that さん プロフィール

  •  
thatさん: 鵞鳥乗りの趣味工房
ハンドル名that さん
ブログタイトル鵞鳥乗りの趣味工房
ブログURLhttp://thatcraft.hamazo.tv/
サイト紹介文アンダー400の中でもクラシックやシングルが好きなスズキGOOSE350に乗る鵞鳥乗りの趣味ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/04/03 22:39

that さんのブログ記事

  • 2017年5月 ボルト交換
  • 今回はディスクローター、キャリパー、バンジョー、外装一部等のボルト、約¥6,000ほど購入。バンジョーボルトはフルード交換と合わせて後日行うとして、その他の交換を進めて行こうと思う。先ずはディスクローターを点検。グース350の場合、新品の厚みは5mm。4mm以下で交換が必要となる。5年前に交換してますが、中古品だったのでちょっと心配。現在のところ4.5mmといったところ。デジタルノギスなんかあれば便利なんだが…何にせ [続きを読む]
  • ネットショッピング
  • 今や商店を危機的状況に陥れるほどに普及したネットショップ。ネット環境自体がスマホの普及により身近なものになり、自宅どころか、いつでもどこでもネットにアクセスが可能になったわけだが、トラブルもしばしば目にする。私的にはユーザーの知識が追い付いていないことも原因の一つと思うんだが…私がネットショップで買うのはファッションアイテムが主。デパートへ足を運んで直接いろんな店を見たところで好みのものが見つかる [続きを読む]
  • 洗車
  • バイクの洗車とネット検索すれば用品も方法も知ることができる。どれくらい綺麗にしたいかがポイントになり用品選びは好みと言う他ない。方法としては水を使うか使わないかで大きく変わる。私はもっぱら水なし洗車、拭き車といったところ。高森コーキ400g入りで¥1,200くらいだったかな。ウエスに少量つけて伸ばすように拭き上げるだけ。さびとりの方は場所によって歯ブラシやナイロンスポンジにつけて擦った後に拭き上げ。バイク [続きを読む]
  • ライディングファッション
  • 今夏以降に向け気になるライディングギアを纏めておこう。ブーツ…20代前半に起こした大事故で足の甲を骨折してからスニーカータイプは履けなくなりブーツタイプを履き続けている。AVIREXやTETE HOMMEの3万円台のものと、ABCマート他ネットショップの5千円〜1万円台のものとを併用し、AVIREXやTETE HOMMEで買ったモノはソールを直しつつ長く履くようにしているが、だいたい8ヶ月位でソール補修の時期がやってくる。3年も経つとファ [続きを読む]
  • 温泉民宿 山仙
  • 4月末の土日はGWの始まりですが休みにしたから土肥温泉で一泊してきた。静岡市からは片道100km程度でライディングの疲労もなく帰って来れるからお気に入りの温泉地だ。お宿は『温泉民宿 山仙』さんです。近辺から到着の一報をすると通りまで迎えに出てくれ、バイクは敷地内に駐車させてくれました。初見に関わらずこういった気遣いをいただくと一気に好感が高まります。温泉旅館の多くはバイク客を想定してないから駐車位置って意 [続きを読む]
  • 100人100通りのバイクライフ③
  • 好みの車体タイプが決まった時にはどんな乗り方に使うか大よそ決まっるもんだな。隼を通勤通学用になんて人はいないと思うが、それも100人100通りのバイクライフな訳だ。バイク誌での分類は、街乗り・ツーリング・サーキットといった具合だ。その気になれば何だってできてしまうもんだから、あくまで向き不向きと一般的な視点で見ていこう。街乗り普段の生活の足としての活用がメイン。通勤通学なら平均片道10km程度、多少の寄り道 [続きを読む]
  • 100人100通りのバイクライフ②
  • エンジン形状が変わる事があるが、同名車種で数々の排気量がラインナップされている。免許の区分によって排気量の上限が決められているのは周知の事。今や大型免許だって教習所で取得できるようになったから選択の幅が広がったが、自身の体格や力量、運転技術に合う排気量を選択するのがベストだろう…ストップ&ゴーが繰り返される信号のある公道では、両爪先もしくは片足ベタ踏みで立つ事が最低限必要だ。排気量が増えると車体サ [続きを読む]
  • Ninja 250 ABS KRT Winter Test Edition
