May さん プロフィール

  •  
Mayさん: ツインソウルに出逢ってしまったあなたへ…
ハンドル名May さん
ブログタイトルツインソウルに出逢ってしまったあなたへ…
ブログURLhttp://ameblo.jp/twinflame1111/
サイト紹介文ツインに出逢えた魂たちが笑顔でツインジャーニーを楽しめることを願っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/04/03 10:15

May さんのブログ記事

  • ありがとうございました♪
  • 出版本に関しましてたくさんの愛にあふれたコメント&メッセージありがとうございました!すでに読んでくださったかたもいらっしゃるみたいですね。ブログでばらばらだったピースがジグソーパズルのように一枚の絵になったんじゃないかな? そうだといいな。 記事をただ詰め込むだけじゃなく、必要なピースは新たに書いて埋め込んでいますし、多分記事をばらばらに読むのより、流れが出来てわかりやすくなっていると思います。 [続きを読む]
  • 魂の学校
  • 地球は学校で私たちは留学生で……というイメージでずっとお話してますが、夏至の夕刻見てたヴィジョンがとっても面白かったのでシェアします。 教室を見せられたのですが、まず最初の教室は小さなコたちが遊んでいます。無邪気に玩具を投げあったり、室内ジャングルジムに登ったり落ちたり、ケンカしたり、そのどたばたの中で、泣いてるコも笑ってるコも楽しそうです。 遊びが終わると、付き添いのママたちがちゃんとお片づけし [続きを読む]
  • 「魂のパートナー ソウルバディ」
  • みなさまへ いつもこのブログを読んでくださりありがとうございます。今日はみなさまにお知らせです。念願叶い、このたびAmazonさんより電子出版することになりました! ブログ開設時からずっと読んでくださっている方にも、新しい読者の方にも、わかりやすい編成になっています。 ブログという形式上、タイムリーな記事をアップできる利点はありますが、記事の内容は時系列にはなっていません。新しい読者の方の多くは、わざわ [続きを読む]
  • 「正しい」と「優しい」のどちらを選ぶか
  • タイトルですが、ダイヤー博士の言葉を引用させていただきました。(以前、著書を紹介したのでリンクしておきますね) もし、「正しい」と「優しい」のどちらかを選ばなければならない場合、どちらを選びますか? 規律を重んじる日本人の場合、「正しい」を選ぶ人が多いかもしれませんね。 私は昔、恐竜がまだあちこちにいた頃(嘘です……)、ツアコンというお仕事をしていました。旅行客を引き連れて、(苦手な)飛行機に乗り、 [続きを読む]
  • ツインの冒険そのもの
  • 先日ご紹介した、「ぼくを探しに」の続編なんですが、これまさに「ツインソウル物語」だなあと感じるのですね。 今回の主役は、細めに切ったチーズケーキみたいな(また食べ物の例えですみません)形のコですね。このコはずっと誰かを探してました。やっと自分とぴったりな相手(ぼく)が見つかった。ふたりあわせるとまん丸になるのです。だから転がれる! うれしいね。楽しいね。だけど……。ふたりには別離が訪れるんですね。 [続きを読む]
  • 相手に何を求めるか
  • 自分がツインのことで悩んだり 迷ったり 淋しく思ったり 苦しかったり 辛かったり したときに 相手にも同じように 自分のことを思い出して悩んだり 迷ったり 淋しく思ったり 苦しんでたり 辛く感じていて欲しいのか それとも 楽しく 面白おかしく 軽やかに 前向きで 幸せな笑顔でいて欲しいのか ちょっと自分の心に問い合わせてみると虹色の愛がそこにちゃんとあるのか わかりますね With Love xoxoxoMay にほんブ [続きを読む]
  • ライトワーカーという決意
  • 昨日の記事で、図Bはライトワーカーの生き方と書きました。これはツインに限らず、どんな人間関係においても適用できるわけです。(が、難しい) 過去記事「自分自身との統合」で、他人との付き合いが希薄になったように見えているのですが、そうではなくて、別の付き合い方というのが生まれていると書きました。 これまで他人との付き合いは、物理的な融合によって、共通のものを増やしながら行ってきたわけです。(図A) もの [続きを読む]
  • 別れかた
