lilac さん プロフィール

  •  
lilacさん: lilacのブログ
ハンドル名lilac さん
ブログタイトルlilacのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/white-lilac719/
サイト紹介文natural & elegance
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2016/03/28 19:44

lilac さんのブログ記事

  • 皇室に関しての凄まじい情報
  • 今回の皇室に関しての情報には、私は今までにない迫力を感じてしまいました。(◎_◎;)もしこの様な事が真実だとしたら、今まで私達日本国民はものの見事に騙されて来たという事になりますので、これは凄い事だと思います。(・・;)そしてこの様に、国民にひた隠しにされ続けて来た情報に接する度に、最近の皇室の不可解さの霧が晴れて行く様に感じるのも、きっと私だけではないと思います。( ・・) 〜 ☆彡…と同時に私は「人間の持 [続きを読む]
  • Lavender (ラベンダー)
  • 最近私がハマっている歌があります♪それは(遅ればせながら)私が最近DVDで拝見した、ディズニー映画の実写版「シンデレラ」の中で歌われている「Lavender's blue」という、シンプルで美しいイギリス民謡です?(^^??? Lavender's Blue (Cinderella 2015) Cinderella - Lavender's Blue ( Dilly Dilly ) | Official Video HD 実はこの映画を観るまで、私はこの曲の存在を知らなかったのですが、映画ではこの曲が物語の中 [続きを読む]
  • 幸せになる為の秘訣 (自分が自分の一番の親友になれた時、自分の世界は一変します)
  • あなたは今、幸せですか?(^^?人は誰もが皆「幸せになりたい!」と望みながら、でもこの質問に「はい!私はとても幸せです?」とお答えになれる方は、この世にはそんなに多くはない様に私はお見受け致します。(_ _。)この世で私達が各自幸せになる為には、実は絶対に欠かせない秘訣があるのですが、でもこの世ではそこに到達されておられる方は、そんなに多くはないというのが事実だと私は思うのです。何故ならそこに到達する為に [続きを読む]
  • 私達が強くなる時。その裏に在るものは深い
  • ご存知の方も多いかもしれませんが、今回ご紹介するのは私の好きな素晴らしい名言です♪(^^?かなり有名ではないかと思われるこの名言の出所は良く分からないのですが、とにかく読む度に「奥が深くて素敵だなぁ!」と、私はジ〜〜〜ンと感動してしまうのです?☆_(_☆_)_☆【私は強い】私は強いなぜなら自分の弱さを知っているから 私は美しいなぜなら自分の欠点をわかっているから 私は恐れないなぜなら本物と幻覚を見極める [続きを読む]
  • 「ボスとリーダーの違い」から私が感じる事
  • 《ボスとリーダーとの違い》 ★ボスは部下を追い立てる。リーダーは人を導く。 ★ボスは権威に頼る。リーダーは志・善意に頼る ★ボスは恐怖を吹き込む。リーダーは熱意を吹き込む。 ★ボスは私と言う。リーダーはわれわれという。 ★ボスは時間通りに来いと言う。リーダーは時間前にやってくる。 ★ボスは失敗の責任をおわせる。リーダーは黙って失敗を処理する。 ★ボスはやり方を胸に秘める。リーダーはやり方を教える。 ★ボ [続きを読む]
  • ありのままの自分を愛している人は、猫を嫌わないらしい!?
  • 巷では良く、特に「私は猫が苦手」とか「大嫌い!」という方に遭遇致しますよね?(^^ゞ よく「犬派」「猫派」などとも表現される様に、ハッキリ好みが分かれる方も多い様ですね〜。勿論「犬が嫌い」という方もいる訳ですが、でもそういう方達は、猫嫌いな方ほどの嫌悪感はない様な印象を私は持ちます。(^^?ちなみに私ですが、多分これは「猫嫌いの犬派」の両親の影響が大きかったと思うのですが、実家では常に犬がおりましたし、 [続きを読む]
  • 私は「人の不安や恐怖心を煽る様な予言(霊能者)」を信じた事がありません
  • 皆様は「日月神示」というものをご存知でしょうか?ご存知の方には大変有名な、霊能者による「近未来の予言」が書かれた書物です。(^^ゞ「日月神示」だけでなく、私はこの様に「人に不安を与えたり、恐怖心を植え付ける様な予言」というものを信じた事がありません。何故ならその裏にはこの世の陰の支配者達の隠された意図が透けて視え、その「策略」というのを肌で感じてしまうからです。"(-""-)"大体、各自それぞれ「自分の支配 [続きを読む]
  • 「今の世の中が何故こうなっているのか?」を人間以上に知る存在 (2)
