beache さん プロフィール

  •  
beacheさん: CUKUP BAHAGIA  another story
ハンドル名beache さん
ブログタイトルCUKUP BAHAGIA another story
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/beachebeachebeache/
サイト紹介文胆嚢癌の母の闘病記、覚書
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/03/29 00:41

beache さんのブログ記事

  • 元々、良いものが食べたい生き物
  • どうも、旧海の日に無事誕生日を済ませ、また1つ歳を重ねて参りました。毎日、暑いですね。ハワイとキューバと埼玉では何処が1番暑いのでしょう。暑いのは好きですが、ハワイやキューバと比べると、何だか途端に日常が色褪せますね。もっと、暑さに浮かれたい。暑い国は明るい国で無くてはいけない。日本は暑さにネガティヴです。最近は友達や姉の子供たちでさえ、外に出るのを嫌がります。熱中症になってはいけない、化粧が崩れ [続きを読む]
  • 雑念を排除して新しい景色を
  • 紫陽花も終わりに近づき、すっかり夏模様です。久しぶりに山登りましたら、膝が重かったです。もっと頻繁に来ようと思いました。シンプルなダイエットの為に山に登りますが、帰り道にインドカレーと馬鹿でかいナン買ったりするので、プラマイゼロか限りなくプラに近いです。シーフードとバターチキン買ったんだけど、シーブートとバターチキツだった。今年の夏は道東に行きたいな、と目論んでおります。北海道に行くことはあって [続きを読む]
  • 家は生活の宝石箱でなくてはならない
  • 今日は、葉山方面に物件探し(のお手伝い)に行って来ました。と言っても、興味本位で友達にくっついていき、近い将来、私が遊びに行くであろう部屋を物色しに行っただけ。もしくは、その下見であります。待ち合わせより早く着いたので、レンバイも冷やかしました。内見の前に、鎌倉のggというピッツェリアでランチしました。本当は北鎌倉のタケルクインディチに行きたかったんですけど、満席でした。しかしながら、ピザも美味し [続きを読む]
  • 別れになれば残る言の葉@帰り道写真部遠征旅行・函館の女
  • 帰り道写真部の面々と函館の女になりました。タイトルは北海道出身者の名言です。当初、20歳の母が辿った旅程をなぞるしんみりした旅になるはずでしたが、伏兵の登場により何やら賑やかな旅になりそうな予感です。行きはANAとエアドゥのコードシェアでした。私はANAでとり、同行の友達はエアドゥでとったそうです。6:55発。朝は所沢発4時半のリムジンバス。エアドゥの、クマ。可愛くて好き。空港でお腹空いたので、私はベーグルサ [続きを読む]
  • 卵を割らずにオムレツは作れない
  • 珍しく木曜日休みだったので、木曜日休みの友達と、久々に会うことが出来ました。彼女とは、昔、時期をあけて2つのレストランで同僚として働いていて、私の数少ない喧嘩ができる友達です。余りにも性格が似てるので、よく喧嘩になりますが、それでも暫くするとお互い必要になってしまう。私、友達と喧嘩する事って、滅多に無いですが、とにかく良い所も悪い所もお互い隅々まで知ってる、気の使わない友達です。久しぶりに会いま [続きを読む]
  • 過去が正しいかは未来が決める
  • 前々から楽しみにしていた名プロデューサー郁ちゃん(仮名)と鎌倉散歩にやって来ました。まずは源氏池の中にある弁財天にお参り。そして、テクテクお散歩しつつ、穴子と素麺の名店、左可井さんにやってきました。お店も味も素敵すぎる。穴子丼もさることながら、竹筒の素麺も最高です。張ったお出汁も美味しい。ペロリでした。素麺も私の好物。素麺、大でも良かったかなー。いやいや、腹8分目だから良いのかな。もう、食べたい。 [続きを読む]
  • 動くは身体、動かすは魂
  • タイトルは熊本の有名カレー店のマスターのお言葉です。気が向いたので、カレーを仕込みます。オニオンスライスと人参と生姜とニンニクのみじん切りを塩してバターとオイルでソフリットに。3時間ほど炒めたら。水足して、ソテーしたスペアリブを合わせて、じっくりコトコト。スペアリブが安かったんで、今回はスペアリブカレー。スペアリブが柔らかくなったら、煮崩れないように肉を取り出して、ルウを入れます。完成は明日の予定 [続きを読む]
  • Life is like an onion.