  • 関わり方について、おわかり頂いたところで、別れ方もお話ししておきますね。先日の図を参照なさってくださいませ。 図Aにおいて、いったん「共通のもの」が増えた以上、別れるときにはそれを分配する作業が伴います。問題は、「共通のもの」がそう簡単に、古巣に戻る感じで、以前と同じ状況には戻れないかもしれない、ということですね。 ふたりが一緒に過ごす年月が長ければ長いほど、きっと共通のものは増えていくでしょう。お [続きを読む]
  • お〜完璧! ツインとの関係の持ち方(改訂版)
  • 読者のムラサキニャコさまが、素敵なイラストを作ってくださいました。ありがとうございます。完璧です。 しかしわたしのあの下手くそな図が、よくここまで洗練されたものですね…。素晴らしいです。心から感謝いたします! ↓ツインとの関係の持ち方 イラスト ムラサキニャコさま 説明文は ひとつ前の記事を参照なさってくださいませ(全然改訂版じゃないね…苦笑) WIth Love xoxoxoMay にほんブログ村 [続きを読む]
  • ツインとの関係の持ち方
  • ヴィジョンに現れているツインとの関係の持ち方を、今日は珍しく図解します。ほんとに、絵心なくてすみません、先に謝っておきます。これで伝わるといいなぁ。これ、もっと上手にかける人いたら、張り替えるのでお分けくださいませ……。 まず、上のAの図は、通常の人との関わり方。恋愛とか結婚に置き換えるとわかりやすいかと思います。「 I 」と「You」というふたりの人がいて、互いにつながっていくことで、共通の部分が出来 [続きを読む]
  • 魂がどんなに求めても
  • ツインに出逢うと磁石のように強烈に引きあうのは、魂同士が共鳴して、引き合うから。というのは、もう何度も書いているかと思います。 好き、な理由が、ルックスとか性格とか声とか、肉体部分というよりも、その人の魂が! という体験は、そうそう起こるものではないかと思います。が、実際にそれが」起こって、さてどうなるか? というのをまたヴィジョンからお話しさせてもらいますね。 過去記事「飛べる人のチャレンジ」のヴ [続きを読む]
  • 欠けた部分を含めてのひとつ
  • 私はよく大人子供に限らず、絵本をプレゼントすることがあるのですが、今日紹介する本もよく選ぶ一冊です。前に紹介した「大きな木」と同じ作者ですね。 シェル・シルヴァスタインという方の、「ぼくを探しに」という絵本です。(このシェル・シルヴァスタインにすごくお逢いしてみたいです!!) この絵本は小学校のときに図書館で借りて読んだのですが、絵がシンプルだったので、自分で真新しいノートに、全部文字を書き写し、絵 [続きを読む]
  • 男女の行動の違い
  • 随分前のことですが、すごく苦しかったとき、ガイドさんから私とツインとの「違い」について教えられたことがあります。 もともと見えない世界に敏感だったり、興味を示してきた私は、瞑想だとかヒプノだとかエネルギーワークに十代から取り組んでいました。ベースには、勝手に入ってくる魂の世界の情報が、いったいなんなのか、どこから来るのか、どういう意味があるのか、知りたい欲望があったのですね。ワークショックなどもよ [続きを読む]
  • 離婚に応じない男性
  • 頂くメッセージの中に、離婚したくても離婚できない、夫が話し合いに応じない、という方がときどきいらっしゃいます。夫婦関係が壊れていても、子供が独立する年齢に達していても、中には別居中という方もいらっしゃるのですが、相手が離婚したくない、ということなんですね。 まず、はじめに、ご主人ではなく自分を振り返ったときに、なぜ離婚したいのか? ということが明確になっているかどうかがキーポイントかなと思います。 [続きを読む]
  • 感覚が研ぎ澄まされ現実も動く
  • いやというほどアク抜きし、自分の周りの景色も出会う人も変わってきたのを実感する頃には、以前より随分スムーズに宇宙エネルギーが身体を流れています。そのため、驚くほど、感覚が研ぎ澄まれていきます。 ツインの考えていることや、感じていることが自分のことのように感じられる経験をした人は多いと思いますが、同じようなことが他の人に対しても起こるようになります。 身内だとか仲良しの友達の気持ちがよくわかるという人 [続きを読む]
  • 波動の変化を実感した一冊
  • 今日もまた本の紹介です。「聖なる予言」は以前にも紹介していますね。 その内容に付随した「実践ガイド」というのがあります。自分と向き合うのにとっても役に立つ一冊だと想います。実は私は、この本を95年に手に入れてから何度もワークを繰り返していましたが、この数年そういえば開いてもいなかったので、懐かしくなってちょっとぺらぺらめくってみていました。 ワークのひとつに、自分史を書いてみる、というのがあ [続きを読む]
  • シークレットは使ってなんぼ♪
