kamiya さん プロフィール

  •  
kamiyaさん: 医者に行きました。ADHDでした。
ハンドル名kamiya さん
ブログタイトル医者に行きました。ADHDでした。
ブログURLhttp://syachikujyoutou.seesaa.net/
サイト紹介文ADHDが発覚した成人、子持ちの日常記録です。
自由文クリニックへの受診内容、家族との生活、社会人生活などを語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 342日(平均6.1回/週) - 参加 2016/04/03 16:08

kamiya さんのブログ記事

  • 久々に
  • 今日は失敗がありました。というか今週は昨日と今日の2日連続で、発送品の宛先間違いをしてしまいました。あらかじめ用意されている伝票に名前を書くだけなのですが、その伝票を取り違えてしまったのです。別の宛先のものが混ざっていたことに気が付かなくて、そのまま送ってしまいました。結構この失敗は繰り返しているので気を付けています。ですが、ちょっと時間がなくて急いでいたり、別のことを同時にやっていたりした時に確 [続きを読む]
  • 順調なハズなのに。
  • 最近は大きな失敗もなく、やることをノートに書き出し、コツコツと仕事をこなしています。昔に比べれば、嬉しくなるほど順調に仕事をしているハズです。でも、何故か仕事がはかどっている気がしません。ノートの書き込みは日々増えていますが、同じぐらい片付けて消しています。やった方が良いと思って書いていた事も、順に終わらせていく事ができています。(まだ結構残っています。)それなのに、どうも仕事をこなしている充実感が [続きを読む]
  • 確信犯。
  • 知らず知らずそうなってしまうのであれば、仕方無いと割りきることもできるのかもしれません。今週は酷かったです。連日のサービス。出血大サービス。私が残業禁止と言われているのを知っているはずなのですが。それでも定時の後で締め切りがその日の仕事を回してくるのは、どういうことなんでしょうか。便利に人を使うのは良いけど、節度を守ってもらいたいです。いつも読んでいただき感謝いたします!皆様の応援が私の励みです。 [続きを読む]
  • 世の中の流れ。
  • 今朝の新聞に、某宅配最大手の企業が従業員の残業代を前年比1割削減する、という記事が掲載されていました。世の中便利になりすぎて、それに慣れて、当たり前だと思っています。でも、便利を享受できるのは、その便利を支える人達の働きがあるからです。当日配達も時間指定も再配達も、それを支える現場の人達の働きがあればこそ、だと思います。私が子供の頃は、普通の食品スーパーも7時で閉店していました。あのコンビニエンス [続きを読む]
  • プレミアム?
  • 今日はプレミアムフライデーという事で、特に何もありませんでした。わかってはいたことですが、自分には全く無関係なんですよね。本当にやるんだったら、会社の営業時間を短縮して、公に早く終業するしかないと思います。呼び掛けだけでプレミアムな金曜日になるなら、とっくにそうなっているでしょう。定時より遅れて、いつもの通りの帰宅時間です。いつも読んでいただき感謝いたします!皆様の応援が私の励みです。ありがとうご [続きを読む]
  • 引き込まれない。
  • 昨日のミーティングで、今年も忙しくなる、と脅されましたが、私は自分のペースをある程度貫くことにしました。空気が読めない(和を極度に乱さない)事はしないつもりですが、ノートにやることを書いて、日々の仕事を失敗無く正確にこなしていきたいです。今年も忙しい、というミーティングは毎年お決まりの行事で、このミーティング以降は、遅くまで残ることが常態化します。忙しいんだから仕方無い、という雰囲気を作るわけです。 [続きを読む]
  • 仕事大好き。
  • 私じゃありません。先輩とミーティングをしました。相変わらずそんなに良い雰囲気ではありませんでしたが、単純に仕事の話だけだったので苦痛もありません。今年1年の大まかな仕事の流れ説明を受けた、というものです。色々と話はありましたが、今年も忙しいよ、と言いたかったようです。仕事の組み立ては先輩が決めているので、なぜ忙しくなるのかは良くわかりません。なんだかんだ言っても、先輩は仕事と忙しい自分が大好きなの [続きを読む]
  • パパパパパ
