tsumitate さん プロフィール

  •  
tsumitateさん: 2児パパ40からのオフショア積立投資日記
ハンドル名tsumitate さん
ブログタイトル2児パパ40からのオフショア積立投資日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/tsumitate2015/
サイト紹介文個人投資家目線で公正中立な立場からオフショア積立投資の良さを伝えていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/04/03 14:38

tsumitate さんのブログ記事

  • IFAの移管作業
  • IFAの移管作業が終わり、新しいIFAから月刊レターも届きました。これからの運用成績が気になりますが、また追ってご報告できればと思っております。アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書 アメリカの高校生シリーズAmazon [続きを読む]
  • IFA に運用を委託する際の費用
  • 初心者が海外積立て投資をはじめる場合は、運用をIFA に委託することが多いし、それが正解だと思います。実際に某G社と契約する際には委託することにして始めました。その際に初期費用として、数万円の費用を請求されたように記憶しています。今回IFA を変更する際にはそのような費用は一切必要ありません。あの費用は一体なんなのか?、と考えてみるとおそらく関係日本人への不当な取り分になっているのだと思います。紹介してや [続きを読む]
  • 契約が始まりですよね。
  • 海外積立て投資は、契約したら終わりではなく、ほったらかしでは成功はないと思っています。だからこそ、投資に関するリテラシーを継続的に勉強していく事が大切だと思っています。なんといっても考え方が複利ってことが大切だと思います。 [続きを読む]
  • IFA のサポート
  • よくIFA選びの基準にサポートが、とおしゃっる方がおられますが、何を期待されているのでしょうか?IFAにどんな事を期待されているのでしょうか?IFAが出してくる情報は、基本的にIFAが都合のよい情報しか出してこないと思っておいた方がいいです。だから私はIFAの情報だけを鵜呑みしてはあぶないと思ってます。だから公平な立場なアドバイスができる人を捕まえておけば、IFAのサポートが特に必要とは考えてはおりません。 [続きを読む]
  • IFA移管
  • IFAの移管手続きをしました。運用実績からN社に移管しました。初期ユニット期間が終了すると手数料が少なくなるのに、運用がマイナスになるのは運用管理に問題があるらしいです。海外積立て投資は、初めたらほったらかしでいいはずなんですが、運用を任しているIFAによってはそうもいかないようです。個人的にリスクを取って、海外積立投資をしているのに、運用がマイナスでは何をしているのかわかりませんよね。でも任しているIF [続きを読む]
  • 積立て投資は、やっぱり運用実績
  • ちまたでは海外積立て投資のIFA選びに、過去の運用実績をあまり参考になさらない方もおられるようですが、私はここが一番重要かと思っております。いくらサポートが充実していようが、運用でいい成績を残してくれないと話になりませんよね。そのために高い手数料をお支払しているわけですから。過去の数字が物語るものは、大きいと思ってます。ブランドでもそうでよね。なぜブランドが信用されるか?っていうとそれなりの歴史がそ [続きを読む]
  • 徐々に狭くなる海外積立投資の門
  • これまで日本居住者に対して開かれていたRL360の提供する積立型投資商品QUANTUM、一括型投資商品のORACLE、PIMSという商品のWL(ホールライフ)という死亡保障の付いたものが、3月31日をもって購入ができなくなります。ただしRL360の商品が全て購入不可能になるわけではなく、4月からは死亡保障のついていないCR(キャピタルリデンプション)というバージョンしか日本居住者の場合、購入ができなくなるというわけです。簡単にRL36 [続きを読む]
  • 騙されたと思ったら、、、