  • 英語でこの本が出たとき話題になり、すぐにベストセラー、そして今でも平積みされるほどのロングセラーとなってます。日本語版も出ているようなので、ご紹介します。 いわゆる「成功者」たちは、共通するたったひとつの「シークレット」を知っている。 簡単に言えばそんな内容で、そのシークレットとは何か? を教えてくれるんですね。 最初に読んだとき、正直「これ、私全部知ってるわ〜」という感じでした [続きを読む]
  • ふたりの使命
  • 魂の計画通り先に進むふたりには、ふたつの使命があります。ひとつは、自分ひとりで成し遂げる使命、これは多分別れている期間中に明らかになるだろうし、着手もするでしょう。もうひとつは、ふたり一緒に成し遂げる使命。 使命の根底には「虹色の愛」があり、なにかを成し遂げることで多くの人を幸せに導いたり、希望を持たせたりして、結果的に地球の波動を上げることになります。が、具体的な方法はそれぞれのによって異な [続きを読む]
  • 変性意識のスイッチを上手に使う
  • 先日「醸成期間にできることは学びを実践すること」と書きました。具体的に、何を実践するのかについて考えてみたいと思います。ざっくりといえば、「虹色の愛を実践する」ということになります。 ツインに出逢うと変性意思を体験する話は前にも書きました。もちろん、ツインに出逢わず変性意識を体験した人も大勢いると思います。この変性意識とつながるときというのは、肉体を持って存在している現時点とは別の次元への蓋が [続きを読む]
  • 現実を理想に近づけるには
  • 今、自分が理想通りの行き方をしているかどうか? と考えてみると、例えば好きな仕事についてるとか、好みの部屋に住んでいるとか、でも隣人は苦手だとか、いろんな要素を思い浮かべて理想通りかどうかの判断をすることになると思います。 前に書いたように、理由とか根拠は別にして「幸せ!」と思えてるなら、それでよし。 ただ、なんだろう? 何かが違う、もしくは全然違う(笑)というひっかかりがある人は、自分の [続きを読む]
  • 宇宙は先を見越している
  • 自分の視点と宇宙の視点とは、全然スケールが違います。昨日の「願い事」の叶い方にしても、想定外の叶い方をすることがある。 私は若い頃にビジネスを立ち上げました。自宅の一室をオフィスにして、当時一般家庭に普及し始めたごく普通のPC一台、電話とファックスだけの簡素なオフィスです。自家用車で取引先を回り契約を取り付け、広告費用が安いコミュニティーペーパーを利用して経費を抑えての始まり方でした。そもそも資 [続きを読む]
  • 新月の願い事
  • 本日は新月。 新月に願い事をすると叶う、というのは西洋だけじゃなくて日本でも広まっているみたいですね。これ、習慣にしておくと、いいリズムで自分と向き合えるかなという気がします。 新月はあらゆるサイクルのゼロポイントということで、自分自身もいったんゼロにリセットするくらいのつもりで、心の奥、中心とじっくり語り合える時間を作るといいですよね。 物質面では、不要なものを処分して「空き」を作っ [続きを読む]
  • 矛盾を受け入れる
  • 真面目な人ほど、真剣に物事に取り組む人ほど、正義感に溢れる人ほど、矛盾を受け入れられなかったりします。私がそうだったので(笑)断言しておきます。 でも、世の中矛盾だらけ。矛盾していていいんです。だって地球だもの……。矛盾を楽しめる空間なんですよね、地球は。 鋭くて何でも突き抜ける矛がある。固くて何ものも通さない盾がある。おかしいじゃん? でもそれでOKなんです。四次元ならば、矛は折れずに盾を [続きを読む]
  • 幸せですか?
  • 突然ですが、みなさまに質問です。 「今、幸せですか?」 幸せ! と即答、そして、じゃあ次の質問は?  と切り返せたら、今日のブログはここまで。素敵な1日をお過ごしくださいませ!(笑) 幸せ。だって健康だし、家族も友達もいるし、快適に住める家もあるし、仕事も楽しいし、美味しいもの食べれるし、今日は友達と女子会だし……などなど、いろいろな理由付けが出てくる場合は、ちょっとストップ。  [続きを読む]
  • 水虫とペディキュア
  • 日本にいるときにツインに関する話をお友達としていて出てきた表現がなかなか面白いので、忘れないうちにシェアしておきます。 私はこのブログで、ツインは最後に分離した魂という表現をしていますが、ヴィジョンで伝わっているイメージとしては、ふたつの別々の魂ではなく、部分的に役割分担を担った「ひとつ」という感じです。 例えば、2本の足が身体から延びて、それぞれの靴に入っている。ちょうどそんなイメージで [続きを読む]