blackcat さん プロフィール

  •  
blackcatさん: 鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
ハンドル名blackcat さん
ブログタイトル鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
ブログURLhttp://ameblo.jp/blackcat-kat/
サイト紹介文鉄道ジャーナリスト加藤好啓の日々思ったことなどを記事にしています。 ほぼ毎日更新
自由文鉄道ジャーナリスト宣言して活躍しています、加藤好啓と申します。
鉄道現在史からみた今後の予測や地方活性化について考えること、過去の取り組みなどをアップさせていただきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/04/03 21:02

blackcat さんのブログ記事

  • JR発足当初のお約束、JRマークの話
  • 国鉄からJRに変わったときに一番印象に残ったのは、JRマークの存在であろうか。昨日まで無かったマークがいきなり出現、常磐緩行線で使われていた頃の103系1200番台 勿論、ブルートレインなどは前日から貼られていたものも有ったかもしれないがその多くは夜間の停泊中に車庫などで貼付されたとのこと。ただ、国鉄しかなかった地方ローカル線などではJRマーク自体の貼付が省略され、山陰地区などではキハ40系気動車 [続きを読む]
  • 国鉄最後の日その後、翌日の朝とも言いますが。(^^♪
  • 日本国有鉄道が解体されて一夜明けた4月1日。大晦日の夜のように騒いだ、3月31日と異なり静かな朝を迎えていました。私は当時和歌山で住んでいたのですが、3月31日は国鉄の最後を悲しむかのように、強い風が吹いておりダイヤは乱れ気味でした。明けて翌日は、天気も回復し新生JRの門出を祝うかのような天気となったのですが。さて、何かが変わったのでしょうか・・・。実は何も変わっていませんでした。当時、岸和田にある岸和田 [続きを読む]
  • 国鉄最後の日
  • 今から30年前、日本には確かに日本国有鉄道という鉄道が存在しました。明治5年、新橋〜横浜(当時は桜木町)間に開通した陸蒸気から始まった国有鉄道の歴史は1987年3月31日をもって終わりをつげることとなりました。今日は少しだけ時計の針を昭和62年3月31日に戻してみましょう。国鉄最後の日、国鉄では最初で最後の大バーゲン「謝恩フリーきっぷ」を発売します。6,000円(子供は3,000円)で発売され、全国指定の8 [続きを読む]
  • 大いなる妄想 夜行列車を復活させるには・・・?第3話
  • 前回は、トラック業者が荷物輸送と一緒に寝台車で人を運んだらと言うことで、「トラック便に代わる列車の運行会社は・・・旅客会社ではなく貨物会社になるんでしょうかね。さらに、こうした場合の車両の保有は・・・ヤマト運輸等の運送会社が保有するなんてことになるのでしょうか。 ?」等と言う妄想物語を書かせていただきましたが、今回は、仮に新幹線で夜行寝台列車が走ったらと言うことでお話をさせていただこうと思います。 [続きを読む]
  • 大いなる妄想 夜行列車を復活させるには・・・?第2話
  • 先日は、思い切ってこんな形で列車を分割したらと言う話に沢山のコメントをいただき、ありがとうございました。本日も大いなる妄想としてお付き合いいただければと思います。国鉄時代の昭和50年代の時刻表などを参照しますと、それこそ地方都市にも多数の夜行列車が走っていたことが伺えます。もちろん。夜行バスが発達していなかったという理由もあるのですが、特に地方都市などで寝台列車が残り得た背景には、荷物輸送や郵便 [続きを読む]
  • 大いなる妄想 夜行列車を復活させるには・・・?第1話
  • 今からお話しするのは、はっきり言って荒唐無稽なお話であることをお断りしておきますが、本気で寝台列車を走らせるべきだと言うのであればこうした想定外の話が有っても良いのではないかと思っています。正直、新宿バスターミナル等を見ていますと夜間帯などではそれこそ5分おきぐらいに東北方面・信越・北陸方面、そして関西方面などに出発する高速バスを見ることが出来ます。まぁバスよりも鉄道の方が沢山乗れるから効率的だ [続きを読む]
  • 大いなる妄想 阪急と南海電車が直通乗り入れしていたら・・・。
