hmokw さん プロフィール

  •  
hmokwさん: ヒメオオニッキ
ハンドル名hmokw さん
ブログタイトルヒメオオニッキ
ブログURLhttp://hmokw.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヒメオオクワガタの飼育・採集日記などをメインに載っけてくブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供282回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2016/04/04 12:29

hmokw さんのブログ記事

  • 菌糸ビンへ 長野F3(7NSA1-36/7NSA1-37) 雑虫は大丈夫?
  • 前回割り出した幼虫のうち、小振りだったモノをあえてマットへ投入していました。理由は ・冷凍処理済みマットの有効性確認 ・冷凍処理による雑虫駆除確認の為です。と言う訳でプリカをひっくり返してみると…長野F3(7NSA1-36) 05/23初齢割り出し長野F3(7NSA1-37) 05/23初齢割り出しちゃんと食べれているようですね(そして雑虫による被害も無し)…ホッと一安心です。考えてみれば厳寒期の山中でブナだって凍りつくような温度 [続きを読む]
  • 産卵セット(05/26) 現在縮退運転中
  • さすがに毎日のように氷ったペットボトルを入れ替えるのは無理(というか産卵の邪魔?)なので、とうとう冷温庫へ移動しました。それに伴い、産卵セットの縮小や羽化済〜後食前個体などをどうこうしました。・長野F2(7NSA) 割り出しました・山梨F1(7YEA→7YEB) 7NSA本命材はこちらでも通用するのか?・福島F3(7FHA) 産卵木が柔いな〜・長野F2(7NSA) 割り出しましたようやく割り出せましたヽ(゚∀゚)ノ割出7th 長野F2(7NSA) 幼虫 [続きを読む]
  • 確定 宮崎WF0(6QMG1-5) 九州採集幼虫その6
  • 菌糸上面、フタ直下に蛹室を造ったパターンです。こういうのは観察が楽で良いですね。という訳で(随分前から分かっていたけど)アカアシでした(笑)アカアシクワガタ 宮崎WF0(6QMG1-5) ♂48mm1mmしか違わないのに他のオス(47mm)より大きく見えるんですよね…不思議だ( ゚д゚) 大アゴが立派ですね!現在の状況羽化 6QMG1-1 ○→○ 予想通りQヒメ♀(32mm)でした!羽化 6QMG1-2 ?→× やっぱりアカアシ♂(47mm)でした羽化 6QMG1-3 △ [続きを読む]
  • 割出7th 長野F2(7NSA) 幼虫割り出しは面倒です(ーー)
  • ====================================== [産卵セット 7NSA 目次]======================================今か今かと孵化を心待ちにしていた産卵済保管材その1(本命材)ですが、とうとう孵化したので割り出してみます。(よ〜く見ると孵化してるっ!)とは言え孵化後1〜2日程度、まだ材に穿孔(潜行?)もせず卵室にいました。こう言うのは割り出すのが楽で良いですね。と言う訳でじゃんじゃん割り出すぞ〜ヽ(゚∀゚)ノヒャッハー…と [続きを読む]
  • 羽化 北海道F2(5HHD1-3) 祝100匹目!
