ながくて風土 さん プロフィール

  •  
ながくて風土さん: ながくて風土
ハンドル名ながくて風土 さん
ブログタイトルながくて風土
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hudo-mau
サイト紹介文3月、野良が加速度的に忙しくなって、来年度の地区委員のお仕事や卒園式や年度末のいろいろでバタバタした
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/03/31 14:16

ながくて風土 さんのブログ記事

  • あぐりん村、最高!
  • 我が家はお米を年間契約で名古屋生活クラブから配達してもらっているのだけど、たま〜に足りなくなる時があって、その時はもちろんあぐりん村に行ってお買い物してきます。今回もひさびさお米を切らしてしまって、あぐりん村に行ってきました。先日、甘酢生姜の記事を書かせていただきましたが、その時使った新生姜をちょうどあぐりんで見つけられたので、こちらもゲットしてきました。…あぐりん村には5年くらい前から生産者とし [続きを読む]
  • 2017年7月、ながくて風土。
  • 毎年、こぼれ種から栽培している赤ジソ。これは、野口のタネさんからいただいた、純赤ちりめん紫蘇という品種の赤ジソです。すばらしいちりめん状にちぢれた葉と、この美しい赤色に惚れて栽培しはじめ早5年。今年ももみしそづくりやシソジュースづくりに励もうと思います!こちらは一年目のルバーブ。そう、ここ数年、長野県などで栽培されているジャムなどの原料になる素敵な野菜。まるで、フキのような感じなんですよ!わたしも [続きを読む]
  • 簡単、手づくり甘酢生姜(ガリ)、農家のレシピ。
  • 6月から7月にかけて、梅干しづくりやラッキョウ漬け、甘酢生姜漬け、シロップづくりなど保存食づくりが盛んな季節ですよね。我が家も遅ればせながら、甘酢生姜漬けました。しばらくの間甘酢生姜を切らしてしまっていたのと、最近よく家族でたこ焼きパーティーをするので、やっぱり美味しい甘酢生姜や紅生姜がほしいなあ〜と思い、早く欲しかったので切羽詰まって仕込みました。長久手温泉の市場、ござらっせ「あぐりん村」で大きな [続きを読む]
  • 新玉ねぎの甘酢漬け。
  • みなさーん、新玉楽しまれてますかー?我が家は今年玉ねぎ失敗で全部購入させてもらってますが、楽しんでますよー!新玉はスライスしてポン酢をかけただけでもすごく美味しいですが、我が家はしょっちゅう梅酢漬けを作っています。だってすごく簡単ですぐできるし、保存食にもなるし、子どもたちも大好きだから…!スライスした玉ねぎに、梅酢を和えるだけ…!我が家の分量はだいたい玉ねぎ1個につき、梅酢大さじ1です。10分程度の [続きを読む]
  • 民芸の書棚、ひのきのベッド…新しい家具をお迎えしました。
  • 子どもの成長や家族の状況によって、家の中って少しずつ変化していきますよね。我が家は元々ベッド派だったんだけど、子どもが3人いて授乳もあったしほかのきょうだいの面倒もあったし布団生活に切り替えて10年近く経っていました。でも、長女がもう中学生になって親離れしていってるので、6年生のころからベッドを買ってあげようか?などとチラッと聞くと、絶対欲しい!と言っていました。親と離れて寝ることさみしくないの〜?と [続きを読む]
  • 6月の美しい野菜。
  • 6月になり、わたしの畑から収穫してきたいろいろな作物たちが家の中にも外にも乾かされていたり、保存されていたり…と、我が家がまた、野菜たちでにぎやかになってきました。今あるのは昨年11月に収穫した唐辛子やサツマイモくらいになっていたので、こうしてブラブラゴロゴロ野菜たちが増えてきて、春から夏になり収穫が多くなってきたことが実感できます。冒頭の写真は、手前が風船のようなニゲラの種、奥の小さなツブツブはパ [続きを読む]
  • ワケギの掘りあげと、グリーンピースとキヌサヤの種取り。
  • 今年も無事、採種できました。グリーンピースやキヌサヤは、前年の秋に蒔種してから、長い栽培期間を経て5月頃から収穫期になりますが、収穫が始まってから結構あっという間に終わってしまいます。株もあっという間に黄色く枯れてくるので、サヤと実が熟してきた頃サヤを収穫して置き、天日でさらによ〜く乾かしてサヤから熟した種を採りだします。グリーンピースとキヌサヤの種が混在しています。サヤの形で種が浮きだった形をし [続きを読む]
  • 6月10日(土)春日井市高蔵寺cafe bitoさんのマーケットです?
