森光彦 さん プロフィール

  •  
森光彦さん: 森光彦の朝ドラ〇〇レビュー
ハンドル名森光彦 さん
ブログタイトル森光彦の朝ドラ〇〇レビュー
ブログURLhttp://asadorareview.blogspot.jp/
サイト紹介文NHK連続テレビ小説・朝ドラ「とと姉ちゃん」のあらすじや感想などを語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 181日(平均6.1回/週) - 参加 2016/04/04 11:13

森光彦 さんのブログ記事

  • とと姉ちゃん(156)最終話 私はとと姉ちゃんでいられて幸せです 
  • 常子の家 家族全員が揃い食卓を囲んでいる (笑顔の一同)「乾杯〜!」 <あなたの暮しは長年の功績が認められ雑誌の最高栄誉といわれる日本出版文化賞を受賞したのです> 長卓にはちらし寿司、おはぎ、ポテトサラダなどが並んでいる 常子(高畑充希)に拍手を送る一同(常子が礼で応える) たまき(吉本実優)「常子おばさん、この度は受賞おめでとうございます!」 (一同)「おめでとうございます!」 常子「ありがとう [続きを読む]
  • とと姉ちゃん(154)読者への遺言を常子に託す花山
  • 病室のベッドの上、届けられた読者からの手紙を手に花山(唐沢寿明)「ありがたいね…我々の思いに共感してもらえた」 常子(高畑充希)「これでやっとゆっくりできますね」 花山「ん?」 美子(杉咲花)「またおうちに戻られるんですよね?まずはお体を治さないと」(常子がうなずく) 花山「次号があるだろう、準備を始めんと」 静かに花山を見つめる常子と美子 花山「フッ…安心しなさい、決して無理はせんよ〜」(とふざ [続きを読む]
  • とと姉ちゃん(151)社員たちの前で在宅勤務制度の導入を宣言する常子
  • 昭和四十九年四月 社員やテスターたちが揃った編集部 常子(高畑充希)「10年ほど前から私たちの編集会議にはテスターさんを含めて雑誌作りに関わっている方全てに参加して頂いています… あなたの暮しの読者はどのような方ですか?…扇田さん」 扇田「どのような…多くは女性ですね」 常子「では具体的にはどのような方かしら?…島倉さん」 島倉「はい…我々の想定する読者は主に主婦です」 常子「では主婦というのはどん [続きを読む]
  • とと姉ちゃん(149)活気溢れる編集部を見たたまきは常子に…
  • 2階へ移動する一同 島倉「花山さん!花山さん!」 花山(唐沢寿明)「何だ騒々しい」 木立「これ事件です、これを見て下さい」(と試験資料を見せる) 島倉「一回に出るスチーム量なんですがアメリカ製の9ccに対してトーチクは10ccです」 木立「スチームの広がり具合でも澄浦のアイロンが一番でした!」 扇田「スチームが安定して出るまでの時間はアメリカ製は2分35秒ハルデンは温度は低いですが2分20秒でした!」  [続きを読む]
  • とと姉ちゃん(148)君子の教えを記事にする常子〜さらに8年が過ぎ…
  • 昭和四十年一月 玄関から出てきた真由美が背伸びをして門柱の牛乳箱から牛乳を2本取り出し郵便受けに差さっている新聞も抱えて家に戻ると潤が玄関を拭き掃除している 君子の部屋 目を閉じ手を合わせている常子(高畑充希) その前には位牌と骨壺、花や果物が供えられた祭壇がある <君子は73年の生涯を閉じました> タイトル、主題歌イン 常子の「では頂きます」でいつものように一族の朝食が始まるしかし箸を持たずぼんや [続きを読む]
  • とと姉ちゃん(146)孫たちとふれあい娘たちの幼い頃を思い出す君子
  • 昭和三十九年十月 (ラジオ)「昨夜東京オリンピック注目の女子バレーボール決勝戦が行われ東洋の魔女が3対0でソビエトを破り金メダルを獲得しました日本女子としては実に28年ぶりの…」 部屋の布団の上で君子(木村多江)があなたの暮しを読んでいる(記事・砂時計は正確か) 部屋の外から家族らの「行ってきます」と「行ってらっしゃい」が聞こえてくる 玄関に向かい「行ってらっしゃい…」と穏やかな笑顔で呟く君子 タイ [続きを読む]
  • とと姉ちゃん(143)南が美子にプロポーズ〜2人を祝う宴には珍客が…
  • 南(上杉柊平)「行こう」 美子(杉咲花)「うん…じゃあまた」 宗吉(ピエール瀧)「おう」 照代(平岩紙)「はいはい」 2人が店を出ていき宗吉がため息をつく 照代「継いでくれるかしらね」 宗吉「俺らの思いは伝えたよ…あとはあいつ次第だ…人生何があるか分かんねえもんだな」 照代「ええ」 戸が開き客がやってくる「大将!」 2人「いらっしゃい」 客「やってる?」 笑顔の宗吉「へい」 タイトル、主題歌イン 道 [続きを読む]
  • とと姉ちゃん(140)そして洗濯機の公開試験が始まる
  • 社長室に掛けられた町工場の写真を見る赤羽根(古田新太)「村山」 村山(野間口徹)「はい」 赤羽根「あの工場を覚えてるか?」 村山「ええ」 赤羽根「12年前あの小さな町工場から始まってようやくここまで来たんだいつ潰れてもおかしくない町工場をなんとか必死にやりくりして這い上がる機会を待ち続けたお前らはあの頃の貧しかった暮らしに戻りたいか?」酒井(矢野聖人)「いえ」 村山「とんでもないです」 赤羽根「俺も [続きを読む]
  • とと姉ちゃん(135)名古屋への転勤を言い渡され思い悩む星野
  • 星野家 朝食を食べる子どもたち 大樹が右足のやけどの痕を見ている 台所から声をかける星野(坂口健太郎)「どうだ?ちゃんと食べてるか?」 青葉「は〜い」 星野「お弁当はここ置いとくからな」 何かを決したように大樹「お父さん」 星野「うん?どうした?お代わりか?お父さんもう今朝は出ないといけないから自分で頼むな」(と背広にそでを通す) 大樹「…はい」 常子(高畑充希)「水田さん」水田(伊藤淳史)「はい [続きを読む]
  • とと姉ちゃん(132)アカバネの嫌がらせは社員たちにまで及び…
  • 食事中の水田家 鞠子(相楽樹)「そう…花山さんのところもなの…」 水田(伊藤淳史)「うん、僕が会社に行っている間におかしな事はなかった?」 鞠子「さあ…今日は何もなかったと思うけど」 水田「心配だなあ」 たまき「う〜ん…心配ねえ」 水田「あ…たまきまで心配する事ないよ」 鞠子「そうよ、あんまり心配し過ぎると怖〜い夢見ておねしょしちゃうわよ」 たまき「おねしょなんかしないもん!」 鞠子「本当に?」  [続きを読む]