  • (※前回の続き) 追伸上ははるちゃんのなぜ やさしい人ほどいじめられるのかという質問への回答ですが (>ω<)/ あくまでもはるちゃんがあめ(夢)で見た話に基づいてるのであめ(夢)の話と言う事でよろしくお願いします(>ω<)ノシ))パタパタパタパ ちなみにあめと言えばくまくまがこんなことも言っていました(ノ゜ο゜)ノ 「知ってるか?戦後から日本はアメリカの植民地なのだ何故なら風水がそうであろう?」(・・;) 「風水でアメリカ [続きを読む]
  • 「今の世の中が何故こうなっているのか?」を人間以上に知る存在 (1)
  • 先日アメーバブログの方にメッセージを下さった方から、大変興味深い内容が書かれている記事のご紹介を受けました。(^^? そこには「今の世の中が、何故こうなっているのか?」というのを、(多分この方が飼われている?)猫からのメッセージを通して解説されているのですが、その内容が私が今勉強している事と非常にリンクしていて、とても面白いと感じました♪(*^^*) 〜 ? ちなみに、この記事自体は2013年頃に書かれたものと [続きを読む]
  • 「我慢」と「忍耐」は似て非なるもの
  • 今回のタイトルは、前回の「本物の「上品さ」「優雅さ」というものは、何から培われるのか?」の中で書かせて頂いた言葉です。☆_(_☆_)_☆我慢と忍耐は似て非なるもの。我慢は溜まれば、遅かれ早かれいつか爆発しまうものですが、長年の人生経験の中の苦労などから、本物の「忍耐力」を自分で養えた人は、上品でエレガント(優雅)という洗練された人間に成って行くのだと思います。本物の品格というものは内面からのものなので、誰 [続きを読む]
  • 本物の「上品さ」「優雅さ」というものは、何から培われるのか?
  • 今回のテーマは、前回の「自由に書く事の権利と幸せは誰にも奪えません (自分が心地良くなる選択?)」を読んで下さり、アメブロの方で私にエールを送って下さった方のメッセージの中からヒントを得ました。(メッセージを下さった方、ありがとうございます)☆_(_☆_)_☆今回メッセージを下さったこの方は、大変繊細で優しい感性をお持ちの方だと私は感じました?何故なら頂いたメッセージには、私に対して「上品で、優しい感性を持 [続きを読む]
  • 自由に書く事の権利と幸せは誰にも奪えません (自分が心地良くなる選択?)
  • 前回の人を「悪魔崇拝呼ばわり」するなんて、心に豊かさがない証拠 (陰謀論の読み過ぎなのでは?)の記事で書かせて頂いた事ですが、私はこれから更に自由に純粋に書く事を楽しむ為に、これからはコメントを受け付けない設定にさせて頂く事に決めました♪ その理由の詳細は前回の記事に書かせて頂いておりますので、その部分を抜粋したものを改めてここでご紹介させて頂きます。☆_(_☆_)_☆ 【前回の記事より (※ [続きを読む]
  • 私が「アメンバー」に参加しない訳
  • アメブロでは「アメンバー」という制度が設けられておりますね?(^^? これは自分が気に入ったブロガーの方に「アメンバー」としての申請をして、相手の方から承認が得られれば、晴れてその方のメンバーの一員として「アメンバーの方限定」として書かれた記事を読む事ができるというユニークな制度です。この制度が設けられた理由には、或る方には「仲間意識が刺激される楽しみ」として、又或る方には「防衛対策」としてとか [続きを読む]
  • 「忙しい」は便利な言い訳 (何故って時間は自分で作るものだから)
  • 巷で良くお見掛けするものに「忙しい」という事を年中強調し、連発する方達というのがいらっしゃいますね〜。でもその方が実際に本当にお忙しい方だとしても、実は私自身はこの様な方達にはあまり人間的魅力を感じた事がありません。(^^;何故なら、そこには子供じみた自己顕示欲や、隠された劣等感というものが透けて見えてしまうからです。そして、本当は「自分はやりたくない」というのが真実であるのに、それにお化粧を施して「 [続きを読む]
  • 真実はどこに?(皇室関連) ③
  • さてさて、いよいよこのシリーズも佳境に入って参りました♪(^^? それでは今回は、今までの様な視野で「皇室」というものを見るのではなく、視野をもっとう〜んと大きく広げ、一番私が「皇室の真実」に近いと感じる、より成熟したものの観方をお届け致します。☆_(_☆_)_☆ ちなみに今回の記事は、前々回の記事にコメントして下さった、たかちほさんという方と私とのやり取りを取り上げています。(たかちほさん、どうも [続きを読む]
  • 真実はどこに?(皇室関連) ②
  • 伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」 というサイトで、本日この様な記事を目にしました。\(◎o◎)/! 勿論世の中には、スイス銀行の皇室のお金に手を付けて現在スイスのバーゼルに逮捕監禁されているという小和田恒氏(雅子妃の父親)を、自分達の勢力の為に助けたいと思う人間も当然いらっしゃるし、 本来の皇室を取り戻したいと行動される方達もいらっしゃるのです。              [続きを読む]