初心者の老人です さん プロフィール

  •  
初心者の老人ですさん: 初心者の老人です
ハンドル名初心者の老人です さん
ブログタイトル初心者の老人です
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/keidate1
サイト紹介文75才になって初めてVISTAを始めました。80才でW8、1も始まりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供348回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2016/04/04 08:05

初心者の老人です さんのブログ記事

  • 記事のタイトルを入力してください(必須)
  • テレビドラマ「友禅川」の制作で「タイトルバック」が出来上がったところで話がわき道にそれてしまいましたのでドラマの話に戻します「友禅川」というタイトルは京都の染め物の「友禅」を扱ったストーリーです「友禅」には型紙を使うのと、職人さんが手で描いていく手描き友禅があるそうです型友禅と手描きとどちらが高級なのかは簡単にいえないのですが染め上がった友禅は、綺麗な川で,糊や余分な染料を洗い流す工程があります寒 [続きを読む]
  • テレビカメラとレンズは国産で
  • テレビカメラは、日電(NEC)製か東芝製の国産で始まりましたカメラが国産でしたからレンズも国産でしたモノクロテレビカメラの撮像管イメージオルシコン管の受像面の面積が普通写真のライカ判、24ミリ×36ミリの35ミリ判と似ていたので,35ミリ用レンズが流用されましたニッコール35,50,85,135ミリレンズがレンズマウントを改造されてテレビカメラのレンズ・ターレットに取り付けられているのを見て,嬉しく [続きを読む]
  • テレビは国産機材で
  • 映画(活動写真)は舶来の外国製機材で制作が始まりましたが、映像の後輩のテレビは最初、外国製機材で始まりましたが、すぐに国産機材に切り替わっていきました映画は銀塩フィルムを使って制作します銀塩フィルムは現像しなくては,結果がわかりません外国製機材で制作が始まりました。態度が保守的になって機材を外国製から国産に切り換えられなかったのでしょうそれに対してテレビ番組は制作しながら放送して消えていきますテレ [続きを読む]
  • 映画の機材
  • 映像の先輩、映画は最初、活動写真として外国から入ってきました。同時に映画機材も外国から入ってきました活動写真は銀塩フィルムを使って制作します活動写真が音声を得て,映画(トーキー)となっても映像は銀塩フィルムを使いますし、新しく加わった音声の録音も光学録音として銀塩フィルムを使いました銀塩フィルムで撮影、録音すると現像処理をしなくては結果はわかりません。現像処理には時間がかかります折角映画スタジオで撮 [続きを読む]
  • 続・映画とテレビジョン
  • テレビドラマに出演される映画俳優さんは、三台のカメラに囲まれて、ワンシーンを連続して録画するのにまず、戸惑いますそして,カチンコを使わずにADさんの「5秒前…4,3,2…」の号令にサーッと手で合図されて始まる録画に馴れるのに大変だったようですテレビスタジオのあちこちにキャスターに載せられて自由に移動できる大きなテレビモニターが数台置かれていますそのテレビモニターにはカメラリハーサルから録画本番まで [続きを読む]
  • 映画とテレビジョン
  • 写真が世の中に現れましたしかし、写真の画面は動きが止まっています。やがて、写真が動き出して画面が活動するというので活動写真と云われるようになりましたしかし、活動写真となって、疾走する機関車や自動車、馬の走りなどが活写されても、ピストン、汽笛など音がありません映画撮影機と音声録音機と同期させるトーキーと呼ばれる映画が誕生しました映画の歴史は,まず映像から始まりましたそして、後から音声がつくようになり [続きを読む]
  • テレビドラマでカチンコ
  • テレビドラマのスタジオ撮りで出演されている映画俳優さんのリクエストでカチンコを使ったことがありましたカチンコの使い方は一寸コツがありますカメラ前へカチンコを開いてサッと出しますテレビドラマのスタジオ撮りで出演されている映画俳優さんのリクエストでカチンコを使ったことがありましたカチンコの使い方は一寸コツがありますカメラ前へカチンコを開いて出しますその扱いで,カチンコに馴れていない新人さんはカチンコを [続きを読む]
  • テレビドラマとカチンコ
