tyottokarame さん プロフィール

  •  
tyottokarameさん: 外国人なんて大嫌い
ハンドル名tyottokarame さん
ブログタイトル外国人なんて大嫌い
ブログURLhttp://ameblo.jp/tyottokarame/
サイト紹介文カナダ人の妻と出会ってからのことを自伝的に綴ります。
自由文記事の古い順に読んでいただけると誤解なく楽しんで(?)いただけると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/03/31 05:48

tyottokarame さんのブログ記事

  • お化けなんかこわくない
  • いきなりですが、皆さんは幽霊の存在を信じますか? 僕は信じています…、というより信じざるを得ない経験をしました。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 最初に、実はこのトピックは最後まで書くかどうか悩んだトピックで、今まで書いてきたことが「あぁ、やっぱり作り話か」、といわれかねないことを懸念して、最後まで悩みました。 でも、自分を多くさらけ出すためには避けて通れないなと [続きを読む]
  • ちょっと寄り道7
  • 僕はこのブログシリーズを書いている途中にふと思った… 「僕が嫌いなのは外国人じゃなくて、カナダ人なんじゃないか?」と。 そしてしばらく考える… 考える… 考える… 「やっぱり僕が嫌いなのは外国人だ」 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ たぶんお気づきの方もいらっしゃると思うが、このブログは一度に書き溜めたものを小出しにして発表している。 PVを稼ぐという [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/それから
  • 僕は学歴を捨てた。 子供もいない。 30代後半。 情熱を注いだベーキングはできなくなった。 明るい未来ってなんだっけ…。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 診察結果を受けた後の僕は荒れるだけ荒れた。 お酒はもともと好きだったが、たしなむ程度だった。それが毎日飲むようになった。泥酔するまで飲むようになった。 今現在仕事もしていない(これを公開するときは [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・アレルギー6
  • 僕の担当をしてくれた女医さんは感じのいい人だった。 初めての診察の時、診察以外でも移民である僕のことを気遣うようなことを言ってくれたり、それはもうお母さん的な包容力のある方だった。 でも、結果を受けた日、その時、その女医さんは僕を少し悲し気に見る。そして言った、 「確かあなたベーカーだったわよね?」 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 結果は最悪だった。 小麦 [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・アレルギー5
  • その後日本に帰国し、短い時間ではあったが受けられそうな検査は一通り受けた。 全部で7万くらい払ったかな? でも日本の病院は素晴らしい。 血液検査などの検査結果を患者に渡す。ただ、これだけで素晴らしい。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ これは聞いた話なので真偽のほどはわからないが、カナダの医者は僕たちにいかなる検査結果も見せない。 おそらく何かあったときの訴 [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・アレルギー4
  • 医学的なことはわからないが、僕の体は限界だったんだろう。 僕の体よ、酷使してごめんなさい。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 僕たちは車で救急に向かった。 そこには10人くらいの人たちが診察を待っていた。 僕たちは受付に向かい、簡単なアンケートを書かされた後、「最初」の診察室に案内された。 ここで簡単な診察を受けて、病状の深刻度が判定される。 僕はそこで [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・アレルギー3
  • 仕事を辞めたのは確か去年の3月12日。 この年は32年ぶりくらいの大雪で、道にはうずたかく雪が積み上げられていたが、その日はとても澄み渡る日だった。 寒く感じなかったのは心も晴れ晴れとしていたからかもしれない。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 日本への帰国の予定もたて、航空券も買った。 マフィン屋をやめて、僕は夜寝られる生活を満喫していた。 ナイトシフトな [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・アレルギー2
  • 彼女から処方されたのはステロイドだった。 一発で効いた。 手の腫れはみるみるおさまり、次の日からまた普通に仕事をしていた。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ わかる人わかるだろうが、ステロイドは基本、体に良くない。 考え方にもよるが、使わないにこしたことはない。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ クリニックに言った2か月後くらいかな?  [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・アレルギー
  • 精神的にだけではなかった。 ついに僕の体までアレルギー反応をおこしだす。 僕は今絶望の中にいます。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 最初に体に異変が現れたのは、これを書いているちょうど3年位前だったろうか? それは前述もした「ハシモト病」になる前だった。 マフィン屋の仕事の後、僕の手は真っ赤に腫れ上がった。 しばらくすると腫れもおさまるので、はじめは「 [続きを読む]
  • ちょっと寄り道6
  • 僕はカナダで交渉術を学んだ。 いや、何も学校に行って学んだとかいうことではなく、日常生活からものにした経験則だ。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ まず、日本人とカナダ人では、何かを提案するときから根本的に違う。 日本人は、交渉可能な提案を出す。簡単に言うと、はじめから無茶ぶりなどしない。もしくは多少無理っぽい程度の提案をする。そして自分たちで歩み寄れるぎりぎりも想 [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・奴との喧嘩6
  • 実は僕たちがベーカリーのプロジェクトを始めたとき、日本人コミュニティーのみんなもそれを聞いてウキウキしていたらしい。 この街の日本人女性は、いつもみんな何かをしたがっている活発な人たちが多い。 だから、みんな誰かが何かを始めるとき、お互いに助け合う。 素晴らしい。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ そんな彼女たちには心配していたことがあったという。 それは「 [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・奴との喧嘩5
