めだか さん プロフィール

  •  
めだかさん: ぼっちめだかのまいにち
ハンドル名めだか さん
ブログタイトルぼっちめだかのまいにち
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/akocuculi-akocchan/
サイト紹介文ぼっちめだかが なんやかんや ゆうところ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/04/03 17:16

めだか さんのブログ記事

  • おじいちゃん
  • ひじをついてご飯たべたら おじいちゃんに『 ひじを つくなぁ〜!』と箸箱で ひじをひっぱたかれた 怖くて 泣くと『 泣くなぁ〜!』と怒鳴られた 腹がたつので、口ごたえすると『口ごたえ すなぁ〜!』と 叱られた 分かったか?... [続きを読む]
  • 向かうベクトル
  • 時が経つにつれベクトルの方向が狂い始め やがて 自分勝手なベクトルに人を引っ張り込む安易な手段も浮かんでくるがそれで解決するのかというと 逆で それは強制的でエゴイスティックな自己満足でしかなく 結局のところ小さな歪み... [続きを読む]
  • 泣けなかった赤鬼
  • 青鬼が去ってしまった理由を全く理解できなかった赤鬼は泣くこともなく人間と死ぬまで幸せに暮らしましたとさ・・・・もともと 赤鬼は自分にとって都合の良い事しか考えることができなかった青鬼は 赤鬼から 自分勝手な都合の良い想いを知らされた時それでも 自分は... [続きを読む]
  • 額の役目
  • 【 絵 】 に額を施すと作品が 一層豪華に見えるように【 顔 】 という作品を 際立たせる額の役目それは 髪型なのだよ。と さも得意そうに話す ふ〜ん そんなもんなのか。。。と 納得しつつ額が 日に日に崩れ去っていく絵の面持ちを頭のすみっこで うっすら思... [続きを読む]
  • 3年ぶりの嬉しい再会
  • かれこれ 3年ぶりの再会であった彼女は 何の衰えもみせず 相変わらず 包み込むような暖かい笑顔で私の前に現れた「 晩御飯 食べに行こう 」と 彼女は私を誘う私は 先約があったが 二つ返事で 先約を断り 彼女の誘いを快諾する私は 彼女からの誘いが嬉しくて 嬉... [続きを読む]
  • 森羅万象的胆嚢説
  • 足を切断してしまった人がまだ足があるかの如く痒かったりする話を聞いた事ある 最近胆嚢が時々痛むのはそれと同じパターンか? あの肥大して腫れ上がって摘出された、イチジク胆嚢は今頃どこでどうしてるのだろうか? 臓器処理班により動物の餌... [続きを読む]
  • ザワいきもち
  • ザワつくって・・・ よくよく考えるとザワつかされてるのではなく自分が勝手にざわついてるだけで実に無意味で馬鹿げた事をしてたのだなと、今になって思う 取るに足らない内容に、わざわざ自らザワつきに向かって行く愚かさに今更ながら気づいた ... [続きを読む]
  • 朝の始まり
  • 朝意識が唐突に戻る瞬間のこと ここ数年絵も言えず 嫌な不安渦巻くきもちで目覚め そのあとしばらくみぞおちのあたりに塊が残り尾をひくのが続いてた なんとかしたくても勝手に湧き上がる現象なんでどうしようもない 最近ふとどういう訳か... [続きを読む]
  • 好きの順序
  • この世に生を受けてまだ1年とそこそこ保育園のお迎えを 頼まれた保育室で 私の顔を見つけると 嬉しそうに手を振って 駆け寄って来てくれたそこにいるどの先生よりも 大好き!のアピールなんともいえない 優越感が膨らんだ親が登場した 次の瞬間なんの躊躇も てらいも... [続きを読む]
  • マーフィーの法則
  • 急いでいる時に限って 次々に信号と踏切に引っかかる大切なものを扱っている時に限って 手から滑り落ち 手の届かない隙間に転がり込む重要な電話をしなければいけない時に限って 充電が切れるマーフィーが暴れまくってるときは 否応なしに災難が追い打ちをかけてくる今... [続きを読む]
  • うそもホウベン
  • 真実を言って 相手が傷つくくらいなら嘘を言う方がよいと 言ういえいえ 正直に真実を告げる方が誠実だと思うよ と言う相手を思いやるからこそウソをつくのだよ と言う相手を思うならばこそ 正直に言うんじゃない?と言う楽になりたいのか 楽にさせてあげたいのか苦し... [続きを読む]
  • 犯人探し
  • 【 何か間違ってる気がするなぁ】 自分は絶対正しいですオーラ満載で毒を吐かれた 瞬間、ざわっとしクソプライドが邪魔していえいえ、そちらが間違ってるのでは? と毒を吐き返した そして事態は当然のように最悪の空気を醸し出す ... [続きを読む]
  • 終わりを告げる時期とテクニック
  • 始まりがあれば終わりがある何事も 永遠に続く事は まずもってない自然消滅の終わり方もあるしかし 故意的に終わらせたい。。となると話は変わってくる。非常に楽なのは まさにタイミング良く相手側から終わりを切り出して貰えた時。はいはい!OKですよ!・・・で 問題... [続きを読む]
  • ピンポンゲーム
  • 会話はピンポンゲームのように発展しながら 軽やかに続くのが良い逆に相手の話終わるのを 待ちわびたかのように何の関連性もない 「自分話」 を語りだされると自分の吐いた言葉が 行き処を失い宙ぶらりんになったまま宛てなく 彷徨うハメになるそんな時 とてつもなく... [続きを読む]
  • タクシーメーター
  • タクシーで帰宅した時 「あ、ここで停めて下さい」と、降りる場所を指定したのに 5メートルほど先で停止され、おいおい!と思う間もなく料金メーターが上がった時、 「え、まじで〜!?」と思いながらも何にも言えず、 しぶしぶお金を支払... [続きを読む]
  • カサンドラがわの嘆き
  • ある会話の中での 悲劇 人の気持ちを汲まない言葉を吐いてしまう 悲劇 汲めてない事に これっぽっちも気づけない 悲劇 誤解を受けたまま 能天気で過ごしている 悲劇喜ばせたいがゆえ 例えた言葉で さらに傷を上塗りしてしまう 悲劇 こ... [続きを読む]
  • スモールムーンに馳せる
  • 朝の目覚め現実の世界に意識が戻るハザマ 自分を認識する作業と隣り合わせにしだいにフツフツ湧き出てくる 得体の知れないいや〜な感覚 ツバを呑むときの喉の奥の重い固まり ここにきて、ようやく解放された感 非常に... [続きを読む]
  • 【道】 という題名の映画に出くわしてしまった数々の映画を観て来たけれど 一瞬で 5本の指に入る 映画になったストーリー 音 映像 登場人物の表情などなど。。。事あるごとに 頭に浮かんでは消えていくなんとも 切なく歯がゆく 純粋すぎて心が痛い私はきっと いつ... [続きを読む]
  • 始まりの時から すでに答えは分かっていた
  • 始まったその瞬間から事は 破滅の方向に向かって 突き進んでいく確かに 答えは分かっていたただ 如何に 遅く如何に ごまかし ごまかし如何に たくさんの枝葉をつけて最期を迎えるかそれだけの 事そして その最期が やっと来ただけ自ら仕組んだ あらゆる呪縛を ... [続きを読む]
  • くれくれ言う人
  • ひたすら、指示を待ち続ける人 どんな時も自分から指示をし続けてしまう人 ひたすら指示待ちの人にどんな指示をして欲しいか、指示をしてくれと指示する人 どれもせつなく笑ける けど くれくれ言うのは情け無く そして悲し... [続きを読む]