  • Life is like an onion. I peel it one by one, sometimes tears.安定の農協にて葉玉ねぎを手に入れたので、海老と葉玉ねぎのかき揚げと葉玉ねぎのぬたを作りました。春は良いね。安価で良い野菜が増えて嬉しいです。伽羅蕗もリベンジ。それっぽくなりました。前回、野蕗と書いてあるのを買ったけれど、今思うとアレは水蕗だったのではないか疑惑です。この木ベラ、とても使い勝手がよくお気に入りです。そして、砂肝をコンフィに [続きを読む]
  • それはいつか運命になるから
  • 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。マザーテレサ、深いわー。世間はGW。私はいつもより1時間早い6時からパン焼いております。ね、眠い。しかし、今日は母の49日の為、お休み。というか、お休みだ [続きを読む]
  • 思案は筍みたいなもので、大部分は土の中に埋もれている
  • 少し前から、地場産の筍が農協に並ぶようになったので、重い腰を上げ、筍を購入して参りました。そういや、春になれば必ず母がデカイ鍋で筍を茹でていたっけ。日高の農協の品揃え、良いです。平日の朝から、人でいっぱいです。2000円あれば、山程野菜買えます。今日は、1900円で、筍ピーマンニラのらぼう菜小松菜玉ねぎ大根蕪新ジャガ 買ってきました。筍が500円くらいしました。つーか、父と二人暮らしなのにエンゲル係数高 [続きを読む]
  • 時空を超えた旅のお供に
  • 今日は、母の1回目の月命日でした。友達の郁ちゃん(仮名)が、何とも美味しそうなお花を贈ってくれました。魔女、旅に出る。の歌の通り、永遠の旅に出た母ですが、きっと良い友達に恵まれた私の事を安心してくれているのではないかな、と思っています。甘い物が大好きな魔女でしたが、晩年は癌のために糖質制限をしていて、あまり満足に甘い美味しいもの食べられなかったので、この美味しそうなお花で満たされてる事でしょう。ど [続きを読む]
  • 知ることは自分が変わること
  • 散り急ぐ、で有名な桜の季節がやって来ました。我らが里山付近でも、人がワチャワチャしております。久しぶりに帰り道写真部の活動も行いました。まずは、前職の職場の後輩が働いているラーメン屋にて、ネギ味噌ラーメン食べます。もう1人の後輩と共に。久しぶりにラーメン屋でラーメン食べました。なんか、ネギたっぷりでチャーシューオマケして貰って、後輩のママに千明ダンゴご馳走になったり、で男子学生のように餃子食べたり [続きを読む]
  • ハンバーガーを食べながら日本について考える
  • ようやく、春めいてきました。タイトルは、スピッツと同じく30周年を迎えるエレカシみやじ氏の名言です。我が家の玄関付近、ムスカリが満開です。放っておいても春になれば咲くムスカリ、健気。今日は亡き母の糠床の目醒めの儀を行いました。体調が悪かったこともあり、漬かるのに時間のかかる冬は、表面に塩をして休ませていたのです。亡くなる前にキチンと儀式について伝承しました。もう少し早く目醒めの儀を行いたかったので [続きを読む]
  • 魔女、旅に出る
  • 梅が散り始め、東京に桜開花宣言の出た3月21日、私事ながら、闘病していた母が亡くなりました。病気が分かってから7ヶ月という短い時間でしたが、毎日、母と向き合い、最期まで私に出来ることは全て出来た、と自己満足しています。支えてくれた友達には本当に感謝です。父との絆も強くなった気がします。魔女、旅に出る母の希望で、葬儀の際にスピッツの曲をガンガン流しまくったんですけど、ちょうど棺に花を入れる時に、魔女、 [続きを読む]
  • ナポリタンのタン
