もみじ さん プロフィール

  •  
もみじさん: もみじトラベル
ハンドル名もみじ さん
ブログタイトルもみじトラベル
ブログURLhttp://abcjapan.jp
サイト紹介文広島・宮島・呉・尾道・しまなみ海道を中心に旅行情報を発信していきます。
自由文広島から楽しい、おもしろい情報やためになる旅行情報を発信していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/03/29 21:19

もみじ さんのブログ記事

  • 広島中心部にも地下街・ショピングモールがあるよ
  • 広島の中心部、広島駅前から路面電車で14分、紙屋町電停地下にある広島唯一の地下街の紙屋町シャレオです。アストラムライン(新交通システム)地下鉄?の本通駅と県庁前駅に接続しています。大きな地下エリアに、ファッション・雑貨・レストラン・コンビニまで、便利で楽しい、また広島中心街の主要な場所には行けますので、お勧めです。 原爆ドームや平和公園もすぐに行けますよ。 [続きを読む]
  • スーパー銭湯に泊まって、格安・快適に広島・呉を旅したい方へ
  • 広島県内でスーパー銭湯に格安に宿泊滞在したい方は2017年8月現在3ケ所のスーパー銭湯があります。おすすめNO?は、アジアンリゾート・スパシーレ、料金は滞在最大24時間、2,200円、深夜料金350円。駐車場無料、最寄り駅は広島駅からJR呉線の坂駅まで16分、坂駅から徒歩3分。店内食事処あり。居酒屋等周辺に数カ所あり。NO?は、大和温泉物語、最大19時間、2,480円、深夜料金430円。駐車場無料、 [続きを読む]
  • 広島駅前周辺はカープ女子おすすめグルメ食べ歩きetc
  • JR広島駅周辺は25年ぶりの優勝も決めた最新鋭のマツダZoomZoomスタジアム広島球場に歩いていけるスタート駅。カープのお膝元には絶品グルメが沢山、広島名物もみじ饅頭のにしき堂光町本店は広島駅の南口から徒歩圏内。焼きたてのもみじ饅頭はいかが?エキシテイ・ヒロシマは元あった愛友市場をイメージした『愛友ウオーク』に広島のグルメな飲食店が並ぶ。広島駅南口、郵便局前のビルにある、ひろしまおこのみ物語は老舗も人 [続きを読む]
  • 広島駅前周辺はカープ女子おすすめグルメ食べ歩きetc
  • 広島県内でスーパー銭湯に格安に宿泊滞在したい方は2017年8月現在3ケ所のスーパー銭湯があります。おすすめ度NO1は、アジアンリゾート・スパシーレ、料金は滞在最大24時間、2,200円、深夜料金350円。駐車場無料、最寄り駅は広島駅からJR呉線の坂駅まで16分、坂駅から徒歩3分。店内食事処あり。居酒屋等周辺に数カ所あり。NO2は、大和温泉物語、最大19時間、2,480円、深夜料金430円。駐車場無料 [続きを読む]
  • リアルかかしの里山で癒やされる〜
  • JR広島駅周辺は25年ぶりの優勝も決めた最新鋭のマツダZoomZoomスタジアム広島球場に歩いていけるスタート駅。カープのお膝元には絶品グルメが沢山、広島名物もみじ饅頭のにしき堂光町本店は広島駅の南口から徒歩圏内。焼きたてのもみじ饅頭はいかが?エキシテイ・ヒロシマは元あった愛友市場をイメージした『愛友ウオーク』に広島のグルメな飲食店が並ぶ。広島駅南口、郵便局前のビルにある、ひろしまおこのみ物語は老舗も人 [続きを読む]
  • 広島の湯来温泉近くのリアルかかしの里山で癒やされる
  • 広島市の湯来(ゆき)町の湯来温泉から国道488線を車で10分ぐらい走ると488号・東山バイパスの眼下に「リアルかかしの里山」が見えてきます。 ここには、 地域おこしのためにあるご夫婦がかかしを作られて、上多田部落の村全体にリアルないろんな人間のかかしが展示配置されていました。かかしが小川の橋の上で釣りをしていたり、農作業をしていたり、公園のベンチで雑談してる風景や屋根に忍者が潜んでいたり、最近はテレ [続きを読む]
  • 御手洗(みたらい)は瀬戸内海に浮かぶ大崎下島の港町
  • 御手洗の港町は瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の一つ、大崎下島の東端に位置する港町です。御手洗港の周りを広島県道355号大崎下島循環線が通り、その背後に向かって町屋が広がってます。北西方向に大長地区がある。東側が愛媛県今治市の岡村島になり、安芸灘オレンジラインによって結ばれている。また呉市本土は安芸灘とびしま海道で結ばれているため、本州とは陸続きで行けます。もみじトラベル厳選、『ひろしまのひとり旅、ベスト1 [続きを読む]
  • 尾道の坂道さんぽ、千光寺公園とねこ猫の細道