  • 先週末、地元行き着けのスナックに懐かしい顔ぶれが集まったとの連絡を受け、夜の高速を飛ばして行って来ました。近くのコンビニに立ち寄ると実車が見たいと思っていたバイクを発見。オーナーが店員さんだったので、すぐに話しかけちゃいましたよ。Ninja 250 ABS KRT Winter Test Editionなのです。昨年末(11月1日(火)発売)、限定600台で販売されたKRTの冬季テスト走行モデル。正面スクリーンに貼られたステッカーがオシャレ。 [続きを読む]
  • BENCHMARK OLD No,8
  • 測量用語で『水準基表』と言う意味を持つベンチマーク。そのネーミング通り『バーボンの基準となる味』を目指してつくられたバッファロートレース蒸留所の銘柄。『金額=美味しさ』ではないことを象徴するコスパに優れた一本。熟成樽由来のスモーキーな香り、薄い味わいながら辛みの余韻がしっかりと感じられる。終売が囁かれているからまとめて手に入れたいところ。輸入元/アクサス㈱ぷしゅ〜にほんブログ村 [続きを読む]
  • BUFFALO TRACE
  • 新年一発目はコチラ。イーグル・レアやブラントンで知られるバッファロー・トレース蒸留所のフラッグシップ・ボトル。普段から飲んでるクセにBARで見かけたら必ず注文する銘柄。ストレートはモチロン良いんだけどオン・ザ・ロックがオススメ。やっぱさ、グラスと氷で味わいが変わるから各店の魅力が伝わってくるもんだよね。深みのある甘さが特徴的。日本で普及したのは2000年以降と比較的新しい銘柄と言える。輸入元/㈱明治屋ぷし [続きを読む]
  • 100人100通りのバイクライフ①
  • 自身と同じなどと言う気はないが、似てたり近い考えをしているライダーには今まで出逢った事がない。どーしてもって訳ではないからこれから先も出逢う事はないだろう。一言で言うところのバイクライフってもんは100人100通りだと思っている。車体タイプから始まり、排気量、乗り方、カスタムの方向性、そしてライディング時のスタイルとバイクとの接し方が広がる要因は多い。車体タイプはオンとオフに大別される訳だが、それぞれに [続きを読む]
  • 2004年12月 アップハン交換
  • 若くして腰痛持ちとなってしまった私。セパハンに乗り続けるほどに日々辛くなってきた。そこそこの金額でしたがキットを見つけ思い切って購入。数あるバイクパーツメーカーの中ではかなり早くにGooseのパーツを製作していた旧Mikuni時代からの逸品。AGURAS アルミ削り出しパイプハンドルSET ¥60,900 ¥68,0402017年現在でも購入可。グァグァにほんブログ村 [続きを読む]
  • 2017年
  • 新たな年を無事に迎えた。Gooes350発売の翌年1992年から乗り始め、そこそこ大きな事故を20代で経験し実に3台目となり15年。まる24年もGoose一筋、昨年の走行距離は6,500km、夏に度重なるメンテナンスで疾走れなかったからなぁ今年は酉年とうことで鳥類の名を冠するGooseにスズキは何かしてくれないかと微かな期待を…持つだけ無駄か。多様なバイク誌でシングルエンジンの特集が組まれると『こそっ』と紙面を飾り、『マニア向け』な [続きを読む]
  • Custom&Maintenance
  • 2017年5月 ボルト交換SUZUKI純正2016年12月 ボルト交換SUZUKI純正2016年11月 グリップ交換SUZUKI純正スロットルグリップ¥1,350-SUZUKI純正左グリップ¥520-2016年9月 タイヤ交換(前輪)MICHELIN PILOT STREET ¥7,5402016年8月 オイル交換交換時メーター53100km(4000km)2016年8月 チェーンスライダー交換純正部品 ¥2,8502016年7月 チェーン&スプロケ交換EKチェーン/QXリングシールチェーン 520SRX2 ¥4,998AFAM ド [続きを読む]
  • 2008年07月 ワンオフショートサイレンサー
  • 社外マフラーの数が少ないGoose。スズキ車の定番といえばヨシムラ。2016年現在ではGoose用は姿を消したが、かつてはステンス・アルミ・チタン・カーボンと素材の組み合わせとフルエキ・スリップオンと10種以上がラインナップされていた。私のはステンカーボンのフルエキでした。1996年xx月に交換し12年、何回か参加したスズキミーティングでシェア90%を目の当たりにしていつか換えようと思っていたところ、とうやくその期が訪れた [続きを読む]
