住吉那巳枝 さん プロフィール

  •  
住吉那巳枝さん: 国語記述問題・作文・小論文攻略ブログ!
ハンドル名住吉那巳枝 さん
ブログタイトル国語記述問題・作文・小論文攻略ブログ!
ブログURLhttp://ameblo.jp/kotonohasya/
サイト紹介文国語教材・試験問題制作者兼国語講師の視点で、 作文・小論文を気負わずに学ぶ方法をご紹介!
自由文大手進学塾にて集団指導、大手個別指導塾にて教室長を行ったのち、
国語の教材制作を本業にしつつ、塾講師・家庭教師をしています。

指導歴は20年。市販教材・塾版教材の執筆・編集、各種模試の執筆・編集中心に活動中。5年間で制作した模試は200本以上。指導においては、3半年で最低でも偏差値10、平均偏差値20上げる指導を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/03/31 23:30

住吉那巳枝 さんのブログ記事

  • 受験は親が9割の意味
  • 中学受験生を抱えていっぱいいっぱいになるお母様をこの時期になると必ず見かけます。 6年生になり、季節の変わり目になって疲れも出てくる生徒たち。模試の成績が下がりがちになっているのに、本人に焦りが見られない。一方、お母様の気持ちは焦るばかり。塾の宿題を一緒に見たり、つきっきりで家庭学習の監視をしたり。でも、思うように勉強しない子どもたち。お母様方の焦りやいら立つお気持ちは本当によくわかります。&n [続きを読む]
  • それ、ほんとにやる気がないのですか?
  • 簡単な問題なのに、記述問題を白紙のままにしている。そんなことがあると、「やる気がないみたいですね」 なんて、言われたことはないでしょうか? 「やる気がない」という言葉はとても便利な言葉で、とても危険な言葉です。 なぜやる気がないのか?本当にやる気がないのか? 白紙の解答からだけでは判断できません。 簡単な問題の基準って、何でしょう?先生やテキスト作成者が一般的に簡単だと設定して [続きを読む]
  • 学校主催プレテストってどう?
  • 関西では、早いところは7月から私立中学でプレテストが実施されます。 ピークは10〜11月ですね。遅いところは冬休み直前あたりまであります。 もちろんすべての私学が行うわけではありません。 志望校がプレテスト実施しているなら、そして、複数回実施し、かつ結果を見ながらの面談があるなら、必ず受けましょう。 学校によっては、プレテストを受けているかいないか、プレテストの講評会や説明会、結果 [続きを読む]
  • センター試験後継案について思うこと
  • 昨日のニュース。 センター試験後継案、英語は民間で 国数に記述式問題 国語の記述式問題の案が出ていましたが、公立中高一貫校の適性検査問題と酷似していますね。 あくまでも案なのでしょうが、これで大学進学希望者の思考力をどこまではかれるのか……。 百字程度で論理的思考力を見る問題……。作る側の負担は容易に想像がつきます。 そして、だれがどうやって何を基準に採点するんでしょうね……。 [続きを読む]
  • センター試験後継案で思うこと
  • 昨日のニュース。 センター試験後継案、英語は民間で 国数に記述式問題 国語の記述式問題の案が出ていましたが、公立中高一貫校の適性検査問題と酷似していますね。 あくまでも案なのでしょうが、これで大学進学希望者の思考力をどこまではかれるのか……。 百字程度で論理的思考力を見る問題……。思考力を見る問題を作る場合、はかりたい思考力の何倍もの思考力がなければ、いい問題は作れないはずなんです [続きを読む]
  • 今まで出題されていないから、今年も出ない?
  • 家庭教師をしていると、「詩や短歌、俳句ってほとんど出ませんよね? 塾の授業であるんですけど、その時間、読解問題をやらせたいので見てもらえますか?」と言われることがあります。 また、「こういう文章は今まで出ていないから、できなくてもいい」とおっしゃる塾の先生もいるそうです。 う〜ん。 この考え、危険です。 長年同じ傾向だったものは、傾向が変わることがあるということを忘れてはいけません [続きを読む]
  • ダイバーシティと素材文
  • ダイバーシティというと、「女性活用」がまっさきに頭に浮かぶ人もいるようですが、本来は「多様性」を指す言葉であり、女性の積極的活用のみを指しているわけではありません。 ダイバーシティは「Diversity and Inclusion(多様性の受容)」の略で、多様性を尊重して受け入れ、理解することです。ここでの多様性とは、性別、障がい、国籍、生活様式、思想、宗教、価値観などを意味しています。 これらが、入試の素材文 [続きを読む]
  • なぜ? 過去問になると記述問題が解けない! 
