古美術一休堂 さん プロフィール

  •  
古美術一休堂さん: 一休堂のだじゃれ日記
ハンドル名古美術一休堂 さん
ブログタイトル一休堂のだじゃれ日記
ブログURLhttps://gallery193.com/
サイト紹介文稼業のトレジャーハンター(お宝探検業務)に付随するよもや話の紹介をしていきたいと思います。
自由文特に、古美術の査定について業界およびマニア以外の人にも、少しでも理解出来るように伝道していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供677回 / 347日(平均13.7回/週) - 参加 2016/04/03 21:02

古美術一休堂 さんのブログ記事

  • 『西宮市 映画歴50年大量パンフ一括買取』
  • 昨日は、2ケ月前よりアポイントメントを承っていました、映画マニア歴50有余年?の妙齢のご婦人宅へ鑑定買取に、行って参りました。現在でも年に100本余りは、劇場でご覧になっているとの事でした。しかも1本づつ今もストーリーテラーを覚えておられ、好みの作品の傾向や、好みの俳優等、当方も結構映画大好き人間ゆえ『話出すと止まらない?』マシンガントークの一時でした。状態も良く、『魂の塊』の如く数百枚のパンフレ [続きを読む]
  • 『早朝5時50分、交通事故現場に遭遇』
  • 本日早朝静かな土手道を散歩中『ドカーーーン』と地鳴りのしたような驚きの豪音。『スワ?テロの爆発?』かと思いきや、表記のような土手から前方右45度田圃3枚ぐらい前西岡屋の×ポイントに車から土煙が立っていました。私も本能的に現場目指して走っていました。とりあえず、現場の場所に近い住人の方が『119.110』へTELされていました。ドライバーは、外国人の方で、運転操作の誤りで衝突したようです。救急車が到 [続きを読む]
  • 『豊中市 関東軍兵隊養成学校資料 大量買取』
  • 昨日は、お客様の父上が元関東軍幹部で、当時中国満州で兵隊養成学校に勤務されていた頃の時代産物?を鑑定買取に行かせて頂きました。大変勉強家だったらしく大量の軍事訓練の教科書等が残っていました。昭和の戦争資料は、まだまだ解明されていないベールに包まれた時代を考察するには、大変貴重で探している研究家マニアは、沢山おられます。所有者にとって、廃棄物同様に思っておられる方は、非常に多いのですが、『絶対に処分 [続きを読む]
  • 『チラシ反響伊丹市大工道具買取』〔骨董〕
  • 昨日は、月曜日の弊店オリコミチラシ広告の反響のお客様のご依頼により、伊丹市へ行って参りました。故人が名棟梁だった大工の親方様の奥様のご依頼により、生前現役時代使用されていた様々な大工道具の鑑定見積もりをさせていただきました。大変腕自慢で、名棟梁の名を欲しいままにされていた事が忍ばれる多数の道具類でした。奥様の思い出も多く?売却するのは、惜しい物も沢山おありでした。その中で幾つか分けて頂いたのですが [続きを読む]
  • 『NHKのど自慢グランドチャンピオン大会』
  • 1昨日テレビで、『のど自慢大会』のグランドチャンピオン大会の決勝を放映されていました。週一の日曜日の番組は、殆ど見る機会のない当方ですが、夜のグランチャンは、比較的見ます。流石に強者の集いに相応しく聞かせてくれるなあ?と、感動の連荘でした。が、チャンピオンは、他の追随をかわし『満場一致』の審査結果だったように思います。数人の大御所歌手も大会に花を添え熱唱されていましたが、私は、圧倒的にグランドチャ [続きを読む]
  • 〔骨董〕『京都市内 アメジスト 買取』
  • 昨日は、休日と春の陽気が重なった素晴らしい1日でしたが、『問い合わせが殺到し、電話応対が多忙をきわめた珍しい日となりました。』表記写真のお宝は、昨日京都で買取せて頂きました、古来ローマ時代の占術より中国の風水術に至るまで、『知性と心の安らぎ』を得られ、必ず所有者を幸せに導くと謂われている?『紫水晶 アメジスト』の原石結晶オブジェでございます。現在、弊店では大変人気者?で品薄状態が続いています。ぜひ [続きを読む]
  • 『開運何でも鑑定団』の評価額???
