キューティー吉本 さん プロフィール

  •  
キューティー吉本さん: アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行
ハンドル名キューティー吉本 さん
ブログタイトルアイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行
ブログURLhttp://qt-yoshimoto.ai-plus.com/blog/
サイト紹介文旅行大好き、温泉大好き、乗り物大好きな、キューティー吉本の口コミとブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2016/03/29 17:52

キューティー吉本 さんのブログ記事

  • 湯田中渋温泉をぶらぶら歩いてみた
  • 湯田中温泉と渋温泉は町自体がつながっているため、湯田中渋温泉とまとめて案内されることもしばしばあります。最寄り駅は、長野電鉄の湯田中駅です。湯田中駅から手前にあるのが、湯田中温泉です。で、その湯田中温泉の中を歩いているはずなのですが、とてもここが温泉地とは思えない光景が続きます。キューティー吉本が行った当時、ソメイヨシノが満開でした。雪山とのコントラストが、何ともきれいですね。しばらく歩くと、よう [続きを読む]
  • 戸倉上山田温泉をぶらぶらしてみた
  • 戸倉温泉と上山田温泉は、町自体が一体になっているので、戸倉上山田温泉と呼ばれるケースがあります。しなの鉄道線の戸倉駅から歩いて20分ぐらいのところにあります。(行き方は、この記事をご覧ください)それでは、旅館街に入っていきます。人通りはまばらで、どこか寂しい感じです。廃墟となってしまった旅館こそ見当たらないものの、廃墟となった商店は結構いっぱいあります。ここも営業している様子は見えず、中は荒れ放題で [続きを読む]
  • 手打ち蕎麦 大丸 更科とろろそば
  • 善光寺に行ったところで、少し遅いのですがお昼ご飯にしたいと思います。善光寺への参道に、活けてる感じのお蕎麦屋さんがあったので、行ってみたいと思います。普通のお蕎麦と更級そばの2種類がありまして、更級そばは1,000円以上する上物。どっちにしようか迷ったのですが、ここはけちると後悔すると思って、更級そばを頼むことに。しかも、とろろまでつけてしまいました。これで、1,100円です。まず、キラキラと光る細麺が、食 [続きを読む]
  • 善光寺
  • 長野に行ったら、ここへ行かないとダメでしょう。善光寺です。場所は、長野駅からバスで15分ぐらいのところにあります。バスの運賃は150円です。善光寺大門のバス停からしばらく歩くと、仁王門が出迎えてくれます。現在の仁王門は、1918年(大正7年)に再建されたものだそうです。仁王門の先に山門があるのですが、参道にはお土産物屋さんや飲食店が立ち並びます。駒返り橋です。源 頼朝が馬で参拝した際、ここで馬の蹄が挟まって [続きを読む]
  • 湯田中駅前温泉 楓の湯
  • 湯田中温泉には、入浴料を払えば誰でも入れる外湯があります。しかも、湯田中駅の真横にあります。湯田中駅前温泉 楓の湯です。入浴料は大人300円で、タオルはついていません。フェイスタオルは160円で販売しています。靴を下駄箱に入れ、自動券売機で入浴券を支払い、フロントで入浴券を渡すシステムです。シャンプーとボディソープは、備え付けのものがあります。ロッカーは、100円リターン式です。お風呂は、内湯と露天風呂。サ [続きを読む]
  • 湯田中温泉 外湯
  • 渋温泉同様、湯田中温泉にも外湯があります。そのうちのいくつかをご紹介します。まずは、大湯です。続いて、綿の湯です。名前が書いてなかったのですが、これは鷲の湯でしょうか。滝の湯です。白樺乃湯です。ちなみに、どの外湯にも扉には鍵がかかっていて、中に入ることができません。どうやら各外湯を管理している組が存在して、その組員でないと入ることができないみたいです。キューティー吉本も入ることができず、それ故コメ [続きを読む]
  • 渋温泉 足湯のぶとまる
  • 渋温泉には、大湯をはじめ9つの外湯があります。しかし、扉には鍵がかかっていて、宿泊客でないと入ることができません。大湯の上には足湯がありまして、こちらは無料で誰でも入ることができます。折角なので、キューティー吉本も入ってみます。入ってみると、タオルが干してありました。自由に使っていいと思われるのですが、自分のタオルを持っていたので使いませんでした。お湯はご覧の通りの茶色いお湯。キューティー吉本の体 [続きを読む]
  • 渋温泉 外湯めぐり
