加納 さん プロフィール

  •  
加納さん: かのう屋
ハンドル名加納 さん
ブログタイトルかのう屋
ブログURLhttp://kanouya8310.blog.fc2.com/
サイト紹介文趣味でBL小説書いて、イベント出たり、投稿…してみたいな、て思ってたり。な日常を綴るブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2016/03/31 00:13

加納 さんのブログ記事

  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪43≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 43誰が見ても可愛らしい、という表情や仕草だけに惹かれるなら、それはいつか冷める熱だと思われた。しかし、剣士郎の心を激しく揺さぶり、欲を煽るのは、むしろ佐藤の『男』の表情の方が強かった。そしてそれは、剣士郎をひどく苦しめた。ダンスを踊る時の、大人の余裕と危険な妖艶さを [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪42≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 42なんなんだろう、あの可愛い生物は。と、剣士郎は必至で動揺と興奮を抑え、自分を落ち着かせるために深く息を吐いた。眉を顰めて、眼鏡を上げる。以前なら、どんな緊張も心の乱れもこれで落ち着いた。幾度の大きな大会も、どんな試験も、全く平常心で臨んで来た。それなのに、今は心の [続きを読む]
  • 拍手コメントお返事です(6月23日)
  • こんばんは、加納です。いつも拙ブログに遊びに来て下さってありがとうございます。【天然ダンサーは恋が苦手】も、毎日続けてお読み下さっている方が何人かいらっしゃるようで最近はブログ村さんから来て下さる方の他に、ブクマしてお読みくださる方も結構いらっしゃるようで嬉しい?( ・ㅂ・)? ??ちょー嬉しい?( ・ㅂ・)? ?? ちょーちょー嬉しい???(´ω` )/????(  ´)/?? ??( ´ω`)/??~♪??(´ω` )/??? [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪41≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 41「オレも入れて」「えーっ。ここ今女子会なんですけどぉ」四つん這いで談笑の輪に近づいた瑠衣に、桜はすげなくそう言いながらも、体をずらして瑠衣が入れる空間を開けてくれる。「ありがとう桜ちゃん。大スキ」にじにじとその空間に這って行きながら瑠衣が言うと、3人の女子がキャー [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪40≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 40ゴールデンウイーク明けの部活は、それまで以上に活気があった。合宿という大きなイベントを終え、新入部員もかなりリラックスして溶け込んでいる。ウォーミングアップ代わりの全体練習を終え、瑠衣は壁際に座ってぼんやりとフロアーを眺めていた。コンペ出場を控える4ペアがタンゴを [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪39≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 36「先輩、先輩。どうですか?」佐藤に急かすように腕を叩かれて、剣士郎は自分の欲を慌てて内から追い払う。「あっ……え、何が?」「柔軟剤。オレ、絶対これだと思ったんですけど。黒いボトルの」「いや、ボトルは青だし……」今佐藤が纏っている香りが柔軟剤のものならば、匂いも違う [続きを読む]
  • 拍手コメントお返事です(6月6日〜6月18日)
  • こんにちは、加納です。拙ブログにご訪問下さりありがとうございます。連載中の【天然ダンサーは恋が苦手】も、連載開始から一カ月以上たちました。気づけば連載は40話に近づきましたが、なかなか進展しない剣士郎と瑠衣の関係。そんな2人のモダモダ話を毎回お読みくださる方々、本当にありがとうございます!!拍手、応援タグでいただける反応も本当に励みになっております。拍手コメントなかなかお返事できていなくて申し訳あ [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪38≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 38「瑠衣、沖縄でも行ったのか?」「静岡です」後ろから呆れた顔で冗談を言った真山に、佐藤は大真面目に答えた。その手元で、パカリと口を開けたジンベイザメが揺れる。「いや、静岡にジンベイザメいないだろ」「これは、パジャマのお礼なんです」微妙に真山の言葉からズレた佐藤の返答 [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪37≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 37「八神先輩、八神先輩」剣士郎の動揺も知らず、佐藤がピョンピョンと跳ねるように剣士郎の方へと駆けてくる。そこにはもう、疲労の色は見えない。とんでもないタフさだ。「先輩、これ」目の前で止まり、そう言って紙袋を差し出してきた佐藤は、むせかえるような甘い香りに包まれながら [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪36≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 36練習場の扉を半分開いたところで、剣士郎は動けなくなった。まだ誰もいないだろうと思っていたそこには、ワルツの音楽が流れ、およそ大学生レベルとは思えない、優雅で難易度の高いダンスが繰り広げられていた。真山と佐藤は、ほとんど身長差が無い。しかし、今剣士郎の目の前で踊る2 [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪35≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 35「うん、確かに入れ過ぎてるな。しかも大量に」練習場で今日の事の顛末を話すと、無慈悲にも真山はそう言って頷いた。がくりと項垂れた瑠衣だったが、真山に「合宿の土産」と、いかにも土産物といった外装のチョコレート菓子を渡されて、途端に目を輝かせた。瑠衣は甘い物全般なんでも [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪34≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】34後半曇り空が続いたゴールデンウイークだったが、休み明け6日の朝はすっきりと晴れ渡る青空となった。こんな日に洗濯物が干せればよかったと思いつつ、窓越しに空を見上げてから、瑠衣は薄いカーテンだけを引いて玄関に向かう。