oneafter909asama さん プロフィール

  •  
oneafter909asamaさん: デカセギおやじの軽井沢落書帳
ハンドル名oneafter909asama さん
ブログタイトルデカセギおやじの軽井沢落書帳
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/oneafter909asama
サイト紹介文半年軽井沢住民。耳にした事、目にした事等、軽井沢を中心にブログります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/03/28 22:10

oneafter909asama さんのブログ記事

  • 約20年ぶりに行ってみた 軽井沢大橋
  • 御代田町と軽井沢町の境目ぐらいにある かなり高いところに架けられているので、 見下ろすと下を流れる湯川が随分遠い 森泉郷別荘地造成のため、開発会社が湯川の峡谷に架けた橋で、 長さ110メートル、幅6メートルの鋼下路トラスド・ランガー橋。 湯川が作り出した深い峡谷に架かり、川面との距離は100メートルほどもある 欄干には自殺防止のための鉄条網が張り巡らされている 自殺者の幽霊の仕業なのか、軽井沢 [続きを読む]
  • <絶滅危惧種>敦盛草と熊谷草を軽井沢で見た!!
  •  <絶滅危惧種>アツモリソウ・敦盛草   絶滅危惧1A類に指定されている、 希少植物です。  日本の貴重な野生ラン(蘭)で、幻の花ともいわれています。   開花時期は5月〜7月ごろで、 茎の先端に直径3〜5cmの花を1個つける。  まれに2個つけることもあるらしい。 敦盛草の名前の由来 <源平合戦>一ノ谷の戦いで源義経の奇襲で討たれた平家の若き武将、  平敦盛が、流れ矢を背後から受けた場合の防具として、 [続きを読む]
  • Jazz House Satchmo  サッチモへ行く
  • 浅間山荘慰霊碑から発地方面に向かって1分右側 気軽に立ち寄れる  小さな小さな Coffee House です    おいしいコーヒー500円 テラス席3席、軽井沢のそよ風を感じながら coffee time マスターとの会話を楽しみながら、     カウンターで coffee time もちろんリクエストのjazz鳴らしてくれますよ 店中のインテリア品も他にはない、見かけない  ビンテージの数々で埋め尽くされ    ノスタルジーな世界へ [続きを読む]
  • 八風ホテルの工事はどこまで進行してる?
  • 発地の八風湖をのぞいて見た。 ホテルの建設以前は人知れずのいい湖だった   八風ホテルの建設工事は、一年前と変わってないんじゃない・・・  八風湖手前から奥・・・ちょっとは変わったかなあ、植林されてる  八風湖を回りこんだ右側に岩がごろごろ山になっている 一年前には見かけなかった現場だ   この上に上ってみたかったけど、「おこられそう」、勇気をもって、あきらめた  奥の奥、ホテルが建設される場所と [続きを読む]
  • 花や木々に囲まれたカフェ&ギャラリー・OWL に
  •  御代田面替の国道156号線沿いにある     カフェ&ギャラリー・OWL にチェックイン  たくさんの花や木々に囲まれたカフェ  オーナーが時間をかけこつこつと作り上げた建物で     2016春にOPENしたとの話、、、去年の春だ。   6月になると裏の木にふくろうがやってくるので    店名をOWL・・・・とのことです 中のインテリアも手作り、カウンター後ろには     奥さんが制作したアクセラリーや置物も販 [続きを読む]
  • ソウギョ(草魚)、只今、絶好調でハイ・テンション!です
  • ここは、レイクニュータウンレマン湖。       この湖の繁殖豊かなアサザの藻を 古い藻から食べて管理してくれるのが ソウギョ(草魚)なのです。 一見コイに似ていますがヒゲはなく、   水草・草類を好んで食べる習性がある淡水魚です。 豊富に草があるのは4〜9月で、   たった一年の半分しか草のある時期がないのです。 だから、ここぞとばかり、ひたすら食いまくるのです。      今が刈り [続きを読む]
  • 御代田・広戸城(別名/武舎城 武者城 民者城)の悲しい伝説
  •  5/8に投稿しました「堆積岩の崖」、   この崖上にあったのが広戸城(現在は私有地、畑)です。  湯川によって浸食された  比高70mの断崖が取り巻く、   台地の先端部に構えられた崖淵城でしたが、戦国期1555年、年末の餅つきの最中に、武田方の不意打ちにより落城。時の城主であった武舎加賀守は討死し、     奥方はこの崖から陣傘を広げ飛び降り、 湯川に沈んだと云う、悲しい伝説があります。近年まで、この地 [続きを読む]
  • 小さな不思議な島発見 森泉郷
  •  道路から池の端に下りてみた。         つつじのトンネル・・・・  花の間から池を覗いてみると  おやッ? なんだ? 小さな島を発見           木が一本   よく見て見ると、   たぶん、直径2mあるかないかの、まあるい島 「この島は、俺の島だ」と、言わんばかりに   その広さいっぱいに木が立っている 木が大きくなると、   ひっくりかえってしまいそうな島だ   なんだ? うしろ [続きを読む]
  • デリシア軽井沢店の 「デリシア・カフェ」 大好評
  • デリシア・カフェはレジカウンターを出て右奥にあります。  買い物終わってひと休み、  久しぶりの友達と会ってお話を  温泉帰りにアイスを一本  などなど・・・・  カウンターテーブルもあり、気軽にお弁当食べてる人も・・  テーブル・チャージ? ありません!  お茶、お湯、お水 もちろん無料 !!!!  うれしいですね。この気配り。  コーヒー飲みたい方は自販で100円  お湯が無料というのは、とても [続きを読む]
