長坂教育研究所 さん プロフィール

  •  
長坂教育研究所さん: これでも私立高校教員〜 30日間記憶の定着法〜
ハンドル名長坂教育研究所 さん
ブログタイトルこれでも私立高校教員〜 30日間記憶の定着法〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/nopposan180/
サイト紹介文受験、英単語の覚え方、受験日本史、大学入試、センター試験、日本史、学校などについて書いています。
自由文私立高校に勤めながら、教育について書いています。大学入試の問題点、入試への家庭への取り組み、30日で300個の英単語を確実に覚える方法、センター日本史に90点以上取る勉強法などを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2016/03/29 18:52

長坂教育研究所 さんのブログ記事

  • 模倣は模倣にすぎず、独創には永遠に及ばない
  • 以下は敬愛する東進予備校の神崎先生のブログです。 「プロと自称プロ」 この神崎先生のお考えはとてもよくわります。まったく新しいメソッドを生み出すことは、とてつもない労力と時間を要し、なにより孤独でもあります(周囲に容易に理解されないからでもあります)。 その苦労の結晶を、簡単に教えてほしいと言えてしまうのでは、生み出すまでの過程をある意味では軽視していることにならないでしょうか。 [続きを読む]
  • 「センター政経講座」スタート
  • この土日は、長坂塾で個人的な指導や相談の依頼をいくつかいただきました。「30日間記憶の定着法」の指導や、中学生の社会の課題対策、また受験日本史講座の入塾対策などです。まだ、長坂塾もスタートして3週間ほどですが、こうした皆様に来ていただけることは本当にうれしいことです。 明日も、「30日間記憶の定着法」の指導が続きます。いい一日なりそうです。 また、金曜日からは、旧帝大志望の日本史論述の個別指導 [続きを読む]
  • 木と空と石
  • 子供のころ、森の中には、きっと何かがいると思っていた。 「気のせいか・・・」 大人が言うこの一言は、 「木の精か・・・」 と聞こえた。 森の中で、もっとも話をしてくれたのが木だったからだ。木はちょっと不愛想だったが、必ず挨拶をしてくれた。 あの時の木々はどこへいってしまったのだろうか。 空は、いつも変わらぬ表情で話を聞いてくれた。父の職場の大学の校舎の屋上で、当時飼って [続きを読む]
  • 長坂塾の報告 「一問一答をやらなくてよかった」
  • 長坂塾の参加者が、今日も日本史のトレーニングに取り組む。今日の第8回の講座で75点まで上昇してきました。4月だけで20点ほど上がっています。きちんとトレーニングに取り組んでくれて、もう少しで、80点台、偏差値70に届きます。 もちろん、一問一答的な「暗記」は一切、行っていません。日本史の一問一答では、センター、模試対策にはまったくならないことは、いまさら言うまでもありませんが、本人も、 「一問 [続きを読む]
  • 新テストに対し、無責任な危機感を煽りすぎではないか
  • 2020年から、大学入試に新テストが導入されます。それは、間違いない事実です。 しかし、現状ではほとんど具体的な内容の情報はなく、きわめて抽象的な表現にとどまっているのが現状です。にも拘わらず、様々な受験産業などが、 「今から〇〇のような取り組みをしていないと大変なことになります」 などと宣伝をします。 また、先日、ある著名な教育評論家が、 「これまでの暗記型の勉強はまったく役に立 [続きを読む]
  • 子育てにあまりマニュアルはもとめないほうがよいのではないか
  • 「子供への接し方」「子供への声掛けの仕方」「子供のしかり方」「子供のほめ方」 子育てはとても大変であり、昔に比べると世の中の価値観が多様化している背景もあり、親が子育てをする場合に答えがあるマニュアルは大変便利でしょう。さらには、大昔と違って、身近に祖父祖母家族がおらず、子育てに悩むお母さんが多いこともわかります。 「子離れしてください」 中学校などに入学すると、学校の先生が保護者の方 [続きを読む]
  • 長坂塾での3件の個別指導
