idiot さん プロフィール

  •  
idiotさん: 傷だらけのSHOEI
ハンドル名idiot さん
ブログタイトル傷だらけのSHOEI
ブログURLhttp://idiot.wp-x.jp/
サイト紹介文自作小説およびイラスト、ブログ掲載。
自由文ブログ初心者。駄目人間
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/04/03 23:47

idiot さんのブログ記事

  • 源氏物語全巻読了
  • 光源氏の3冊に加え、訳ありの子息である薫を主人公にした続編2冊を読み終えました。原文は無理で、約文ですがすっかり嵌まりました。 いやー、人間のくz(以下略) 恋模様や当時の文化の描写もそうですが、地味に面白 […] [続きを読む]
  • 浴衣vsバイク(上)
  • 「花火行こうよ」 そう言われて軽く返事をしたが、後々に判明したのは彼女からの無理な申し出だった。 「浴衣着るからさ、バイクで連れてってよ」 ふざけた発想だった。俺の単車の後部座席に跨れば生足を晒すことになる。しかも安全性 […] [続きを読む]
  • A Gentleman Will Never Run
  • 「ごめん」 そんな簡単な言葉が、なぜこうも難しいのかわからない。言いだそうと繰り返し決意はしているものの、面と向かえばあいつの視線に射すくめられて固まってしまう。化粧がうまいのは認めるが、あのいかにもビューラーで立てまし […] [続きを読む]
  • On My Road(仮題名)
  • しくじった。燃料計の無い車両の扱いは心得ていたつもりだがまさかこうもまんまと悪い事態に嵌ってしまうとは、馬鹿らしくて自分に自分で残念だ。以前の給油の際にリザーブに入れていたオイルコックを元に戻さず放置していたとは・・・ […] [続きを読む]
  • three kings:2-02
  • ドアをくぐると太い排気音がガラガラの駐車場を制圧していた。 今度は黒か・・・。以前に純白のフルカウルを追いかけた初春の記憶が、若干の風化を偲ばせて胸中に溢れる。だが今度の出逢いはコントラストを180度反転させたものである […] [続きを読む]
  • three kings:2-01
  • ここは、何の深淵やら知れない。 見えるもの全てが黒塗りの頻闇に囲われた世界の中で、力無く淡い物が弱々しく明滅を繰り返す。まるで何かの息遣いのように、一定のリズムでそれは繰り返されていた。ただ一点だけ、不動の光点が闇の深淵 […] [続きを読む]
  • three kings:1-epilogue
  • 春の登校風景は暖かな陽の光の下にあった。まだ夜明け間もない時間に出発すれば寒くもあるが、7時もすぎればぬくぬくと気持ちのいい温暖な頃合になる。揺れる電車のつり革に掴まりながらうつむいて静かな吐息を続ける神津は立ちながら眠 […] [続きを読む]