ちゅーとろいめん さん プロフィール

  •  
ちゅーとろいめんさん: ミニチュア&ドールハウス工房@ちゅーとろいめん
ハンドル名ちゅーとろいめん さん
ブログタイトルミニチュア&ドールハウス工房@ちゅーとろいめん
ブログURLhttp://chutoroimen.com/
サイト紹介文手作りのミニチュア、ドールハウス、レジンのアクセサリーなどの紹介をしています。
自由文「ドールハウス&ミニチュア工房@ちゅーとろいめん」をリニューアルして新規オープンしました。旧ブログからこれまでの記事を一部移転済みです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 360日(平均0.7回/週) - 参加 2016/03/31 00:17

ちゅーとろいめん さんのブログ記事

  • 便利グッズ「鉗子(かんし)」
  • 最近見つけた手芸便利グッズ「鉗子(かんし)」をご紹介。一見、ハサミのような外見ですが、ものを切る道具ではありません。ハサミと使い方は同じですが、先端が丸くなっていて布などを掴むことができます。掴んだ状態のまま固定できるので、作業中に手の力が緩んで外れちゃったなんてこともなくなります。布を掴んだまま固定できます小さいクッションやぬいぐるみを作るのに、布をひっくり返すのが地味に大変なのですが、鉗子があ [続きを読む]
  • 「伊豆稲取・雛のつるし飾り(俵ねずみ)作り体験講座」
  • 高校時代の友人たちと自称「ものづくり部」を立ち上げました。現在部員は3人。 モノづくりが好きな面子なので、合宿と称して旅行にしては黄八丈織ってみたり、とんぼ玉作ってみたり体験活動をしています。 今回はつるし雛飾り。華やかな雛飾りも見たかったし、作る体験もできるということで行先を決定しました。伊豆稲取はつるし雛の発祥の地なのだそうです。 桃の節句に手作りの人形をつるして飾り、子どもの無病息災を願う飾り [続きを読む]
  • 「海賊船ドールハウス【全体総括】」
  • 銃と風を旗印に掲げる海賊船“ブルーウィンド号”「船長室」「食堂」「宝物庫」「倉庫」の4部屋で成り立っています。 全体のハウス部分は帆船模型風に仕上げました。全体サイズ:約W470×H440×D125(mm)海賊船船長室と宝物庫作品を作るときには「色」について考えます。 この作品では全体の色調はダークブラウンを基本として、彩度の低めの色調で統一しました。 アクセントカラーは青。 4つの各部屋に一つだけ目 [続きを読む]
  • 「海賊船ドールハウス【船長室】」
  • 海賊船ドールハウス4部屋目は船長室です。 部屋サイズ:W107×H107×D123(mm)海と自由と洒落を愛する船長。 この船の船長は荒々しい海賊のイメージではなく、どちらかというと理知的に部下を取りまとめるボスのイメージです。 知性を感じさせるような、整然とした落ち着きと趣のある雰囲気にしました。部屋の証明は白いライトです。上の方に位置する部屋で明るい部屋なので、普通の色味を選びました。 LEDライトをガラ [続きを読む]
  • 「海賊船ドールハウス【宝物庫&倉庫】」
  • 海賊船ドールハウスの左右の小さな部屋は食堂を挟んで右が宝物庫、左が倉庫です。 【宝物庫】 見つけた宝物を隠しておく秘密の小部屋です。一見出入口がないように見えますが、実は天井に扉があり、上の船長室と繋がっています。船長室側の隠し扉はカーペットで隠されています。この部屋の小物は以前に「宝箱と宝の山」( で記事へ)で紹介したので割愛。黄色のライトで照らされた財宝財宝のイメージでの黄色のスポット型の [続きを読む]
  • 「海賊船ドールハウス【食堂】」
  • 船員が集まって休憩したり、飲み食いしたりする憩いの場。 前回書いた海賊船(帆船模型風)ドールハウスの中央部の一番大きな部屋です。 部屋サイズW150×H100×D120(mm)船内なのでちょっと薄暗いですが、明るく陽気な海賊の雰囲気にしたつもりです。 豆電球型のアクセサリーパーツの中に黄色いLED電球を入れてささやかな灯りを演出。船員が集まって楽しくお酒を飲み明かす場所海賊の食事はどんなものだったの [続きを読む]
  • 「海賊船(帆船模型風)ドールハウス【外観】」
  • 碇型のパーツを見て海賊船を作りたくなったので帆船型のドールハウスを作りました。船長室、食堂、宝物庫、倉庫の4つの部屋を想定して図案を書き起こしました。 まずはイメージ図を書いて、それから必要パーツを書き出し。 自分では木材を真っすぐ切れないので、東急ハンズで図面を書いて切ってもらいました。ものすごい細かいパーツ分けで店員のお兄さんに申し訳なくなるぐらいでしたが…帆船模型風ドールハウス(室内未完成)組 [続きを読む]
  • 「クリスマスリース&ツリー飾り」
