yamagafreak さん プロフィール

  •  
yamagafreakさん: YamagaFreakのプログ
ハンドル名yamagafreak さん
ブログタイトルYamagaFreakのプログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yamagafreak
サイト紹介文サッカー観戦を中心に徒然なるままに
自由文高校サッカーから松本山雅、日本代表戦など含めて観戦日記を備忘録的な観点で書き綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/04/02 19:02

yamagafreak さんのブログ記事

  • <才能を開花させた一人舞台> U20W杯決勝トーナメント進出
  • 昨日、U20W杯グループステージ第3戦の日本対イタリア戦を視聴しようとTVを付けたら開始3分で0-1となっていた。そして、その後目を逸らした隙に戻ると0-2となっているではありませんか。何が起こったの?という感じ・・・前回の2回戦ウルグアイとの戦いでも速攻から決められて、これで連続4失点。日本代表U20はこんなにも脆かったのか?夢は遠のく、TV消そうかな・・・しかし今の実力をシッカリこの目で見届けなくてはならない [続きを読む]
  • <久保建英という日本サッカー界の至宝>  U-20 W杯南アフリカ戦を視聴して
  • FIFA U-20 W杯韓国2017日本が初戦で対戦した南アフリカとの対戦をTVで観戦した。南アフリカに1−0とリードされてからお互いに好機があったが、何れも決めきれない状況が続いた。後半開始早々、舩木選手とのワンツーで左サイドを崩した岩崎選手がグラウンダーのクロス。ニアに走り込んだ小川選手が合わせて同点に追いついた。59分に久保建英選手を投入。15歳の久保選手はピッチに入るなり、ノールックのスルーパスで才能を見せ [続きを読む]
  • <夢想>  自虐的ネタ
  • 勝利はかくも感動的だ。今までこれを期待していたのだ。この勝利を期待してはいけないのか?反町サッカーに変革を促してはいけないのか?そして選手に変革を期待してはいけないのか?この勝利を自分自身の喜びにしたいんだ。そして身体全体で喜びを爆発したいんだ。何物にも代えがたい喜びがスタンドのあちこちで爆発する。私も感じる、鼓動が早まり、全身の力が喚起へと変わり、目頭が熱くなり、涙腺が緩む。ホームでの勝利はかく [続きを読む]
  • <師弟対決インテンシティの完成度を占う>  対湘南ベルマーレ戦を思う
  • 山雅と同じに2015年にJ1に昇格した湘南、最終成績は8位でJ1残留を果たした。昨年度は遠藤航(浦和)、永木亮太(鹿島)、秋元陽太(FC東京)などの主力選手の移籍した影響もあって最終順位は16位となってJ2に降格した。今年度、?貴裁監督は反町監督と同じく6年目迎える。元々は湘南の監督であった反町監督のアシスタントコーチとして一緒にチームの礎を築いてきた仲である。そのサッカーの目指すところは「ノータイム・フッ [続きを読む]
  • <反町監督の苦悩は続く> 対モンテディオ山形戦を視聴して
  • しばらく現実を受け入れることが出来ず。昨日はふて寝をしてしまった。反町監督はこの3連戦に備えて前回から4人のフレッシュな選手を入れ替えて臨んだ。今回先発に名を連ねた若手選手に期待したのであるが、空振りに終わってしまった。先発に名を連ねた選手の発奮を期待したのであるが残念でならない。一言で言えば「戦う姿勢に欠けていた」ということか。そして彼らに「本気で戦う覚悟があったのか」と問いたい。今回もらったチャ [続きを読む]
  • <混沌とする今年のJ2> 今週末の大一番に向けて
  • 今年のJ2は突出したチームが無いとコメントした。どの試合も拮抗した戦いの中で、どのチームが勝利するか予測できない展開となっている。前節も、あの名古屋が大分に4対1で敗れるという波乱?があった。そして千葉対長崎の試合でも千葉が5対0で勝利するという大味な試合も散見する。一体何が起こっているのか?という感じである。大分は5月に入って松本との引き分けから2連勝して5位に上がった。この試合であるが、名古屋ビルド [続きを読む]
  • <あの悔しさは決して忘れない>  対FC町田ゼルビア戦に思う
  • やられたらやり返す。それが松本山雅の流儀だ!昨年J1自動昇格を懸けた第41節町田との戦いにおいて悔しい敗戦を喫した。その時のコメントを再度載せる。*******************************元日本代表監督であったイビチャ・オシムの言葉に次のようなものがある「サッカーとは、人生である。なぜなら、人生で起こることは、すべてサッカーでも起こるからだ。しかも、サッカーではもっと早く、もっと [続きを読む]
  • <サイドを制する者はゲームを制す> 対アビスパ福岡戦に向けて
  • アビスパの監督は“アジアの壁”と謳われた井原正巳監督である。2015年よりアビスパ福岡の監督を務め、就任1年目でいきなりJ1昇格を成し遂げた。昇格を成し遂げた際標榜するスタイルは守備組織を整備し、1−0で勝つサッカーを展開。シーズン終盤の8試合無失点と、自身の現役時代の魂が乗り移ったかのような鉄壁ぶり。5年振りのJ1は、開幕から7試合勝ちがなく、結局1stステージはわずか2勝にとどまり最下位に終わる。夏にFC東京 [続きを読む]
  • <控え選手の発奮を期待する> 連休3連戦に向けて
  • 今回の大量得点は、それぞれの選手の頑張りと、それによって得られたFKを上手く活用できた結果得られた勝利であり、今後もこの流れを止めることなく自分たちの強みが発揮できるようにしてほしい。山雅の強みであるセットプレーに磨きをかけ、様々なバリエーションを加えることによって相手に的を絞らせないような工夫により今後も得点を積み重ねることであろう。次節は出来れば流れからの得点を狙って欲しいところである。 [続きを読む]