初心者の老人です さん プロフィール

  •  
初心者の老人ですさん: 初心者の老人です
ハンドル名初心者の老人です さん
ブログタイトル初心者の老人です
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/keidate1
サイト紹介文75才になって初めてVISTAを始めました。80才でW8、1も始まりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2016/04/04 08:05

初心者の老人です さんのブログ記事

  • 日商ワープロ検定四級試験始まる
  • 日商ワープロ検定試験場の信濃橋の東芝ビル2Fの広い部屋に入って驚いてしまいました。受験者(生?)のほとんどが、若いOLさんでした娘の学校の授業参観に出かけたお父さん(父兄)という雰囲気でした…入社した新人OLさんはワープロ検定を受けてこいと会社に云われたのでしょう…若いOLさんにまじって私は机の上に持ってきた東芝RUPOストップウォッチなどを並べてスタンバイしましたまもなく試験官が黒板を前にして説明を [続きを読む]
  • 日商ワープロ検定試験
  • 日商ワープロ検定の試験日が近付いてきました日商の窓口で受験申し込みをします試験費用は、1500〜2000円でした受験番号を貰いました実技試験に使用するワープロは試験会場で借りることもできますが自前の機械を持ち込んでもよいので自分の機械を使うで申し込みましたワープロの製造メーカーがそれぞれ試験会場を用意していました私のワープロは、東芝RUPOなので大阪地下鉄四つ橋線・信濃橋(しなのばし)駅の東芝ビルが試 [続きを読む]
  • 日商ワープロ検定実技準備
  • 毎年、行われていた日商ワープロ検定が終わるとその年度の問題(例題)の本が発行されていました。その数年分の問題集を片っ端から練習していきました。同じ例題を一、二度、練習するのは、いいのですが、何度も練習すると指使いや、文章をなんとなく覚えてしまいます…例題を見つめて、キーボードから打ち込んでいきますキーボードはもう、見ないで打てるようになりました文章を入力して、スペースキーで、漢字変換してチラッとディス [続きを読む]
  • 日商ワープロ検定四級をめざす
  • 新登場したワープロは英文タイプライターと同様なキーボードで簡単に漢字まじりの文章がプリントできるので、事務系職場での新兵器でした書店には、毎月ワープロの雑誌が出版されていて毎月の新しいワープロ機器の紹介や日商ワープロ検定の話題が載っていました日商ワープロ検定一級を取得された方の紹介がでていました一級の実技試験は10分間、600字ですから神業です実技試験に使用された機器は富士通の「親指シフト」がほと [続きを読む]
  • ワープロ検定受検準備
  • ワープロ検定は商工会議所で行っていることがわかりました大阪市中央区本町の大阪商工会議所の二階事務所の窓口の掲示板を見るとワープロ検定試験のスケジュールが貼り付けてありましたワープロ検定試験は四段階にわかれて一級、二級、三級、四級とありました一級は実技で10分間、600文字二級は400文字三級は300文字四級は200文字で、出題は25%漢字まじりの文章とありました試験内容は、午前が実技で例題の文章をタイ [続きを読む]
  • 銀行の窓口
  • 毎月の給料が銀行振り込みになって近くの大和銀行へ行くようになりました銀行の窓口(カウンター?)は広くて、なかが良く見えました女子行員さんが分厚い伝票を一枚一枚左手で素早くめくりながら、右手でテンキーをこれも猛烈なスピードで操作していく姿は…ワープロのブラインドタッチを練習し始めた私には、感動の眺めでしたまた、手の切れるような万札の束を両手で取り上げて扇のようにサーッと広げてザクッ…ザクッと勘定してい [続きを読む]
  • ブラインド・タッチの練習
  • まず、キーボードのカナ文字キーの配列を覚えなくてはいけません。カナ文字キーボードのコピーを持って通勤の電車で毎日眺めていましたワープロのタイピングでは、日頃あまり意識して使わない小指が意外と守備範囲が広いのです左の小指はコントロール、シフトキータブ、エスケープ、と右の小指もかなり広い守備範囲で最初はなかなか小指に力が入りません田口みすずさんの入門書は毎日のレッスンのスケジュールが組まれていて一章が [続きを読む]
  • 盲牌とタイピング