  • 海外積立て投資にも色々あるんですよね。長い目でみれば、、、でもそれには条件として、まず毎月決められた積立金額を積立てることができることが条件になるんですね。ということは、積立てができなくなることは、、、結構やばいかも?でも運用成績がよければ、挽回の道もあり得ます。だからあきらめたらあかんと思います。だからそういう人はいちどちゃんとした投資顧問の方にご相談されるのが良いかと思います。 [続きを読む]
  • 久しぶりの更新
  • 海外積立て投資をはじめた方で、積み立てが継続できなくでやめようかな?と考えている方。あきらめるのは、まだ早いです。投資顧問業の免許を持った方に、一度相談されてからでも遅くないと思います。そのまま止めてしまえば思う壺です。皆さんが思われているより、日本にはたくさんの海外積立投資難民がいるようです。お困りの方はよければ私も相談をして、間違いのない方、ご紹介できますのでご一報を!紹介料取ったりしません [続きを読む]
  • HSBC 口座ダウングレード手続き
  • HSBC口座開設を今年6月に行ったのですが口座維持費用からアドバンスからパーソナルへダウングレードをするつもりでした。口座開設から三ヶ月後ぐらいに、香港で開設時にお世話になった会社からダウングレードの届け出を出してもらうことになっていたと思うのですが、それがうまくいってなかったのかよくわかりませんが、ダウングレードに失敗しました、という趣旨のエアメールがHSBC から少し前に届きました。これはおそらく開設 [続きを読む]
  • 初期口座終了してからの積立金額減額は投資効率が落ちます。
  • オフショア積立投資で、契約の際によく言われるのが「積立がしんどくなったら休止したり減額をすればいいんです。」ということです。確かにその通りです!しかし、だからといって初期口座は出来るだけたくさん積立しておきましょう、とはなりません。これは、コミッション費用をあげるための紹介者の論理です。初期口座の積立金額×契約年数が紹介者のコミッション費用となってますから、減額や停止を前提に少しでも多額の積立金 [続きを読む]
  • 原油減産でどうなる!?
  • OPECが事実上減産で合意したそうです。原油減産はおよそ7年ぶりのことだそうです。株価の方はさっそく反応しており、市場にはいい影響を及ぼしているようです。しかしながら喜んでばかりもいられないようで今後原油価格が反転して、それによって物価が上がりだしたら我が国の経済はどのようになっていくんでしょうか。まず考えられるのが、インフレになり物価が上昇することであり、上がり方によっては最近政府や日銀が考えている [続きを読む]
  • 自分の大切な財産を預ける会社とは
  • 前にも書きました通り、オフショア海外積積立投資商品は、国内保険商品ではありませんので国内での販売行為は保険業法により禁止されています。これは国内で海外保険会社が許可なく販売することを禁止するための法律になります。一方で金融商品を国内で販売するには金融庁に許可申請し、ライセンスを発行してもらう必要があります。従って香港IFAが日本に事務所を構えて、商品販売のサポートを行うのは、まず香港でのライセンスを [続きを読む]
  • 投資目的にあった投資商品を選ぶ
  • G社に関する記事は最近あまりアクセス数がない中、久々にたくさんのアクセスがありました。これはG社の最近の活動が水面下でいきわたっており、若い人を中心にオフショア海外積立投資が紹介されて、契約者の数をどんどん増やしていっているのではないかと推測されます。今思うにまず投資商品を選択するのに商品をよく理解してからといってもなかなか日本人の金融リテラシーそのものが乏しいため、もしくは親の世代の金融リテラ [続きを読む]
  • 日銀の政策決定会議と住宅ローン金利
  • 日銀の政策決定会議がわりま終した。今回は今までの政策についての評価を行うという意味で非常に注目されていました。実際には銀行の経営に配慮した形のマイナス金利について深堀はされずに国債も長期は購入せずに短期に関してのみ買い支えを行っていく方針が示されました。銀行の経営への配慮に関しては、銀行株の上昇のという形で市場には好印象で受け止められた形ですが、今後については楽観できない状況といっていいと思いま [続きを読む]
  • やっぱりG社は許せない。