  • 昨日は、午後から3件の個別指導をさせていただきました。一件は大学院生の論文指導、もう一件は30日間記憶の定着法の指導、さらに最後は小論文の個別指導でした。間に日本史講座もあり、あっという間の一日でした。新しい事務所でこうした指導をさせていただくのは今日が初めてでしたが、来週にも「30日間記憶の定着法」の個別のご依頼もあり、ありがたく感謝しかありません。 いままでは、こうしたご依頼をいただいても [続きを読む]
  • 4月30日 名古屋城青空歴史教室
  • 次回の名古屋城の青空歴史教室4月30日9時からです。木造化が決まった名古屋城での開催です。前回に参加していただいた方から、「あのあと、外国人を名古屋城に招待して、本当に喜んでもらいました」と言っていただきました。やはり、自国のことを知る、郷土のことを知ることが国際化の一歩だと思います。同時に歴史を知ることは、想像する力を育みます。想像することは考えることであり、それはやる気に繋がっていきます。なかな [続きを読む]
  • 日本史専門塾「長坂塾」の10日間
  • 日本史専門塾「長坂塾」がスタートして10日が立ちました。受講者の皆さんは、学校が終わった後や予備校から駆けつけてくれ、9時過ぎまで勉強を頑張っています。まだまだ参加していただける高校生は少ないですが、幸いなことに受講生は順調に偏差値を伸ばしています。 今日の「180分コース」の参加者は、5月の全統マーク模試の偏差値換算で、45程度から60前後まで伸びてきました。5月実施の全統マーク模試でなんと [続きを読む]
  • 小学校「歴史」の30日間記憶の定着法
  • 先日、30日間記憶の定着法の指導をさせていただいた新小学校6年生女子の「歴史」への取り組み(無料)の、初日の結果を送っていただけました。この教材は未完成のために秘密の試作品扱いだが、過去の使用者たちの南山中学女子部の合格率はなんと100%。歴史が苦手だそうなので、ぜひこの女子児童さんも教材を有効に生かし、希望の中学に合格して欲しいものです。.なお、単なる空欄補充問題ではありません。なお、女子児童のお母 [続きを読む]
  • 日本史専門塾「長坂塾」とペイフォワード(Pay it Forward)
  • 日本史専門塾「長坂塾」が完成しました。若い頃になんの勉強もしなかった私がいうのもおこがましいですが、次世代につながるような活動をする拠点であり、若い人の夢を叶える場所にしたいと思います。小さな小さな塾ではありますが、結果を出す日本史指導では絶対にどんな大手にも負けません。青空歴史教室も、もちろん月に1回は開催します。夏には親子対象の大学見学ツアーも開催します。歴史を通じて「考える力」を育みます。30 [続きを読む]
  • センター試験日本史「90点以上」への道 その2
  • 日本史におけるセンター試験攻略の中で、厄介なことがある。それは、 日本史の授業では、歴史的に実際にあった出来事しか教えない ということである。当たり前だと思われるであろうが、そもそもセンター試験の「誤文」とは「歴史的になかった」ことでもある。 一例をあげよう。 摂関政治の全盛期になると摂政関白が政治を独占し、太政官の会議は廃止された。 これは誤文である。朝廷の制度とは、律令が制 [続きを読む]
  • 遠方へ旅立つ18歳の君へ
  • 3月も間もなく終わろうとしている。この時期、故郷を離れ、遠方へ旅立つ18歳が全国に数多くいるだろう。 初めての一人暮らしへの不安と期待で一杯になりながら、故郷を旅立つ。大学生活は4年間。長いようで時が経つのは早く、時間は何事もなく流れていく。だからこそ、1日1日を大切に、自分のできることに頑張って欲しい。 なかには心ならず第1志望ではない大学に進学する人もいるであろう。進学する大学は大切だが、そ [続きを読む]
  • 日本史通信講座と桃厳寺
  • 今日は長坂塾で使用するホーローのホワイトボードを注文してきました。横幅180?の大きなやつです。 これでほぼ授業ができます。 また、今日は中国地方にお住まいの方から日本史通信講座へのご質問をいただきました。日本史通信講座で受験勉強をし、センター試験で90点以上の人も何人もいますから、遠方でなかなか名古屋での講座を受講ない方に、通信講座を受けていただくと、なんとも嬉しくなります。夏休みには、名古 [続きを読む]
  • 日本史は暗記せずとも「センター90点」になる!
