hmokw さん プロフィール

  •  
hmokwさん: ヒメオオニッキ
ハンドル名hmokw さん
ブログタイトルヒメオオニッキ
ブログURLhttp://hmokw.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヒメオオクワガタの飼育・採集日記などをメインに載っけてくブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 354日(平均5.3回/週) - 参加 2016/04/04 12:29

hmokw さんのブログ記事

  • あおかび!
  • 3/16に菌糸ビンへ投入した7NSA1-9ですが1週間を待たずして…こんな状態ですorzせっかくニクウスバタケ実験を開始したのに。・゚・(ノД`)・゚・。"カワラタケと違って皮膜が固くならない"との事なので、表面をごっそり削ってやろうかと思ったのですが幼虫の間近まで迫っていやがる(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブルあまりド初齢の段階で菌糸ビンを移動したくはないが…しかし…うーん(悩)トラブル続きで困ったもんです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 採卵後中間報告 何かがオカシイ?
  • 7NSAの第1回目の採卵が2/20。そこから約1ヵ月が過ぎ、その間に7NSA、6YEH、7YEAと全部で25(卵x24/幼虫x1)を回収しました。しかし時間の経過と共に顕れる奇妙な不安感(´・ω・`)今後の活動の為にも一旦整理してみます。分かることと言えば、 ・☆卵が多い・孵化している卵もあるので無精卵(オスに問題がある)では無い・マットでの☆が目立つ(↓かもしれない)・3/10(7NSA1-14〜1-19)チームに問題有り? →普段とは違い材上面 [続きを読む]
  • 採卵その後2 泣きっ面に雑虫
  • 今回もマット管理で孵化したと思われる幼虫たちを菌糸ビンへ移行します。まずは初期グループの2匹。こいつらはプリカ底面に姿を見せているので安心して回収できます。7NSA1-107NSA1-4なるほど、むしろプリカ底面に影や形が見えたら替え時くらいに思った方が良さそうですね。次の交換…の前にトラブル対応です。一度は菌糸ビンへと潜ったのですが、直後に投入穴に水が溜まる程に菌糸が暴発してしまいました。その結果、幼虫は酸素を [続きを読む]
  • 菌糸ビン添加剤 北海道(5HHL)も早期羽化続出
  • 新潟F2(5NMD)に続き、5HHLも早期羽化続出です。新潟F2(5NMD)と北海道F2(5HHL)※訂正─ 5NMD─ 5HHL色が逆でした北海道F1とF2を比べてみても…5HHLも5NMDも添加剤をどこまで増量できるか?思想の元に育てられた幼虫たちですが、ここらが限界かな?次回からは減量していく方向にします。ちなみにトレハとかタンパク質とかを特盛りしましたが…上手く消化できていない感じでしたにほんブログ村 [続きを読む]
  • 採卵その後 爆産はやっぱり前途多難である
  • 採卵組の孵化数が増えてきたので、初期組を中心に一時保管の材・マットから移動します。(ついでに現状確認も)まずは未だに卵のやつら。初期割出組はもう孵化しても良い頃合いなんですけどね…もしかして無精卵なのかな?う〜ん…内部は濁った水(右上側)と透き通った水(左下側)に見えます。このパターンは去年の福島無精卵ラッシュで見たなぁ…少し心配です。もう一つは…アゴが透けてみえますね。コイツは大丈夫でしょう。次にカ [続きを読む]
  • 割出 山梨F1(7YEA) 不遇の血統ですが結果は如何に?