  • 6月10日(土)春日井市押沢台5−10−4 cafe bitoさんにてマーケットが開催されます!こちらの写真は、前回のみっちょんのパンのブースです。おかげさまでながくて風土も2年目の参加をさせてもらっております!今月は、わたしが激激プッシュのケニア山のオーガニック紅茶と、ココウェルさんのオーガニックココナツファインを使用して、つくらせてもらった焼き菓子でお手伝いさせていただきました。そしてそしてもちろんみっちょん [続きを読む]
  • そだてるたべるつながる、どろんこ村でのご飯とおやつ。
  • コチラの記事の続編です…?愛知県渥美半島の「どろんこ村」では、野菜や動物を育てて食べて、いのちがつながっていくことや地球一個分の暮らしを小さなお子さんから大人まで、実践することができる場所です。こちらのお父さんである小笠原さんは、「ファームステイ」を長年実施されていて、1999年から現在まで小学生や中学生、たくさんの子どもたちを受け入れられてきています。わたしたちも午前中から夕方まででしたが、貴重 [続きを読む]
  • そだてるたべるつながる…愛知県渥美半島「どろんこ村」。
  • またひとつ、夢が叶いました。愛知県渥美半島伊良湖岬「どろんこ村」に、親子で日帰りファームステイに参加させてもらいました。ウチの生産量が少ないのと、昨年のキャベツが芳しくなかったのもあり、我が家では名古屋生活クラブを通して毎週どろんこ村のキャベツを2個ずつ必ず注文させてもらっています。以前から生クからも、夏休み前などに「どろんこ村」ファームステイの案内をもらっていました。友人のここちゃんの息子くん( [続きを読む]
  • ココナッツの紅茶クッキー。
  • ひさびさにクッキー焼きました。実は長女のお友だちのお誕生日だったんです。何年も前から長女のお友だちから「○○のお母さんのクッキーが一番美味しい!いろいろな味のものが入っていて素朴ですごく美味しい!」と熱烈なラブコールもらってたんですよね…!長女の誕生日には彼女の手づくりの美味しいベルギーワッフルいただいていて、前々から長女と彼女のお誕生日には手づくりクッキープレゼントしたいねって話していました。今 [続きを読む]
  • 春菊の収穫と、苗の定植。
  • 今年も自家採種した種から、さまざまな野菜を栽培しています。こちらはゴーヤ!もともと、るーあんりちゃんからもらったゴーヤから種を採ってこれでもう4年目くらいです。以前は子どもたちがゴーヤ苦手で、一年に2〜3回(本)くらいしか使えなかったし、出荷用に作っても、もし残った時に消費できず困るので、自分では栽培しなかったんですよね。でも、子どもたちもゴーヤチャンプルーなどを喜ぶようになってきたタイミングでるー [続きを読む]
  • るーあんり畑の蕗(フキ)。
  • るーあんりちゃんの畑の貴重なフキをいただいてしまいました…!春の味覚…!年に一度は味わいたいほろ苦い味とシャキシャキした食感で大好きです。フキは毒素が含まれるため、しっかりあく抜きしてから調理するのが基本ですねぇ。手順は面倒なイメージかもしれないですが、至って簡単…!・葉を落として、きれいに洗ったフキを鍋に入る大きさに切りって水気を切る。・まな板にのせて、ひとつかみの塩をふり手でコロコロと転がし板 [続きを読む]
  • 骨董、アンティーク、多治見の三角屋さん。
  • ずっと行きたかった骨董屋さん、多治見の「三角屋」さん。先日の多治見の日帰り旅で、ついに寄ることができました!このお店も蜃気楼的なお店で月〜金定休で、12時から17時という狭き門…。ちょうどGW中だったので臨時休業とかになっているかな〜とどきどきしつつお店に向かいましたが、お店の周りに人が集まってる感じが見えたので「やってるー!」と思い足を早めて進みました。よかった〜〜〜〜〜!写真の角度悪かったんですが [続きを読む]
  • グリーンピースの収穫と冷凍保存。
  • いつもはグリーンピース(ウスイ豆)の時期が終わりそうな頃を見計らい冷凍保存の準備をするのですが、今年は収穫がはじまってすぐに保存分を用意しちゃいました!グリーンピースは前年の11月に種を蒔き、寒冷紗で覆い冬を越し、春になったら早々に寒冷紗をはずして支柱をたてネットをはり…と、栽培期間がとても長く手間がかかりますが、収穫期が始まるとどっと生ってあっという間に終わってしまいます。今年の第一弾の収穫でたく [続きを読む]
  • 可愛いキヌサヤ。
  • ん・ふ・ふ・ふ・・・ホクホク?今年も可愛いキヌサヤが収穫できました。ほんの数株しかつくっていないので自宅でちょっと使うくらいしかないんですが今年もできばえは上々?キヌサヤって、いろどりに使われる場合が多いけれど栽培している人はがっつりメインでも使いますよね。我が家ではよく大量のキヌサヤをオリーブオイルとニンニクでさっとソテーしておかずの一品にしてます。冒頭の写真は、ハンバーグをつくったときの付け合わせ [続きを読む]
  • 多治見の鰻、「うな千」さんの鰻丼。
  • 行ってきました!多治見の鰻〜?英子さんに教えてもらっていた「澤千(さわせん)」さんに行きたかったんだけど、今回は車を停めた駐車場の近くの鰻屋さん「うな千」さんに行くことに…!こちらは地元の方はもとより、観光客の方にも人気の高いお店だそうで、GWだし人気のお店だし…!と夜は16時半開店なのですが、16時すぎにオリベストリートからうな千さんに向かって、16時10分にお店の前に到着しました。…まだ誰もいない…一番 [続きを読む]
  • 多治見市 モザイクタイルミュージアム
  • いつも我が家はGWともなると、小さい3人を連れて遠い実家の広島や金沢に帰省することで精いっぱいでしたが、今年はちょっと違います…!今年はGWの翌週に広島の実家で祖母の法要が入ったので、思いがけずGWは自宅で過ごすことになりました。わたしも相棒くんも仕事は5連休できることになっていたのでこんな大きな連休にふたりとも全部休めてまあどうしよう!?とにわかに時間が持てることになり、夢のよう…?先日金沢に帰省したば [続きを読む]
  • ココナツチュイール、again!!