  • 嘘を言わないということは、本当のことを言っているという意味ではない。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 僕は彼の妻と電話口で話しているとき、どうしても腑に落ちないことがあった。 なぜなら、彼女は実際「起きた出来事」について話していたし、彼女の言っていたことはすべて事実だった。 話の前後が切り取られていること以外を除いてはね。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━ [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・奴との喧嘩4
  • 彼は帰った。もう午後9時半をまわっていた。 今にしてみればそんなことをする必要はなかったと思うのだが、僕は彼の妻の日本人女性に電話をかけていた。 僕は言った「物別れに終わりました。」 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 当時の僕の心境としては、日本人コミュニティーも小さいし、なにぶん街自体が小さい。 偶然会う機会もあるし、単純にお互いに問題のない僕たちが無視しあう [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・奴との喧嘩3
  • 僕は特にその30分いらだっていた。 言葉を発するとたぶんもう爆発しそうだった ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ その30分間、彼が言っていたことはほとんど覚えていない。 全体的には、僕がいかに素晴らしいパティシエであるかという内容だったと思うが、僕にはもうおべんちゃら以外の何物でもない、というかただのおべんちゃらだ。 最後までいい人キャラを通そうとするクズ。&nbs [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・奴との喧嘩2
  • 妻に、彼との電話口でのやり取りの一部始終を伝えた。 妻も彼が「I'm sorry」といったことに本当に驚いていた。そしてそれはすごくいい兆候だと。 あぁ、わが妻ながら、カウンセラーなんてものはあてにできないな。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 僕は妻にミーティングで僕たちの間に入ってもらうことをお願いした。つまり仲裁役を頼んだ。妻がカウンセラーであったことと、英語、日本語 [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・奴との喧嘩
  • 「てめー、ふざけんな。二度と顔見せるんじゃね。ファッカー。」 あぁ、今思い出してもイライラする。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ あれは去年の9月はじめだった。 詳細はまたいずれお話しするが、僕たちのプロジェクトは決定的に破たんした。 僕たちはマーケットでケンカ別れをした。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ ケンカ別れした日から数日後、 [続きを読む]
  • ちょっと寄り道5
  • 僕にはカナダ人がよく言うセリフで大嫌いなものがいくつかある。そのうちの一つが 「Anyway I tried…」 意味は、「どのみち私は頑張ったんだから、しょうがない。」になる。 確かに、僕たちの努力に反して結果が出ないはこと多々ある。だから日本人もよく「しょうがない」という言葉を使う。 しかし彼らが使うその意味と、日本人の言う「しょうがない」は根本的に意味合いが違うと思う。 ●━●━●━● [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・ベーカリー5
  • カナダ人というのは非常にデリケートな生き物だ。 何か問題があったとき、はっきり言うと傷つくが、やさしく言うと気づかない。 何も言わないとそれこそ気づきもしない。 しかし何も言わないと「なんでその時言ってくれなかったの?」 あぁ…、イライラする。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 繰り返しになるが、彼は2か月たってもチーズケーキのレシピを自分のものにすることが [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・マーケット4
  • 今にして思えば、彼は自分の人生に飽きていたのかもしれない。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 彼は株のトレーダーだった。といっても僕たちの想像するかっこいいものではない。 彼はめぼしい銘柄を見つけたら買い時と売り時をパソコンに入力し、あとは全自動。それでも完全にその場からは離れられないようだった。 つまり、彼は彼の自宅で一人で時間を過ごすことが多かった、ぶらぶらと。 [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・マーケット2
  • 彼の家族とはよく遊んだ。 彼自身知的であり、日本語もまぁまぁ理解できる。彼は株のトレーダーで、経済にも興味のあった僕には、彼との会話はとても楽しいものだった。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 初めて会ってから1年ほど経過したころだったと思う。彼が僕に一緒に仕事をしよう。ベーカリーを始めようといったのは。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 僕はか [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・マーケット
  • マフィン屋をやめて、健康診断のために日本に帰国したのは、僕の地元でも桜が散った4月下旬だった。2か月ほどの滞在の予定だった。 帰国はゴールデンウィークの始まりだったので、連休後直ちに病院に向かった。 自分の日本の滞在予定を説明し、一通りの検査を受け、得られる結果はその日のうちに受けた。その1週間後にその他の項目に関しても結果を得た。 日本に住んでいた時は、それが普通だったので特に何も感 [続きを読む]
  • ちょっと寄り道4
  • 先日ある動画サイトで面白い動画を見た。 それは日本のテレビ番組で、そこには5人の日本人パネラーとたくさんの外国人がいた。彼らが話していたテーマは「外国人が思う日本のダメなところ」。その中の外国人が言ったある意見がとても面白かった。 「日本にはごみ箱が少なすぎる。」 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ 僕がカナダの今住んでいる地区に住んでかなり初期のころに感じたこととは [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・子づくり6
  • しばらくの沈黙の後、僕は重い口を開いた。そして努めて冷静に彼女に訊いた。 僕「いつ気づいたの?」 妻「お昼くらい」 僕「なんで帰ってきて最初に教えてくれないの?」 妻「言わなくてもいいかなって思って…」 僕「…………。」 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ あの時の僕は怒った。僕の表現力では無理なくらい怒った。 観念した彼女は翌日から「体温」を計り始め [続きを読む]
  • 外国人なんて大嫌い/カナダ・子づくり5
  • 初めて子供を作るためにSEXをしてからしばらくたった。 僕はますます焦っていた。 彼女が焦らないことに。 ●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━●━ SEX の回数は、以前とはさほど変わらなかった。 まぁ、SEXは子供を作るつくらないにかかわらずしたかったが、僕はもっと排卵日などを意識してSEXをしたかった。 僕は彼女に基礎体温を測るようにお願いした。 意外にも断られた。そし [続きを読む]