  • 先日も『窯変天目茶碗』についての鑑定団評価額について、ネットニュース等でも話題になっていましたが、私もオンエアされた番組を視ていました。弊店のお客様にも数人TVに出演された鑑定依頼者は、おられますが、どうのような経緯で出演できたか伺った事があるのですが、『本物の古美術品<エピソード=テレビ受け評価額』らしく?。所謂『故事成話』の面白みではないでしょうか。古玩趣味は、人類有史以来の産物であり、非科学 [続きを読む]
  • 『誠之助先生、この話は、最高です。』〔大笑い)
  • 先日も『窯変天目茶碗』についての鑑定団評価額について、ネットニュース等でも話題になっていましたが、私もオンエアされた番組を視ていました。弊店のお客様にも数人TVに出演された鑑定依頼者は、おられますが、どうのような経緯で出演できたか伺った事があるのですが、『本物の古美術品<エピソード=テレビ受け評価額』らしく?。所謂『故事成話』の面白みではないでしょうか。古玩趣味は、人類有史以来の産物であり、非科学 [続きを読む]
  • 『ワタシワ視覚紙面ガイイデスネ。』??老眼大統領(笑)
  • 私自身『後天性活字中毒症の末期』です。仕事柄訪問するお家の方に伺う?と、最近は、宅配新聞を取らない方が増えているとの事です。殆どの方がスマホとタブレットでニュースを見ているとのことです。そこで、当方も試してみたのですが、結論から申し上げると、私自身の身体には、処方箋にはならないのであります。理由は、目が疲れて全く読めません。文章は、行間を読んで楽しむものらしいですが、行間に目を配る余裕すら全く無し [続きを読む]
  • 〔骨董 古美術〕『旬について.....』
  • 昨日は、『名残雪』でしたが、この『名残』のキワードについて話させて頂きます。1年間の移ろいを12か月に分け、かつ、10日単位を『旬』と言います。例えば、10日間間隔の雑誌を『旬刊誌』といいますが、その前後の10日間を『走り』『名残』といいます。これを擬えて、春夏秋冬の事象を言い表せているのですが、食通の間で尊ばれているのが、『名残と走りのちゃんぽん』ナゴリと言う魚とハシリという野菜の鍋料理と違いま [続きを読む]
  • 〔骨董〕『来客対応7人、独演会のべ180分』
  • 昨日は、さすがの?私も疲れました。偶々が重なり、お客様対応連続7人。買い、売り、説明、修理等多様な案件のお客様が、結果として、数珠繋ぎになり昼食抜きの7人連続対応久々に脳みそもパンクして、昨夜は、バタン休でした。『一所懸命会話すると疲れるというのが、実証できました。』(総理大臣と森本学園理事長の立場)が少し理解できたような?1日でした。お引越、倉庫整理、遺品整理、古道具、骨董品等などを処分される際 [続きを読む]
  • 〔骨董〕『花粉症。私は、プリンスか?』
  • 昨日午後3時頃、午前中の仕事を終え午後静かなシャッター半開きの弊店内で、黙々と仕入れ商品の検分と仕分けをしていると、思わず当方は、大きな雄叫びで?、『ヒャアアアアクショん??????』シャターの外側で、人気を感じつつ、耳を立てていると、世間の噂が流れてきました?。後で後ろ姿で気付いたのですが、観光途中の妙齢のご婦人が『プリンスみたいな雄叫び。』(笑い声)、当方には大変辛いシーズン『花粉症の季節』の [続きを読む]
  • 〔骨董〕『転生輪廻?ホーロー看板の運命』
  • いつも定番の散歩コースの途中でのエピソードです。かれこれ3か月前くらいから気になっていたのではありますが、とある農家の軒先に米の籾殻を保存するために囲い壁の目的で使用されている『コロンブス靴クリーム』のホーロー看板が有りました。毎度通貨するたびに、『欲しいな?もったいないな?分けてくれやらへんやろか?』と想いつつ。『こんにちは?』の一言を言えずに、『遠慮の塊』で先日までほったらかしていたのですが。 [続きを読む]
  • 『滋賀県高島市 茶道具 買取 帰路日野菜漬購入』
  • 昨日は、早朝より先日来お約束しておりました。滋賀県高島市へお茶道具の鑑定買取に行って参りました。青空の下美しい琵琶湖を右目に、残雪の残るびわ湖バレイや比良山を左目に、楽しいドライブがてらのビジネスツアーでした。帰りのルートを途中から大原に入り京都市を経由して帰ったのですが、大原で休憩とお土産を探しに入ったお店で、我が家の大好物である、クラシックな?(田舎臭い)『日野菜の糠漬』を2袋(1080円)を [続きを読む]
  • 『春爛漫、毎月第2土曜はお菓子の里骨董市』
  • いよいよ春到来。草木も芽吹き生物一同が全員動き出した感のあるここ数日です。『多忙な時、暇な時は、重なる?』もので、当方も『貧乏四季無し?』で過ごす今日日頃です。本日は、3月第二土曜日ですが、恒例『骨董市』の露店が連なる縁日が、篠山市のお菓子の里の駐車場で開かれます。この日に合わせて、弊店にお越しになる方もよくおられます。今年の冬は、厳冬で積雪も30年来の豪雪で、待ち遠しく感じられた?春爛漫でありま [続きを読む]