  • 私は簡単にカナ入力を始めることを決心しましたが、田口さんのタイピングを読みながら実行していくうちに、なかなか大変なことがわかってきましたまず、第一にこれから、キーボードを絶対?見てはいけないとあります。… … … 左手の人差し指を「は」に置いて中指〜小指にそれぞれ「し、と、ち」…右手の人差し指から「ま、の、り、れ」と両手のポジションが決まります。これが基本で、「ホーム・ポジション」です。左手人差し [続きを読む]
  • ワープロ、タイピング
  • BASICのパソコンで、ブログラムを考えながら作っていくのですが時間がかかって、実用になるものがなかなか、できませんその点、ワープロは電源を入れるとすぐ文章の入力ができますし、そして、すぐプリントできます。しかし、ワープロも厳密に云えばパソコンですが、ワープロは安定した機械でしたから私にとって、パソコンよりワープロが面白かったのでした私はBASIC入門とか、パソコン入門などをよく読んでいましたが、あ [続きを読む]
  • ソニーMSXパソコン
  • 世間のあちこちでパソコンのOS、BASICが話題になっていたので、ソニーのMSXを購入しました。添付写真もソニーですが、私が購入したのと一寸違います。でも似たような雰囲気の機械でした。ディスプレイは14吋のテレビでパソコンの出力をRFに変換して1chで見ていました解像度はまあまあでした外部記憶はカセットテープでしたプログラムやデータの、デジタル信号の0と1は、それぞれ可聴周波数で変調して録音するカ [続きを読む]
  • ワープロ  東芝RUPO
  • 私はこのワープロが欲しくなりましたなるべく安いワープロを探していましたが東芝のRUPO JW50を購入しました英文タイプライターのように簡単なキーボードで文章を打ち込んで、変換キーを押すと、漢字まじりの文章が表示されます当時、BASICのパソコンではプログラムを打ち込むのは英文字でしたからワープロの入力もローマ字入力で始めました出来上がった文章を保存するのには3,5吋のフロッピーデスクでした印刷は [続きを読む]
  • ワープロ花盛り
  • 日本語ワードプロセッサーは最初、大きな机ほどの大きさでシャープ、東芝などで試作製造されていたようです…価格は200万円以上で、時々新聞記事になっていました… … …ブラザーミシンからワープロピコワードが発売されて、私の目に触れて、しかも価格が7万円でしたからぐっと身近に感じられてきましたしばらくすると、家電メーカーから携帯できるワープロがドッと現れましたOASYS(富士通)キヤノワード(キヤノン) [続きを読む]
  • ワードプロセッサー「ピコワード」発売される
  • アルファベットの大文字、小文字の英文タイプライターを扱う外国人を羨ましく感じていましたそれに対して邦文タイプライターで漢字まじりの文章をプリントするには活字の並んだパネルの漢字を探しながらポツン…ポツン…と打ち込んでいくのはなんとも能率の悪いことでしたアメリカ映画で、劇中、新聞記者がくわえタバコで、膝に乗せたタイプライターを猛烈なスピードで原稿を打ち込んでいくカットを観ると、なんとも羨ましく感じて [続きを読む]
  • 紀伊國屋書店
  • 阪急電鉄、梅田駅はJR東海道線のガードと交差していましたが広くて新しい高架駅になりましたその高架駅の下に阪急三番街が誕生しました阪急三番街、一階に紀伊國屋書店がオープンしました勤務先のABCセンターから帰り道にありましたから、よく歩いて出かけました紀伊國屋書店(梅田店)は広大なワンフロアで一般書籍から専門書までズラリ並んで壮観でした北側に文具コーナーがあってモンブランなど高級万年筆から高級文具が揃って [続きを読む]
  • 富士通、FMー8発売
  • NECのTKー80からしばらくして富士通からFMー8(エフエムエイト)が発売されました。テレビ技術部の連中がこのマシーンを取り囲んでいましたFMー8で、私は初めてキーボードを見ましたキーボードの配列は英文タイプライターと同じした。CPUはモトローラの6809の8ビットで、OSはBASICでした補助記憶装置として8吋、5吋のフロッピーディスクかバブルカセットがありました技術部の連中の交わす会話の中に「 [続きを読む]
  • NEC TKー80の登場
  • テレビ局の技術部に行くと何人かは机の上の一枚のプリント基板を相手に熱中している姿が見られました電卓のようにキーが並んでいて彼らがキーを操作すると、赤いLEDがチカチカと点灯しますただ、それだけですが、彼らには面白いらしく、熱中していましたNECがマイコン・システム開発のトレーニングキット、TKー80として売り出したところ、電気好きやアマチュア無線家の目を引いて随分、売れたようです今から思うと、この [続きを読む]
  • 大型コンピューター
