冷え性改善の教科書 さん プロフィール

  •  
冷え性改善の教科書さん: 冷え性改善の教科書
ハンドル名冷え性改善の教科書 さん
ブログタイトル冷え性改善の教科書
ブログURLhttp://hiesyoukaizen-kyoukasho.net/
サイト紹介文ぴったりの冷え性改善アイテムが見つかる情報サイト!
自由文当サイトでは冷え性でお困りの方へ、今日からすぐに始められる冷え対策と、健康な毎日を過ごすために続けていきたい、手軽に始められるおすすめ冷え性改善グッズをご紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 206日(平均1.5回/週) - 参加 2016/03/28 18:26

冷え性改善の教科書 さんのブログ記事

  • 冷え性にとってつらい季節がもうすぐやってくる・・・
  • 10月も中旬を過ぎ、ここ最近は時間帯によってもだいぶ肌寒く感じられるようになってきました。毎年冷え性に悩まされれる多くの方にとっては、もう少しでつらい季節がやってきます。そこで今回は、これからのシーズンにおすすめの体の中から温めてくれる食べ物や飲み物をご紹介します! 冷え性の改善が期待できる食べ物は!?冷え性改善の食材として誰もが思い浮かべるものとして『生姜(しょうが)』があります。生姜にはジン [続きを読む]
  • 季節の変わり目に気を付けたい寝冷え対策!
  • 昔から「季節の変わり目はよく体調を崩しやすい!」と言われている通り、これからの時期は特に体調管理には気を付けたいものです。9月も中旬に入り朝晩は涼しくなってきましたが、まだ日中は暑いということもあって見落としがちなのが、寝冷え対策です!これからの過ごしやすいタイミングを健康的に過ごすためにも、対策できることはしっかりと行っておきましょう。 寝冷えの症状とは!?だんだん涼しくなってきたとはいえ、 [続きを読む]
  • 秋を向かえるにあたっての冷え性改善法
  • 9月に入り、最近は少しずつではありますが、朝晩は涼しくなり始め、冬に向けて『冷え性』が気になり出す季節ですね。気候的には過ごしやすいシーズンではありますが、何かと季節の変わり目は体調を崩しやすい時期だともいわれています。また本格的な冷え性シーズンをむかえる前に、この秋口からしっかりと冷え性対策を行っておきましょう! 入浴タイムはしっかりと湯船に浸かりましょう!これまでの夏の間はシャワーだけで過 [続きを読む]
  • 冷えは万病のもと!
  • 西洋医学においては、『冷え』は病気であるとはみなされず、「冷え性」という症状自体定義されていません。一方、東洋医学においては、冷えは万病のもとと、言われているように、人間は体温が1度下がると身体の免疫力が30%も落ちるといわれています。ですので、冷えを放置しておくと、身体にさらにさまざまな病気の発症の原因となることもありますので、決して冷えを甘く見てはいけないということです。ここでは、冷えが原因で [続きを読む]
  • 夏の冷え性にも要注意!!
  • クールビズが定着した近年ですが、オフィスや電車内など冷房が効いているところではひざ掛けや羽織ものなどを使っている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?冷え性は冬場のイメージが強いですが、「夏冷え」という言葉もあるように、夏場の冷え性に悩んでいるという方が私のまわりにもたくさんいらっしゃいます。私たちの身体は、夏の暑い時期は、汗をかくことで、体温が上がりすぎないよう汗をかくことで体温調節を行った [続きを読む]
  • 冷えと不妊の関係とは?!
  • 東洋医学では以前より婦人科系の疾病は、お腹・腰回りの冷えが原因であることが多いといわれていることはご存知でしょうか?!不妊症もその一つと考えられています。ではなぜ『冷え』が不妊症に関係するのでしょうか?!それは、体の冷えはホルモンのバランスを崩したり、免疫機能の低下を招いたりするからです。ホルモンのバランスが崩れることで、不妊症につながる下記の症状・疾病に陥ることがあります。●生理痛●生理不順●排 [続きを読む]
  • 冷え性改善に役立つ呼吸法
  • 普段私たちは意識することなく呼吸を続けていますが、意外にも呼吸には冷えを改善してくれる一つの方法でもあるんです。そこで今回は冷え性改善に有効な呼吸法をご紹介させて頂きます。日頃無意識にしている呼吸や、間違った呼吸法では効果がありませんのであしからず。 よく聞くものとして深呼吸があります。これは特に緊張した時などリラックスした状態に近づけるためによく行いますよね!体の緊張状態は交感神経が優位に働 [続きを読む]
  • マッサージで冷え性改善
  • 夏は薄着だったり裸足になったりまた、エアコンの冷たい冷気で足元が冷え、冬は冬で外気も冷たいので体全体の血流が悪くなり冷え性悪化の原因になりますよね!足元が冷えると心臓から足に巡ってきた血流を心臓に返す力が弱くなり、体全体の血流が悪くなることでより冷え性が悪化してしまいます。そんな時おすすめなのが足のマッサージです。では早速ポイントと方法についてご説明させて頂きます。 【ポイント】強すぎないこと [続きを読む]
  • クエン酸で冷え性改善ってほんと?!