  • クヌギ菌糸幼虫の最後の1匹であり、さらには本格累代開始から100番目に割り出された幼虫でもあります。長かった!(゚ーÅホロリそんな記念すべき幼虫と早速ご対面です!5HHD1-3 ♂ 47mm (幼虫期間 16.4ヶ月 最大体重 6.6g)う〜ん、幼虫期間の割にビミョー(笑)当初はその頭幅の小ささから「メスか?」と思われていたんですが、蛹化してビックリ!のオスでした。5HH系はオスばかり(汗)他の同サイズのオス達と比較しても…何という [続きを読む]
  • 確定 宮崎WF0(6QMG1-4) 九州採集幼虫その5 など
  • クヌギ菌糸へ突っ込んだ幼虫です。その後、蛹室に子実体が発生しまくりで(ヒメオオ温度は出やすいのかも)いろいろと大変でした(汗)ですが無事に羽化したので確認してみます。アカアシクワガタ 宮崎WF0(6QMG1-4) ♀35mm※細かい粒々は全てダニです…大変お見苦しいので遠い画像となっておりますやはりアカアシですね。御陰様で蛹の区別も付くようになりました(笑)これでアカアシは2ペアかぁ…どーしたもんか(´・ω・`)今回はさ [続きを読む]
  • 菌糸ビン交換 北海道F2(5HHL1-2) 初期不良の方が大型になるような…
  • 5HH系最後の産卵であった5HHL、既に過半数が早期羽化し、残すところあと2匹となったわけですが…実はその残り組には理由があります。 ・5HHL1-2 初期成長不良  6ヵ月時点で体重1.2g…しかも2齢でした(;゚д゚)  2本目に早期羽化対策菌糸ビンを作ってみたのですが、まさか成長自体が対策されてしまうとは(汗) ・5HHL1-7 割出残し  約3ヵ月、狭い産卵材の中で放置されていました(汗)  さらに早期羽化対策ビンを使ったせいか [続きを読む]
  • 確定 宮崎WF0(6QMG1-2) 九州採集幼虫その4
  • 小さな幼虫だったので中容器で育てていました。そのおかげで蛹室が覗け、蛹化した段階でアカアシ(仮)と判断したのですが…?アカアシクワガタ 宮崎WF0(6QMG1-2) ♂47mmやっぱりアカアシでした(笑)…しっかし立派なアカアシですよねぇ〜とても初齢から4ヵ月、最終体重2.8gで羽化したとは思えません。(というか6QMG1-8 最終体重5.8gと同じ羽化サイズじゃん( д)⌒゚ ゚ ポーン)やっぱアカアシは菌糸だと簡単におっきくなるんです [続きを読む]
  • セミ化? 山梨F1(5YSB1-1) 超巨大幼虫でしたが…
  • 現在18.8ヵ月。しかし未だ蛹化の兆しもなく蛹室(仮)の中でじっとしているのです…ですが最近、蛹室(仮)が水分でグズグズになってきました。「これはあれか?5HHD1-2と同じ現象か?(ノ∀`)」余分な水分や栄養を排出するのか?何か別のバクテリアが増殖したのか?当時の5HHD1-2では体重が一気に1g以上減少した覚えがあります。(しかも羽化後の外殻もキレイとは言い難い)と言う訳で、(もっぱら私の中で)乾燥系と名高いニクウス [続きを読む]
  • 初齢からニクウスバ菌糸 山梨F2(6YEH1-1) 乾燥系菌糸は良い思い出がないです
  • 最近、「ニクウスバタケ菌糸」なるものを見つけたので早速試してみました。対象には超爆産した7NSA(その数40を超える!?)を選択、「こんだけ大量に居れば他菌糸との比較にもなるだろ〜?」と思ったのですが、そのほとんど…実に24個(匹)以上が菌糸投入前に☆となってしまい、当試みはいきなり頓挫したのでした…。・゚・(ノД`)・゚・。心折れますと言う訳で菌糸が(わりかし大量に)余っていたので、その後に蛹化強制捨てビンなどで使い始 [続きを読む]
  • 産卵セット(05/12) そろそろ産卵セット一新かな?