  • 父親が日常を四苦八苦していても、子供達は日々成長しています。1歳を過ぎた4番目は、あっという間に歩き始めました。つたい歩きを卒業したと思ったら、もうヨチヨチと歩いています。歩くと同時に言葉を発しようと、頑張るようにもなりました。まだほとんど叫び声ですが、感情を体や仕草だけでなく、声も出すようになりました。そして今朝は、私に向かって、パパパパパ、と連発していました。呼ばれたんだ、と信じることにします [続きを読む]
  • 6時にやめる。
  • 水曜日、木曜日と体調絶不調でした。今日は暖かい気温で、過ごしやすかったですね。体調も良くなかったので、とにかく定時過ぎたら早く帰ることを徹底しました。6時になったら仕事はやめる。やることが残っていても、今日必ずやらなければならないものでなければ、翌日にまわす。今日やるべき事は優先して終わらせる。やり方は色々あると思いますが、とにかく帰るのです。今週後半の、水曜、木曜、金曜はそれができました。来週も [続きを読む]
  • 灯火を守る(火曜日)
  • 今日は定時過ぎたら仕事を切り上げて、早く帰ることにしていました。遅くまで残らないという方針は、もう忘れ去られて久しいです。でも、私はまだ覚えていますし、そうすべきだと思っています。私の場合は、残業禁止なので、そうしなければならないのです。周りの事など気にすること無く、と言うのは私にはちょっと難しいのかもしれません。逆に気にしないようにすることを考えてしまうので、おかしなストレスにもなりそうです。気 [続きを読む]
  • 治りが遅い(月曜日)
  • 年末年始に風邪をこじらせて、きつい副鼻腔炎になりました。年明け後に病院に行き、薬をもらって1月終わりごろに何とか治りました。ところが治ってから1週間もたたないうちに、また喉が痛くなって、それから3日程度で副鼻腔炎に逆戻りしました。先週末から再び薬を服用しています。毎年、風邪流行ったり花粉の季節が近くなると、鼻に異常が出ます。もう慣れてしまったのと、薬を飲めばすぐに回復していたのでそんなに問題無いと [続きを読む]
  • 今週もおわり。
  • 長かった1週間が終わりました。明日は土曜日に祝日という、少々残念な巡り合わせ。どっちかに1日ずれてくれたら三連休だったのに。という考えは、貧相ですかね。三連休しても何連休しても、仕事が減るわけではないですね。連休が増えても、失敗が減るわけでもないです。怖いのは、お休み前に約束した休み明けの予定を忘れてしまうことです。ノートにも書いたし、お知らせの通知が来るようにも設定しました。月曜日は朝一番で約束 [続きを読む]
  • 寿と喪(その8)
  • 元々子供の1歳のお祝いから話がスタートしたのに、ほとんどは服喪の話になってしまいました。実際、この週は祖母に関することにほとんどの時間を使いました。私も、もう一度1歳の誕生日のお祝いをしてあげたいと考えていたので、その週末に再度お祝いをすることにしました。さすがに1歳ケーキは準備できないので、子供向けの料理を種類多く準備して、再びお祝いの席を用意しました。どこから話を聞き付けたのか、いつものように [続きを読む]
  • 寿と喪(その7)
  • 翌日はいつもの通り出勤しました。朝から忙しく、いつも早めに帰っていたのでやり残していることが溜まっていました。ようやく一息ついた時はもうお昼間近になっていました。なんとなく窓の外を眺めていると、不意に涙がこぼれてきました。急に祖母との思い出が頭の中を駆け巡りました。何の前触れも、その時の状況とは無関係に、突然昔のことを思い出す、ということは私にとって珍しいことではありません。大抵思い出すのは、今ま [続きを読む]
  • 寿と喪(その6)
  • 祖母の家から会社は結構すぐで、普段の半分以下の通勤時間で会社に到着しました。その日は通夜、その翌日が告別式ですが、この時はもう休暇を取ることはあきらめて仕事することに決めました。1晩祖母との時間をゆっくりと過ごせたことで、モヤモヤしたものが吹っ切れました。通夜の日は少し遅くまで仕事があり、会場に到着した時には式は終わっていました。化粧をしてもらった祖母の顔を拝んでお清めの席に顔を出すと、元気な様子 [続きを読む]
  • 寿と喪(その5)
  • 翌日も失敗無く仕事を片付けて祖母の家へ。今夜は泊まりで完徹覚悟です。もう10年近く前ですが、祖父が家に帰ってきたときも線香番をしました。その時は自分の兄弟姉妹とワイワイ飲みながらでした。時間もあっという間に過ぎたような記憶があります。今回は母親と叔母にゆっくり寝てもらうため、ひとり線香番につきました。傍らに寝ている祖母はおだやかな表情でした。小さい頃に遊びに連れていってもらった思い出や、イタズラし [続きを読む]
  • 寿と喪(その4)