  • 中学受験生の中には、模試の記述問題は解けるのに、過去問の記述問題やプレテストの記述問題、通常の模試ではなく冠模試になるとまったく点が取れなくなってしまう子が必ず存在します。 その原因の大半は、設問文を読んで的確に答えることができないからです。 設問文を読んで的確に答えられないなら、模試でも点が取れないのでは? と思われるかもしれませんが、そうとも言えません。 基本的に模試の記述問 [続きを読む]
  • 読解問題が苦手なら「なぜ?」を忘れずに
  • 国語の読解問題で伸び悩んでいる生徒さんにぜひしてもらいたいこと。 それは、常に「なぜ?」と考えること。 文章を読むとき。なぜ筆者はこのような意見を述べたのか。なぜそのように言えるのか。なぜこの登場人物はこのような気持ちになったのか。…… 問題を解くとき。なぜこの選択肢が正解だといえるのか。なぜこの選択肢が間違いだといえるのか。なぜこの部分が解答の根拠だと考えられるのか。…… 問題を [続きを読む]
  • 本屋大賞2017、今夜発表ですね
  • 今夜発表の本屋大賞ノミネート作品。森絵都『みかづき』 昭和から平成の教育の移り変わりとともに、教育に関わる人の思いに納得したり、共感したり。また、親子関係・夫婦関係についても考えさせられたりもしました。 来年の入試で使われるかもしれませんね。 著作権クリアなら使用したい作品です。 ところで、この作品の表紙、校閲ミスがあると気づかれた方、多いのでは? みかづき(三日月)は上限の月 [続きを読む]
  • 算数ができるから理系? 国語ができるから文系?②
  • (続き)まず、文系であろうと理系であろうと論理的思考力は不可欠です。これがないなら、文系も理系もありません。それ以前の問題です。 では、文系と理系の違いはなにか。それは、論理的に思考した結果生まれたものを言語という形で説明するのが得意なのか(=文系)、数値・図式という形で説明するのが得意(=理系)なのかどうか。 明確な違いはこの程度なのです。理系と言われる人は視覚化して説明することが得意で [続きを読む]
  • 算数ができるから理系? 国語ができるから文系?①
  • 理数ができるから理系、国語ができるから文系。こんな言葉をよく聞きますが、そんなことはありません。こんな思い込みは捨てたほうがいいです。 まず、学校の国語ができるから文系なんて考えは捨てましょう。特に小学国語なんて論理以外のものが重視されて評定が出る。設問も論理的に考えなくても解けるものはよく目にするもの。 そもそも文系・理系の区別なんてたいしてないのです。私自身、高校3年時理系クラスでし [続きを読む]
  • 下剋上受験
  • この記事を目にしてふと思ったこと。↓「受験のプロに聞く、「リアル下剋上受験」を果たす親子はココが違う!」 そうだな〜と思うところもあり、そうかな〜と思うところも個人的にはありました。 下剋上受験は偏差値20以上UPから、とのことですが、私の感覚では30以上。偏差値20上がる生徒は正直毎年いるんですよね。偏差値30から50に上がる生徒はよくいます。ちなみに中学受験の模試では偏差値10くらいの [続きを読む]
  • 2月30日?
  • 大阪府公立高校入試は3月9日。 今年度かぎりで、公立高校受験生の指導はいったん停止。(メールによる作文指導している生徒さんについては、継続指導)塾もやめて、教材制作と家庭教師の指導のみにしばらく集中することにしました。もしかしたら、中学受験専門塾での指導が入るかもしれませんが。中学受験指導が増えているので、自由に動ける時間を増やしたかったのと、2020年の教科書改訂や大学入試改革に向けて、すでに制 [続きを読む]
  • 実体験と読解力
  • 人を見る力のある子は、基本的に物語文の読解に強いように感じています。 そういう子は、実生活において、相手の言動はもちろん、ちょっとしたしぐさ、言葉のはしばし、表情などから情報を得て、目の前にいる人がどんな人かを見ています。 そして、このしぐさをしているとき、人はこういう感情を抱いているということを読み取ります。その人とのやりとりや同じようなしぐさをする他人とのやりとりを重ねることで、読み取 [続きを読む]
  • 算数の文章題が解けないのは読解力がないから?
