キューティー吉本 さん プロフィール

  •  
キューティー吉本さん: アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行
ハンドル名キューティー吉本 さん
ブログタイトルアイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行
ブログURLhttps://qt-yoshimoto.ai-plus.com/blog/
サイト紹介文旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の口コミとブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2016/03/29 17:52

キューティー吉本 さんのブログ記事

  • 東京健康ランド まねきの湯
  • 久々に行ってみました。聞けば、今日は温泉の日だか何だかで、大人料金がタオルと館内着レンタル込みで、1,230円とのこと。ちょっと嬉しい誤算。ちなみに、毎月第4土曜日にやっているそうです。では、なぜ東京健康ランド まねきの湯に来たのかというと、焼肉が食べたい気分でして。お風呂に入れて、焼肉が食べられるところはどこって、思いついたのがここだったのです。生ビールも来たし、戦闘開始。ここは一つ、上カルビを奮発し [続きを読む]
  • 香川県とその周辺1泊2日の旅のまとめ
  • 1日目。とにかく今回は荒れた旅で・・・て言うかキューティー吉本の旅で荒れていない旅の方が少ないという説があるのですが、とにかく今回は荒れ方がひどかったんです。なにせ、目的地が香川県だというのに、高松駅に着いたらもう真っ暗。高松築港駅からことでんに乗って、瓦町駅に着いてお宿にチェックインしたら1日目が終わっていたというわけです。讃岐うどんも食べられず仕舞。ちなみに、↓ここにお泊りしました。天然温泉「牛 [続きを読む]
  • 前橋の繁華街へ行ったら、そこは廃墟と化していた
  • 群馬県の県庁所在地、前橋市のメインストリートは、けやき通りです。JR前橋駅の北口からすとーんとまっすぐ伸びています。しかし、まえばし駅前温泉 ゆ〜ゆこそあるものの、お店は少なく、どことなく寂しい感じです。なぜかと言いますと、前橋の繁華街はJR前橋駅の近くではなく、上毛電鉄の中央前橋駅の近くにあるからです。このため、けやき通りも中央前橋駅の近くになると、お店が多くなります。しかし、昼間だというのにシャッ [続きを読む]
  • 特急りょうもう
  • 浅草から東武伊勢崎線を走る、特急りょうもうです。大抵の列車は赤城行きですが、たまに太田行きや伊勢崎行きがあります。停車駅は、浅草、東京スカイツリー、北千住、東武動物公園、久喜、館林、足利市、太田、藪塚、新桐生、相老、赤城です。一部のりょうもう号は、加須と羽生に停まります。特急りょうもうに久々に乗ってびっくり。なんと、シートが新しくなっていたのでした。特急りょうもうって、外観こそ変わらないものの、列 [続きを読む]
  • 赤城駅
  • 上毛電鉄線と東武桐生線の赤城駅です。特急りょうもうは、大抵この赤城駅行きです。しかし、ターミナル駅とは思えない、何とものどかな雰囲気の駅です。赤城駅は上毛電鉄と東武鉄道の共同駅でして、駅構内でつながっています。写真左側が駅舎、真ん中が上毛電鉄のホーム、右側が東武鉄道のホームです。上毛電鉄が使用する、1番線・2番線です。向かって右側が1番線で、西桐生方面に行く列車が発着します。向かって左側が2番線で、中 [続きを読む]
  • 中央前橋駅
  • 群馬県には上毛電鉄と言って、中央前橋から赤城を経由して、西桐生へ行くローカル私鉄があります。で、中央前橋駅です。その名の通り、前橋市の繁華街のすぐ横にあります。ホームは2番線、3番線・・・て、1番線が一体どこに行ったのか不明ですが。どちらも両側にホームがありまして、赤城・西桐生方面に行く列車が発着します。改札口です。何といまどき、自動改札機がありません。列車の発着時刻が近くなると、駅員さんが手で改札 [続きを読む]
  • まえばし駅前天然温泉 ゆ〜ゆ
  • さすが群馬県と言いますか、県庁所在地の前橋駅からすぐ近いところに温泉があります。まえばし駅前天然温泉 ゆ〜ゆです。場所は、JR前橋駅から歩いて2分のところ。前橋市のメインストリートである、けやき通りにあります。営業時間は10:00〜23:00。料金は大人平日630円、休日730円です。レンタルフェイスタオル80円、バスタオル150円です。シャンプーやボディソープは備え付けのものがあります。下駄箱が100円のリターン式になって [続きを読む]
