masakatu さん プロフィール

  •  
masakatuさん: 読書を楽しもう!!
ハンドル名masakatu さん
ブログタイトル読書を楽しもう!!
ブログURLhttp://okip.jp/step/IIVc62z6
サイト紹介文読書感想、読書より得た知識、名言を紹介します。
自由文読むことで得た知識、名言、そして読書感想を活字として残し、伝えたいと思います。よろしくお願いします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供682回 / 365日(平均13.1回/週) - 参加 2016/03/29 12:37

masakatu さんのブログ記事

  • 「どうせ人間」から「どうしても人間」へ
  • 「どうせ人間」から「どうしても人間」へ「どうせ人間」から「どうしても人間」へ世の中には、たとえ夢があっても、少し困難なことがあるとすぐにあきらめてしまう人がいる。そういう人に、元気を促すと、決まって「どうせ俺なんか…」と口ぐせのように言う。こういう人は、絶対に言霊(ことだま)はつくれないし、奇跡など絶対に起きない。同じ困難に出合っても、「どうせダメだと思ったよ」とあきらめる人と、「どうしてもやりと [続きを読む]
  • 運をつかむには、◯◯なときに◯◯な場所にいること。
  • 運をつかむには、◯◯なときに◯◯な場所にいること。私たち人間は運を味方につけなければうまく生きられない。運がなければ、何事も思うようにはいかない。「成功」の定義がどのようなものでも、運は成功するための欠かせない要素なのだ。あなたが人生で得たいものは何だろう。金持ちになること、有名になること、プロとして尊敬されること、幸せな結婚、愛されること…。それが何であれ、すでに手に入れているだろうか。ほとんど [続きを読む]
  • 「抜く」技術
  • 「抜く」技術車のハンドルには「あそび」が不可欠です。あそびがないと「余裕」がありません。余裕がないと「危険」です。このように「安全なもの」「丈夫なもの」には、かならずあそびというすき間が用意されているものです。少しおしゃれな言い方をすれば、安全や強度は「アローアンスによって保証される」、アローアンスとは余裕とか柔軟性のことです。たとえば建物などでも、いくら素材の硬度や強度を高めても、建築構造の仕組 [続きを読む]
  • ミッキーがあれほど老若男女問わず愛されるのか?
  • ミッキーがあれほど老若男女問わず愛されるのか?なぜ、ミッキーがあれほど老若男女問わず愛されるのか?それは陽気で愉快な人気キャラクターだからということだけではありません。ひと言でいうならば、ミッキーは人間以上に人間らしいからこそ愛されるのです。ディズニー創始者であるウォルト・ディズニーも、ミッキーという存在についてこんなふうに語っています。「ミッキーは本当にいいやつなんだ。人のことをこれっぽっちも傷 [続きを読む]
  • 逆風期、低迷期、結果がでなくて…
  • 逆風期、低迷期、結果がでなくて…逆風期、低迷期、結果がでなくて落ち込んだときこそ、一生懸命に仕事をすること。いつにもまして仕事に打ち込むことで、自分の弱った気持ちを立て直すのです。うまくいくかいかないかを頭であれこれ考えたり、想像だけしていても物事は一歩も前へ進みません。そういうときは基本に戻って、自分の根っこである仕事や学問に集中することです。それによって、やはり自分のやっていることには意味があ [続きを読む]
  • 過大な期待は◯◯のもと
  • 過大な期待は◯◯のもと過大な期待は不幸のもとです。どんなことでも、期待しすぎるとがっかりするものです。期待の大きすぎる人は、毎日失望しながら生きていかなくてはなりません。わたしと夫はよく試写を観にいきますが、そのときは批評など何も読まずに白紙の状態で見るほうが楽しめるような気がします。逆に「最高だ!」という批評を読んでから観にいくと、「それほどでもなかった」と思うことが多いのです。休暇旅行、パーテ [続きを読む]
  • アンパンマンに人気があるのは、弱いからだ。
  • アンパンマンに人気があるのは、弱いからだ。アンパンマンに人気があるのは、ほかのヒーローに比べて弱いからだ。パン工場の煙突から飛び出し、愛と正義を守るために真っ暗な空を切り裂いて飛んでいく。そして、お腹をすかせた人と出会えば、「さあ、ぼくの顔をあげる」と言って、顔をちぎって相手に差し出す。顔が欠けてしまうと、たちまち元気を失ってしまう弱さ。でも、顔を取り替えるとまた元気いっぱいになって、再び空へと飛 [続きを読む]
  • なぜ成功者は「運」を気にするのか?
  • なぜ成功者は「運」を気にするのか?ナポレオンは将軍に昇進させる人間については、その人が運がいいかどうかを部下が辟易(へきえき)するほど聞いたといいう。日本でも、海軍大臣の山本権兵衛は日露戦争の前に将軍たちのリストラを断行しながら、予備役寸前の東郷平八郎を「運がいい人間だから」という理由で残した。また、プロ野球界でも伝説的な名監督・三原脩もまた選手の運を非常に重視して、代打などでも打率よりも運の強さ [続きを読む]
  • いい過去を築いてきた人はやはりいい人生を歩む可能性が高い。
  • いい過去を築いてきた人はやはりいい人生を歩む可能性が高い。いい過去を築いてきた人はやはりいい人生を歩む可能性が高い。今ある自分というのは、今まで生きてきた積み重ねの上に成り立つものである。今ある人間関係は、まさに自分の今までの生きてきた過程のなかでつくりあげられたものだ。いい過去を持っているということが、過去の一時点、一時点において、その今を誠実に生きてきたということであろう。これを今に置き換えれ [続きを読む]
  • 『子どもは大人の鏡』子育てについての18の教訓
  • 『子どもは大人の鏡』アメリカのドロシー・ロー・ノルト博士が書いた『こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語』の一節を紹介しますこの18の教訓からあなたは何を感じますか?『子どもは大人の鏡』子どもは、批判されて育つと人を責めることを学ぶ子どもは、憎しみの中で育つと人と争うことを学ぶ子どもは、恐怖の中で育つとオドオドした小心者になる子どもは、憐れみを受けて育つと自分を可哀想だと思うようになる子どもは、馬 [続きを読む]
  • 成功する人はみんな逆に考える
  • 成功する人はみんな逆に考える「もし神が人間の祈りをそのまま聴き届けていたならば、人間はすべて、とっくの昔に滅びていたであろう、というのは、人間はたえず、たがいに、多くのむごいことを神に祈ってきているから」これは古代ギリシャの哲学者エピクロスの言葉です。ここでは神様が人間の願いをかなえていたら、人間は滅びていただろうという逆説を唱えています。本来、神様が願いをかなえてくれたら、人間は幸せになるはずで [続きを読む]
  • 小学一年生の女の子が書いた「ぼう走ぞくへ」に共感の嵐!!!
  • 小学一年生の女の子が書いた「ぼう走ぞくへ」に共感の嵐!!!この女の子は暴走族に対して不快に思った気持ちを詩にしました。まだ、漢字も書けない彼女の強いおもいの詰まった詩が多くの共感を得ています。その詩がこちらです。こどもの詩。たまらぬ。 pic.twitter.com/5JH2r6z79G— hashigo (@hashigodk) 2017年3月23日ちょっと暴力的な言い回しに感じる詩ですが、それだけ人に迷惑をかけているということです。暴走行為は [続きを読む]