  • この壮大な崖の下に湯川ダムが
  •  この壮大な崖の下に    湯川ダムがあります    信濃川水域・湯川に設置されたこのダムは    8年の月日をかけ、昭和53年に完成され 下流域の水害を防止しているのです この補強壁も完成当時は真っ直ぐだったのでしょう   現在はふくらみ、それが又、まれにない景観となっております。    木々の連なりは、なんとオッ、まるで戦国時代「鶴翼の陣」 ピンクの木 1本、差し色で妙に美しい・・・・    [続きを読む]
  • 危険!ご注意!ここの合流地点(南軽井沢)
  • 軽井沢インターに向かって、南軽井沢交差点を通過 地元の車は左車線を走ります。  右車線を追い越し車線と思ってスピードアップする車もいます2分もすると、右カーブです。この地点ではまだ合流地点があるとはわかりません。  前に、車がいたらなおさらです。このまま2車線走行とほとんどのドライバーは思います。カーブしたとたん、   いきなり! 右車線が左車線に合流となります!!!!   右から左ですよ! 左から [続きを読む]
  • 軽井沢今朝も霧、Harukiへめちゃおいしいcoffee・・・・休みだあ!
  • 朝の霧は深く、もちろん今日はウールのセーターです。こうなると、仕事を遅らして、  coffee time と勝手に決めるのです。Cafe Haruki へ goアレッ?カーテンが閉まってる、本日お休みのようだ。  こんな日は、霧に包まれたこのcafeでcoffee飲みたかったのに・・・ (今度、この別荘?店?パッと見、どっちだかわからないこの家ちゃんとブログる予定です。    Cafeにあらず、されどCafe  予定変更で霧の散策、ぼんぼん [続きを読む]
  • 霧に包まれた雲場の池
  • 朝10時30分頃、プリンス通りを走行中、急に霧の中へ  急きょ、雲場の池に向かう。    思った通り、雲場の池は霧の中      新緑と霧に包まれ、少しづつ霧が流れて行き、とてもムディー   消えてゆく霧のグラディション     入口に沿って流れる湯川の霧はすでに消えていた     正面のおしゃれな別荘の扉も、ありったけの緑に包まれてました。    [続きを読む]
  • 温度9度、軽井沢に冬が戻ってきた
  • 軽井沢は一日中、雨・・・・・・    降り方もエイトビートになったり、ワルツになったり。旧道のほとんどの店が、「閉店 ガラガラ」雲場の池にも、人はひとりもいない・・     雨の中少々モヤがかかってノスタルジック・・  うちんちの方、夜もまだ小降り  でも、なんだか木の葉はうれしそうだ。若葉が息づいている。  洗濯はもちろん部屋干し、    今晩はストーブつけっぱなしで寝ることになりそうだから、乾 [続きを読む]
  • 今シーズン3回目の、広東料理 一品香(イッピンシャン)
  • 軽井沢町役場の駐車場の前にあり  エントランスはバリヤフリー対応となっています。広東料理ですので、メニューは「あんかけ」が主流店内は天井も高く、ゆったりとテーブルが配置され安堵感を感じます。カウンター席もあり、ひとりでも気兼ねなく行けるのも good !評判の担々麺は、お勧め致しますただ、気になったのは、つゆ麺の器の口が、斜めになっております。おしゃれ感はあります( 流行っては、いますけど・・・ )が、 [続きを読む]
  • 御代田町・露切峡近くに聳える堆積岩の崖は圧巻です
  • 御代田町・露切峡の近くにある堆積岩の崖は      湯川沿いに切り立っており、圧巻な情景です。 国道の空いたスペースに駐車して、崖の近くまで農道を歩いて行きます。   田への水路もあり、情緒あふれた景色です。 湯川の淵まで下りれる場所が何か所かありますが、     土手下りは、道なき道です。 この場所から見上げると、さらに圧巻なる情景です。下りて良かったあ〜  湯川はゆっくりと音もなく、流れていま [続きを読む]
  • 軽井沢〜新橋をトンボ返り、突然<C11 292>が・・・
  • 本日朝、5:30〜11:00軽井沢〜新橋をトンボ返りしました。東京は暑く、温度差に肺気腫持ちのデカセギおやじは対応出来ず、     何度も立ち止まり呼吸を整えるしだいでした。駅の反対方向から歩んできたのですが、 建ち並ぶビルの間から、蒸気機関車が突然現れました。東京ではSLは全部(おそらく)公園の中に展示されており 新橋だけがビルのそびえ立つ駅前広場に        <C11 292>が展示されています。  昭和の [続きを読む]
  • デリシア軽井沢店、旧ピーコック軽井沢店の食品群・復活か?
  • 本来この地域は三笠別荘地、愛宕山別荘地等、旧道の高級別荘地をバックボーンにしておりながらマツヤ時代は、上クラスの品物は減る一方でしたが、高価な青果・鮮魚・精肉の生鮮食品がお目見えした。  ステーキ10.000円  オオオッ! 軽井沢・・・!デカセギおやじには、とてもとても、   手がでないどころか足も出ない価格です・・・          ですが、軽井沢感があってホッとしたのも事実です。昔、旧道ロータリ [続きを読む]
  • デリシア軽井沢店はレジが早くなった
  • デリシア軽井沢店 一番良くなったのは、右半分(6〜9)のレジ列には自動支払の機械が設置され待ち列が長くても、50%以上スピーディになりうれしいかぎりです。あっという間に自分の番がやってきます。つまり、レジ係りさんは品物の金額を今まで通りチェッカーして作業終わり。(次の人の番となりますので、早い速い)その後の支払は、お客さんが支払の機械で現金又はカードのボタンを押して処理。そして、この機械の超スグレてい [続きを読む]