mireniaのブログ さん プロフィール

  •  
mireniaのブログさん: mireniaのブログ
ハンドル名mireniaのブログ さん
ブログタイトルmireniaのブログ
ブログURLhttps://mirenia.muragon.com/
サイト紹介文C型肝炎治療ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/04/01 14:02

mireniaのブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 完治
  • 今年の1月初旬に入院し、新薬服用を始め4月初旬に終了した。 三か月の間、副作用が皮膚に出て、座れない、服の摩擦で下着をつけれない、眠れない、外出できないと、、、苦痛の日々が続きました。 想像していたことと違ったことだったので(副作用が少ないと聞いていた)先生にも相談しながら、皮膚科に通ったりして、不快感を取り除きたかったのですが、無理でした。 皮膚科で処方された塗薬も、錠剤も効かなくて、変えてもら [続きを読む]
  • 定期検査 一回目結果。(良好)
  • 5月10日(火曜日) 12週間の治療が終わって、初めての定期検査を受けた。 血液検査のみで、結果は「良好」数値は正常範囲内でした。 ウイルス量は一週間後に分かります。 第二回目の定期検査は二か月後です。 血液検査とエコー検査をします。 その一週間後に結果がわかり、異常なければ、「完治とみます」と先生のお言葉。 その後副作用もなく、体調が良くなった感じがしていることを先生に伝えた。 苦しかった副作用 [続きを読む]
  • 先生のお見立て通りでした。
  • 副作用の皮膚の掻痒感が新薬服用をやめて約一週間が過ぎ、ほぼ綺麗になくなりました。 ジル(猫)→「それで、カキカキしてないんだね。。」 皮膚科で頂いた一か月分のお薬はたくさん残ったままです。 ジル→「残ったお薬は期限があるから、守ってねママ・・・」 一時は外にも出れないほどで、洋服や髪が触れるだけで、ぶわ〜っと湿疹が、、 それもこれも病気を治すためだから、もう少しだから頑張れ!と主人に言われ、頑張れ [続きを読む]
  • 新薬服用終了。誤飲もありました。。
  • 昨日、12週間の新薬服用が終わった。 ソバルディーは朝。 レベトールは朝夕。 入院した、初日ソバルディーを朝夕のんでしまい、看護婦さん大慌て、、。 私も泣きたくなったのを覚えている。 初めにボトルを渡されて、口頭で簡単な説明があり、翌日朝から服用が始まった。 大部屋と緊張から一睡もできず朦朧とした頭で誤飲してしまった。。 気付いた時は喉をソバルディーが通っていた。 夕方主治医の先生にすぐ連絡を取っ [続きを読む]
  • 12週間最後の日
  • 先代のねこちゃん(21歳)も応援してくれたかな。。。 12週間が今日で終わる。 この三カ月間、胃痛と、軽い貧血、全身掻痒感&ひどい湿疹によるストレス、寝不足に悩まされた。 レベトールの副作用で湿疹、掻痒感は稀に出るそうだ。 肝臓の薬服用が終われば、この副作用から解放されるはず。 今日は、いつものように、血液検査。 先生はいつも受診の時、 「順調だよ〜、とっても良い感じで進んでいるからね、頑張ろう。 [続きを読む]
  • 歯の治療を断られた過去
  • 2年ほど前、口コミで評判の良い近くの歯医者さんに行きました。 差し歯が取れたからです。 他の部分も観てもらい、 3回目診察の際に奥歯の抜歯と決まりました。 当日、アンケートに「既往歴」や「飲んでいる薬」の記入をお願いされました。 特に内臓関係は選択式でしたので、歯の治療で死ぬこともあると知っていたので、「肝臓」に〇をしました。 すると、お医者さんの表情が一変してよそよそしくなりました。 看護婦さん [続きを読む]
  • 12週間まで、もう少し。
  • 今年は、C型肝炎の完治に向かって頑張る兆しの年明けだった。 1月12日入院の時に、ソバルティー服用の際、看護婦さんから渡された服用日記です。 ご存じの方も多いかもしれませんね。 ごらんのとおり、あと、3日で、到達です。 長かったような、短かったような三か月。 こんな風にシールはがして貼っていきます。 「もうすぐだね」と我が家のにゃんこが言っている、、、(と思いたい) 治療を決心する少し前に我が家に [続きを読む]
  • 副作用について
  • インターフェロン治療を経験された方から直接お聴きしたり、又色んなサイトで調べた結果、インターフェロン治療の副作用は、大人の男性でも大変で、途中で断念する方が多いとの事、、。 それが、このごろ、注射でなく、薬の服用だけでOKというびっくりするようなニュースが、テレビや新聞で流れるようになった。 貧血はさほど、ひどくはないと先生から聞いていたけれど、 毎回の診察の時、「息切れや、ふらつきなど、ないです [続きを読む]
  • C型肝炎治療
  • 20年ほど前に罹患。 ほとんどの方がそうであるように、私も時期はあいまい。 当時、治療する環境になかった為、ほぼほったらかし。 理由は、 ①配偶者の理解が得られ無かった。 ②自身にも治療意欲無し。 ③経済的に無理。 その後、深刻な事情により離婚となり、仕事を始めるが、 経済状態は一向に良くならず治療に目がいかない。 再婚。 再婚相手に、何度も治療を勧められるが、お金がかかることで申し訳ない思いと [続きを読む]
  • 過去の記事 …