赤緑 さん プロフィール

  •  
赤緑さん: 赤い狐と緑の狸
ハンドル名赤緑 さん
ブログタイトル赤い狐と緑の狸
ブログURLhttp://akaikitsune.air-nifty.com/
サイト紹介文鉄道模型車輌、レイアウト工作や 実物写真 一般の話題も
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2016/03/30 20:13

赤緑 さんのブログ記事

  • TOMIXスハ32、スハフ32のNカプラー化
  •  手持ちの旧型客車の多くはアーノルドカプラーのままですが、リハビリを兼ねて(?)、昨年購入した5両。今更ですがKATOのNカプラーに交換しました。 ネットに多く出ていますが、やはりNカプラーの根元をツライチにする必要がありました。 出来上がり。 KATOのEF58に・・・少々低いですが支障ありません。 同じEF80・・・違和感ないです。 [続きを読む]
  • キハ26渡り板
  •  4月は年度始めで忙しいのは折込済みで、5月は少しは落ちつくかと思いきや、予想外の気疲れで帰宅後は時間の浪費で、半ば放心状態。 これではイカンと軽作業。 前から気になっていたグレーの渡り板。クリーム色の渡り板に交換しただけです。 製品のまま(左)、幌取付け(中)、渡り板交換(右)。 [続きを読む]
  • 西武40000系乗車未遂
  •  先日、朝からの所用を済ませ、昼前に飯能から帰る時の出来事。 現れたのはS-TRAINこと40000系。 「折返し列車に初乗車!!」と思いきや。 「回送列車です〜」・・・ 悔しいので車内に入り1枚だけ。 有料列車はクロスシートで、無料(一般運用)ではロングシートで走るんですって。 [続きを読む]
  • 絶対騙されない
  •  迷惑メールは、パソコンや携帯電話が下界と繋がっている限り、防ぎ様がない厄介者です。 身に覚えのないメールは「読まずに捨てる」これが一番ですが、紛らわしいモノもあります。 対処・削除方法がわかれば怖がることないですが、誤って送信ボタンを して接続したり、記載してある電話番号に発信すると詐欺の被害に遭うことに繋がりかねません。 滅多にネットで購入しないのですが、貯まったポイントが使えるというの [続きを読む]
  • TOMIXキハ26(M)入手、整備
  •  思わぬところでついに見つけた動力車。先の模型市同様、中古の故、付属品なし。 信号炎管は余剰から、排除器は使っていないキハ45のを使用。幌はありません。 車番は184(千葉在籍1964〜72年)にしました。 左から22、107、143、184(M)、214。ようやくキハ26のみの5両編成になりました。 [続きを読む]
  • 1年ぶりに東京駅あれこれ
  •  甥っ子が「また新幹線を見たい」&「駅弁を食べたい」ということで、昨年に続き行ってきました。 昨年は北海道新幹線開業直後で賑わった春休みでしたが、今年はGW真っ最中で混んでいました。 折角なので当方も控えめに撮影。 在来線ホームに移動して、185系 マリンエキスプレスE259系 昼食は構内で駅弁。 「米沢牛づくし」(山形)と「ゲゲゲの鬼太郎丼」(鳥取)という有り得ない組み合わせ。 午後は総武地下ホームで本職のE [続きを読む]
  • TOMIXキハ26入手、整備
  •  模型市で格安購入。故に謎の床下機器に交換されていたキハ26。 この床下は2467の刻印。キロ25が元車でしたが、大差がないのでこのまま使います。 付属品がないため、他車の余剰パーツを使用。信号炎管とスノープロウを装着。排除器は使っていないキハ45から。幌はありません。 車番はいつものように気動車履歴書庫を参考に、143(千葉在籍1961〜69年)にしました。 これで0番台バス窓1両、一般窓3両、計4両です。 [続きを読む]
  • 鉄道模型市
  •  4月29日早朝、ミサイルが発射され危機感が走り、何事も自粛ムードが漂う中、 池袋から国旗を掲げた都バスに乗り 昨年に続き行ってきました。 昼に到着、熱気ムンムン。一部の世界では有名な方々もお会いしました(修正した有名人の画像は削除しました)。 入手品はキハ26ですが 格安なだけに(?)床下機器が交換されていた・・・(下は手持ちの正規品) [続きを読む]
  • 武蔵野線貨物
  •  4月からの新年度、激務になり「ズク」がなかなか出ません。 というわけでもないですが、武蔵野線の午後の貨物列車を。 29日に昨年も行った鉄道模型市(浅草)があるので、気分転換で行ってみようかと。 [続きを読む]
  • KATO「C11」購入
