方で終わった気がする。確かに待合室はいつも以上に人が多かった。『一進一退』久しぶりに付き添ってくれたオットにはそう私の症状を伝えてた。うん、やっぱり進んではいない。もうすぐムスメは一才になるのに、私は全然進んでない。このまま実家 [続きを読む]
  • 新春。
  • まずはあけましておめでとうございます。年が明けても私、ミツはあいかわらずです。それでも新しくコメントをくれる方から「このブログを読んで自分だけじゃないと救われた」等言われるとあぁ、私もまだこの世で存在しててもいいのかな、と逆に救われます。ムスメはもうすぐ1才になってしまいますが、2017年もマイペースにやっていこうと思っています。あまり更新されてなくても読んで下さる方々、今年もこんな私ですが宜しくお願 [続きを読む]
  • 12月。
  • 気付いたらもう今年もあとわずか。去年の今頃は自分がこんなふうになってるなんて微塵も思わず、出産に向けて歩いたりストレッチしたりそれなりに前向きに「お母さんになる事」を考え、想像もしていた、と記憶しているけどなんだかあまりに遠い昔の事のようにも感じられて正直本当のところどうだったかも怪しい。ただただ、重くてめちゃくちゃに動きまくる胎動が痛くて苦しくてここから早く解放されたい、とも思っていたのは確かだ [続きを読む]
  • 横ばい?
  • 先日は月一の通院でした。出される薬の量も数も何も変わらず。先生からも「薬でどうこう出来るものでもないからね」と私の『ムスメを受け入れられない』感覚を聞いてくれるものの根本的には結局自分でなんとかするしかない事を再確認するだけでした。多少無理しても、一緒に生活すれば愛情が湧いてくるのでしょうか?・・・自分を殺してまで生きていても意味が無いんじゃないのか、なんて思ってしまう自分がいる以上、一緒に生活な [続きを読む]
  • 年賀状問題。
  • オットから言われました。「そろそろ年賀状考えないと」と。実は、これまでほとんど言われた事が無い言葉。だけど今年はムスメが生まれた、という報告も兼ねてる事もあってか彼の方からもう言ってきたのです。毎年なら「ミツが作るならオレの分も印刷しておいて」とか「オレは別に出さなくていいや」とか、どちらかというと無関心なのに。私は。昔から、学生の頃の友人やバイト先で知り合った人などから送られてくる、子供の写真だ [続きを読む]
  • 着られない。〜追記
  • 前回のエントリの、後日談といいますか。母に前のようなことを伝えたんです。そしたらサラリと「そんな事まだ気になるのね」と言われ・・・あぁ、母には多分この先今の自分を含め、あの時からずっと抱き続けてる『私の気持ち』を分かってもらえないだろうな、と思いました。時間は流れているけれど、ずっと刺のように刺さり続けてるんだよ?それは多分この先も、ずっと。貴方の言葉も、こうやって刻まれて、刺さっていくんだよ?私 [続きを読む]
  • 着られない。
  • 産後の体重はほとんど戻った私なんですが、それでも下腹のポッコリした部分や、太ももあたりは全然痩せてないみたいで、履けないお気に入りのボトムがあります(/_;)でも捨てられない。いつかまた履けるんじゃないかと思うと。貧乏性ですね苦笑・・・それとは別に。寒くなってきたこともあって、普段に家着にでも、と妊娠時代〜産後着ていた母からプレゼントされたガウンを出してきて何気なく羽織ってみたのだけれど、着てから何と [続きを読む]
  • 気付くと。
  • 約1ヶ月ぐらい、更新してませんでしたね。来週また通院だな、と思ってここを思い出しました。だからといって、気持ちが上向きな訳でなく、オットの仕事の関係もあって、先週はムスメと会う事無くいたっていつも通りの毎日だったこともあってむしろますます後ろ向きな感覚が戻ってきてしまったようにも思えます。『ムスメなんていなければ』・・・そういう感覚。生まれてきた事を無かった事には出来ない。そんな当たり前の事は分か [続きを読む]
  • やっぱり、いつもどおり。
  • いつもどおりの、やりとり。いつもどおりの、処方箋。お願いしたのはこれから保育園等を考える時に必要と思われる、診断書を出してもらった事ぐらい(保健師さんに言われていた)「ミツさんが初めて診察に来られた時に比べたら ずっと表情もよくなってるし、 初診の時は本当に『何かに追い詰められてる』感じでしたから それに比べたらずっと良くなってると思いますよ」・・・そんなふうには言われたけど、どうなんだろうな。確 [続きを読む]
  • 身体は素直?
  • ここのところ、週末にムスメと過ごすようにしてきて「リハビリ」的に一緒に暮らす未来を見据えてやってるんだけどそれと同時に、いろんなところに支障が出てきてるようにも思える。まずは、『不眠』。前も、例えば実家に行った時とかベッドが違うと眠れなかったけど普通に自宅で自分のベッドとかだったら薬無しでも眠れてたのに、ここのところムスメが帰っていなくってもなんだか眠れなくって、昨日も見たくなかったけど時計は夜中 [続きを読む]