  • 我が家の最優血統(長野は最面白血統)の筈ですが、産卵材実験ばかり行い中々本格的な産卵をして貰うことができませんでした。ですが福島(6FH)・北海道(6HH)を盛大に空振ってしまい、そろそろパンツに火が点き始めたのでここらでキチンと産んで貰いところですが…?今シーズンは7NSAを始め良材に恵まれているようで(目利きが良くなったかも( `・ω・´)b)、この7YEAセットも開始当初から高反応です。ココは産んでそうですがコチラ [続きを読む]
  • 蛹化 九州採集(QMG1-1) 君のn(以下略
  • おっと、某有名映画とタイトルが被るところでした…あぶないあぶない(笑)これでようやく同定を……………………………分かりませんね(笑)比較しようにも、今までメスの蛹姿をわざわざ写真に撮っていなかったでした(ノ∀`)アチャー 唯一?あるとしても☆蛹状態です。長野F1♀とりあえず上記画像&WEBで探せる画像とQMG1-1とを比べると…う〜ん…脚が長いかな〜とは思いますが、やっぱワカランですね…メスはホントにワカランです( [続きを読む]
  • 羽化 新潟F2(5NMD1-3/1-6/1-12) サイズは測定できました…
  • 早期羽化真っ最中の新潟F2(5NMD)ですが3匹程羽化したので、合わせてサイズを測定しちゃいましょう。まずは蛹化期間60日を使った大型オスである5NMD1-3から「…って、あれ?」「☆ってるじゃねーの( д)⌒゚ ゚ ポーン」(あれ?小楯板が無い??)根性で羽化はできましたがイロイロと無理があったようですね(ー人ー)それ以外はメスばかりで…5NMD1-6(脚はちゃんとありますよ)5NMD1-12まぁ普通に羽化できました。と言う訳で羽化結 [続きを読む]
  • 菌糸ビン交換 九州採集幼虫 暴れん坊たちに手を焼かされています
  • 前回の交換からそう間も持たず、大暴れにより菌糸ビンを交換することにしました…2つだけですが(´・ω・`) (これは…食べてないですよねぇ…(´・ω・`))さてその束の間の成長結果はというと…6QMG1-5 (1.9→3.5ヶ月) 1.1→5.4g (47日) 無添加カワラ6QMG1-8 (2.2→3.1ヶ月) 4.8→5.8g (26日) 無添加カワラ短期間ながらも確かな成長が感じられますね。う〜ん、暴れの原因はなんでしょうねぇ…ヒメオオ幼虫は2→3齢で暴れる個体が多い [続きを読む]
  • 割出3rd(1/1回) 長野F2(7NSA) 稀に良くありすぎ(><)
  • = 前回までの記事 ======================割出1stシーズン第1回 割り出し前第2回 割り出し中第3回 まとめ孵化しました割出2ndシーズン第1回 割り出し前編第2回 割り出し後編割出3rdシーズン第1回 割り出し(←この記事です)======================================採卵用に新マットも準備したし室温も上げたし、「もう何も怖くない( `・ω・´)b」状態で3度目の割り出しを開始しました。ちなみに今回で一通り割り出しを終え、 [続きを読む]
  • カワラマットを試す
  • いつも産卵セットの割り出しを卵の段階で行っています。すると当然、孵化するまで管理する必要がある訳ですが…当初は濡れティッシュで行っていました。利点としては ・清潔さ ・観察の容易さ等が挙げられるのですが、欠点として ・孵化を毎日確認する必要がある ・孵化から菌糸ビンに潜るまでのタイムラグを把握しにくい  (潜る前に菌糸皮膜ができてしまい幼虫が潜れなくなる)等が挙げられます。ぶっちゃけかなり面倒です [続きを読む]
  • ヒメオオクワガタ 孵化直後の幼虫