  • もうすぐクリスマス。というわけで、クリスマスリース作りました。母がパッチワーク教室でハウス型のボックスを作ることになり、ちょうどいいリースとツリー飾りを作ってと依頼されたので。 家の扉の布サイズに合わせて逆算し、直径25mmぐらいで作ることを決めました。デザインを決める段階で土台に一番悩みました。 扉は茶色の布と決まっていたので、木の枝っぽいリースだと目立たないので、やっぱり王道の緑がいいと思ったの [続きを読む]
  • 「ミニ花壇&ガーデニング用品」
  • 以前制作した森の隠れ家に庭を造成しました。飾るのに屋外が寂しいので、まずは花壇を作ることに。 花壇の縁は市販の木の四角い板を繋ぎ合わせたもの。土はパン粘土を土台に、薄くボンドを伸ばして模型用の茶色の砂と細かいコルク片を振りかけました。ミニチュア花壇に花を植えこんでいきます草花はパン粘土と樹脂粘土を織り交ぜて作っています。 もちっとした葉っぱや花を作りたいときはパン粘土、透明感のある葉を作りたいときは [続きを読む]
  • 「ハロウィン戦隊パンプキンズ」
  • Happy Halloween!!ハロウィンに何かを作ろうと思って思いついたのが、かぼちゃお化けの戦隊モノ。 本当にただの思い付きなので、何の意味もありません。かぼちゃお化けの人形を作るのが好きなだけです。樹脂粘土製でだいたい身長18mmぐらいです。ハロウィンはかぼちゃもお化けもモチーフが可愛くて大好きです。ハッピーハロウィン2016!【関連記事】 ・「ハロウィン菓子店“soul cake”」(ドールハウス作品へのリンク。こ [続きを読む]
  • 「台湾のドールハウス博物館に行った話」
  • 台湾の台北にあるドールハウス博物館に行ってきました! 台湾旅行に行くことになり、どこに行こうか旅行雑誌を見ていたところドールハウス博物館があることを知り、どうしても行きたいと我がままを言って友人を付き合わせ、行ってきました。ドールハウス博物館は「袖珍博物館」というようです。 「そでちん」って何?って思っていたら、「しゅうちん」と読むらしいです。小さいもののことを「袖珍」というみたいですね。世界で2番 [続きを読む]
  • 「お洒落ボタンで作るピアス」
  • 先日、名古屋で買ってきたボタンでピアスを作りました。 片耳用ピアス2種です。買ってきたボタンは6種あったのですが、試行錯誤の結果、大きいものを2個づつ使ったデザインになりました。デザインさえ決まれば、ワイヤーで繋げるだけなのであっという間。 ちょっとボタンだけでは寂しい気がしたので、紅白の水引で飾りをつけました。 水引なので結びきり(左)と花結び(右)のイメージで、縁起よい感じに。水引の効果で和風要 [続きを読む]
  • 「名古屋で買ってきた素材」
  • 先日、名古屋に行く機会がありました。可愛い雑貨屋さんとかいっぱいあって楽しかった! 本山と覚王山で仕入れてきた戦利品2点。雑貨屋で買った古い海外のマッチ箱から剥がしたらしいレトロな用紙です。 ドールハウスの壁に貼ったりしたら雰囲気出るんじゃない?と妹にのせられて買ってしまいました。 確かに可愛い。茶色の紙にそれっぽいの印刷すれば自作もできそうですが、やっぱり本物はアンティーク感があってよいですね。 種 [続きを読む]
  • 「既製品のプルメリアの髪飾りをアレンジ」
  • 既製品のプルメリアの髪飾り。可愛いけれど、ちょっと物足りない気がして加工したらやりすぎた!夏らしいプルメリアの髪飾り(既製品)とってもシンプルだった髪飾りが…既成品に装飾して派手にリメイクもはやプルメリアでもなんでもない花に早変わり…もともと花びらがスポンジのような素材でレジンで加工しやすいかなと思って始めた作業。中央に金のペップ(手芸用の花芯)をつけて、金粉とホワイトラメをレジンでつけたとこまで [続きを読む]
  • 「魔法のランプのファスナー飾り」
  • 先日、劇団四季の「アラジン」を見てきて、その勢いのまま魔法のランプを作りました。アラジンの象徴といえばやっぱりランプなので。樹脂粘土製・魔法のランプのミニチュア樹脂粘土で成形すること数分の超簡易作品です。劇中のランプに鎖はついてなかったですが、ランプだけではちょっと味気ないかなと思ってつけてみました。勢いで何かを作ろうというわけでもなかったので、ファスナー飾りに加工しました。ポーチにつけたイメージ [続きを読む]
  • 「宇宙塗り&UVレジンの髪飾り」
  • 宇宙塗りで髪飾り作ってというリクエストにお応えしてやってみました。とりあえず100均の店を3件ぐらい巡って、宇宙塗りに使えそうなマニキュアを買い集めてきました。いろんな店で買ったのでバラバラだけど全部100円メインは青系で、黒と金・銀はアクセント用。全部ラメ入りのものを選んできました。台座は手芸店でしっかりしたものを選んできました。マニキュアを使って、簡単に綺麗なグラデーションを作れるという宇宙塗 [続きを読む]
  • 「絵の具 〜日本色と西洋色〜」