  • 広島駅から鉄道で1時間35分、尾道水道に沿って、東西に長く連なる尾道は映画や小説の舞台になった町。JR山陽本線の北に広がる坂道エリアには古刹や絶景スポットがあり寺と坂道と海の町、尾道ならではの風景が次々と現れる。海側はレトロな商店街に尾道ならではのアイテムが並ぶおしゃれなお買い物エリア。尾道ラーメン、尾道焼きといった名物も充実している。標高144,2mの千光寺山の山頂から中腹にかけて広がる公園の千光寺 [続きを読む]
  • 広島県内の移動の交通手段のコツ?
  • 広島から各エリア(宮島・呉・尾道)へはJRでの移動が便利。駅から徒歩圏内に名所が集まり、車がなくてもスムーズな旅が楽しめます。また、各エリアを結ぶ便利なフェリーや連絡船が多いのも、島が多い広島エリアの特徴のひとつです。鉄道、フェリー、バスを上手に活用して移動したい。関東、関西、九州から広島へ行く場合、鉄道か高速バスが一般的です。四国や山陰からは鉄道より高速バス、フェリーが便利な場合もある。航空機は北 [続きを読む]
  • 宮島でおすすめスポット!
  • ?厳島神社を参拝・・・フェリーで宮島桟橋に到着したら徒歩でまず厳島神社へ、途中右手に大鳥居が見えてきます。満潮の時は海に浮かぶ社殿が望め、干潮の時は大鳥居の下まで歩いて行けます。満潮か干潮で厳島神社の景観がガラリと変わるので潮位時間は調べて行くのも良いけど、行き当たりばったり行くのもよしかな。社殿を順路で進み、海に突き出た部分の国宝火焼前で大鳥居を正面に望み記念撮影は絶好のスポットです。?表参道商 [続きを読む]
  • 世界遺産・厳島神社のある宮島へのアクセス
  • 宮島へ行くアクセスはJR広島駅から山陽本線下りでJR宮島口まで約27分(410円)、駅から宮島口桟橋まで徒歩3分、フェリー10分(180円)で宮島桟橋へ到着します。フェリーはできれば往復で買っておく方が便利。宮島までのフェリー会社はJR西日本宮島フェリーと宮島松大汽船の2社、それぞれ10分から15分間隔で運航してます。原爆ドーム周辺から行く場合は広電(私鉄路面電車)を利用して広電宮島口駅へ行く方がスムー [続きを読む]
  • 世界遺産・厳島神社のある宮島へのアクセス方法
  • 宮島へ行くアクセスはJR広島駅から山陽本線下りでJR宮島口まで約27分(410円)、駅から宮島口桟橋まで徒歩3分、フェリー10分(180円)で宮島桟橋へ到着します。フェリーはできれば往復で買っておく方が便利。宮島までのフェリー会社はJR西日本宮島フェリーと宮島松大汽船の2社、それぞれ10分から15分間隔で運航してます。原爆ドーム周辺から行く場合は広電(私鉄路面電車)を利用して広電宮島口駅へ行く方がスムー [続きを読む]
  • 尾道の坂道さんぽ、千光寺公園と猫の細道
  • 広島駅から鉄道で1時間35分、尾道水道に沿って、東西に長く連なる尾道は映画や小説の舞台になった町。JR山陽本線の北に広がる坂道エリアには古刹や絶景スポットがあり寺と坂道と海の町、尾道ならではの風景が次々と現れる。海側はレトロな商店街に尾道ならではのアイテムが並ぶおしゃれなお買い物エリア。尾道ラーメン、尾道焼きといった名物も充実している。標高144,2mの千光寺山の山頂から中腹にかけて広がる公園の千光寺 [続きを読む]
  • 世界遺産・厳島神社のある宮島へのアクセス方法
  • 宮島へ行くアクセスはJR広島駅から山陽本線下りでJR宮島口まで約27分(410円)、駅から宮島口桟橋まで徒歩3分、フェリー10分(180円)で宮島桟橋へ到着します。フェリーはできれば往復で買っておく方が便利。宮島までのフェリー会社はJR西日本宮島フェリーと宮島松大汽船の2社、それぞれ10分から15分間隔で運航してます。原爆ドーム周辺から行く場合は広電(私鉄路面電車)を利用して広電宮島口駅へ行く方がスムー [続きを読む]
  • 100年の歴史持つ大正湯よみがえってました。愛媛・八幡浜
  • 大正4年(1915年)の開業以来、100年続いた老舗銭湯「大正湯」は設備の老朽化に伴い休業していましたが休業からおよそ1年後の平成28年(2016年)9月23日、見事復活を果たしましてました。 創業時から建て替えていない外観は、ペンキを塗り直し新しくモダンで明るい印象で、内装は番台や脱衣所の棚などはそのままにしつつ間仕切りを入れ、過ごしやすい環境となってました。また、浴場は壁を真っ白に塗りタイルを張り替えました。日中は [続きを読む]
  • 作家村上春樹の誕生!の年・・・
  • 1978年(29歳)4月1日13時半頃それは、神宮球場の外野席でひとりビールを飲みながらスワローズ対カープの試合を眺めていたときのこと。1回の裏、先頭バッターが2塁打を放った瞬間に「そうだ、小説を書いてみよう」という想いが、空から舞い降りるように、村上の頭に浮かんだのでした。これが作家村上春樹の誕生だそうです!!全然関係ないけど・・※この年、ヤクルトは10月4日の対中日戦(神宮)で創立29年目で初の [続きを読む]