  • 湯田中温泉と渋温泉は町自体がつながっているので、湯田中渋温泉と呼ばれるケースがあります。湯田中駅から奥が渋温泉、手前が湯田中温泉です。渋温泉には9つの外湯があり、順番に入るとご利益があるそうです。最初に入るのが一番湯 初湯です。名僧行基が最初に発見したお湯だそうで、胃腸に効くそうです。二番湯 笹の湯です。笹藪の中から湧き出していたと言われ、湿疹などによく効くと言われています。三番湯 綿の湯です。この温 [続きを読む]
  • 特急ゆけむり
  • 長野電鉄の特急ゆけむりです。長野と湯田中の間を結びます。長野電鉄の特急にはA特急とB特急があり、A特急の停車駅は、長野−権藤−須坂−小布施−信州中野−湯田中です。B特急は、A特急の停車駅のほか、本郷−信州吉田−朝陽に止まります。特急料金は100円です。特急ゆけむりは、昔の小田急ロマンスカーHiSEです。ただ、11車体連接ではさすがに長すぎたのか、長電に来た時に4車体連接になりました。ご覧の通り、これが特急料金100 [続きを読む]
  • 長野電鉄 長野駅
  • 須坂、信州中野、湯田中方面に行く、長野電鉄の長野駅です。JR長野駅のすぐお隣にあります。地下駅でして、善光寺口を出て地下入口に行きます。地下道への入り口を過ぎると、長野電鉄の長野駅があります。特徴として、列車ごとの改札を行っていること、改札口の前が事実上の待合室になっていて、ベンチがずらりと並んでいる点が挙げられます。改札口です。長野電鉄では無人駅があるため、運賃の収集のために有人改札口になっていま [続きを読む]
  • 湯田中駅
  • 長野電鉄の終点、湯田中駅です。湯田中温泉と渋温泉の最寄り駅で、志賀高原方面行きのバスが発着する、長野県北部のリゾート地への玄関口です。駅はのちに改築され、事実上ホームは一つしかありません。長野行きの特急ゆけむりや特急スノーモンキーをはじめ、おおむね1時間に1〜2本の列車が発着します。駅全景です。向かって左側が現駅舎、右側が旧駅舎です。かつてはここに2線が引いてあって、カメラがあるあたりに踏切がありまし [続きを読む]
  • 信州そばと地酒 小木曽製粉所
  • 晩ご飯は、信州そばと地酒 小木曽製粉所に目を付けていまして、行ってみることにしました。なんとここ、長野東急REIホテルと同じ建物でした。(以下、代金は税別)まず頼んだのが、玉子焼き。500円でした。しかし、ここで痛恨のミス。よーく考えたら、今朝東京駅で玉子焼き定食を食べたのでした。それから、長野県に来たらこれが食べたい。馬刺し、700円でした。しょうが醤油でいただきます。臭みが全くなく、うまかったですよ。続 [続きを読む]
  • 長野東急REIホテル
  • キューティー吉本がお泊りしたのは、東急REIホテル長野でした。場所は、長野駅から歩いて0分。善光寺口を出たらすぐわかります。キューティー吉本はシングルルームを予約したはずだったのですが、「ダブルルームでご予約を承っております」とのことで、ダブルルームに案内されました。こちらが、ダブルルームの室内です。手前にダブルベッドと加湿空気清浄機、奥にテーブルとテレビ、冷蔵庫があります。逆向きから撮ると、こんな感 [続きを読む]
  • 上山田温泉 かめ乃湯
  • 戸倉上山田温泉には、日帰り入浴できる外湯がいくつかあります。そのうちの一つ、かめ乃湯に行ってみました。場所は、しなの鉄道の戸倉駅から歩いて20分ぐらいのところにあります。戸倉駅から千曲市循環バスに乗るという手もあるのですが、便数が少ないので、よほど歩くのが面倒臭い人を除いて、歩いた方がいいと思います。入浴料は、大人で千曲市民250円、千曲市民以外350円という、破格の安さです。しかも、内湯だけではなく、露 [続きを読む]
  • 戸倉駅から戸倉上山田温泉へ歩いて行ってみた
  • 長野市からやや南に、戸倉温泉と上山田温泉があります。ただし、この2つの温泉は町自体がくっついているので、戸倉上山田温泉と案内されています。最寄り駅は、しなの鉄道線の戸倉駅です。戸倉駅前の道をまっすぐ歩くと、「戸倉駅入口」の交差点があります。ここを左折します。それにしても、駅前にスーパーもコンビニもないんですね、戸倉駅って。でも、古民家風のイケてるお蕎麦屋さんがありました。さすが長野県。しばらく歩く [続きを読む]
  • 戸倉駅
  • 戸倉(とぐら)駅です。昔は信越本線の駅だったのですが、北陸新幹線が長野まで開業した時、第3セクターのしなの鉄道に移管されました。駅には留置線もあり、結構大きな駅です。1番線です。主に、長野方面に行く列車が発着します。左が2番線、右が3番線です。主に、上田・小諸・軽井沢方面行きの列車が発着します。また、戸倉駅で折り返す列車も、このホームから発着します。改札口です・・・が、通れるのは一番左だけです。かつて [続きを読む]
  • そば亭 油や もりそば