  • 映画は最初、音声がないサイレント無声映画(活動写真)から始まってやがて,音声が入ったトーキーになりました… … …音声を伴ったトーキー映画を制作するには撮影機で映像を撮影するのと同時に音声(俳優さんの台詞)を別のフィルムかテープで録音することになります映画制作の段階で,映像を撮影したフィルムと俳優さんの台詞を録音した音声フィルム(テープ)を編集の段階で同期をとらなくてはなりません映画は映像と音声を別々に [続きを読む]
  • テレビドラマと映画俳優②
  • 映画はワンカットずつ撮影していくのにテレビドラマ制作は一場面を、つまり、ワンシーンか数シーンを三台か四台のカメラで録画していきますテレビスタジオではまず、VTR室からビデオレコーダーがスタートしました…とスタジオサブに連絡が入りますスタジオサブのディレクターはトークバックでスタジオ内に「ビデオスタートしました…30秒前」と告げます。やがて,スタジオ内のADさんはカメラサイドから俳優さんに向かって「 [続きを読む]
  • テレビドラマと映画俳優①
  • ドラマ「友禅川」の話に戻ります映画俳優の田村高廣(たむらたかひろ)さん中村玉緒(なかむらたまお)さんが出演ですお二人とも他局でテレビドラマに出演されているはずですが…映画俳優さんのテレビドラマ出演に慣れておられないのか,ドラマ収録のスタイルがどうも苦手だったようですでは映画スタジオでの撮影の段取りについて記してみますと…監督さんの「用意…」で助監督さんがカメラ前にカチンコを差し出します次に監督さんは「 [続きを読む]
  • フリップボード
  • テレビ番組のタイトルはテロップで作りますが、それともう一つフリップボードで作る方法がありますフリップボードとは27センチ×35センチの厚手の画用紙?に背景とタイトル文字を描いたタイトルを必要枚数用意します… … …ABCホールの公開のお笑い番組などで舞台の袖にフリップボードを台の上に置いてADさんが、紙芝居のように一枚ずつ引き抜いていくのを舞台のカメラで写していきます番組によってはフリップボードの [続きを読む]
  • タイトルについて
  • ここで、テレビのタイトルの話に脱線しますテレビ番組には必ずオープニング・タイトルとエンドマークのタイトルが必要です1日のテレビ番組は沢山ありますから毎日タイトル製作係さんは大変ですはがき大のテロップカード(モノクロ印画紙)に写真植字機(写植=しゃしょく)でタイトル文字を文字盤から一字一字拾って作っていきます出来上がりは黒のバックに白い文字が浮き上がった図柄です。テロップカードには長方形のカードのほかに [続きを読む]
  • ドラマ「友禅川」制作開始
  • テレビドラマ「友禅川」のタイトルバックは無事出来上がりました。このタイトルバックは映像のみで音声はありませんドラマ放映時にはタイトルバック、16ミリフィルムはテレシネ・プロジェクターからスタジオサブに送られてきますスタジオサブでは葉書大の黒いカードにキャスト(俳優・配役)、スタッフを白文字でプリントされた、テロップカードを用意してタイトル・バックにスーバーインポースされます白文字のタイトルがスーパー [続きを読む]
  • テレビドラマ「友禅川」タイトルバック完成
  • テレビドラマ「友禅川」之タイトルバック撮影は無事終了しました東洋現像所で現像、編集、プリントが行われました数日後、松竹下加茂撮影所からの連絡で私は、京都市花園の現像所へ出かけました… … …東洋現像所は京都の各撮影所のフィルム現像を一手に引き受けていました私にとっては懐かしいところでした東洋現像所の試写室に案内されました私には東洋現像所の映写室は初めてでした。街の小さな映画館ぐらいの広さで大きなス [続きを読む]
  • ドラマ「友禅川」タイトルバック撮影
  • 「友禅川」のタイトルバック撮影当日は晴天でした。雨が降っても情景として別に問題はなかったのですが京都市内のあちこちを走りまわってカットを拾っていくので晴天の方がありがたいのでした… … …下鴨神社境内、清水寺舞台、南禅寺三門、金閣寺、東洞院の反物屋などです。… … …伊藤武夫さんは各現場で、キャメラのアングルや構図が決まると、私をキャメラサイドに呼んで「これでいい…」とファインダーを覗かせて超スピ [続きを読む]
  • ドラマ「友禅川」タイトルバック打ち合わせ
  • Sプロデューサーはタイトルバック制作を松竹に依頼しましたタイトルバックの打ち合わせに京都へ行ってくれと頼まれました… … …打ち合わせはなんと、京都、下鴨宮崎町の松竹下加茂撮影所でした親父が戦前から通っていた撮影所です所内の打ち合わせ室に通されて撮影所側のスタッフにお目にかかりました担当されるキャメラマンは伊藤武夫(いとうたけお)さんでした親父の話に何度か登場された方で私は初めてお目にかかりました。 [続きを読む]
  • ドラマ「友禅川」のタイトルバック