  • 前橋駅
  • JR両毛線の前橋駅です。群馬県の県庁所在地は前橋でして、前橋駅は群馬県を代表する駅のはずなのですが、完全に高崎駅に負けてしまっている感じです。1番線・2番線です。1番線は、主に伊勢崎・栃木・小山方面に行く列車が発着します。2番線は、主に前橋駅で折り返す列車が発着します。3番線です。主に、新前橋・高崎方面に行く列車が発着します。写真左側に4番線がありそうに見えるのですが、ここは線路がなく、ホームには柵が。改 [続きを読む]
  • 青森・函館2泊3日の旅のまとめ
  • 1日目。まずは東北新幹線で新青森駅に行きました。本当だったらはやぶさに乗りたかったのですが、残念ながら満席。はやてで行きます。当時は新青森駅まで開業したばっかりだったので、新青森駅はものすごい人でした。青森駅に到着。まだお昼ご飯を食べていなかったのに気づきまして、立ち食いそばと青森煮干しラーメンを頂きます。で、青森ベイエリアを散策します。青森ベイエリアには、A-FACTORYや青函連絡船八甲田丸、青函連絡船 [続きを読む]
  • 川治温泉 薬師の湯
  • 鬼怒川温泉から更に先に、川治温泉があります。ここには薬師の湯と言って、男女混浴の露天風呂があるんです。しかしこの露天風呂、入るにはかなりの勇気が要ります。なぜかと言うと・・・ご覧の通り、川の対岸から丸見えなんです。しかも、お風呂だけじゃなくて、脱衣場も丸見えなんです。でも、この日は誰も入っていませんでした。一体どうしたんだろうと思ったら・・・何と、システム故障中なんだそうです。なので、キューティー [続きを読む]
  • 特急リバティ会津 特急リバティけごん
  • 東武鉄道の特急リバティです。特急リバティというのはこの車両への愛称でして、行先によって、特急リバティ会津、特急リバティけごん、特急リバティりょうもう、などの愛称がつきます。理屈は、特急スペーシアと同じですね。この列車の売りは、3両編成2本に分割することができる点です。これを活かして、東武動物公園で分割して、館林方面へ行く列車と、鬼怒川温泉方面に行く列車にする。下今市で分割して、東武日光方面に行く列車 [続きを読む]
  • 旭橋駅 那覇バスターミナル
  • ゆいレールの旭橋駅です。那覇市の繁華街の端っこにある駅でして、那覇バスターミナルの最寄り駅です。それなりの乗降客を見込んだのか、ホームが上下線で別々になっています。向かって左側が1番線で、牧志・おもろまち・首里方面行きの列車が発着します。向かって右側が2番線で、那覇空港方面行きの列車が発着します。改札口です。他の駅と同様、ICカードリーダーとQRコードリーダーがついた自動改札機が並びます。Suica、PASMOな [続きを読む]
  • ゆいレールで首里城へ行ってみた
  • タイトル通りではあるのですが、ゆいレールに乗って首里城へ行ってきました。ちなみに、首里城への最寄り駅は首里駅で、駅から歩いて10分ぐらいのところにあります。首里駅に着いたら、改札口から向かって左側の出口から出ます。そのまま真っすぐ進むと、鳥堀交差点に着きます。ここを、赤枠で示した方向へ歩きます。(ま、早い話が直進なんですが)しばらく進むと、首里城への入口らしきものが。しかしここは、工事車両の出入口み [続きを読む]
  • ゆいレール 1日乗車券 2日乗車券
  • キューティー吉本が沖縄県でお世話になったのが、ゆいレールの1日乗車券と2日乗車券です。1日乗車券のお値段は、700円(800円に値上げ予定)。これで、切符を買ってから24時間、ゆいレールが乗り放題になります。なので、タイトルは1日乗車券となっていますが、中身は東京メトロの24時間券と同じ感じです。では、この1日乗車券でどれだけお得になるのか考えてみましょう。これは、那覇空港駅の運賃表です。那覇市内の中心街がある [続きを読む]
  • 沖縄都市モノレール ゆいレール
  • 那覇市内を中心部を走るモノレール、ゆいレールです。ゆいレールというのは愛称で、正式には沖縄都市モノレールと言います。ゆいレールは、那覇空港駅から、那覇バスターミナルのある旭橋駅、那覇市内一の繁華街でもある国際通りの最寄り駅の牧志駅、おきなわ新都心とも言われDFSがあるおもろまち駅を経由して、首里城公園の最寄り駅である首里駅が終点です。ちょっと変わっているのが、日本語のアナウンスと、英語のアナウンスが [続きを読む]