  • 長野についたところで、お昼ご飯を食べます。長野駅前に、「そば亭 油や」なるお店があったので、入ってみます。キューティー吉本が頼んだのが、もりそば。750円でした。キラキラ光る麺が、食欲をそそります。で、お蕎麦そのもののお味がしっかりしていて、それでいてコシもあって、のど越しのいいお蕎麦でしたよ。さすが長野県、お蕎麦はおいしかったですねぇ。ただ、残念なのが、出てくるまでにとんでもなく時間がかかったこと。 [続きを読む]
  • 長野駅
  • 長野県の県庁所在地、長野駅です。かつては長野新幹線の終点だったのですが、北陸新幹線が延伸開業した結果、途中駅になりました。また、元々は信越本線と飯山線が乗り入れる駅だったのですが、北陸新幹線ができた結果、並行在来線がしなの鉄道線となりました。新幹線ホーム11番線・12番線です。番線案内には単に「新幹線」としか書かれていないという、かなり珍しいパターンです。(長野で折り返す、あさまの発着番線が決まってな [続きを読む]
  • やえす初藤 玉子焼き定食
  • 東京駅で朝ご飯を食べようって話になったとして、東京駅ってどこへ行っても朝ご飯やってるところって混んでるんですよね。で、キューティー吉本がよく行くのが、八重洲地下街。実は、ここが穴場だったりします。今日は、居酒屋 やえす初藤で朝ご飯を食べます。場所は、東京駅八重洲北口から地下に降りて、すぐのところ。朝は、ご覧のように朝定食のサンプルがずらりと並びます。で、入口の券売機で食券を買って、店員さんに渡すシ [続きを読む]
  • Surface 3(Windows 10)をテレビに無線でつないでみた
  • Surface 3をはじめとして、Surfaceシリーズの魅力は、なんといってもWindowsマシンにしてあの薄さ。で、これをでっかいディスプレイとか、プロジェクターとかにつないでみたいと思います。Surface 3にはミニHDMI端子がついているため、ここからディスプレイとかプロジェクターとかにつなぐことができます。しかし、それじゃ面白くない。ここは一つ、有線ではなくて無線でつなぎたいと思います。もちろん、Surface 3単体では無理で [続きを読む]
  • タイムズ スパ・レスタ
  • 池袋をぶらぶら歩いていた時にたまたま見つけまして、前から気になっていたのですが、今回行ってみることにしました。タイムズ スパ・レスタです。ここ、建物自体がTimesのコインパーキングになっています。で、建物の低層階が飲食店、上層階が温浴施設になっているんです。しかし、低層階に牛丼屋さんが入っていて、エレベーターホールに牛丼の臭いが充満していて、これはマイナスポイント。「お風呂に入って気持ちよくなった後に [続きを読む]
  • ウォークマンをクレードル的な外部スピーカーにつないでみた
  • 最近、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで音楽を聴いている方がいらっしゃるようですが、キューティー吉本は敢えてウォークマンを別に持ち歩いています。なぜかと言いますと、ノイズキャンセリング機能が欲しかったから。旅行好きのキューティー吉本のことですから、列車や飛行機に乗るケースは当然あるわけなのですが、中には子供が騒ぎ出すケースがあり、このときに耳栓代わりに使用しているというわけです。ノイズキャンセ [続きを読む]
  • 熱海市内をぶらぶら歩いて、ついでに温泉に入ってみた
  • 熱海と言えば、日本でも有名な温泉街ですね。たくさんの観光客が訪れます。「大江戸温泉物語あたみはこっち」という看板につられて、平和通り名店街へ。商店街の中は、多くの観光客でごった返しています。平和通り名店街を抜けて、坂を下っていくと、大江戸温泉物語あたみがありました。ここで日帰り入浴します。熱海駅は、元々ここにあったそうです。熱海駅舎跡を示す石碑があります。熱海駅にはあれだけたくさんの観光客がいたに [続きを読む]
  • 熱海温泉 温泉浴場 大湯 温泉旅館 日航亭
  • 折角熱海に来たので、温泉に入って帰りたいと思います。大湯間欠泉のすぐ近くに、「温泉浴場 大湯」なる看板を見つけて、恐る恐る行ってみると、どうやら温泉旅館 日航亭に併設されている、日帰り入浴施設的なもののようです。場所は、熱海駅から歩いて15分ぐらいのところ。湯〜遊〜バスだと大湯間欠泉バス停から1〜2分ぐらいのところにあります。ただし、熱海駅からだったら歩いたほうが早いと思います。営業時間は9:00〜20:00で [続きを読む]
  • 湯前神社
  • 熱海温泉の大湯間欠泉のすぐそばに、湯前神社という神社があります。この石鳥居と石灯籠は、江戸時代に熱海温泉に湯治した大名が寄進した石造物で、熱海市指定文化財です。キューティー吉本もお参りしたいと思います。で、熱海らしく、ここにも温泉が湧いています。これが社殿です。こじんまりしていますが、立派な建物ですね。 [続きを読む]