  • 翌日は通常の通り出勤しました。慶弔休暇の話を切る出せるタイミングが有るか、様子をみていました。ですが、そのような雰囲気ではないことは明白でした。相変わらず雪解けには遠く、忙しい事もわかっています。その日は失敗無く仕事を終わらせて、祖母の家に向かいました。祖母の家には母親と叔母が、ふたりで線香番をしていました。祖母の年齢が100歳を超えているので、元気ではありますが母親も叔母もかなりの高齢者です。母 [続きを読む]
  • 寿と喪(その3)
  • これまでのパターンで、親族の慶弔で休暇を取ると、休暇の後は必ず先輩の機嫌が悪くなります。会社規定の休暇を取るだけなのですが、理屈ではありません。もっとも、失敗を繰り返していた以前の私の状態であれば、会社規定とは言え、簡単に休むことは感情として受け入れがたい、と言うこともわかります。現在は以前と比較すれば、かなりマシな状態になっているハズです。ですが、年明け前に失敗してからまだ氷河期な状態は完全に解 [続きを読む]
  • 寿と喪(その2)
  • 「お祖母さんが亡くなりました。」電話の主は母親でした。母方の祖母がなくなった、という電話。もう100歳を越えていたので、いつその時が来てもおかしくないと思っていました。前日まで全く何の異常も無く、普段通りだったらしいのですが、朝になっても目を覚ますことなく、そのまま逝ってしまったそうです。亡くなり方が昨年亡くなったいとこと同じだったことに、奇妙な縁も感じました。さすがに祖母は超高齢者なので来るべく [続きを読む]
  • 寿と喪
  • 先週、四男が1歳の誕生日を迎えました。一升餅ならぬ一升パンと、1歳誕生日ケーキを用意してのお祝いでした。パンを背負わすことはさすがにできなかったので、米一升をビニル袋に入れて背負わすことに。無理やり背中に背負わされたので、泣いてしまいました。しかし、いつも締め切っている食器棚を解放しておくと、泣き止んで一目散にハイハイしてきました。食器棚の前で一瞬立ち上がり、そのまましりもちをつきました。無事、し [続きを読む]
  • 薬漬け(週末)
  • 副鼻腔炎の治りが遅く、土曜日に耳鼻科を再受診しました。金曜日の夜から微熱もあって、どうも調子が良くありません。ひとつひとつの怪我や病気の治りが悪くなっていて、だんだん年を取っていることを感じます。ストラテラと一緒に飲んではいけない薬は特に無いということは以前から言われています。但し、別の診療科を受診する際はストラテラを飲んでいることをお知らせするように、とも言われているので、お薬手帳は携帯して行き [続きを読む]
  • 1回6錠(木曜日)
  • 更新遅くなりました。タイトルは、現在私が飲んでいる薬の数です。年末から調子が悪かった鼻が急性副鼻腔炎に悪化しています。現在それも治療中なのです。耳鼻科から処方された薬が5錠にストラテラ。ストラテラの数は朝(1錠)と夜(2錠)で可変なので、多いと7錠になります。一部の薬はこの日の夜で飲み終わるので、金曜日からは半減します。これから花粉の季節が始まるので、薬の量はしばらく増えたままになると思います。ストラ [続きを読む]
  • 忘れていない(水曜日)
  • 今日もいつもと変わらず、ノートを広げています。2冊目のノートは1冊目から引き継いだ事を書き込んでいるので、利用開始から3日しか経過していませんが、見開き2ページ分はもう書き込みで埋まっています。やりたいと思っていることも書き込んでいるので、思い返せば昨年の夏ぐらいに書いたのではないか、と思うものもまだ残っています。日々のやることをこなすだけでかなり時間を使ってしまうので、なかなか着手できない事もあ [続きを読む]
  • 失敗無し(火曜日)
  • 更新が遅くなりました。先週失敗が多かったせいなのか、今週は今のところ失敗無く仕事をしています。ただし、昨年まで推進していた定時帰りは風前の灯火。今年に入ってから実現できていません。先輩は自分の世界に入ってしまったかのように、昔と変わらず長時間労働に戻ってしまいました。その煽りを受けてなのか、私も日に日に帰宅時間が遅くなっています。失敗もしていないので、私の効率が悪くなっているとも思えません。失敗を [続きを読む]
  • 2冊目(月曜日)
  • 昨年の4月から開始したノートが、2冊目に突入しました。ノートを始めた当初は、あっという間に2冊目に入ってしまうのではないか?と思っていました。仕事の繁閑もあるので、大量書き込む事もあれば、ほとんど新規が無い時期もありました。書くことがおろそかになって失敗して、また考える前に書くことを実践した、と言うことが何度もあったように思います。ノートに書くことを忘れたり、ノートを忘れたこともありました。1冊目 [続きを読む]