碧 さん プロフィール

  •  
碧さん: 青い空がすき
ハンドル名碧 さん
ブログタイトル青い空がすき
ブログURLhttp://ameblo.jp/jinnjyadaisuki/
サイト紹介文参拝した神社を中心にブログを書いています。時々はお出かけ先の記事も書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 358日(平均4.5回/週) - 参加 2016/04/04 11:52

碧 さんのブログ記事

  • 鳴海八幡宮
  • 3月初の平日予定のない休み。予定がないわ〜(受験生の予定に付き合わなくてよくなったから)とわかったのはその前日。どうしても参拝に行くなら神社!という気分だったものの行き先が朝になってもはっきり決まらないそういえば参拝したいと思い、昨年夏に調べたメモ書きがあったはず。ナビをセットし向かったのですが…途中で目的地を追加することに。いつも国道1号線を西に向かうとナビに表示される神社があります。まずはそちら [続きを読む]
  • これって何?
  • いつも仲良くしてもらっているブロ友さんの記事を読ませてもらい、いい機会なのでみなさんのお知恵を拝借したいと思います。ブロ友さんの記事はこちらこの記事の中にうちの子となんとなく似てる子がいました。名前がわからぬまま、我が家にお迎えして半年あまり…。そろそろ本名が知りたいこれかな?って思われた方はコメントお願いします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました [続きを読む]
  • サクラサク(^o^)
  • 試験終了から1週間、我が家にも春が来ました。今は浮かれていますが、ホントの勝負はこれからだと母は思っています(ここだけの話)受験生が発表を見に行っている間、去年は訪問が遅くて見られなかった河津桜を見に行って来ました。岡崎市の乙川沿いです。見える建物は竜美丘会館といいます。ソメイヨシノもいいけど、河津桜もかわいいですね最後はアップで駐車場はないのでご注意ください。その後、所用で市役所へ岡崎市役所(東庁 [続きを読む]
  • 2017年2月
  • 2月にいただたいた御朱印を紹介します。■神社山田天満宮愛知県名古屋市北区山田町金神社愛知県名古屋市北区山田町上野天満宮愛知県名古屋市千種区赤坂町■寺院西岸寺愛知県岡崎市康生通南貞寿寺(能見不動尊)愛知県岡崎市能見町実は岡崎三十六地蔵巡り結願後、再訪しました(水曜日だったので)可睡齋静岡県袋井市久能本記事で御朱印を紹介し忘れた渭信寺愛知県岡崎市上衣文町〈おまけ〉岡崎三十六地蔵巡りの札所でかわいい参拝記念 [続きを読む]
  • 今日ここ 癒し
  • やっと平日予定のないお休みができました。わたしにとってやっぱり癒しの場所は…神社でした。3社とも素敵な神社&宮司さん(宮司さんの奥さま)でした気持ちに余裕がないと寺院に足が向かないことも判明順番に紹介したいと思います。まずは2月にいただたいた御朱印を紹介しないとね。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました [続きを読む]
  • 愛知梅花第1番 渭信寺(いしんじ)
  • 紹介の前に まずはこちらの説明から愛知梅花三十三箇所観音霊場とは…愛知梅花三十三箇所観音霊場(あいちばいかさんじゅうさんかしょかんのんれいじょう)は、1987年に愛知県内にある曹洞宗の寺院が作った霊場である。【wikipediaより】この度新たに霊場巡りを始めることにしました。まだ寺院は目的がないと参拝しにくい小心者のままですで、お近くでどんな霊場があるのかいろいろ調べていたところ、今の季節にピッタリの名 [続きを読む]
  • 今ここ
  • おはようございます。いよいよ試験1日目です。母は神様にご挨拶また天気のいい日に出直します。予報は傘マークだったので、雨降る前に会場入りできただけでもありがたいことです頑張れ受験生次は2月最後に参拝させていただいた寺院を紹介します。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました [続きを読む]
  • 可睡齋その4 ひなまつりとぼたん庭園
