カネ さん プロフィール

  •  
カネさん: Kane-FX
ハンドル名カネ さん
ブログタイトルKane-FX
ブログURLhttp://kane-fx.blogspot.jp/
サイト紹介文初心者によるFXのトレード日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/04/01 21:03

カネ さんのブログ記事

  • 9/4トレード結果
  • 9/4のトレード結果と反省です。USD/JPY買、109.703→109.861今週は北朝鮮の核実験報道の影響かかなりの下窓からはじまりました。スタートから買い戻されている様子だったので買いでエントリー、7時から30分足らずで目標に到達し利確。その後は買いが続かず下落。109円台中盤でウロウロしています。この後はエントリーしにくそうです。 [続きを読む]
  • 心機一転
  • いつも同じような記事を書いているカネです。しばらくトレードを控えて、反省と研究をしていました。どうしたら勝てるのか?どうしたらまけないのか?行き着いた答えは小さい利益を毎日積み重ねるというスタイルです。決して大勝は狙わず、自信のあるタイミングでエントリーし、微益で利益を確定する。ポジション数は1万円につき1000通貨、1日の目標利益は資金の1%としました。現在は試しに14000円程口座に入っているので毎日150円 [続きを読む]
  • ボロボロ
  • 裁量トレードは負けまくり。システムトレードを始めたがなかなか上手くいかず。ジリ貧状態がつづいています。何かをしなくては。何かを変えなくては。そんなことを毎日考えています。何事も基本が大切。初心忘れるべからず。そんな気持ちでやっていきたいと思います。ただの愚痴日記でごめんなさい。 [続きを読む]
  • 6/5〜6/10トレード結果
  • 6/5〜6/10のトレード結果になります。【 一本勝ち】買109.644→109.646、0.1Lot、+20円売109.631→110.054、0.1Lot、-4,230円買109.990→109.985、0.1Lot、-50円一本勝ち週間合計損益-4,260円【 Forex Megadroid】売1.12132→1.12164、0.1Lot、-352円売1.12132→1.12164、0.1Lot、-352円売1.12266→1.12151、0.15Lot、+1,895円売1.12266→1.12151、0.15Lot、+1,895円買1.12027→1.12078、0.05Lot、+281円買1.12027→1.12078、0.05L [続きを読む]
  • 使用中EA「一本勝ち」について
  • 現在使用中のEA「一本勝ち」が何度かトレードしたので、特徴などレポートしたいと思います。ロジックはブラックボックスのため全くわかりませんが、何らかの方法でトレンド方向を見つけることから始まります。トレンドが発生するとトレードタイミングを見つけ始めます。トレードタイミングは価格が動いた分から38.2%押した又は戻した所で逆張りしてトレンド方向に乗っていくのではないかな?と見ています。まだ取引回数が少ないた [続きを読む]
  • システムトレード
  • 週末にふと思い出した、かなり前に買ったEA「Forex Megadroid」。今更感を感じながらネット検索。やはり今どきメガドロイドなんて検証したり使用している人が見つからず。何となく誘惑に駆られ、今朝からリアル稼働させてみることにした。古い記憶を頼りに設定。GMTオフセットを3と4の2種類を稼働。アグレッシブモードは使用せず。結果はいかに。取引したらまた報告します。 [続きを読む]
  • ライントレード イグジット編
  • 今回は私のイグジットの方法について書きたいと思います。私は損切りができず利確が早い、最も退場する確率の高いトレーダーです。そんな私が利益を伸ばしながら利確したり、ある程度の位置で損切りできる方法を考えました。1つ目の方法は自動的に損切りする方法で、メタトレーダーにて損切り用のEAを稼働させ、常にポジションを監視させています。今の損切りルールは1時間足のATR値の2倍を損切り幅として価格の動きに合わせてトレ [続きを読む]
  • ライントレード エントリー編
  • 今回はライントレードによるエントリーを紹介したいと思います。まず初めに週足を開いて大きな転換点に水平線を引きます。その後大きなトレンドのトレンドラインをひいていきます。週足で引くラインは青色にしています。青色のラインはなかなか変化がないので1度ひいてしまえば、しばらくはそのラインを使い続けます。青色のラインは長期的な節目やトレンド状態を確認するために使用しますが、あまり気にきにしませんし、トレード [続きを読む]