  • 『滋賀大津市 旧東海道古民家古道具 探索』〔骨董〕
  • 1昨日は、滋賀県大津市の旧東海道沿いの江戸時代情緒香る古民家というより古町屋の建物へ行って参りました。古い建物で近日中に解体予定のお屋敷でした。依頼人のお話では、『お宝は無い?と思いますが、御社のHPのご案内のように、何か、次世代へ残せるような物が有れば、持って行ってください?。』という条件での探索鑑定業務でした。『近江水屋、階段箪笥、V9時代の写真集、手作り本立、etc.』救出出来た物も何点か有 [続きを読む]
  • 『負けて下さい?はい。要りません。』???〔骨董〕
  • 先日の店頭に来られた初見のお客様との会話の話です。本日の表題の通り、開口一番、『負けてください。』これは、日々有るお取引上の1コマで、物によって、仕入れによって、yes or no.を即答しているのですが、先日も、即座に『NO』と言ったのですが、するとそのお客様は、『やっぱり、要りません。』とおっしゃる。一瞬戸惑い。言葉を失ったのですが、さり気ない日常会話に引き返し『なぜか?』を探り聞くと、この人 [続きを読む]
  • 『豊中市老舗時計店廃業につき古道具買取』
  • 昨日は、商店街で永年代々時計宝飾品の小売り修理を営んでおられたお家の在庫諸道具の鑑定買取に伺いました。種々雑多な諸古道具の海から次世代に残す『古道具お宝大救出作戦?』を展開させて頂きました。結論から申し上げると、いつもの事なのですが、『当方にとってお宝が既に廃棄されていて、お客様が売れるであろう?と思われた、買えない古道具の比率が高かったように見受けられました。』兎に角、『素人判断は、禁物です?。 [続きを読む]
  • 〔骨董〕『兵庫県西宮市へ山岳登山関係の諸道具買取』
  • 先日5日は、ご当地丹波ささやまは、恒例篠山マラソンが開催されていたのですが、当方は店を休業し、先日来お約束のお客さま西宮市まで鑑定買取に行って参りました。故人の所持品の鑑定だったのですが、旧所有者は、『山登り、写真、油絵』をライフワークに晩年を過ごされたようで、特に山岳関係の古道具が沢山あり、楽しい鑑定時間のひと時を過ごさせて頂きました。表記ピッケルなどもコレクターは、結構おられますゆえ、このよう [続きを読む]
  • 『お勧めの逸品?意味深、色っぽい等身大看板』
  • 最近仕入れた自慢の迷品です?。撮影の仕方に工夫をしたのですが、少し隠すと素材の持ち味が滲み出て?色っぽい雰囲気が醸し出されます。看板のガラス裏に、『由美かおる』が隠れていたら?黄門さまご一行もさぞびっくりするのではないでしょうか。実は、この迷品の本来の使用の仕方は、着物の反物の陳列看板で、ロール反物部分を看板上部に置きガラス裏面全体に垂らす仕掛けになっています。古着物屋さん等の看板には最適ですよ。 [続きを読む]
  • 『三田市 (美音匠) サウンドミカサ 訪問』〔骨董〕
  • 昨日は、私用で兵庫県三田市へ行った序に、篠山市出身で三田でオーデイオ店を経営されている谷田さんのお店『サウンドミカサ』へ行って参りました。御主人は、通常仕事柄お出掛けが多いらしいのですが、ラッキーにも昨日は、お店におられました。当方初めての訪問で『ワクワク、ドキドキ』で、ドアを叩いたのですが、ご主人が丁寧に、かつ、情熱の籠った語り調?で、オーデイオを視聴させていただきながら、熱いトークをして頂き心 [続きを読む]
  • 『コスパの殿堂、ラ.ムー篠山店』
  • 常日頃24時間365日当方の仕事柄?『お値打ち以上』というキーワードが脳裏を霞める生活をしているので有ります。日常のスーパーなどには比較的行かないのですが、ここ1か月は、何かを発見するため近隣のスーパーに通い詰めてみました。私の生活圏には、約5軒のスーパーがあるのですが、その中で最近気に係ったのが、上記『ラ.ムー』さんであります。理由は、ここのお店兎に角安く、私が行った時(自分用の物だけ買った)は [続きを読む]
  • 『冥福、ムッシュかまやつひろし様』(骨董)
  • 日本芸能界『GS時代のレジェンド』かまやつひろしさんが逝かれたというニュースを聞いてびっくりしました。当方の感性的価値観で申せば、『ゲゲの鬼太郎』の周辺にいるような雰囲気を振り撒いていた風貌?ゆえ、決して亡くなるとは、夢にも思いませんでした、芸能界的功績では、『阿久 悠』さんのような派手な功績は無く、一見掴みどころの無いタレントようにも見えるのですが、個人的キャラクターとしては、大変音楽センスの良 [続きを読む]