  • やっぱり許せないです。悔しいです、考えると。オフショア積立投資を皆さんにお勧めしますが、契約は絶対に自分で理解した上で契約しましょう。商品の紹介者に入る契約コミッションは最初の積立金額×契約年数で決まるそうです。だからやたらと積立金額の増額と契約年数は長くさせたがる紹介者が多いのです。私が契約する際も、積立金額と契約年数で紹介者がほくそ笑んでいると思うと、本当に腹立たしいです。オフショア積立投資 [続きを読む]
  • IFA の移管
  • 私もオフショア投資のIFA の移管を検討しております。ノーブルエーペックス社への移管を考えております。ロイヤルロンドンの場合、扱っているIFA も限られているのでそんなに選択肢はないと思いますが、ノーブル社は香港IFA 業界では最も歴史のあるIFAの一社になります。香港にはIFA が全部で、およそ600社あります。その中で最も実績が歴史がある会社であるといえるでしょう。ロイヤルロンドンで移管を考えている方にはぜひお勧 [続きを読む]
  • 投資詐欺に引っ掛かる理由
  • 日本だけではないとは思いますが、金融詐欺事件が多いのは明らかに金融リテラシーが低いから、情報量が少ないからだと引っ掛かる人も多いのだと思います。かくゆう私もえらそうなことを言えませんが儲け話の真偽の判断がつかないから騙されるんであって、そんな話ある訳ないやんというのがその時にわかれば誰も騙されないですよね。年利でいくらほどの利益が出ます、って言われてもそんな数字普通じゃないよねって自分で判断でき [続きを読む]
  • シンガポールでHSBCのATMを利用
  • 口座開設後、サンライフ社の保険契約の支払いに続いて、シンガポールのATM で引き出しをおこないました。はじめてのことでしたのでどうなることかと思いましたが、六桁の暗証番号さえ覚えていれば、特に問題はありませんでした。ただ引き出しできる通貨は、ATMのある場所の国の通貨でしか引き出せないのでシンガポールであれば、シンガポールドルしか引き出せなくて、米ドルや日本円での引き出しはできません。また引き出し金額は [続きを読む]
  • 悪法=保険業法186条
  • 保険業法第186条が存在する限り、日本の生保会社は安泰なのである。この法律は「日本人が海外の保険に加入するのを禁じ、外資が日本で自由に活動が出来なくすることで事実上外資の日本参入を規制している」日本をガラパゴス化させている大変問題のある法律なのです。この法律があるおかげで海外の外資系保険会社は日本に参入できません。アメリカは再三に渡って、規制緩和を要求しているが日本側がそれを許しません。しかしこ [続きを読む]
  • 投資商品といえば
  • 投資といえば日本では株や不動産がまず最初に思い浮かぶ人が多いと思います。ここがまず日本の金融リテラシーの低さで金融詐欺が横行している理由ね1つだと思います。株は非常にリスクの高い投資商品です。実際にやってみて、痛い目にあってますんでよくわかります。これを投資初心者がやるにはあまりリスクが高いといえます。不動産投資は唯一金融機関から融資を受けて始めることができる投資です。そういう意味で有効な手法だ [続きを読む]
  • 運用会社の選択
  • 香港のノーブルエイペックス社の運用会社であるエルティック社のRL360の過去実績です。すばらしいパフォーマンスだと思います。IFAの選択を誤ると運用が全く変わってきますので慎重に選びましょう。にほんブログ村オフショア投資ランキングへ [続きを読む]
  • マイナス金利での投資戦略
  • 私たちは金利が低いことに慣れすぎてしまって、当たり前になってますがこれは異常な状態であると認識した方がいいと思います。金利が低いと何が困るかというと手元のお金が増えないので、経済が膨張していかない状態が続いていくわけですが、この異常状態はいつか急激なインフレを起こすのではないかと言われております。今世界は通貨安を競っており、アメリカは大統領選が終わるまで利上げができない状況です。大統領選がおわれ [続きを読む]
  • 今、住宅ローン借り換え時です。
  • 今、住宅ローンの借り換えでまた銀行が忙しいようです。例のマイナス金利で国債がマイナス金利になり、長期金利がさらに下がっているため、それに連動すると言われている住宅ローン金利も下がり、借り換え需要が増えているということでしょうか。この現象からすると固定金利が下がるのはわかるのですが、変動金利も下がっており、0.5パーセントを切る低金利商品も出てきております。しかしこの低金利の変動金利商品はくせものだと [続きを読む]