  • トレード手法
  • 今まで色々な手法を試してきましたが、どれも一長一短あり、その時の相場に合う合わないがあり、なかなか上手くいきませんでした。それは何故なのか?いわゆるインディケーターといわれるものを使用して手法を確立してきましたが、インディケーターは全て「遅行指標」であり過去の値を色々な方法で数値化したものになります。例えば移動平均線が上向きになったから上昇トレンドとよく言われますが、そうではなく終値が高くなってい [続きを読む]
  • 10/22 1時
  • 寝てしまいましたが、12時の終値の段階手仕舞いサインが出ました。また負けですね。バックテストの成績は良好なので長い期間の損益は良くなると思っていますが、ストレスが溜まります。土日の間に手法を改良したいと思います。 [続きを読む]
  • 新手法「ボリンジャーバンド+遅行スパン」
  • 毎度お馴染み、新手法を確立。今回はかなりいい感じに仕上がっています。ボリンジャーバンドと遅行スパンを使用しています。手法を思い付いてからネットで情報収集していたら、あの有名なトレーダーの「ボリ平ドラゴン」に似ています。今回の手法の良いところは、エントリーポイントとイグジットポイントが明確に判断できる点、固定の損切幅・利確幅によって損小利大にするのではなくトレードロジックによって損切りはなるべく小さ [続きを読む]
  • 迷走中
  • 最近、FXに対する考え方が迷走の私です。何をどのようにしたらよいか全くわかりません。そんな時は原点・基本に戻って1から勉強したいと思います。チャート分析の原点は移動平均線とライン(トレンドラインやサポート・レジスタンスライン等)だと思っているので、そのあたりからチャート分析の勉強をしていこうと思います。 [続きを読む]
  • 手法
  • ダメですねぇ。何をやっても買ったり負けたり。PF値が1前後を行ったり来たりしています。負けてはないのだから以前よりは成長している気はしますが。現在の私は遅行スパン信者なので遅行スパンを中心に手法を組立てています。今、試行錯誤中の手法は遅行スパンのみを表示して、コツコツ負けてドカンと勝つ順張り手法を試しています。遅行スパン信者の方がみえましたら、御一報いただけると嬉しいです。遅行スパンについて研究しあ [続きを読む]
  • 新手法
  • 新しい手法を確率しました。手動バックテストも概ね良好です。メインで使うものは移動平均線になります。私は明確な根拠はないですがSMA(26)を採用しました。単純に現在値が移動平均線を上抜けたらロング、下抜けたらショートします。現在値とのゴールデンクロス・デッドクロスのため敏感にエントリーできます。移動平均線とのGC・DCの場合、そのままトレンドが発生すれば当たり前のように利益が出ます。レンジではほぼ負けます。レ [続きを読む]
  • 手法
  • ここ最近、全く上手くいきません。自分のトレードスタイルが改善できるまでリアルトレードは休もうと思います。遅行スパンを主体とした方針でトレードスタイルを見直したいと思います。 [続きを読む]
  • 5/25 本日のトレード戦略
  • 『USD/JPY』トレード方向:買いトレード戦略:今週は連敗が続いでいます。大きな波のようにGMMA長期群の向きが変わると私の手法は惨敗します。1つの手法に頼らず広い視点で相場を見ないといけませんね。さて、本日は、ドル円が110円台を回復しようとしています。米経済指標も良く利上げはやはり6月か?という期待がチャートにあらわれているようです。GMMA長期群も上向きを回復しておりますので買い方向優先で。『EUR/USD』トレー [続きを読む]
  • 5/24 本日のトレード戦略
  • 『USD/JPY』トレード方向:売りトレード戦略:昨日は惨敗でした。一気に円高に振れました。GMMA長期群はねじれ、ローソク足がGMMA長期群から乖離しているので線間隔を広げて下降が始まるのでは?と見ています。また日足でも下降トレンドを形成してますので大きな戻りはでにくいかもしれません。『EUR/USD』トレード方向:中立トレード戦略:横ばいが続いています。米の利上げの動向によって流れが作られる感じでしょうか?※1時間 [続きを読む]
  • 5/23 本日のトレード戦略
  • 『USD/JPY』トレード方向:買いトレード戦略:先週に引き続いた上昇トレンドを予想しています。7時の寄付きではちょうど押し目が来ています。ここで買って先週末の高値を更新していくかどうかといったところでしょうか。『EUR/USD』トレード方向:中立トレード戦略:GMMA長期群はまだ下降していますが、遅行スパン(-26)はローソク足に絡んでいます。1.12の節目にサポートゾーンがあり、その影響で横ばいとなっている感じです。※1 [続きを読む]