  • 堺筋線は皆さんもよくご存じのとおり、天下茶屋〜天神橋筋6丁目までを結ぶ地下鉄路線であり、大阪市営地下鉄では唯一パンタ集電による鉄道として建設されています。過去の回想記などによりますと、南海電車との直通乗り入れも検討されていたようですが、諸般の事情で結局は阪急と大阪市営地下鉄の乗り入れとされて現在に至っていますが、仮に南海電車との乗り入れが合意されていたとしたら・・・おそらくその際は、阪急千里線を [続きを読む]
  • 三江線の在り方を再び考えてみる
  • 私が三江線問題で本格的に活動を開始したのは、昨年の7月6日でした。地元の方とのチャットの記録がありましたので間違いないでしょう。こうした意味では、ログが残っていますので、それを参考に今一度私の考え方を整理していこうと思います。 当時のチャットのログをベースに一部文言を加工してアップさせて順次アップします。最初は。7月6日、地元の方とのお話の中で書かせていただいた内容です。 当初から、残せます [続きを読む]
  • 三江線のフォーラムで私が伝えたかった本当のこと。
  • すみません、年明け直ぐに書こうと思って見解を書くことが出来ませんでした。三江線に関しては、一部マニアックな人が残すべきだという感情論的な議論がツイッターなどで高まっています。しかし、そうした人が三江線を残せというのはどのような理由からなのでしょうか。ひな蓋風景の中を走るローカル線は風情がある・・・。こうした理由からでしょうか?結果的に、地元の人の願いとかけ離れたところで話が盛り上がっているように [続きを読む]
  • 三江線の問題を考えてみる。
  • はじめに三江線は沿線利用者から見放されているのか?三江線の駅とその周辺人口を比較して、鉄道利用可能者の数を集計してみますと、現状では非常にお寒い状況と言うことを言わざるを得ません。また、地元でも、積極的に存続していこうという雰囲気が見えません、どうせ反対しても何も始まらないと思っているからではないでしょうか。何もしないでそのまま廃線を待つのではなく、あらゆる可能性について皆さんと一緒に考えてみた [続きを読む]
  • 三江線の問題を考えてみる。石見川本駅で見かけた光景
  • 皆様おはようございます、12月23日に江津市で開催された、集会に参加させていただきました。 そこで、私は全線の存続は不可能であり、一部区間でも残せないかという可能性についてお話しましたが、具体的な資金計画なども無いということでご指摘を受けました。そこで、少しだけ補足というか説明を加えさせていただこうと思います。 その前に、先ず三江線の現状について簡単に報告させていただきますと、青春18きっぷの [続きを読む]
  • 三江線の存続について考える 石見銀山を観光に生かせるか?
  • みなさまこんばんは、11月18日、川本町役場に直接訪問してお話を聞いてまいりました。もっと情報を引き出そうと思ったのですが、中々思うようにお話を聞くことが出来なかったのですが、約1時間ほど川本町街づくり推進課課長と係長同席のもとお話をさせていただきました。詳細は後程書かせていただきますが、今回は、三江線と言う枠に囚われない発想を行うため、石見銀山と観光のセット出来ないかと言う視点から、大田市から川本町 [続きを読む]
  • ちょっとトリビアな小話 OSカーのお話
  • 長野電鉄には、OSカーという車両が有ったことを知っている方も多いかと思います。このOSという意味をご存じですか。OS・・・ Operating System (オペレーティング システム)の略じゃなですよ。だって、OSカーが開発されたのは昭和41年、まだまだコンピュータは一般的ではなくメインフレームと言った時代ですからね。笑OSカーの意味は、Officemen&Student Car(通勤・通学車)の略称だそうです。地方私鉄としては珍しく20m4ドア [続きを読む]
  • 大いなる妄想、ローカル列車はバッテリー電車?
  • これからのローカル列車を妄想する。電車も気動車も一般に人から見れば電車と言ってしまうのではないでしょうか。鉄道に興味がない人からすればどちらも電車機関車というのは貨物列車の先頭についているもので、後ろに長々と貨車が連なっている・・・先頭車に運転台があって運転士が乗っていれば、気動車でも電車でも、一般の人から見れば電車で通ってしまいますよね。最近は、技術の発展でハイブリッド式とか蓄電池式の電車も研 [続きを読む]