  • 孵化直後画像(2014/04/11)孵化 新潟F2(5NMD1-1) 潜るまでが採卵ですhttp://hmokw.blog.fc2.com/blog-entry-319.html(2015/10/21)福島F3(FH)孵化NOW──ハッピーバースディtoF3http://hmokw.blog.fc2.com/blog-entry-168.html(2015/10/16)福島F2(FT)&長野F2(NS) 孵化しました───ハッピー・バースデイtoYOUhttp://hmokw.blog.fc2.com/blog-entry-165.html(2016/07/19)[孵化不全]ただいま孵化中 北海道F2 まさかの孵化http:/ [続きを読む]
  • 前蛹 九州採集幼虫、あっさりと前蛹へ
  • なんか蛹室が縦ってますね…見たこと無い向きです。(ヒメオオじゃないのか?)採集時(11月下)に既に3齢だったので一番最初に蛹化するとは思っていましたが、恒温庫でもきちんと春先に蛹化するんですね、セミ化せずに良かったです。さて何クワガタとして蛹化するんでしょうか?今からドキドキです(笑)上記幼虫以外にもチーム九州の動きが活発化しています(暴れているだけかも(ーωー))前回交換から1ヵ月前後ですが、大容器へ交換 [続きを読む]
  • 孵化 長野F3 2ndシーズンも続々と孵化
  • 孵化を確認しようと割り出し2ndシーズンの採卵ケースを見てみます。ここには4つの卵が在る訳ですが…「うげっ!( д)⌒゚ ゚ ポーン」すんごくカビてます…(;゜д゜)うぐぅ今回はわざわざ柔らかい砂埋め霊芝材を仕入れてきたんですが、新品の材では青カビが結構でるんですね(´・ω・`)(今まで使っていた天然ブナカワラ材が大丈夫だったのは天然材ならではのバクテリアが居たのかな?)これでは卵たちが窒息したり腐海に飲まれたり [続きを読む]
  • 菌糸ビン交換 福島F3(6FHB1-1) 一粒種ですが
  • 結局、1匹しか採れなかった6FH系です。「1匹じゃぁ5FH系との比較もできんなぁ…」と意気消沈気味ですが、テンションアップの為にもここらで一発、遺された幼虫の様子を見ておきましょうか。結果は…6FHb1-1 (2.7→5.2ヶ月) 1.2→4.1g (74日) う〜ん…どうなんでしょうね。前回交換時にメスのようだと思われている幼虫なのですが…そもそもFH系は大きくなる印象がないので、こんなものかな?という事にしておきましょう(笑)一応、 [続きを読む]
  • 割出2nd(2/2回) 長野F2(7NSA) ヒメオオ材の芯部は手が出ません(><)
  • = 前回までの記事 ======================割出1stシーズン第1回 割り出し前第2回 割り出し中第3回 まとめ孵化しました割出2ndシーズン第1回 割り出し前編第2回 割り出し後編(←この記事です)======================================材の深淵部へ潜っていった幼虫たちの事は諦め採卵を続けます…と言う訳で前回の続きをちゃんと卵が入っています(笑)でもコイツは一風変わっていて…触手系?卵一つとっても個性的ですね〜そし [続きを読む]
  • 産卵セット(03/03) ただいま産卵中(たぶん)
  • 産活中と思われた7NSAと7YEAは引き続き産卵していると思われます。既に回収されている採卵組は立派に大きくはなってきましたが、それ以降、あまり芳しくないので無理に採卵しない方が良いのかも…(やっぱクヌギじゃ潜らないか(´・ω・`)?)・山梨F1(6YEH) 材交換予定・山梨F1(7YEA) 一息ついたかな?・長野F2(7NSA) 相変わらず囓ってます・山梨F1(6YEH) 材交換予定新材には全く興味が無いみたいです…(´・ω・`)さっさと材を交換 [続きを読む]
  • 最後の攻防 新潟F2(5NMD1-3)羽化寸前 空気を読まないあん畜生