  • 粘土細工に欠かせない必須アイテム「絵の具」。最近、日本色のアクリル絵の具をゲットしました。ターナーのアクリルガッシュ・24色「ジャポネスクカラー」です。前々から和菓子を作ったりするときに普通の西洋色の絵の具で日本の色を再現するのは難しいと感じていたところ、家族からプレゼントされました。欲しいと言ったわけではないのですが、流石によくわかっていらっしゃる。色彩に関する勉強をしていると色の名前多すぎると [続きを読む]
  • ドールハウス「青の部屋」
  • 海の中のような幻想的な青の光が差し込むドールハウスです。真夏の日差しが最も映える、夏にぴったりの涼しげな雰囲気の部屋を作りました。一番のポイントは天井板の代わりに青いプラスチック板を天井に用いたことです。それにより光が差し込む昼間には白い壁に青い光が反射して部屋全体が青くなり、まるで海の中のような雰囲気に。白い壁に青い光が映ります。ハウス本体は既製品の箱で、正面にガラス板が入れられるので埃よけがで [続きを読む]
  • 「夏のとある休日 〜ひまわり畑〜」
  • 樹脂粘土で作ったひまわり畑。夏をテーマにしたミニチュア作品です。100均で仕入れた小さなバケツに収めました。ひまわりも人形もすべて樹脂粘土製です。ひまわりは35〜40mm程度の丈で、大きなひまわりです。ねんどーる(人形)たちはそれより少し小さいぐらいのサイズです。本物のひまわりも人の身長を余裕で越えるぐらい大きくなります。開花したばかりのひまわりのように、中央に窪みをつけてちょっと緑色っぽくしまし [続きを読む]
  • 「デコパージュの道具箱(もらいもの)」
  • 友人から誕生日プレゼントでもらったボックスを道具箱として使っています。お気に入りです。この箱はデコパージュで作った友人の手作り品です。デコパージュはやったことがなかったのでよく知らなかったのですが、ジュタドールとよく似ていました。ジュタドールが専用紙を専用ノリで貼り付けていくのに対し、デコパージュはペーパーナプキンを専用ノリで貼っていくものなのだそう。ペーパーナプキンは種類も豊富だし、可愛いものが [続きを読む]
  • 「UVレジンのドライフラワーアクセサリー」
  • UVレジンを使ったアクセサリー。ドライフラワーをメインに配置しました。作ったのはネックレスとピアス。春らしい黄色とオレンジ、薄紫の3色構成です。プレゼント用に何か作りたいと思っていたところで、手芸屋さんでドライフラワーアクセサリーのキットを発見。可愛いし、これなら難しくなさそうだと思い、金具等は家にあるのでドライフラワーだけ買って帰りました。ドライフラワーネックレスの材料を並べてみた使ってなくなっ [続きを読む]
  • 「樹脂ねんどーる 三味線を弾く女の子」
  • 先日、仲の良い友人の三味線の発表会に行ってきました。和装に三味線という日本文化の艶に魅せられ、触発されて作っちゃった樹脂粘土の人形です。樹脂粘土人形(ねんどーる)を作るときは必ず頭から作ります。顔と首を一番に作って、髪の毛を作り、顔を書きます。顔は絵筆で書くこともあるし、筆でうまく絵の具が乗らないときは爪楊枝を細く削って書くこともあります。人形は顔が命なので全部出来上がってから失敗すると立ち直れな [続きを読む]
  • 「キッチン&ダイニング」
  • ドールハウス4部作、趣味を愛する4人の部屋の番外編。4人の共同生活空間のキッチン&ダイニングです。4人の明るく楽しい食卓をイメージして、白・黄・水色を中心にポップなカラーリングのキッチンにしました。左がキッチン、右がダイニングになってますサイズ:W250×H180×D165(mm)「読書」「音楽」「手芸」「工芸」の4人の住人設定については各ドールハウスのページをご参照ください。(リンク貼っておきま [続きを読む]
  • 「宝箱と宝の山」
  • 海賊たちの戦利品をイメージした宝箱と宝石などの宝の山。宝箱は2ミリのバルサで加工。サイズはW30×H36×D24。銀の縁は樹脂粘土を薄く伸ばしたものを貼って、色を塗りました。最初は金縁にしようかと思ったのですが、少し古ぼけた風合いのほうがいいかと思い銀縁に変えました。アクリル絵の具で銀に塗ったあと、薄く黒い水彩絵の具を塗って鈍い色合いにしました。宝箱を発見した。調べる?フタを閉められるように作りま [続きを読む]
  • 「折り鶴の和風ガラスドームピアス」
  • 友人からガラスドームでアクセサリー作ってと依頼されたので作ってみました。ガラスドームが何を入れようか悩み、共通の友人たちに相談したところ和風テイストがいいんじゃないかとアドバイスをもらった結果、折り鶴のピアスになりました。ガラスドームは近所の手芸屋で見つからなかったので、ネット通販で購入しました。1個で500円弱なので、材料費はかかります。そんなに量産はできないアクセサリーです。折り鶴は「役に立た [続きを読む]