  • 2012年08月 配線処理〜インジケーター増設
  • 今年のお盆休みは多いところで9日間(8月11日〜19日)。接客業の私は連勤に入るのでバイクに乗らないわけで、例によってバイクをいじっておりました。今夏は、フロントの配線処理をしようとヘッドライトケースを外します。事前に調べた結果タコメーターの有無は車検項目に含まれておらず、つまりは無くて良い。そこでタコメーターを外し配線を束ね、ミラークランプで取り付けていたテンプメーターを移設。インジケーターについても [続きを読む]
  • 2008年06月 レフトハンドルスイッチ交換
  • 2005年8月に取付たDAYTONAハザードランプキットスイッチがむき出しで後付感満載、見た目にもよろしくない。一体型のスイッチボックスが欲しいと思いつつ3年、スズキ車ではγやDRの初期型にはついていたようでどちらも入手が困難ということで赤男爵に相談したところXJR1300用が良いとの事。いろいろ探ってみるとXJR1300用を流用しているユーザーが多いようで中古品は余り出回っていない。思い切って新品を購入することにしました。 [続きを読む]
  • 2007年05月 インナーフェンダー取付
  • フェンダーレス化して早3年、内側の汚れが目立つのでどーしても欲しかったのがインナフェンダー。社外など出回ってはいないから何かしらから流用する他ない。いろいろと調べていくとSUZUKI Bandit250(400)用がシックリくる模様。早速ヤフオクで探してみるもなかなか出回らない。なんつっても初期型(1989年〜1995年)じゃないとついてないんだもの。数か月後ようやく発見、出品者の商品説明にはグース用などと書かれていたりして [続きを読む]
  • 2006年10月 メーターバイザー交換
  • SUZUKI汎用パーツのメーターバイザーからDAYTONAブラストバリアーに交換。カタログにはアップハン車両の装着画像が並び風防効果が高いとの説明。スクリーンの色が多くラインナップされ、車体色に合わせ青をチョイス。グァグァにほんブログ村2016年現在、DAYTONAカタログではスクリーン色がスモークとクリアーの2色となっている。 [続きを読む]
  • 海外メーカーの251~400ccモデル
  • 日本特有の免許制度により中型最高排気量は400cc。海外における中型クラスは600ccが主なのにいつまでたっても改正されない。世界に名を馳せる4メーカーが国内に存在することで海外メーカーには日本向けの車両、つまり400ccモデルをラインナップしているメーカーも多い。しかしながら国内需要は車検の無い250ccモデルに偏りがち。それに日本のライダーにはたいしたライテクもないくせに見栄っ張りが多いから海外メーカーで売れるの [続きを読む]
  • 寂しすぎる251~400ccクラス
  • 来年に向け国内メーカー各社のラインナップが整理された。10月にドイツ・ケルン市で開催された"インターモト2016"で来春(夏)の新型車が発表されてるんだが、251~400ccクラスには該当車は無いようだ。国内4社をみると…以下の通りアメリカン・オフを除くとたったの9車種。(ちなみにクォーターモデルで同じ見方をした場合11車種)スズキ-グラディウス400-GSR400カワサキ-Ninja 400ヤマハ-SR400-MT03-YZFR3ホンダ-CB400-CBR400R-40 [続きを読む]
  • バイクのメンテをちまちまと…
  • 先だって購入したボルト交換を含め周辺パーツの研磨と塗装をちまちまと進めている今日この頃。今回はコレ!!ヘッドライトステー。SUZUKIロゴが目立つようにスプレー塗装後、1000番→1500番→2000番とペーパー掛け。磨く前(下)と後を比べると随分と綺麗になって満足々々。3000番のコンパウンドで更に磨きたいところだけど見送ります。普段から乗ってると一気にやるのは難しい。まぁ徐々に綺麗になってくのも楽しいもんだ。グァグァ [続きを読む]
  • 燃費
  • ここ数回レギュラーを入れている我がグース。かつてはハイオクで25~28km/Lくらいは疾走れてたんだが、最近は平均22km/L弱とエラク落ちたもんだ。ハイオクを入れ続けてもこうも燃費が落ちたならレギュラーでいっかなと、計ってみると19km/L弱。う〜ん微妙。グァグァにほんブログ村 [続きを読む]