チャーリー さん プロフィール

  •  
チャーリーさん: アスペルガーな妻と暮らす
ハンドル名チャーリー さん
ブログタイトルアスペルガーな妻と暮らす
ブログURLhttp://asupenatsuma.sblo.jp/
サイト紹介文広汎性発達障害(アスペルガー症候群)と診断された妻と暮らす中年オヤジの雑多ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/04/02 18:37

チャーリー さんのブログ記事

  • 妻の「毒親」がアダルトチルドレンの大きな原因
  • 妻の病状はアスペルガーなのか、それともアダルトチルドレンが原因なのか、実は今年に入ってから色々と私は頭を悩ませています。一方は先天性の障害、一方は後天的な病状とどちらも根本的な原因は異なっているのですが、表面化する症状は似通っている部分が多いからです。例えば「鬱」一つをとって見ても、アスペルガー二次障害かアダルトチルドレンによるものなのか、その時々で首をひねることも多々あり、もう何が何だかわからな [続きを読む]
  • 知的障害ある息子の自死 「バカなりに努力しろ」メモに
  • 実際にどのような背景があったかはわかりませんが、何かこう、現代社会の現実というものを突きつけられたようなニュースを目にしました。知的障害ある息子の自死 「バカなりに努力しろ」メモに小学生のころから一日も学校を休まなかった息子が、就職からまもなく自殺した――。浜松市西区の漁業鈴木英治さん(52)と妻のゆかりさん(50)が、次男航(こう)さん(当時18)の死の理由を問い続けている。航さんには軽度の知的 [続きを読む]
  • アメリカでも精神疾患を患う人が増えている
  • 先日、日本では精神疾患患者が増えているとブログに書きましたが、どうも日本だけの話ではないようです。アメリカで、精神障害が増加最近の調査の結果、アメリカで800万人以上が精神混乱に悩まされていることが明らかになりました。フランスの新聞ル・モンドによりますと、精神科医のサービスに関する雑誌が17日月曜に発表した調査の結果、830万人以上のアメリカ人が精神障害に苦しんでいるということです。この調査の結果 [続きを読む]
  • 精神科で身体拘束、最多1万人超 重症患者増加も要因か
  • 年を追うごとに精神疾患を患う患者は増加傾向にありますが、その内容と実態はどうなっているのか、こんなニュースを耳にしました。精神科で身体拘束、最多1万人超 重症患者増加も要因か 精神科の病院で体をベッドにくくりつけられるなどの身体拘束をされた患者数が2014年は1万682人で、過去最多だったことが厚生労働省の調査で分かった。精神保健福祉法に基づき認められている措置だが、症状の重い患者の増加も要因とみ [続きを読む]
  • カサンドラ症候群の治療方法
  • 妻と結婚してはや15年超。この間、知らずのうちに私はカサンドラ症候群に陥ってしまったわけですが、いつまでもカサンドラ症候群に悩まされていては生活が成り立ちません。私の場合、幸いにして在宅ワークで生計を立てているのでなんとか食いつないではいますが、普通に会社勤めをするとなると相当苦労することになるでしょうし、最悪の場合は普通に働くこともままならなくなると思います。現在も治療中の立場ではありますが、カサ [続きを読む]
  • 発達障害の生徒の受け入れに特化した通信制高校が開校
  • これはとても興味深いニュースですね。「発達障害」受け入れ特化 通信制高校、開校へ 発達障害がある生徒の受け入れに特化した通信制高校が今春、大阪市東成区に開校する。本人の特性に沿った学習環境を整えるほか、対人関係や生活面、進学・就労を専門家が支援し、社会への巣立ちを後押しする。 開校するのは、「しんあい高等学院」(真田明子学院長)。内閣府特定特区高校の明蓬館高校(本校・福岡県)が設けた特別支援教育コ [続きを読む]
  • 逸失利益焦点に、重度知的障害少年の両親が障害者施設を提訴
  • 命の差別はあってはいけないことだとは思いますが、この訴えはちょっとズレてるとしか思えませんねぇ……。「命の差別があってはならない」 事故死した重度知的障害少年の両親、施設側を提訴 逸失利益焦点に 重度の知的障害を持つ松沢和真さん=当時(15)=が平成27年、東京都八王子市の福祉施設から抜け出し、約2カ月後に山林で遺体となって発見された事故で、両親は14日、福祉施設を運営する「藤倉学園」(東京)に約 [続きを読む]
  • 子どもの発達障害、初診待ち最長10カ月 総務省が改善勧告
  • これは年々発達障害児が増えているということなのでしょうか。子どもの発達障害、初診待ち最長10カ月 総務省が改善勧告 総務省行政評価局が、発達障害のある子どもの診断をしている医療機関の受診状況を調べた結果、半数以上の機関で初診までに3カ月以上待たされていることがわかった。中には約10カ月以上待たされる機関もあった。総務省は20日、厚生労働省に改善を勧告した。 行政評価局は昨年8〜11月、子どもの自閉 [続きを読む]
  • 杜撰に扱われる遺体、そして故人の意思を尊重するということ
  • 「湯灌とはご遺体を綺麗に洗い流し、着付けをして柩に納める仕事です」こう書くと、湯灌という仕事が非常に丁寧な仕事だという印象を受けるかもしれませんが、実態はそうではありません。むしろ「時間効率」を優先させるために、人様の目に触れない部分では結構乱雑に扱ってしまうことがあります。ちなみに私は、もし自分の身内が葬儀を行うことがあったら「湯灌なんてオプションやめておけ」と声を大にして言うでしょう。なぜなら [続きを読む]
  • アスペルガーが嫌われる大きな三つの原因