  • GW後半は突然暑くなりましたね。こうなるともう冷温庫必須なので産卵セットを順次解体&縮小してスペースを節約しなくてはいけません。去年冷温庫が1つぶっ壊れたので余裕が無いのですよ(´・ω・`)・山梨F1(7YEA) 休眠中?・長野F2(7NSA) 産卵ペースダウン?・福島F3(7FHA) 新規作成・山梨F1(7YEA) 休眠中かな?エサ食いは無いし、産卵木に囓りもないし…休眠期に入ってしまったのかもしれません。まだまだ産んで欲しいのですが [続きを読む]
  • 確定 宮崎WF0(6QMG1-8) 九州採集幼虫その3
  • 念の為、無添加菌糸ビンで育て続けた幼虫です。その割に随分大きく育ったのですが、蛹室が外から見えない為、その後の状況把握に苦労しました(汗)と言う訳で作業開始、かりっかり(後述)になったニクウスバタケ菌糸ビンから現れたのは…長いフセツ、あまり艶々感のない上翅…そして、このスタイル!(………)アカアシクワガタ♂や〜ん!アカアシクワガタ 宮崎WF0(6QMG1-8) ♂ 47mm しっかし、ずいぶんと立派なオスが出てきま [続きを読む]
  • 復活のBCW-48
  • 「ペルチェ式だし壊れることもあるだろ… そしたら冷却機構をとっぱらってオサレな筺として使えばいいや…」などと思っていたのですが、まさかのドアガラス爆発により、操作不能の使用不可状態に。その後、収納箱として部屋の片隅に転がっていたのですが、この度、迫り来る夏を迎撃する為に冷温庫を入れ替えるか?とBCW-48を片付け始めたところ…動くじゃ〜んヽ(゚∀゚)ノヒャッハー!※17℃を表示しています…18℃に設定したんです [続きを読む]
  • サイレント羽化 北海道F2(5HHL1-4)、長野F2(NSf1-2) 早期羽化です
  • 外から蛹室が見えないドキドキ組ですが、音がしなくなったのを確認してから取り出してみました。…どうか羽化中ではありませんように(´-人-`)まずは最終体重2.9g、劣化の激しい中容器から北海道F2 5HHL1-4 ♂う〜ん…45mm弱かな?大アゴが短い感じですね。次に最終体重5.7g、無劣化の大容器を…って写真を撮り忘れてました(汗)長野F2 NSf1-2 ♀長野F2の最後の生まれですが、8ヵ月以上前に生まれたNSb組が全羽化する前に羽化…サ [続きを読む]
  • 羽化 福島F3(5FHb1-2) クヌギ適応特大幼虫羽化
  • 先日、5FH小型組が羽化という記事を書きましたが、本日、当菌糸ビンを見ると穴のようなモノが見えました。「とうとう蛹化したかヽ(゚∀゚)ノ!?」と覗いてみると…羽化してました(笑)しかも羽化後すいぶんと時間が経過しているようです5FHb1-2 ♂ 50mm (幼虫期間 15.4ヶ月 最大体重 9.1g)だけど…体重の割にちっちぇ〜(´・ω・`)後半はクヌギ菌糸を使用、体重は6.7→9.1g と高成長を記録したのですが…他の特大幼虫と比べてみても、 [続きを読む]
  • 羽化 福島F3(5FHE1-2/5FHE1-3) ちっちゃいって事は
  • 小型幼虫が2匹羽化してきました現在の5FHEの羽化状況は以下↓の通り、オスがだいぶ優勢です。ですがまぁ今回でオス/メス同数になるかな?蛹を見た感じメスだしと、安易な気持ちで掘り出してみたのですが…?(オスじゃん…( д)⌒゚ ゚ ポーン)どこからどう見てもオスでした…ただしちっちゃい。ではもう1匹はというと、こちらもオス!(;゚д゚)ガビーンう〜ん、やはりちっちゃいとオス/メスの同定が難しいですね〜(´・ω・`)と言う [続きを読む]
  • 確定 宮崎WF0(6QMG1-3) 九州採集幼虫その2
  • Qヒメだったらいいなと淡い期待を抱きつつ菌糸ビンを掘り返します。すると出てきたのは…「………」アカアシクワガタ♀でした!まぁせっかくなので前胸を接写&比較しておきます。アカアシクワガタ 宮崎WF0(6QMG1-3) ♀34mmキュウシュウヒメオオクワガタ 宮崎WF0(6QMG1-1) ♀32mmアカアシの方はしっとり艶かで上品…まるで和装飾のようです。ヒメオオはその名前とは裏腹にゴツゴツとしてまるで溶岩石やゴジラのようです。今回の飼 [続きを読む]