  • 長坂塾に机が入りました。日本史専門塾「長坂塾」に机が入りました。 最近、センター試験で94点だったある受験生が言っていました。「一回も覚える努力はしなかったなあ」 また、ある受験生に聞かれましたが、 日本史は暗記科目ではありません。年代暗記も一問一答も、役に立ちません。そもそも暗記しなくても、センター試験で90点以上取れます。 そんなことをこの机で教えます。 こちらに、時間割と要 [続きを読む]
  • 「考える力」と熱田神宮での青空歴史教室の感想
  • 「考える力」とはなんでしょうか。いま、2020年以降の教育改革について、もっとも必要とされているがこの「考える力」ではないでしょうか。むろんそれは、自発的に学ぶことで育つものではありますが、そのアプローチは多様に考えることができます。英語習得の機会や、数学を学ぶとき、などは当然ですが、となれば、歴史を学ぶときに「考える力」を育むことはできるはずです。いまから、5年前、ある三重県在住の保護者の方のお力添 [続きを読む]
  • 最後の日本史入試対策講座と熱田神宮青空歴史教室
  • 今日は、午後から「河村たかし政治塾」に参加したあと、3月の日本史入試対策講座を終えてきました。同時に名古屋市東区の「ウィルあいち」での開催も今日で最後です。思い起こせば、4年前に初めて日本史入試対策講座を「ウィルあいち」で開催し、昨年度はお部屋を借りたランキング1位まで上り詰め、職員さんともしっかり仲良しになっているだけに、とても寂しくなります。4月4日からの名古屋市千種区での日本史専門塾「長坂塾」で [続きを読む]
  • 歴史の楽しさ、素晴らしさと受験は両立する
  • 日本には素晴らしい歴史があります。世界でも稀なことですが、ほぼ1300年間ほど、同じ言語を使用し続け、文化の発展は常に継続性を持ってきました。これこそ、日本の歴史の本当の素晴らしさです。 いま、国会で森友学園のことが問題となっています。もちろんそこに不正があれば糺すのが政治の役割であり、ぜひしっかりと真相を究明して欲しいものですが、教育問題としては森友学園の教育方針も話題とっています。 園児に [続きを読む]
  • センター試験日本史「90点以上」への道 その1
  • これから日本史を受験科目として1年間勉強する受験生へ。 日本史は、センター試験に必要な語句が、ざっと11000語句。世界史も同様に11000語句ほどが受験に必要だが、幸いにも日本史の場合は、高校入学前にかなり日本史を学習しているので、世界史ほどの負担はない。 しかし、それでも最終的に学校で学習した日本史を「受験に使える」ものにするには、相当の努力が求められる。 学校で習った授業内容では、模試です [続きを読む]
  • 日本史専門塾「長坂塾」 〜ペイフォードの想い〜
  • この時期になると、浪人を決意した連絡が届きます。力及ばず残念なことではありますが、長い人生の中で次の1年は決して遠回りではなく、きっと人生の糧となる1年になるはずです。むろん、1年後の今頃は、堂々と第1志望を勝ち取って欲しいと思います。 そんな受験生の中に、日本史を指導させてもらった生徒がいて、浪人を決意し、連絡をくれました。 「もう一年、日本史をお世話になります」 今年の結果は残念ではあ [続きを読む]
  • 2017年度版『テーマ別日本史解説集』
  • 2017年度版の『テーマ別日本史解説集』が完成しました。今回は、見やすさをテーマに、校正に力を入れました。 ほかに自慢できるようなものは何もないですが、この『テーマ別日本史解説集』とその指導法「長坂メソッド」だけは、確実に結果に結びつくと自負しています。 今年も、この『テーマ別日本史解説集』を使って、一人でも多くの受験生の夢の実現を応援したいと思っています。 メルマガ(無料)を発行していま [続きを読む]
  • 3月19日 「名古屋城」青空歴史教室のご感想
  • 今日は名古屋城での青空歴史教室でした。今日は中学生だけの参加ととなり、たっぷり4時間半、名古屋城を巡ってきました。名古屋城に行ったことがある方が、まったく知らない名古屋城、さらには古墳時代から明治時代までの様々な話を交えつつ、楽しい時間を過ごさせていただきました。また、お子様だけでなく、保護者の方が非常に興味をもっていただいたこに感謝です。子供の興味関心を育てるには、まずは親の興味関心からです。青 [続きを読む]
  • 娘の担任の先生
  • 思い越せば1年前、娘は私立中学に入学しました。入試の日が雪で、とても寒かったことがつい昨日のことのようです。 小学校からその学校へ進学したのは娘ただ一人で、きっと何かと心細かったとは思いますが、その心細さを吹き飛ばしていただいた素晴らしい出会いが中学ではありました。それは、担任の先生です。 娘の担任の先生は、厳しいところは明確で、なおかつそれはそれは細やかな心遣いをしてくださる方で、毎日の [続きを読む]
  • 姉の新刊『難民と生きる』
  • 姉の新刊『難民と生きる』です。姉はこうした本を書き、人々に「支援」の意義を訴えています。この世界には何十億の人々がいて、それが身近であろうと遠方であろうと何らかのかかわりを持っていて、そのかかわりがあるがゆえに世界は成り立っています。...姉は姉のできることで「支援」をしています。ひとりひとりの力は小さく、その「支援」はたかが知れているのかもしれません。しかし、より多くの人々が自分のできることで「支 [続きを読む]