  •  ということで先日池袋へ行った時に購入。久しぶりのKATOの新車。前評判が良く、期待を持たせます。 精密品のためいきなり車両を取り出さず、右の台紙(インサート)を持ち全体をケースから出し、 周囲から外します。 どれどれ ナンバーは235を選択、前後のカプラーを交換します。 改めて 品切れの量販店が多いそうです。 シュッ、シュッ、シュッ、シュッ、・・・・ ポッポ〜ッ♪ 実車は20系客車「さくら」(分割編成)など [続きを読む]
  • KATOキハ110系気動車の整備
  •  カプラー損傷があったので、池袋に行った際に購入。キハ110用は4個入り、カプラーだけなら他の品番で2個入りもありますが、予備分も確保しています。 また、2両セットに付属のステッカーを貼りました。 前面のワンマンは最初車体の外側から貼ったものの、中のライトユニットに貼ったほうが実車らしくなるので、分解してユニットを取り出すのですが、意外と厄介。側面ガラスを外し、頭部前照灯を楊枝で軽くつつくと後方にスライ [続きを読む]
  • MICROキハ91-5のTN化
  •  先日池袋で購入したTNカプラーに交換します。 床板にある凸部で取付OKですが、スカートと干渉するのでカプラーの赤丸部分をカット、また現物合わせでスカートの一部の肉厚を薄くしました。 TOMIXキハ65と比較 連結具合も良さそうです。 キハ65(右)や購入予定のないKATOキハ91の画像と比べると、賑やかなジャンパ栓がなく、元が台車マウントのアーノルドカプラーのため、スカートの開口部が少々広いですが、1両で充分な存在感 [続きを読む]
  • 続・KATOキハ110系気動車衝動買い
  •  池袋に行く前の日のコト。 キハ110(M)は池袋に行けば売っているのですが「ズク」が出ないので仕事や通勤途中に中古店へ立ち寄り。 110(M)が無かった代わりに、中古店で111(M)+112基本セットを入手。「量販店のキハ110(M)より安価だったのでツイ・・・」 パーツ未装着の新品です。 これで、110+112+111(M)+112の変則4両。結果論ですが112が1両余ることに? あっ、カプラー損傷orz [続きを読む]
  • 「急行」西武球場前行
  •  西武池袋線の急行といえば『ハン』を押したように「池袋―飯能」と秩父鉄道乗入4000系の「長瀞・三峰口→池袋」(土休日)がありますが、時刻表によると3月のダイヤ改正でこの他に「小手指→池袋」(平日)が1本あります。 もっとも改正前は「池袋―小手指」が結構ありました。 さて、久しぶりに池袋に行った帰り道。 ナニコレ? ドームでイベントがあったようで、土日ナイター臨ダイヤが組まれていました。 「急行:西武球場前 [続きを読む]
  • 最近の妙な画像から―西武秩父駅
  •  満開の桜も散り始めた氷雨の日。往路は車で復路が電車という秩父往復の仕事。 久しぶりの西武秩父駅。仲見世は改装中ですが、駅構内はアンティーク調に衣替え。 記念切符とNゲージの展示。 他の駅と異なる字体です。 土日はSトレインが来ます。 「52席の至福」と「Sトレイン」(跨線橋内)をPRしています。 「観」は52席の至福 奥の「10」はSトレイン用ですが、手前の「凍」って何でしょうか? まだ秩父は寒いです。 [続きを読む]
  • 桔梗屋工場、白百合醸造、ほったらかし温泉
  •  春休みに甥っ子他を連れて行ってきました。 信玄餅が好物という変わった甥っ子。昨秋、何度か行ったので、大人気の詰め放題は先着順で無理とわかっていましたが。 8:45到着。9:00開店なのに7:35に配布終了って夜明け前から並んでいるのでしょうか? 我々はアウトレットへ。多くの商品が半額ということもあり熱気ムンムン。 半額の信玄餅は開店からわずか2分で終了。これが毎日続くそうです(駐車場整理する人の話)。 工場見 [続きを読む]
  • MICROキハ91-5
  •  KATOから発売されたキハ91系は中央本線「しなの」「きそ」や高山本線「たかやま」といった華やかな時代を演出していますが、キハ90-1と91-1は、66年3月・4月〜67年4月の約1年間、新型エンジン開発などの試作車として千葉機関区に配置されました。 「千葉にいた」というだけで、格安衝動買いしたキハ91(MICRO)。91-5は千葉とは無縁ですが、中古店には1両しかなかったので。。。 90-1は?、動力は?、1両かったばかりに課題を背 [続きを読む]
  • 「国鉄→JR」から30年
  •  特急の先頭車からJNRマークが消え、一般車も含め車体に貼られたJRステッカーに違和感を覚え、民営化で利益重視となり、運賃高騰やサービスは二の次など懸念されましたが。 早いもので30年ですか。。。稼ぎ頭の新幹線は華々しく、また不動産などの副業で儲けを出しているようですが、地方交通線は切り離されていく。第三セクターはまだいい方で、体力が弱いと大量廃線の危機が待っている。 当初から苦戦していた貨物は16年度本 [続きを読む]