  • クエン酸は冷え性にも期待がもてる!?「クエン酸」って一度は耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、いったいどんなものかご存知でしょうか?!梅干しやグレープフルーツなどの柑橘系を食べた時に『酸っぱい!』と感じるのがクエン酸(酸味成分)なんです。クエン酸には色々な効能があり、今では美容・健康・洗顔・入浴剤・洗剤などにも使われるようになりました。クエン酸の効能について一番一般的なのが、疲労回復で [続きを読む]
  • 笑うと冷え性改善に繋がる!?
  • 笑うことは健康的にもいいことづくし!笑うことは免疫力UPに繋がると以前よりいわれていますが、なんと冷え性改善にも効果があるといわれています!思いっきり笑うと、腹式呼吸で深い呼吸になります。つまり深呼吸をしている状態になるので、体の中に沢山酸素を取り込めることにより血液の流れが良くなり冷え性改善に繋がるという訳です。また、冷え性を改善するには、交感神経より副交感神経を優位に働かせる方が良いといわれてい [続きを読む]
  • 冷え性改善に効果的!簡単ヨガ体操
  • 家で簡単にできるおすすめヨガ体操最近ではヨガをやっている方の人口が本当に増えてきましたね!またヨガ教室も沢山増えかなりの認知度になってきました。最近ではホットヨガも人気がありますよね!私も以前数回だけ通った事があるんですが、飽き性の私は長続きできず途中で挫折した経験があります。でも今では色んな本やDVDも販売されていて、ヨガはやっぱり体に良いと書いてあるので再チャレンジしてみることにしました。最近パ [続きを読む]
  • 太っている人はつま先立ちができない!?
  • 冷え改善体操【簡単つま先立ち】『下半身が太っている方はつま先立ちができない』ってご存じでしたか?以前テレビでみたんですが、本当に下半身が太っている方だけがつま先立ちができなかったんです。これにはビックリ!早速私もチャレンジしてみたところ、まだなんとかつま先立ちができる状態でした。でも筋力もないせいか、足がプルプル震えて全く安定感がありません。若い時は簡単にできていたのにとてもショックでした・・・。 [続きを読む]
  • 筋肉量と冷えの関係
  • 基礎代謝を上げると冷えが解消される?冷え対策の1つとして上げられるのが、基礎代謝を上げる方法です。なぜ基礎代謝を上げると冷えが解消されるといわれているのでしょうか?!そもそも基礎代謝とは、何もしなくても生命維持に最低限必要なエネルギーのことで、一般に成人男性:約1,500キロカロリー・成人女性:約1,200キロカロリーとされています。つまり何もしなくてもただ人間が生きていくために必要なエネルギーのことなんで [続きを読む]
  • 冷え性改善に役立つ食材【果物】編
  • 果物にも体を温める物・冷やす物がある?特に女性は果物が好きな方が多く、朝食などに摂取されている方が多いのではないでしょうか?そこで、体が冷える果物・温める果物を知っていれば、上手に取り入れることで体を冷やさないよう工夫することができます。 【体を温める(冷やしにくい)果物】◆寒い地方で採れる果物は、体を温める性質があります。・ぶどう・さくらんぼ・もも・オレンジ・りんご・いちじく・きんかん・あんず [続きを読む]
  • 冷え性改善に役立つ食材【納豆】編
  • 納豆の力で腸内環境を整えて冷え性改善!?納豆は健康に良い食材で一般的に知られていますが、実は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えて免疫力まで高めてくれる事が期待されている食べ物なんです。腸内環境が整わないと便秘・代謝の低下・血行不良になり腸が冷えてしまいます。腸を冷やさないためにも冷え性改善を心がけることは重要で、同時に食事・生活環境も整える事が不可欠といえます。腸内の冷えを改善するためには、腸内 [続きを読む]
  • 冷え性改善に役立つ食材【ヨーグルト】編
  • 免疫力がUPすることにより冷え性も改善!?免疫細胞の約70%が腸に存在し、また、最近の研究では腸内細菌はお腹以外に脳や心の健康にも深く関わっていることが分かってきたようです。腸内の善玉菌を上手に育てるためには、腸内を適温に保たなければなりません。そのためには体の芯から冷えをとることが大切になってきます。体表面温度:36.5度、体内温度:37.0度前後が望ましいといわれており、この温度を保つことが腸内環境を良 [続きを読む]
  • オリーブオイルで冷え性改善!?