忘れないようそこに置いていた紙袋をしっかりと手にすると [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪33≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 33「今日のリボンちゃんの中で、先輩が一番イケメンですよ」少し濃いめのファンデーションを塗った顔にキリッと眉を描き、アイラインを引いた佐藤が、すぐ間近で笑った。まだ一般客の入らない、がらんとしたパーティー会場のロビー。ソファーに座らされて眉とアイラインだけのメイクを施 [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪32≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 32「……ハイ」「あ、八神先輩、お疲れ様です。家着きましたか?」『佐藤瑠衣』と表示された画面に跳ねた鼓動を落ち着かせることもできぬまま、それでもなんとか電話に出た剣士郎の耳に、佐藤の、少しいつもより落ち着いた声が届いた。「今着きました」「え? ガラガラ聞こえますよ。ま [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪31≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 31暗く静かな街に、カートを引きずる音が響く。初夏5月にはいささか季節外れ気味のトレンチコートを着込んだ剣士郎は、一人暮らしするマンションの最寄り駅の小さな改札を出た。K大からは電車で30分。大学からも距離があり、駅を出ればロータリーの向こうは寂れた商店街と古くからの [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪30≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 30「俺は、今夜帰ります」朝食を食べながら、八神はさらりと言った。明日は海に行きたいと言った瑠衣への、それが八神の答えだった。「えっ? えぇっ!? なんで八神先輩。だってパーティー終わるの遅いし、電車だって無いかもしれないですよ?」桜が慌てて、身を乗り出すように言う。 [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪29≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 29「……やっちまった……」エレベーターホールの隣にあるトイレに行って戻った瑠衣は、ドアの前で立ち尽くす。オートロックの扉は、カードキーを忘れた瑠衣を冷たく閉め出した。コンコン、とノックをしてみるも、まだシャワーを浴びているだろう八神に聞こえるはずがない。とはいえ、こ [続きを読む]
  • 日本インターナショナルダンス選手権大会?(???*)?
  • こんにちは、加納です(。・v・。)移動時間にポチポチ頑張って、小説を予約投稿して参りましたので大手を振って日本インターのレポします(??∀?ノノ゙?パチパチ 人間、やれば出来るもんだな(。-`ω-)(スマホポチポチ苦手民)そんな訳で、やって来ました武道館\(´∀`)/去年インター中止だったので(闇歴史掘り返すな)二年ぶりのインターですね。加納も二年ぶりの武道館です(・∀・)日本インターは、国際ダンス競技会で、日本で開催される [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪28≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 28ぼんやりと目を覚ました瑠衣は、半分しか開かない瞼をそれ以上押し上げる努力を放棄した。細いわずかな視界でスマホ画面を見る。6:28あと30分眠れる。そう思って瞼を下ろし、再び枕にズブズブと顔を沈ませた瑠衣だったが、小さな違和感に目を開けた。カーテンが開け放たれ、明る [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪27≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 24ベッドに座ったまま、剣士郎は動けなかった。俯いた顔を上げられず、体が小さく震える。抗いがたい強い衝動と熱に、剣士郎は下腹から更に下へと手を伸ばす。ホテルの寝間着の下で、それは確かに膨らみを増して触れた。吐気にも似た不快なものが、胸から突き上げる。「う……ん……」そ [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪26≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 26「寝袋の方がよかったんじゃないか?」やれやれ、と眼鏡ケースから眼鏡を取り出し、剣士郎は半身を起こした。いつもの剣士郎ならば、放っておく。あまり人に干渉したくないし、自分の眠りを妨げている相手ならば尚更だ。基本的に、剣士郎は優しい人間ではない。しかし今は、自然に体が [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪25≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 25佐藤らしい。そんな風に思うようになるなどと、少し前まで考えられなかった。『佐藤瑠衣』というダンサーに惚れ込み、憧れ続けて7年。ただでさえマイナースポーツな競技ダンスの、しかもジュニア選手など、数少ないダンス雑誌の全てのページをめくってみたところで、名前一つ見つける [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪24≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 24眠れない。剣士郎は、仄暗いオレンジ色に照らされる天井を見上げていた。うつうつと微睡んでも、すぐにこうして意識を現実に引き戻される。今夜はずっと、そんな状態が続いていた。目を開けて見る時計は、その前に見た時からせいぜい30分も経っていれば良い方だった。遅々として時間 [続きを読む]
  • 【天然ダンサーは恋が苦手】≪23≫
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 23冷蔵庫の中には、ホテルに入る前に買ったペットボトル2本とチョコレート菓子がコンビニの袋から出され、きちんと並べられている。一緒に八神が買ったペットボトルも入っていたが、そこに壁があるかのようにきちんと距離を空けて置かれていて、瑠衣は、ほえぇ、と間抜けな声を出した。 [続きを読む]
  • ★デザフェス★レポ 2017・5・28
  • こんにちは。加納です。小説連載中に失礼いたします。久しぶりに、日常話だぞっと先週日曜日に参加した、デザインフェスタのレポートです(*'ω'*)備忘録的なものなので、面白くなかったら申し訳なすというわけで、行ってまいりましたデザインフェスタVOL45ヾ(。゜▽゜)ノ今まではビックサイト西館での開催だったのですが、今回は東ホールでの開催。『広すぎる』『分かりづらい』という声も聴かれましたが、加納個人の感想としては [続きを読む]