  • プレミアムクラスのお食事 那覇−羽田
  • 那覇−羽田線でも、プレミアムクラスのお食事を予約していました。なにせ、那覇−羽田便は国内線の中でも屈指の長距離路線でして、夜に那覇空港を出たら、羽田空港に着いた頃には食べるところがないという。ま、那覇空港って夕方でも空弁が充実していたので、「もしかしたら、空弁にありつけないかも」という心配は、取り越し苦労に終わったのですが。いつもだったら2段重ねで出てくるのですが、今回は別々に出てきました。お品書 [続きを読む]
  • ロワジールホテル那覇
  • 今回のキューティー吉本の旅のテーマは、リゾート系のホテルに泊まって、ゆっくり過ごす。で、白羽の矢が当たったのが、ロワジールホテル那覇です。建物が2つあって、奥が本館。手前の建物のうち、下層階がイースト館、上層階がスパタワーです。(以降、手前の建物のことをイースト館と呼びます)場所は、ゆいレールの旭橋駅から歩いて15分ぐらいのところ。駅を出てすぐ右側にずーっとまっすぐ歩いたところにあります。このホテル [続きを読む]
  • SAM’S MAUI テンダーロインステーキ
  • 沖縄県3日目の夜も、やっぱり肉系になってしまいました。国際通りにあるSAM’S MAUIというお店で、前々から気になっていたんです。店内は、各テーブルごとに鉄板がついています。これが大阪ならお好み焼き、東京ならもんじゃ焼きなのですが、ここは沖縄県。鉄板焼きステーキのお店なのです。ここの料理は、すべてコースになっています。まず出てくるのがスープ。かなりスパイシーで、辛かったですが、ビールには合う感じでした。続 [続きを読む]
  • Tギャラリア 沖縄 by DFS
  • 沖縄県って、日本で唯一、日本人が買える免税店がある都道府県だったりします。那覇市内には免税店が2か所ありまして、1つが那覇空港の中のDFS。もう一つが、Tギャラリア 沖縄 by DFSです。場所は、ゆいレールのおもろまち駅の真横で、駅に直結しています。高さはそれほどでもないものの、かなりの広さです。1階が駐車場と食品・酒・たばこ。2階がメインフロアー。3階がレストラン街です。ここで買うと、まず帰りの飛行機の便名と [続きを読む]
  • 焼肉と沖縄家庭料理 うるま 石垣牛の焼肉
  • 折角沖縄県に来たんだから、やっぱり石垣牛は食べて帰りたい。でも、ステーキはムリ。でも、焼肉だったらどうにか行けるだろうというわけで、石垣牛を焼肉でいただくことにしました。国際通りにある、焼肉と沖縄家庭料理 うるまです。やはり沖縄県ですから、オリオンビール。戦闘準備OKです。で、これが石垣牛の盛り合わせで、3,000円です(代金はすべて税別)。石垣牛のカルビ、ロース、レバー、てっちゃんですね。キューティー吉 [続きを読む]
  • ゆりえそば 軟骨ソーキそば
  • ゆいレールの旭橋駅の近くで、気になる立て看板を発見。どうやら沖縄そばのお店の看板だと思うのですが、気になったのは営業時間。「AM11:30〜PM12:00」と書いてありまして、これは朝の11:30〜正午が営業時間ということでして、なんと1日の営業時間はわずか30分! で、キューティー吉本の手元の時計では、たまたま営業時間内。どんなお店か行ってみることにします。立て看板から程なくして、お店はありました。なんとまあ、これは [続きを読む]
  • 赤嶺駅
  • ゆいレールの赤嶺駅です。実はこの駅、那覇空港駅の隣の駅だったりします。ホームです。1番線が、那覇市内の中心街を経由して、首里に行く列車が発着します。2番線が、那覇空港に行く列車が発着します。それにしても、ゆいレールの島式ホームって、遮るものが何にもなく、吹きっさらしなんですね。改札口です。他の駅と同様、ICカードリーダーとQRコードリーダーを備えた自動改札機が並びます。SuicaやPASMOが使えないのが痛いとこ [続きを読む]
  • 首里城
  • まあ、沖縄に来たんだったら、ここは外せないでしょう。首里城です。首里城周辺が、首里城公園として整備されています。ゆいレールの首里駅から5分ほど歩くと着くのですが、最初に見えるのが久慶門です。ただし、ここは出口なので、その先の勧会門まで歩きます。で、これが首里城の入り口、勧会門です。でもって、ここから首里城本体まで、延々と門をくぐることになります。瑞泉門です。ここでちょっとした石段があります。漏刻門 [続きを読む]