  • アーモンドチュイールやココナツチュイールを作るとき、ちょっと手間だなあ〜〜!と思うのが、生地を薄く均一にひろげる作業…。意外に時間かかるし疲れるので、わたしはほんのちょっとしかチュイールを焼けません??もっとたくさん作れたらいいなあと思うんだけど、天板2枚分くらいがわたしにとってはちょうどいい量です。…先日アップさせていただいたココナツチュイールよりも、もう少し生地が扱いやすいように(薄く広げやす [続きを読む]
  • ながくて風土、5月の畑。
  • 今年の春は雨が多いですねぇ!桜の季節も週末のたびに降るし、今日の小学校の遠足も昼過ぎから急な気候の変化がありそうな予報で(名古屋では4月29日土曜、急な雷雨でGWスタート日にびっくりでしたね)、念のため延期になってしまいました!野菜たちも例年に比べて遅いな~って感じです。いつもならGWにたくさん穫れはじめて一瞬で終わるキヌサヤがやっと数個収穫できたというところであります…!…ふふふ、きれいでしょ。豆を栽培 [続きを読む]
  • 続・イングリッシュマフィン。
  • イングリッシュマフィン、我が家はほぼこのレシピでいいかな!ってレベルまで達しました。あくまでも自分勝手な判断ですがね?セルクル(型)を購入して、大きさが均一なマフィンを作りたいなあと思ったんだけど、生地の分量と焼くときの天板のサイズでクリアできたんです!9センチで高さが3~4センチあるマフィンがいいなあと思っていましたが、ほぼそんな感じの大きさで。ポイントが2点ありました。・生地の目方を1個80g程度に [続きを読む]
  • 手づくり、コスメ。
  • わたし、学生の頃、百貨店の化粧品売り場で働いていたんですよ。わたしの行っていた学校は北陸で幼稚園教諭や保育士を目指す人がガチで行く学校で、県内で最も古い学校でした。こんなキャンパスライフ、嘘でしょ!ってほど毎日ものすごく忙しく、毎朝早くからバスに乗って学校に行き、学校が終わるのは17時とか18時頃…夏休みもろくになく泊まり込みで実習実習、真夜中まで続くレポート作成と教材製作などなど、もうカリキュラムが [続きを読む]
  • さらし木綿の手拭い。
  • 木綿の手拭いを新調しました。結構長持ちしてくれた木綿の手拭いですが、なんとなく薄くなってきたかな〜っていうものや、野菜の色素で軽く染まったかな〜っていうものもあったので、一気に新調することにしました。名古屋市車道の、大塚屋さん。名古屋で手芸する人は誰でも行ったことがある大型手芸店ですよね!わたしもあんまりソーイングはしないんですが、一年に1度くらいは大?屋さんで布を買って、学童用品を縫ったり、自宅 [続きを読む]
  • 春の味覚、タケノコのおかず。
  • 今年も畑仕事をしていると、地主さんがやってきて、「タケノコあげよっか」と、箱いっぱいのタケノコをくださいました。写真では量がなかなか伝わりずらいですが、大鍋に2つ分のタケノコです。こういう地物の掘りたてのタケノコが口にできるなんて、なんて贅沢なことだろうと思います。表面の皮をむいて、先端を斜めに切り、さらに切り込みを入れて、糠を入れた湯で湯がくこと40分…いつも堀りたてをくださるので、ホントあっと [続きを読む]
  • わけぎの酢味噌和え、農家のレシピ。
  • うん、やっと、、、収穫できました!今年は桜もうんと遅かったし、ワケギの収穫も1~2週間遅れました。いつもなら、子どもたちの春休みにはワケギを昼食に出していたのだけど、いつまでたっても雨が続いて低温のままワケギが小さ目で、新学期に入ってもまだ全然収穫期じゃないな〜って感じだったんですが、ここ数日の陽気でもうそろそろ収穫してもいいよ〜!って感じのワケギさんになってきたのです。まずは少量いただき…ます! [続きを読む]