  • おひなさまの写真を紹介します。が、なんか全体的にピントが廊下にておひなさまとのコラボお地蔵さま連羽鶴お手玉のお地蔵さまかな?ここからはメインのおひなさま瑞龍閣の大広間です。こちらもすごい数角度をかえて2枚さきに進むとつるし雛があります違う廊下にはくす玉この時期は室内ぼたん庭園も楽しめます。ぼたんの間にもかわいいおひなさまそのとき見頃のぼたんが飾られます。襖の絵もかかっている絵も素敵ですね最後は桜の [続きを読む]
  • 可睡齋その3
  • まだまだ続きです。何だっけ?勝軍地蔵さま出世六の字穴戦国時代、武田信玄に追われた家康公がこの穴に隠れ難を逃れたと伝わるそうです。後に家康公の出世を重ねた出世の史跡となっています。前にも家康公は穴に隠れ難を逃れたね前記事は山中八幡宮です。読んでいないかたは是非。奥之院活人剣ちょっと休憩一番上かな?からの景色稲荷堂墓所このあたりのどこかに掛川藩主二代のお墓があるらしいです。鐘楼悪魔のような坂を上りきっ [続きを読む]
  • ”拡散お願いします”
  • こんばんは。本日2本目のブログです。うちのワンコは昨年16歳で天命を全うしました。他人事とは思えません。拡散をお願いします。最後まで読んでいただきありがとうございました [続きを読む]
  • 可睡齋その2
  • 迷路の続きから高祖廟大東司(だいとうず)昭和12年完成の水洗トイレです。こちらにいらっしゃるのは烏蒭沙摩(うすさま)明王さま清浄なる自己に目覚める徳をもつといわれ、禅宗では東司の仏さまとして祀られているそうです。毘沙門天さま瑞龍閣内メインのおひなさまが飾られています。おひなさまは写真がたくさんあるので別コーナーにて紹介します。ご本堂慈母観音さま座禅堂位牌堂開運大黒殿御真殿秋葉総本殿三尺坊御真殿というのが [続きを読む]
  • 可睡齋その1
  • この日参拝させていただいたのはこちらです。目立つ石碑そういえば寺号標はあったっけ?総門正式には萬松山可睡斎(ばんしょうざんかすいさい)といい曹洞宗の寺院です。ご本尊は聖観音菩薩さま江戸時代には「東海大僧録」として三河国・遠江国・駿河国・伊豆国の曹洞宗寺院を支配下に収め、関三刹と同等の権威を持っていたそうです。遠州三山のひとつで可睡齋は、「お可睡(おかすい)」と呼ばれ、多くの人々に親しまれている東海屈指 [続きを読む]
  • 上野天満宮(写真追加しました)
  • 山田天満宮を後にし次に参拝させていただいたのはこちらの神社です。紹介します。上野天満宮といいます。社号標一の鳥居ご由緒書きご由緒上野天満宮にお奉りされる菅原道真公が、九州の太宰府にて亡くなられて平成14年には1100年が過ぎます。こころざし半ばにして無実の罪を背負い京都から追いやられた天才学者の無念を償うため、菅原道真公の墓所の上に太宰府天満宮が作られました。その後、100年弱した頃、同様に京都を追われた [続きを読む]
  • 山田天満宮・金神社
  • この日は恵方の方角で神社を探し、今行かなきゃいつ行くの?という神社が見つかりましたので参拝に行ってきました。紹介します。山田天満宮といいます。入口から1枚扁額手水舎お浄めさせていただきます。わかりにくいですが鷽がいます。梅の花進みます。筆塚と提灯御神籤掛け狛犬狛犬を見ると神社好きのわたしは安心します撫で牛しっかりと撫でてきました。受験生ラストスパート中です。拝殿何せ受験シーズンのため参拝者途切れま [続きを読む]
  • 2017年1月
  • 1月にいただいた御朱印を紹介します。■神社龍城神社愛知県岡崎市康生町津島神社愛知県津島市神明町■寺院光明寺愛知県岡崎市矢作町法多山尊永寺静岡県袋井市豊沢龍海院愛知県岡崎市明大寺町安心院愛知県岡崎市明大寺町今日も最後まで読んでいただきありがとうございました [続きを読む]
  • 第36番 西岸寺 結願とブログ開設1周年
  • 岡崎三十六地蔵巡り最後、第36番札所です。紹介します。西岸寺といいます。この日結願したく、家から歩いて向かう途中で電話連絡し、御朱印をいただきたい旨お話しました。今日は大丈夫とお返事をいただいたので安心して向かいます。いきなりご本堂すぐ前は道路なので仕方ないです。ご本堂内ご由来書き(ご本堂内)ご由来正式には無量山西岸寺といい浄土宗の寺院です。ご本尊は木造阿弥陀如来坐像本多忠政が父、忠勝(徳川四天王)の菩 [続きを読む]
  • 今日ここ
  • 今日はここに行ってきました外階段のおひなさまは今日とひなまつりだけらしいです。連羽鶴こちらはメインのおひなさまお庭もあります梅の花かな?岡崎三十六地蔵巡り結願してますが、まとめきれません。なんとか、明日には紹介したいと思っています。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました [続きを読む]