  • 「読解力がないので算数の文章題が解けないのです」この言葉、とてもよく耳にします。 これ、本当だと思われますか? 文章題ができないのは、読解力がないからでしょうか? 答えは、本当でもあり、うそでもあります。 国語で必要な読解力とは、「筆者の主張や見解、登場人物の心情を正しく読み取る力」。 算数で必要な読解力とは、「提示されている条件を正しく読み取り、その条件に基づいてどの式 [続きを読む]
  • 読売新聞連載 読解力が危ない
  • 昨日から実家に私用で帰省してまして、目にした読売新聞。あ、また連載が。そのタイトル、『読解力が危ない』。突っ込みどころはいろいろある内容でしたが、第一回の読解力のない学生は「文の構造を理解せず」という部分には同意。でも、SNSの普及による短文のコミュニケーションが増え、長文の読み書きが減っているのが悪いというような内容はどうなんだろう?短文で気持ちを伝える力は優れているとも言えますよ?私の友人の一人にT [続きを読む]
  • 12歳の選択② 
  • 今年度の中学受験は、十数年ぶりに印象的な入試だった。 小6の4月末に来た依頼。個別指導と家庭教師をメインで受験する生徒。当時の国語の偏差値は20台後半から30台前半。 当初の目標校は下位に属する学校。 正直そこもあやしかった。しかし、その後、目標校を上げてきた。 語彙力、漢字力、読解力。どれも厳しい。 思い切って、音読、視写から指導した。そして精読。これをすると一時的に成績は下 [続きを読む]
  • 12歳の選択①
  • 今年度の中学受験が終了。 今年、私が指導した生徒たちは全員第一志望校に合格した。 合格可能性五分五分の学校を受験した生徒がいる。受かっても入学後必死に勉強し続けないといけない難関校だ。 合格確実の有名大学附属校の受験をするか、五分五分の難関校を受験するかの選択で、生徒は難関校の受験を決めた。日程の関係で有名大学附属校の受験はできない。 「A中学行ったら英語はめっちゃやら [続きを読む]
  • 中学入試ー冬期講習だからこそやるべきこと
  • 記述問題で点が取れない。減点が異様に多い。 この時期になるとかなりあせる人が増えてきます。 そんな人は基本に立ち返りましょう。 今月下旬から始まる冬期講習では多くの塾で入試問題演習が中心となります。授業での解説がほとんどなく、解答と1行程度の解説が書かれたものを渡されて終わり、復習は宿題または自習時間にやりましょう!というところもあります。 でも、ここに大きな落とし穴があります。記 [続きを読む]
  • 言われたことしかできないんです!
  • 「言われたことはやるんですけど、それだけなんです!」「言われたことしかできないんです!」 と小学生の保護者の方がおっしゃるのを何度となく聞いてきましたが、「それ、すごいことですよ。ほめてあげてください」と、私は言うようにしています。 言われたことを言われた通りにできることは基本です。 世の中みてください。言われたことをきちんとできる大人、意外といませんよ? 自主的に動く大人 [続きを読む]
  • コーエツ! もやってます。
  • 「地味にスゴイ!」のおかげでなんだか校閲について聞かれることが増えてきました。 私の本業は国語教材の制作です。 読解問題で使用する作品を図書館で選び、どの部分を使うかを決めて問題を作成する原稿執筆といわれる仕事が最も多いです。 が、編集・校閲もします。 教材の校閲の場合は通常の出版物にはない問題の成立可否のチェックなんかもあります。あ、理科教材の校閲をドラマでもしてまし [続きを読む]
  • 神奈川県立高校入試記述・作文対策
  • 現在、摂津市・高槻市・茨木市・大阪市鶴見区・城東区・東淀川区・旭区・北区・都島区・淀川区のみ金曜日17時〜19時の時間帯でのみ直接指導可能です。 大変申し訳ございませんが、スカイプ指導は定員に達しました。 メールによる作文・小論文指導を行っておりますので、ご興味がおありの方はお問い合わせください。 また、メールによる記述問題対策については、個別に対応しておりますので、ご相談ください。 [続きを読む]
  • 受け売りってそんなにだめですか?
  • 現在、直接指導については指導可能日が非常に限られております。ご希望の場合はお問い合わせください。なお、2017年4月からの指導予約を受け付けております。体験授業は1月より予約可能です。大変申し訳ございませんが、スカイプ指導は定員に達しました。 メールによる作文・小論文指導を行っておりますので、ご興味がおありの方はお問い合わせください。 また、メールによる記述問題対策については、個別に対応してお [続きを読む]