  • VTR搭載中継車と大型カメラを使ってのタイトルバック制作は画質はすばらしいのですが、現場セッティングが大変なのと中継車ごと現場移動が大げさになりますタイトルバックをVTRではなくてフィルムで制作してはと番組制作プロデューサーのS井健輔さんに具申しました幸いSプロデューサーはOKを出してくれましたフィルムでタイトルバックを制作するのにまず、映画用35ミリフィルムと映画用カメラでタイトルバックを撮影し [続きを読む]
  • テレビドラマ「友禅川」準備
  • 連続テレビドラマ「友禅川(ゆうぜんがわ)」のストーリーは、一人の貧しい友禅師が迫害を受け、しかも盲目になりながら新しい友禅の技法に挑む男の人生。 で、その友禅師を田村高廣が演じます放送は、毎週火曜日の22時からの30分ドラマでしたドラマ制作に先立って、まず「友禅(ゆうぜん)」とは何か?から、京都の友禅の製作過程を見学することからはじまりました。友禅の工程が終わると、余分な糊、よぶんな染料を落とすためきれい [続きを読む]
  • テレビドラマ「友禅川」
  • 映画俳優さんが徐々にテレビドラマへ出演されるようになってきました舞台俳優さん、劇団の俳優さんは演技(芝居)に迫力を感じますしかし、映画俳優さんがテレビドラマへ出演されると、テレビ画面が華やかで艶が出てくるように感じました私は映画俳優さんが主役のテレビドラマの制作スタッフに選ばれましたタイトルは「友禅川」です… … …出演者は、田村高廣(たむら・たかひろ)中村玉緒(なかむら・たまお)宗方勝巳(むなかた・かつ [続きを読む]
  • 映画俳優さんのテレビドラマへ
  • 大河ドラマ「赤穂浪士」に映画スター(長谷川一夫…)が出演しているニュースを我が朝日放送テレビスタジオのスタッフでは大きな話題になっていました。… … …テレビドラマは、かってノンストップの生ドラマ時代から細かな編集の出来る録画ドラマ制作が主流になってきましたテレビドラマ制作もシーン(場面)ごとにビデオテープに録画するので映画のワンカット撮りに比べてテレビドラマの1ロール撮りは少し長いですが、NGが出れ [続きを読む]
  • 大河ドラマ「赤穂浪士」
  • テレビドラマの話に戻りますNHKが大型ドラマ制作を開始しました大河ドラマと称して1月から始まって12月まで毎週放送で52回の連続ドラマです大佛次郎(おさらぎじろう)原作の「赤穂浪士(あこうろうし)」が制作されました主演の大石内蔵助(おおいしくらのすけ)には映画俳優の長谷川一夫さんでした… … …その他、淡島千景、嵯峨三智子、山田五十鈴、田村高廣、志村喬、河津清三郎、芦田伸介などの映画俳優さんに舞台から滝 [続きを読む]
  • モーニン
  • もう少し音楽の話にお付き合いください戦後、アメリカから軽音楽レコードがどっと入ってきましたドリス・ディとレス・ブラウン楽団で「センチメンタル・ジャーニー」は日本でもヒットしました。そしてビクターのS盤、コロンビアのL盤と新しい軽音楽レコードが発売されました軽音楽のジャズでもビ・バップから始まってイースト・コースト、ウェスト・コーストジャズそして、ジョージ・シアリングのクール・ジャズが日本に入ってきましたし [続きを読む]
  • ビートルズからミニスカート
  • ウェスタン音楽はギターを中心のバンドですが、ロックと結びついてロカビリーに発展していきました映画(洋画)「暴力教室」のオープニングでビル・ヘイリーの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」が大ヒットして、次にエルビス・プレスリーの登場でロックが定着しましたやがて、ロックからロカビリーそしてGS、グループサウンドへ移っていきます。そこへイギリスからビートルズが来日しますビートルズは長髪でエレキギターを持ったバン [続きを読む]
  • ハワイアンとウェスタン
  • ロカビリーが登場する前はハワイアンやウェスタンが流行っていましたバッキー白片(しらかた)とアロハ・ハワイアンズ大橋節夫とハニーアイランダース和田弘とマヒナスターズなどでしたラジオやテレビ番組によく出演していましたが和田弘とマヒナスターズは松尾和子とヒットを飛ばして、バンドはスチールギター、ウクレレなどハワイアンの構成で歌謡曲へ転身しましたウェスタン音楽も流行りましたハワイアンのスチールギターがウェスタ [続きを読む]
  • WVTQ
  • 進駐軍向け放送というのがありました。コールサイン、WVTQオオサカ&ナゴーヤとラジオから聞こえてきますこのWVTQが毎日午前11時半から30分間、ポピュラーソングなど流すディスクジョッキー番組がありましたいつからか、この番組でエルビス・プレスリーの「ハート・ブレーク・ホテル」(ハート・ブレイク・ホテル)がよくかかりましたこの「ハート・ブレーク・ホテル」は私には一寸不思議な唄だなあと思っていました進駐軍放送の [続きを読む]