  • オリーブオイルのいいところオリーブオイルが体に良いといわれているのは何となく皆さんもご存知かと思いますが、実はオリーブオイルを食べ物や飲み物にちょい足しするだけで冷え性対策にもなるんです!オリーブオイルとは、オリーブの実を圧搾して抽出された油のことで、その成分の約70〜80%がオレイン酸といわれています。オレイン酸は不飽和脂肪酸の中で、最も酸化しにくく体内で活性酸素と結びつくことにより、動脈硬化・心筋 [続きを読む]
  • ストレスは冷えの原因!!
  • ストレスを受け続けると身体が冷える!?人間関係や仕事の問題、将来の不安などから、私たちは誰しも大なり小なり少なからずストレスを抱えながら暮らしています。人間はストレスを感じると、身体が緊張します。自律神経の中でも、交感神経が優位に立つと、血管が収縮し、血流が悪くなります。心身が健康な状態であれば、一時的にストレスを感じ緊張状態になっても、リラックスやストレスを発散することで、副交感神経が優位に立つ [続きを読む]
  • セルライトが冷えの原因に!?
  • セルライトは体を冷やす!女性の方ならご存知の方も多いと思いますが、セルライトは冷えの原因の一つといわれています。セルライトとは、皮下の脂肪細胞同士または脂肪細胞に老廃物が付着して固まった脂肪細胞のことをいいます。特に太もも・お尻・ふくらはぎ・下腹部にできやすく、セルライトがあることで血行不良となり、冷えや浮腫みの原因になるといわれています。実に日本人女性の80%以上にセルライトはあるといわれています [続きを読む]
  • 天然素材の衣類で冷え予防!?
  • 『冷え』対策のために天然素材の衣類を選ぼう!夏場にナイロンやポリエステルなどの化学繊維でできたお洋服を着て汗をかいた後にその状態でいつづけることによって身体が寒く感じたという経験をしたことはありませんでしょうか?これは天然素材のものと違って化学繊維については、生地自体の吸水性や放湿性が悪いため、汗をかいた時にべたついてしまったり、汗が引いてきた時に身体を冷やす原因となってしまうからです。また、シル [続きを読む]
  • 締め付けや露出の多い服装は身体を冷やす!?
  • 「女の子は腰を冷やしてはいけない」と昔の人はよくいったもの!夏だからといって、おへそが見えてしまうような露出の高いファッションは身体の冷えに繋がってしまいます!女性は男性に比べ筋肉量が少ないうえに、日頃から十分な運動が行えていないため、基礎代謝が低い傾向にあります。特におなかまわりを露出するファッションやキャミソールやホットパンツのような薄着で過ごしていると、内臓を冷やしてしまうことになり、結果的 [続きを読む]
  • 夏場は基礎代謝が落ちる!?
  • 暑さ、寒さの温度差が7度以上になると体温調節が…!?私たちの身体は寒暖の温度差に合わせ、自立神経を働かせて、血液の流れを微調整してくれています。どういう事かというと、これからの暑い時期に私たちの身体は血管を拡張させ、血流をよくして熱を放出しようとします。また逆に、冬場の寒い時期には血管を収縮させて血流を不足させ、体表から熱を逃がさないようにと自動的に身体がコントロールしてくれています。この微調整は [続きを読む]
  • 無理なダイエットは冷えのもと!
  • 無理なダイエットは太りやすい体質をつくる!?朝食は食べない、コーヒーしか飲まない…。極端な小食や偏食といった無理なダイエットは『冷え』の原因に繋がってしまいます!食べるということは、熱をつくりだすためのエネルギー源です。車を走らせるためには燃料となるガソリンを入れないと動きません。それと同じように、人間はエネルギーのもととなる食べものをしっかりと食べていないと、身体の中で熱をつくることができず、元 [続きを読む]
  • 妊娠中の冷え対策
  • 身体を温めてトラブル知らず!女性に多い冷え性ですが、妊娠中の「冷え」は赤ちゃんにも悪い影響を及ぼす恐れがあるので、特に注意が必要です。「冷え」とは、さまざまな原因で体温調節が上手くいかなくなったり、身体全体に熱が行き届かなくなった状態をいいます。ママの身体が冷えると、子宮の筋肉が収縮しやすくなります。いわゆる「おなかが張る」といわれる状態のこと。この状態になると、胎盤の血流が悪くなって、赤ちゃんに [続きを読む]
  • オリジナル冷え性改善ドリンク
  • 冷え性改善食材を使って自由に楽しもう毎日のデスクワークで足や腰、肩が冷えて辛い…。温め成分を上手に活用して、仕事中でも通勤途中でもこまめに冷え性改善の役立つ、オリジナルドリンクをご紹介します。おすすめの食材NO.1はなんといっても「しょうが」!いつも飲んでいるお茶や紅茶に少量のしょうがを足すだけでも手軽に冷え性改善ドリンクが作れちゃいます。市販されているチューブタイプのものでもその効果を得られるので日 [続きを読む]