  • 前例に無いほどの永い蛹化期間を経て、ついに羽化寸前まできました!余分な水分を排出したようです?大アゴ周りなど、蛹の皮がシワシワですね。通常の蛹化期間は温度や羽化サイズにもよりますが概ね30日前後。今回はそれを大幅にオーバーした60日!いやぁ…蛹のまま☆になるんじゃないかとヒヤヒヤしていましたが、どうにかここまでこぎ着けました。(一時はヒメオオは蛹のままで冬眠するのか?とも考えましたが(笑))ところがっ! [続きを読む]
  • 孵化 長野F3(7NSA1-1/1-2) 孵化しました
  • 一寸覗いてみたところ、2つの卵が孵化していました。魔王卵(笑)でしたが無事孵化しました。こちら(※下の画像)は孵化後数時間というところですかね。と、本来なら両手を挙げて喜ぶべき事なのですが!(回収当時の画像)2つの卵が☆となってしまいました下の卵は元々そんな気がしていたのですが、上の卵は白くて丸いダニ達に取り憑かれていましたorz卵の上に載ってる材片が悪かったのかなぁ…☆になってからダニが取り憑いたのか、そ [続きを読む]
  • 産卵成功 山梨F1(6YEH) たしかに材の好き嫌いが強いとは言ったけど
  • 北海道F1(6HH)セットを解体→メス親を休憩させたのですが、隠れ木&止まり木がてらに成功残材の芯のさらに削れられたものを入れようと思い6YEHから引っこ抜いてみると…?前回の採卵から6日、埋め戻しと囓り痕が増えてるぅぅぅぅ(ノ∀`)アチャー ほんの数cmしかない白い部分なんですよココ。ヒメオオは材の好き嫌いが〜とは言ったけど、どんだけこの材が好きなんだよ(笑)それとも羽化から14ヵ月で産活力が漲ってるのか?本来なら [続きを読む]
  • 産卵セット(02/24) 長野F2産卵成功しました
  • ヒメオオ材の開発に見切りを付け、素直に良材を用いた事により産卵活動が活発化してきました。しかし同時にこれまでの開発材試験の衰弱も目立ってきました。この時期は温度管理が楽でなので産卵数を稼ぎたいところですが…・山梨F1(6YEH) 今のところ無反応・北海道F1(6HHC) 衰弱の為、終了しました・山梨F1(7YEA) 今度は底部に産卵坑道?・長野F2(7NSA) 産卵しました・山梨F1(6YEH) 今のところ無反応新材に囓ったりすることも [続きを読む]
  • 割出(3/3回) 長野F2(7NSA) 今回のまとめ
  • = 前回までの記事 ======================第1回 割り出し前第2回 割り出し中第3回 まとめ(←今回の記事です)======================================最初の5つ。産卵失敗材の中から柔らかそうな部位を切り出して、孵化までの管理に使うことにしました。(ブナでは無いので一寸心配ですが…)ちゃんと孵化するんでしょうか?今回の割り出しをまとめてみます。親データ親は長野F2。F1が最初に2つだけ産んだ卵(NSa)から孵った兄弟 [続きを読む]
  • 割出(2/3回) 長野F2(7NSA) RE:爆産の恐怖 [画像多数注意]
  • 割出前の記事はコチラ※画像が多いので分割しました。まずは先週確認分から行きましょうかね…埋め戻しをスポンっと抜くと…抜くと…抜くと・・・・・・「あれ?」「…これ埋め戻しが2つくっついてるんじゃないのけ(;゜д゜)?」慎重に掘り出してみると…こんな至近距離に2つの卵!おおぉ…子殺しされなくて良かった(笑)これらの卵は産み落とされてから少し時間が経過しているようで、内部に幼虫の影が見え…見え…見えるのです [続きを読む]
  • 割出(1/3回) 長野F2(7NSA) 長野血統は爆産血統?[画像多数注意]
  • 産卵セット開始からガリガリと煩いくらいに産卵活動に勤しんでいる長野F2(7NSA)ですが、空産みの確認の為にもちょいと割り出してみることにしました。(消耗が怖いですからね…)ちなみに親のプロフィールは↓以下になります「大型の個体は成熟(産卵)が遅い」という印象がありますが今回はどうでしょうか・・・?相変わらずマットから出ている"産卵木上部切り口"にご執心の様子。陰影ハッキリしない画像なので分かりにくいですが、細 [続きを読む]