  • 第35番 地蔵堂
  • 成就院から向かったのはこちらです。地蔵堂といいます。近いと思ってましたが、1本道路間違えちゃった全体を1枚立派な札所の石碑こちらには地蔵○○○○と彫ってありました。触ってみたけどよくわからなかったです。手水鉢お堂の中久しぶりに目一杯ズームでご由来旧六地蔵町は横町(現在の本町)にありましたが、侍屋敷を拡張するために現在地に移転しました。菅生川の洪水で流れ着いた六体のお地蔵さまを村人が拾いお祀りしたこと [続きを読む]
  • 第34番 成就院
  • この日3ヶ所目に参拝させていただいたのはこちらの寺院です。紹介します。成就院といいます。全体を1枚石碑があります。信貴山御分身霊場?毘沙門天王の御分身が祀られているようです。分身でなければいけないのかな?と疑問。ご本堂ご由来正式には瑠璃山成就院といい、曹洞宗の寺院です。岡崎城主西郷信貞(松平昌安)が滝町の万松寺から龍澤永源を招き開山しました。永源が菅生川に夜な夜な光るものがあるため探したところ一光三 [続きを読む]
  • 第33番 無相庵
  • 残る札所は4ヶ所です。紹介します。無相庵です。安心院から数分のところにあります。通りすぎて戻りました(笑)庵号標このような案内板もありました。ご由来ご本尊の石造地蔵菩薩さまは、永く市内十王町の十王堂に安置され旅人や近郷近在の参拝者から「咳地蔵」と呼ばれ霊験をうたわれていましたが岡崎空襲によりお堂は全焼し廃寺となりました。地蔵菩薩さまは焼失を免れましたが、市内の石材店の軒先に仮住まいとなりました。伝馬 [続きを読む]
  • 第32番 安心院
  • あとわずかで結願できそうなので、岡崎三十六地蔵巡りをすすめます。次に参拝させていただいたのはこちらの寺院です。紹介します。安心院です。六所神社の東側にあります。寺号標このような寺号標も全体を1枚手水舎ご本堂別角度からのご本堂屋根に鳩がいました寺院では珍しいんじゃない?ご本堂内ご由来正式には金寶山安心院といい、曹洞宗の寺院です。ご本尊は木造十一面観世音菩薩坐像。創建は寿永年間、源義経が浄瑠璃姫の菩提 [続きを読む]
  • 第31番 金剛寺
  • 龍海院から向かったのはこちら地図を見る限り5分程で到着できると思っていましたが、住宅地ど真ん中で目印がなく案外時間がかかってしまいました。紹介します。金剛寺といいます。全体を1枚よく見つけることができました寺号標ご本堂ご由来開山は恭嶽光温と伝えられます。岡崎空襲で焼失し昭和23年にご本堂が再建されました。正式には円通山金剛寺といい、曹洞宗の寺院です。それしかわかりません(汗)御朱印もなしとマップにあ [続きを読む]
  • 第30番 龍海院
  • 圓通寺から続けて向かったのはこちらの寺院です。紹介します。龍海院といいます。寺号標山門是字寺とあります。説明はあとでいつものアレ寺号標の横はこんな感じ岡崎市の観光案内板山門を入ってすぐに鐘楼が石碑観音堂石燈籠同じ燈籠をこっちとあっちから地蔵堂岡崎三十六地蔵巡りの木札お地蔵さま手水鉢ではありません。たぶん観音菩薩さまご本堂岡崎空襲で焼失し、現在のご本堂は鉄筋コンクリート製?屋根が四角錐らしいです。ご [続きを読む]
  • 第29番 圓通寺
  • 久しぶりの岡崎三十六地蔵巡りです。紹介します。圓通寺といいます。寺号標入口はこんな感じ進みます。カーブの先には山門ご由来書きご由来創建当時は七堂伽藍の建物だったが、火災で全焼し寺名も不明となりました。当時の住職明全はご本尊の観音菩薩像を伊勢松坂の金剛山性明寺に遷しましたが、幡豆郡三和村(現在の西尾市)にある最明寺の透玄無関尼の夢枕に立ったご本尊が「我は三州岡崎城下六名郷が有縁結縁の地なり。早く来たり [続きを読む]
  • 法多山尊永寺その2
  • その1からの続きです。緩やかな坂を下ります。御神籤掛け鐘楼元の梵鐘は戦時中に供出されてしまったため、現在の梵鐘は昭和39年に人間国宝であった故香取正彦氏の手により鋳造されたものだそうです。 二葉神社かつて浜松市内にあった二葉遊郭にあった神社であり、遊郭の解体によって法多山に移築勧請されたそうです。 ご祭神の二葉明神は芸者、茶屋など夜の世界で働く女性の守り神として信仰され、現在でもサービス業や客商売に携 [続きを読む]