  • タイトルはイタリアンじゃないパスタ、ナポリタンの語源。ナポリ風という事なのか、ナポリタンのタンってホワッツ?どうでも良いですけど、ナポリタンって美味しいですよね。タバスコと粉チーズを山程かけます。またまた、友人からチョコ貰っちゃいまして。オランジェット。私の五本の指に入る好物です。タルトシトロンとジャンボンフロマージュのバゲットサンドも入ります。残り2本になっちゃった。足りない。指。彼女のように積 [続きを読む]
  • A day without a chocolate is a day without a sun
  • 早いもので、気が付けば2月も半ばです。2月早い。私、不労取得最高の期間を終え、渋々働き始めました。不健康的生活を愛しつつ、健康な身体を保持してましたが、歳も歳なので、そろそろキチンと似非健康マニアから脱却して健康マニアになろうかと思いまして、新しい職場はそういう系のパン屋です。モリンガとかスピルリナとかマキベリーとかゴールデンベリーとか練りこんだパンとか焼いたり、フレンチトーストにバナナ並べてカラ [続きを読む]
  • すててしまえよ、ぼくたちには、用のなくなったものだから
  • 新年明けましておめでとうございます。明けましたね。そして、青学優勝しました。外に出るとお金使うので、引きこもって読書してます。写真は古本屋で買った推理小説に挟んであった栞とツンツン。ラストレシピ、悪霊島上下巻、人面瘡と、再読で残り全部バケーション、首折男のための協奏曲、ガソリン生活を読みました。幼馴染と初詣も。久しぶりに渋谷に行って、友達とお喋りを楽しんだり、ヴィロンのパンを楽しんだりしました。 [続きを読む]
  • 情念が、脳内の、火焔土器に
  • 昨日で、現職の職場の勤務を終え有給休暇に入りました。いつもは1人で調理してる日曜日ですが、後輩が休日出勤してくれて、スーパー楽チンで最終日終えました。可愛い奴め。辞めることを決めてから、妙に後ろ髪引かれる出来事が多く、人生とは、こういう風に葛藤や心残り的な感覚を散りばめて、スンナリとセカンドステージに進ませないのだな、と、理屈に変換してどうにか心に折り合いを付けました。ま、何回も転職してるので、セ [続きを読む]
  • How strange life is!
  • 訳あって、もうひとつアカウントを作ったので、そちらにやや専門的な日記を書いておりました。その間に色々とありました。まず、9月11日生まれのオカメインコをお迎えしました。二羽の老いた愛鳥を亡くし、悲しみにくれ。これは我が家に来た当日。まだ、穢れを知らぬ顔をしております。そして、これは近影。うっかりしてる間に、秋を通り越して冬になりました。トランプ次期大統領が誕生し、安部首相はとうとう真珠湾へ行くようで [続きを読む]
  • 生まれ変わる前に
  • 我が家の愛鳥、荒鳥出身のブイブイが永眠致しました。拾った当時は人を怖がる荒鳥でしたが、最終的にはベタ慣れの抱っこ十姉妹になりました。拾ってから8年近く。うちに来た時に何歳だったか分かりませんが、随分我々家族を癒してくれました。ブイブイ、ありがとう。外で遊んで、小屋に帰って餌食べて水飲んで、また外に出るために入り口付近に寄って来て、そのまま眠るように死にました。本当に死ぬ数秒前まで普段通り。昨日もよ [続きを読む]
  • 魅力的に愚痴を言うには、天才でなければならない
  • 今年もこの季節がやって来ました。今年は雨が多くて、厄介でした。やはり、太陽を浴びないとダメです。花も私も。今年の秋は、ついに家でも料理をし始める、という珍事が起きています。山が動いたってやつです。料理をすると気づくんですけど、どうやら料理が好きみたいです。20年、仕事としてやって来ただけあります。オーブン100度で、3時間。丸々、太った秋刀魚をコンフィにしました。頭の骨まで、ホロホロ。シンプルに塩とロ [続きを読む]