  • アスペルガー症候群の人に対してはネガティブなイメージが付きまといます。厳しい言い方をするようですが、世間一般から見ると「変人」「ワガママな奴」といった具合に、どちらかと言えば嫌われ者として見られるケースが多いんじゃないでしょうか。そこで、どうしてアスペルガーは嫌われてしまうのか、私の妻を例にしてその原因を考えてみたいと思います。その場の空気が読めない嫌われる一番大きな原因は、その場の空気や雰囲気を [続きを読む]
  • プライバシーポリシー
  • 当ブログに掲載されている広告について当ブログは第三者配信(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、アフィリエイトB)の広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。また、Goog [続きを読む]
  • 精神障害者の雇用が増えている理由とその問題
  • 少し前のニュースになりますが、発達障害の話もチラッと出ていたのでじっくりと目を通すことにしました。精神障害者の雇用が急増していることをご存知だろうか。厚生労働省の最新データ(2015年6月)によると、その数は約3万5000人。5年前は約1万人、9年前は約2000人だったから、まさに「急増」と言ってよい。精神障害者は見かけ上、健常者と変わらないため、職場ではさまざまな問題も起きる。彼ら彼女らはどんな壁を感じているの [続きを読む]
  • 自閉症と引きこもりの違い
  • 今はだいぶ認知されるようになってきましたが、未だに「自閉症」と「引きこもり」を一緒くたに考えてしまう人が後を絶ちません。そもそもこの二つは何の因果関係もありません。ただ、自閉症という文字のイメージから引きこもりを連想させてしまうのか、どうしても自閉症=引きこもり(怠け者)というイメージが抱かれやすく、自閉症スペクトラムの理解度はまだまだといったところなので、その違いについて説明したいと思います。自閉 [続きを読む]
  • 妻の健忘症は仮性認知症によるものだった?
  • 食べたものを思い出せない、買い物の中身を忘れているなど、最近どうにも妻の「物忘れ」がひどくなったような気がしたので、いつもの精神科へ行った際、妻の物忘れについて相談してみることにしました。そして、病院で耳にした言葉が仮性認知症という聞きなれないものでした。仮性の認知症……行ったいどんなものなのか、医師から聞いた話を中心にまとめてみたいと思います。仮性認知症とは仮性認知症とは、一言で言うと「認知症の [続きを読む]
  • 生徒への暴行容疑で特別支援学校の教師を逮捕
  • 特別支援学校の教師の暴行事件は後を絶ちませんねぇ……。神戸市の特別支援学校の教師の男が、生徒の頭を机に打ち付けるなどしたとして逮捕されました。逮捕されたのは、兵庫県立のじぎく特別支援学校高等部の教師・結城利彦容疑者(57)です。結城容疑者は今月4日、授業で訪れていた三田市の障害者施設で、高等部3年の男子生徒(18)の襟首をつかみ、頭を机に打ち付けるなどした疑いが持たれています。生徒にけがはありませ [続きを読む]
  • 女性特有のアスペルガーの特徴
  • かなり興味深い記事を見つけました。→女性のアスペルガー症候群の意外な10の特徴―慢性疲労や感覚過敏,解離,男性的な考え方など(外部サイト)アスペルガー症候群(ASD)の男女比は概ね4:1〜3:1とされているように、男性の方が多いのが特徴だったりしますが、ということは、アスペルガー特有の症状は主に男性の特徴を捉えてしまっている部分があり、女性特有の症状というのはついつい見落としがちにされるとか。言われてみれば私もそ [続きを読む]
  • 特別支援学級の児童を殴って大怪我をさせた小学校教員を逮捕
  • 一昨日のニュースですが、どうしてこんなことをするのか本当に理解に苦しみます。小学校教員 児童殴り大けがさせた容疑で逮捕 埼玉 白岡埼玉県白岡市の小学校で、授業中に54歳の教員が4年生の男の子の顔を殴り、大けがをさせたとして、傷害の疑いで警察に逮捕されました。調べに対し教員は、「言うことを聞かなかったので、かっとなって殴ってしまった」などと供述しているということです。逮捕されたのは、埼玉県白岡市の小学 [続きを読む]
  • ADHDな特徴も見られる妻
  • 私の妻は中度のアスペルガー症候群(ASD)と診断され、医者からは「若干ADHDの傾向もある」とも言われました。今までアスペルガーのことばかりに気を取られていましたが、最近になって「これはADHDなのかな?」と思う部分が多く見られるようになり、いろいろネットでADHDについて調べたところ、大変興味深いサイトを発見したので妻と照らし合わしてみることにしました。ADHDな女性の特徴その興味深いサイトですが、こちらになります。 [続きを読む]
  • 障害児を無理やり普通学級に入学させる親のホンネ
  • これもまた障害を持った子供のケースなんですが、普通学級に入学させる意味とは何なのかを改めて考えさせられました。横浜の結大くん 「親の付き添いなしで普通学級に入学を」 気管を切開し、たんの吸引が必要な横浜市の幼稚園児、前田結大(ゆうだい)くん(5)とその両親が、来春の小学校入学に向け、親の付き添いなしでの普通学級への入学を市に要望している。横浜市は「医療的ケア」が必要となる結大くんが通学を望む普通学 [続きを読む]
  • アスペルガーな妻が飲んでいる向精神薬
  • アスペルガーな妻は数年前に鬱やパニック障害といった二次障害がピークに達し、それ以降、精神科に通院するようになりました。※イメージ画像そこで二次障害を抑える薬を処方されたのですが、これがまたなんともすごい数でして、慣れるだけでも相当な時間がかかってしまいました(苦笑)さて、薬と言いましてもアスペルガーには治療薬がありませんので、あくまで二次障害に対しての薬です。通院してから数ヶ月は試行錯誤を繰り返し、 [続きを読む]