  • 山梨へ 見通しの良いうちに発生源を探しに行きました
  • 葉の落ちているこの時期なら、産卵に適したブナや成虫の食痕などが簡単に見つかるのでは?と探しに行ってきました。眺めが良いところですね〜こちらはほぼ登山客の居ないエリアなので開発されずに放置されているかな〜と思っていたのですが。…しっかり新しい林道を造ってますね(汗)山にはチラホラと桜の木が見えます。今しばらく見頃は続きそうですね。そんなこんなで散策開始です。すっかり落葉した広葉樹林帯…気温1桁でも暑 [続きを読む]
  • 迂闊速報 最近の天気予報、コロコロ変わりすぎてアテになりません
  • 採集の下見と称して静岡…は渋滞がヤバかったので、いつもの山梨へ行ってきました。ですが、たった1日ですよ?それなのに気温は急上昇、それにつられて室温も上がり…温度管理がルーズなチームへ大打撃(ノ∀`)アチャー マット組幼虫が表面に出てきてしまいました生きていたのは嬉しいけどね出発時の天気予報は大丈夫だったのにヽ(`Д´)ノウワーンそして5/6(土)はかなりの夏気温となるようで…飼育スペースも夏仕様へ移行しないとい [続きを読む]
  • 九州採集幼虫の正体は? 2017/05/04版
  • 6QMG1-4の蛹室に子実体が出てきたので除去しました(汗)そのついでに蛹をまぢまぢと観察してみると…(………)(…ヒメオオじゃないなコレ(汗))何か…あ、腹が長いというか後脚フセツが短いんだ!(あと翅辺りの胴が細いかな)Qヒメ(6QMG1-1)と比べてみると…一目瞭然ですね。そっかー6QMG1-4もアカアシ(仮)か〜。・゚・(ノД`)・゚・。羽化 6QMG1-1 ○→○ 予想通りQヒメ♀でした!蛹化 6QMG1-2 ?→× アカアシ♂(仮)羽化 6QMG1-3 △ Q [続きを読む]
  • 羽化NOW 長野F2(NSb1-5) 羽化開始しました
  • 「蛹が何か変な形状だなぁ〜」と思い光を当ててみると…背中の辺りがパックリと割れているじゃありませんか!( д)⌒゚ ゚ ポーン子実体と戦い続け幾日が経ったか…ようやく解放されました(笑)ところでオオヒラタケって突然水分を吐く印象ですね。これが羽化不全やらディンプルの原因なのか?先日はF3が孵化。今日はF2が羽化。ちなみにF2はまだ蛹化中?があと2匹(NSb1-14/NSf1-2)居ます。…だらだら産む系のヒメオオは羽化ズレが半 [続きを読む]
  • 孵化 長野F3(7NSA1-31) まさか本当に孵化するなんて(驚)
  • 採卵するも、そのほとんど(全て?)が☆となっていた7NSA採卵組ですが最後の1つが孵化しました。実は先日、容器ごとひっくり返して同居の卵(アゴが透けて見えていた)を☆にしてしまい、「もうダメかな…orz」と絶望していたのですが、ところがギッチョンのミラクルでしたヽ(゚∀゚)ノヒャッハー「孵化前日」まさか、ここから1日で孵化するとはおもいませんでした。「孵化当日」この段階では菌糸に潜らないので冷凍処理したマットへ移 [続きを読む]
  • 羽化 北海道F2(5HHD1-2/5HHL1-5) 大型幼虫が羽化しました
  • まずは5HHL1-5から妙に狭い蛹室だけど大丈夫か(;゜д゜)?コナダニ多数ですが大丈夫でした!早期羽化ですが50mmは超えて一安心です。次に5HHD1-2を。こいつは蛹化中に脚を折ってしまったヤツですが…無事羽化できていましたが、やはり脚の方はダメだったようです(ノ∀`)アチャー と言う訳で結果は…5HHD1-2 ♂ 52mm (幼虫期間 16.0ヶ月 最大体重 9.0g)5HHL1-5 ♂ 51mm (幼虫期間 8.5ヶ月 最大体重 8.1g)5HHD1-2はMAX体重こ [続きを読む]