  • テレビ局社屋が堂島から大淀の新社屋に引っ越して、ラジオ番組テレビ番組は事故もなく無事切り替わりました… … …そんなある日、社屋の外から大型クレーンに吊り下げられた富士通の大型コンピューターが7Fに搬入されました当時、新聞記事には、あちこちの企業に大型コンピューターが導入されたとあります。カメラメーカー、キヤノンも大型コンピューターでレンズ設計を始めたと聞いたことがありました… … …技術系にフォ [続きを読む]
  • 関数電卓…
  • 普通の電卓は、4ビットで動いているようです。4ビットということは0〜15の数字が扱えるのでしょうか後から発売された関数電卓の構造はどうなっているのかわかりません。関数電卓の出現で、世間では、もう数表を引かなくてもよくなります…すると、数表は書店から消えるのではと気が付いて…早速、丸善で簡単な数表を記念?に購入しました。数表をパラパラ見ていくとよく、これだけ計算されたと改めて驚きました…… … …急 [続きを読む]
  • 電卓以前
  • 中学、高校の算数の授業では連立方程式とか,因数分解、三角関数,常用対数など難しくなってきました例えば常用対数の計算結果をすばやく知るには数表(すうひょう)を使うという授業がありました。数表の引き方の基本の授業でしたから数表は簡単な薄いものでした大学には入って、実験レボートの計算には数表は勿論ですが、新しく概算を知る方法として計算尺が使われていました。計算尺は乗除、三角関数…で加減は出来ません。大学の [続きを読む]
  • 関数電卓購入する
  • 私はこの関数電卓発売の広告を雑誌で見て、欲しくなりましたしかし、値段が約7万円ではいくら物好きの私でも手が出ません… … …しばらくして、キャッチフレーズ、「答一発!…」カシオから関数電卓が1万円で新発売されることになりました百貨店で現物を見てすぐ、購入しました…掌に乗る小さな関数電卓のスイッチを入れると表示窓に0が青く点灯しますズラリと並んだ関数キーのうち、まず対数のlog2と入れると=0.3010…と表 [続きを読む]
  • 電子式卓上計算器
  • 電子式卓上計算器,略して「電卓」が発売されました数字を打ち込むと計算結果が表示窓に示されます私はシャープの電卓を7千円で購入しました。カシオの電卓がよく売れていました「答一発カシオミニ…!」 のコマーシャルがテレビによく出ました四則演算、百分率など数式通りテンキーを操作すると答えが出る画期的な製品でした計算機といえば、学生時代に教授の研究室にあった機械式計算機タイガー計算機しか知りませんでしたこの [続きを読む]
  • 新しくUHFテレビ局
  • テレビ放送の電波はVHF帯で始まりました関西では2、4、6,8,10,12と偶数の番号のチャンネルが割り当てられていました… … …テレビ放送がカラー放送になっても受像機のテレビ局(番組の)の切り換えにはテレビ(受像機)についている,チャンネル切り換えノブをガチャガチャ回して切り替えていましたいつからか、テレビ放送局が増えてVHF帯の上のUHF帯のテレビ放送局が開局されました関西では、神戸のサンテ [続きを読む]
  • テレビ受像機はすべて、カラーテレビ
  • シャドウマスク方式のブラウン管のカラーテレビ受像機は,日本だけでなく世界中に広がっていきましたカラーテレビ方式で日本はアメリカと同じNTSC方式を採用しましたがこのNTSC方式の他にPAL(パル)SECAM (セカム) とあります高価なテレビ受像機(白黒)を見だしてあまり年月が経っていないのに、新しくカラーテレビ受像機が登場しました新しいカラーテレビ受像機がいつまでキレイに観ることができるのか、つまりカラ [続きを読む]
  • カラーテレビ放送、本格化
  • カラーテレビ受像機が世の中に行き渡っていきました私と同じように、いままでの白黒テレビと新しいカラーテレビを並べて見ていた家庭も多かったでしょう… … …しかし、一度カラーテレビを見てしまうと白黒テレビはなんとなくうす暗く見えて世の中から消えていきました白黒テレビの標準は14吋でしたがカラーテレビのブラウン管内側にシャドウマスクが新しく付きました。その関係かカラーテレビの標準は17吋になりました…  [続きを読む]
  • 白黒テレビ受像機とカラーテレビ受像機
  • いつのまにか、テレビ放送は全日カラー番組になりました以前、カラー番組と白黒番組が混じっていたときはキレイに盛り付けられた料理や素晴らしい夕景のモノクロ画面を指してアナウンサーの「カラーでお見せできないのが残念です!」の常套句はなくなりました。カラーテレビ受像機になって色彩は鮮やかに再現されますが、白とか黒がキレイに見えるようになりました。私の居間にはしばらくカラー受像機とモノクロテレビを並べて見て [続きを読む]